2008年09月20日

コール売り安全神話の崩壊

株価の暴落に伴うアホボラは、昨年のあの8.17以来今回も含めて4回発生し、その都度伝家の宝刀「バックスプレッド」が大爆発してそのパワーを見せつけてきました。
そして、アホボラ後のIV反落をすかさずカバードコールで取って二度美味しい、となるのが半ば定跡化されたパターン(私だけかw)でした。暴落時に作ったカバードコールは、その後のお決まりの反発でIVが大きく低下し、先物買いと相まって巨額の利益をもたらしてきたのです。
しかし、今その神話も崩れかけています。
CME225はドル建てで12400円の高値をつけていますが、今朝未明には11220の安値をつけており、24時間経過しない間に1000円超の暴騰を演じたことになります。
前のエントリーのコメントにもありましたが、基本的に株価指数は暴落はあっても短期間の暴騰はほとんど起こらず、そのためコールのIVは恒常的にプットよりも割安に放置されています。その割安なプレミアムを売っても、コール売りは少なくとも死ぬようなことは起こらないと考えられてきました。
しかし、このような急騰が現実に起こるとコールのIVも上がらざるを得ず、期近のOTMコールIVは軒並み30%を超えてきています。ちょうどこれまでのアホボラでプットの裸売りが駆逐されてきたように、今度はコール売りが壊滅の憂き目にあうことになるのでしょうか。
つくづく、相場に絶対などというものはないという事実を思い知らされます。




actok at 01:01コメント(26)トラックバック(0)オプションのお話  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by すみパパ   2008年09月20日 08:13
指数の動きに加速度があれば、コールといえど踏みあがるということのようですね。そうすると、カバードコールもストラドルもIVも下がらず、かつたとえ今後下がっても中心がずれすぎガンマにやられということになりますね。
私も今回はやられました。指数のするどい切り替えしをあまくみてはいけなかったですが、まさか、ここまでとは。

もしかして、こういう相場こそ、流星剣、彗星剣の活躍の場ではなかったかと思いますが、なかなか想定できませんよね。
2. Posted by 義経   2008年09月20日 09:06
おはようございます。
>相場に絶対などというものはないという
同感です。私はベガロングは全力でいくこともありますが、ベガショートは常に余力を残すようにしています。
拙ブログにも書きましたが、コール売りはカバードコーラーを当てにしたコバンザメ戦法みたいなものだなと最近思っています。(^^)
3. Posted by もぐ   2008年09月20日 09:26
ACさんの昨日のブログにもコメントしましたが、ダブる部分もあるとは思いますが再度コメントします。

>株価の暴落に伴うアホボラは、その都度伝家の宝刀「バックスプレッド」が大爆発してそのパワーを見せつけてきました。
そして、アホボラ後のIV反落をすかさずカバードコールで取って二度美味しい、となるのが半ば定跡化されたパターン(私だけかw)でした。

ACさんだけじゃなくて今生き残ってるオプショントレーダーのコンセンサスだと思います(^)。

しかし、コールの裸売り&カバードコールがこれほどひどいことになるなど何年ぶりでしょうか?原油先物オプションではなくて指数オプションですからねえ。逆にコール裸買いがこんなに儲かる相場も何年ぶりなんでしょうか?しかも超強気相場ではなくて弱気相場の単なるりバですからねえ。もっともコール買いを主のストラテジーとする人はもう生き残っていないと思いますが。

ACさんの予告どおりCMEが12500円手前で返ってきましたねえ。はたして月曜日どうなることやら。さすがにここからは果敢にコール裸売りかカバードコールを仕掛けたいと思います(ていうか一流トレーダーは普通もうすでにポジションを持ってやられてないとおかしいです)。なんといってもSQまで20日を切ってますし、マーケットがどんなことが起こっても現物株とは違ってSQでオプションが清算されるというルールがありますから。
4. Posted by lucky   2008年09月20日 09:28
うー カバードコールをシコタマしかけて。 瀕死状態のものです。
 月曜はさらなる コールIV上昇となるのか? そうなると死亡になります。

 夜は心配で寝れず、ニューヨークを見てましたが、 ダウが最後落ちてきているのに CMEは強かったですねー。
 CMEが出来高少ないのをいいことに 買い上げてるんすかねー?
5. Posted by tom   2008年09月20日 10:05
こーる側でクレジットスプレッドを組んでいて、ESでなんとか1:2に変更しました。
6. Posted by すみパパ   2008年09月20日 10:16
もうひとついうと、カバードコールやストラドルでなく、ガンマショート、セータプラスながらベガロングのポジは、そんなにはやられていません。ただし、これもガンマショートには変わりなく、今後の上昇速度VSガンマということになりますが。
唯一の救いは、まだ、証拠金使用率が10%である点。
余力は十分なので、注意深くガンマをコントロールしていきたいと思います。
7. Posted by みーさん   2008年09月20日 10:57
ACさんご無沙汰しています。
アホボラ時のトレードはさすがですね、やはり戦時にどう対応出来るかが大切ですね、僕も今回は生き残れました。
これからも応援していますので頑張って下さい。

すみパパさんご無沙汰しています。
僕の師匠はすみパパさんです、同じサラリーマントレーダーですから。これからも応援していますので頑張って下さい。
今回の経験を活かし更なるレベルアップが出来ると思います、オプションは経験してこそですからね。
相場はつくづく何が起こるか分かりませんね。
それでは皆さん来週に向けて良い週末を過ごして下さい。

8. Posted by NH   2008年09月20日 11:24
はじめまして、NHと申します。 <m(__)m>

いつも的確(明確)なコメントと、すばやい行動 お見事です。

これからも楽しみに拝見させて頂きます。 (^_-)-☆
9. Posted by optrader   2008年09月20日 12:47
luckyさん、
仰るように、CMEはDOW、NDQは後半1%ほどだれたのに、NKは最後の上げで日中高値とほぼ並んで引けていますね。水木金の上下の動きでUSと比較しても、また、大証比4.6%(しかも大証も現物以上の4.1%上げの後)なのを見ても、明らかに踏み上げですよね。
これは、月曜寄りの吊り上げ狙いの買いもあったかもしれませんが、むしろ、予想外の上げとコールボラ上げのセットという稀な事象に対し、週末直前の売り方の踏上げが一部の人から入ったのだと思っています。(そもそも売買金額は少ないので値が飛びますので)。
10. Posted by DJ   2008年09月20日 18:07
私も今月は大損失になりそうです。月曜日が怖い・・・

まさかここまで急騰するとは全く考えていなかった。せいぜい12000円程度だろうと思っていました。

今回の失敗を今後に生かさなくてはいけないと思います。ACさんに疑問を改めて質問したいです。
11. Posted by yosokuya   2008年09月20日 22:51
そもそもコール売りはivがたかくても安値圏で仕掛けるものでなく天井圏で仕掛けるものかとおもわれます。仮に13000まで一気にいくとなるとガンマ効果で加速度的に値があがって証拠金がたえられなくなります。
12. Posted by NH   2008年09月21日 09:59
> そもそもコール売りはivがたかくても安値圏で仕掛けるものでなく天井圏で仕掛けるものかとおもわれます。

こういった類の「正論?」を、事後に得々と書かれる方がおられるんですよね。

別の立場から眺めて見ると、この主張は面白いものになります。

_甬遒遼粛遒如高い IV のコール売りが成功した事実を、この方はどのように理解されるのでしょうか。

△海痢崟杵澄」に従えば、バック・スプレッドなんて、ゴミみたいなプットを大量に買い込んで、儲かるはずがない。 という議論が出て来そうです。

このように視点を変えてみれば、この方の「正論?」の危うさが浮き彫りにされるのでは??

いささか口の悪いNHでした。(普段は、紳士です)
皆様、気分を害されませんように。 <m(__)m>
13. Posted by yosokuya   2008年09月21日 13:17
>過去の暴落で、高いivのコール売りが成功した
たしかに、過去はFRBなどの対応がおそかったため、底値でもみあってから5〜10日後に反発というケースがおおかったですね。しかし、最近はなぜかめちゃくちゃ対策が早いため、安値圏でのコール売りは危険になってきました。
以 上
14. Posted by 義経   2008年09月21日 14:07
皆さん月曜へ向けて気合入ってますね。
「安値圏」とは何円〜何円までのことでしょうか。プット売りは安全ということでしょうか。オプションはまだまだ奥が深いですねぇ・・・。(^^;
15. Posted by 通りすがり   2008年09月21日 14:16
バック・スプレッドは暴落が起きる前の高値圏で仕込むわけですから、「正論」に従ってバック・スプレッドは儲かります。
暴落の底でバック・スプレッドを組む馬鹿はいません。
16. Posted by Prius   2008年09月21日 17:08
5 はじめまして。いつもこのブログで勉強させてもらっています。日中は昼休みにケータイを使う以外は場を見れない零細ポジのサラリーマンです。

19日の夕場では、暴騰への恐怖心で、応急的にmini先物買い、11C132買いをして、デルタ、ベガがプラス、ガンマがほぼフラットのポジになりました。それでも変則カレンダー(10C125売り-11C130買い)がどうなるか心配ではあります。

ところで、19日の夕場は、後になって思うと、期近のコールIVが異常に高く、カレンダーを仕掛ける絶好のチャンスだったのではと思いました。素人なので、もし間違っていたらご指摘下さい。また、もっといい戦略がありましたら、ご教授下さい。
17. Posted by バック   2008年09月21日 18:21

「そもそもコール売りはivがたかくても安値圏で仕掛けるものでなく天井圏で仕掛けるものかとおもわれます」

相場の天底がぴたりと予測できるなら
わざわざコール売りなどでなく、先物でよいですね。

コール売り単独でなく、カバードコールはどうでしょう?

高値圏でしかけ、急落すると、
先物はリニアに反応し、
コールはIV高いままで、ヤラレですね。

ACさんのご意見をお伺いしたいです。
18. Posted by すみパパ   2008年09月21日 19:36
みーさん、ありがとうございます。
自分のポジ管理シートが一部間違っており、再計算したところ、月曜寄付き125なら、金曜ESより値洗いはよくなっており、ひとまず安心です。ここから、粛々とガンマ補正に入りたいと思います。
返す刀でガンマフラットポジで上を狙っていきます。
普段の証拠金使用率が極端に少ないことがこういうケースで威力を発揮しますね。
ガンマショートながらコールのベガロングポジは、頼りになります。
ちなみに、私のやられの主因はコール裸売りとかカバードコールでなく、ストラドルなので、まぁ、なんとか補正しながらいけるでしょう。
なんならACさんみたく延々とロールして言いわけですし。
実のところ、資金余力を活かして、今月は最大利益にしてやろうかとさえ思っています。これがトレーダー魂というものでしょう(笑)
19. Posted by みーさん   2008年09月21日 21:15
すみパパさん、安心しました。
実は僕も12250付近でストラドル・ツリー・バックを組んでいましたがアホボラでバックが大爆発したので利得してノーポジになっています。
平時はストラドル・ツリーが利益の源泉でバックは保険みないな物でしたが保険は大切ですね、それと普段の証拠金の余力が大きくないと次の一手が打てませんので大切な事ですよね。
僕も様子をみた上で月曜日から参戦します、これだけ相場が動いているのでチャンスですからね。
皆さん月曜日から気合を入れて頑張りましょう。
20. Posted by AC   2008年09月21日 22:07
休日にもかかわらず多数のコメントありがとうございます。
それだけ今回の相場が与える衝撃が、経験を積んだOPトレーダーにとっても大きかったことの表われでしょうか。

>すみパパさん
彗星拳の実験をやめてしまっていたのが悔やまれます……と書きかけたところで、松井のCMEが取引不能に陥っていたことを思い出しました。ですが、シカゴ時間にあれだけの変動があるなら、十分勝機がありましたね。
いずれにしても、すみパパさんの資金管理はかなり保守的なので、例のない事態が生じてもそれをチャンスとして取り組めるのは強みです。
21. Posted by AC   2008年09月21日 22:13
>義経さん
そのカバードコーラーが踏みに行っているのが今の狂乱IVということなんでしょうかね。IVというのは恐怖のはけ口なのでどこまで行くか分からないところがありますから、たとえ最終的に勝てるとしても全力で売るのは危ないですね。

>もぐさん
今生き残っている、あるいは過去に大きな利益を上げたプレーヤーに共通している手法とかリスクがあるとすれば、そこが一番弱点ということになるので、市場は次にそこを突いてくるんでしょうかね。どの手法もまんべんなくやられるのだとすれば、ある意味非常に公平で効率的ということになります。そうなる前に勝ち逃げしてしまえればいいんですが、なかなかそうはいかないのが人間ですね。
22. Posted by AC   2008年09月21日 22:21
>luckyさん
誰かが買い上げているというより、同業の方々が苦し紛れに買わされている、というのが実際のところだったりするかもしれません。つまり最大の敵は同じポジションを取っている味方というわけですね。

>tomさん
外を多めに買えたのならしのげそうですね。

>みーさん
どうもありがとうございます。
まあ修羅場を何度かくぐり抜けているとサバイバルの能力は多少向上しているかもしれませんが、過信すると死ぬときはあっという間でしょうからね。これはほんとにヤバイと感知したら、損だろうと何だろうとぶった切らないといけないですね。
23. Posted by AC   2008年09月21日 22:28
>NHさん
コメントありがとうございます。生きている限りは何とか続けたいと思います。お役に立てるよう頑張ります。
あと、私に代わっての留守中の火消しありがとうございました(笑)。

>optraderさん
>>売り方の踏上げ
たぶんそんなところだと思うんですよね。オプション太郎さんも前に書いておられましたが、こういうのは人為的に野郎と思ってできることではないですが、ガスが貯まっていればマッチ一本で爆発するものでしょうから。

>DJさん
実のところ私も高をくくっているところがありました。そうでなかったら、18日の大引けに11450あたりでデルタをひっくり返してショートになんかしません。
ご質問がありましたら、お返事は遅くなるかもしれませんがいつでもどうぞ。
24. Posted by AC   2008年09月21日 22:33
>yosokuyaさん
その、天井や底が事後じゃなくてその時に分かれば苦労はないんですがねえ。FRBがどうのこうのというのも結果論ですし。
あと、このブログでは、オプションの売買は特に明記しない限り、先物を当てるかコールとプットの両方を取引するかしてデルタを殺したものを指しています。ですから、原資産が高いとか低いとかいうのは全く関係がありません。
もし、相場が高値圏だからコール売り、とか、上昇を狙ってコール買い、のようなお話をなさりたいのでしたら、申し訳ありませんがよそを当たってみられてはいかがでしょうか。
25. Posted by AC   2008年09月21日 23:03
>通りすがりさん
暴落直後でIVが噴いているところでバックSを組むのは得策ではないですが、必ずしも高値圏で組むとは限りません。安値圏で暴落が起きそうになくても、全体のIVが低く、相場がじり高基調にあるような状況では、バックSはそれなりに利益になる可能性が高いです。
まあ、どこでどういうふうに組もうが自由ではありますけども(笑)。

>Priusさん
ようこそお越しくださいました。
限月間のIV差に着目したカレンダーは当然あり得る戦術です。何点か注意が必要なのは、IVは個別に動くので、場合によってはさらに股裂きになる恐れもあること、ガンマをフラットにするとネットのベガが大きくロングになり、IVが低下すると損失になること、一方ベガをフラットにするとガンマがショートになり、価格変動リスクがあること、などでしょうか。そこのところをうまく管理できるなら勝算は高いと思われます。

26. Posted by AC   2008年09月21日 23:08
>バックさん
まったくおっしゃるとおりです。相場の上下を取りたいのであれば、余計な要素のない先物を売買するのが一番すっきりしていますし、実際そうしている一流トレーダーも多いわけです。
それを敢えてオプションを選ぶとするのであれば、先物にはない要素である相場の変動率、ボラティリティの部分でリスクを取り、収益を得ようということになるわけです。
原資産の上下が全く影響しないわけではないですが、見ているところは明らかに異なりますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
平成29年7月5日からの
大雨災害義援金



こちらから寄付ができます

平成28年熊本地震災害義援金



こちらから寄付ができます

世界の子どもを児童労働から
守るNGO ACE〔エース〕



こちらから寄付ができます

国境なき医師団
南スーダン アウェイル病院
支援プロジェクト



こちらから寄付ができます

     訪問者数
−Since 2007.3.7−

     
  • 今日:
  • 昨日:

    IVチャート
日足(2017年9月21日)IV日足チャート








週足(2017年9月15日)IV週足チャート







Google
WWW を検索
このブログ内を検索
  利用している証券会社等
楽天証券


RSSはオプショントレードに
必須のツールです。

A8.net


アフィリエイトはここで。
プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
    お薦めの書籍







   ケータイはこちらから
QRコード
  • ライブドアブログ