June 21, 2012

また おいとましちゃいましたね

あっという間に時間がたってしまう今日この頃です。なんせ、朝早いもんで。東の彼方へ西から行くためには、日によっては5:30起き6:20分の電車に乗るなんてことも。。。うう、これが毎日続くのか、この夏中。。。

ところで、今日は、この記事に頭にきたので、伝播せねばと思い、時間のかかるlivedoor blogにアクセスいたしました。

田原総一朗が、関西人首長たちは大飯原発再稼働に感謝すべきだなんていうことをほざいている記事であります。それは逆で、福井県知事が絶対認めない、というべきところだったんじゃないのか?再稼働すれば潤うのは、電源確保できる他県というより、地元県でしょうが〜?原発停止になると、収入が途絶えるのは、電力を利用している周囲県ではなくて、地元です。

そもそも、政府試算の15%電力不足予想、この手の試算がいかに嘘だったかは、東京の意味ない計画停電で証明されてるっちゅうの。

国民7割が原発再稼働に反対しているには、それなりの理由があるだろうが、まったく。。。マスコミを批判するなら、そっちじゃなくて、再稼働反対に集まった大勢の人間のデモのことを一切黙殺して触れないとこを批判してよ。

この人が出る番組は、絶対見ない。田原総一朗ぎらいは父譲り。亡父はよくテレビのこの御仁に向って、お前はあほか!と叫んでおりましたです。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120613/312351/?P=1&ST=rebuild

actonian at 01:23|Permalink見た? 

May 24, 2012

撤退しましょう、2020年のオリンピック開催なんて

日本の政治家って、まっとうな経済観念や将来の展望を持ってるんだろうか。

2020年に東京でオリンピックを開催する利点を3点あげてもらいたい。どれだけ経済効果が狙えるのか、石原都知事の詳細なプランを拝見したい。勘定できない番頭に、帳場を任せちゃだめよ。

海外から、「フクシマ」で今も汚染される日本へ、どれだけ観光客がおしよせ、お金を落とすと見込んでいるのか。その前に、膨大な額を投資する資金はどこからくるのか。前回の誘致に無駄に使われた150億円に懲りないのは、もう、おばかもいいとこ。あの悲しいプレゼンを作った電通が5億ぬれ手に粟でかせいだだけじゃない。

借金を続けていたらいつかは崩壊する。ギリシャを見よ。身の丈にあった生活をしてちょーだい、まったく。発想が古すぎ、早くご隠居さんになってもらいたいわ。



actonian at 18:44|Permalinkちょっと考えたこと 

May 23, 2012

やっとまともな気温!

今年は3月に一週間、異常に高温の週があったとおもいきや、4月も5月も雨で寒い毎日が続き、暖房を切ったのはやっとおとといのこと!夏物は売れないし、ダブルリセッションで、景気はどこもよろしくない。

つぼみのままで停滞していたバラがこの2日のまともな気温(20度を超した)で、一気に開花。ああ、なんとも遅い春です。

寝てろと言われたので寝てたけど、寝てると鬱になるねぇ。このままずるずるしてて、いきなりまた日曜日からお仕事かしらん、もうったら。。。。

ホリデー必須!いつになったら行けるものやら。

actonian at 21:10|Permalinkロンドン:巷の話題 

May 22, 2012

AKA

AKAという治療がある。AKBじゃないですよ。仙骨と背骨のつなぎ目の微妙なずれを、ミリ単位で調整するという、受けてみると、今何かやりました?って、なにもしてないのにお金を払わされたような感じの治療なのですが、これが翌日あたりになると、ずれがなおった分筋肉が痛んだりする、不思議な治療であります。

先週、3日間のオーバータイム計24時間という、いじょーに長い撮影を終えてくたくたになったら、やっぱり腰が相当やばし。軽いぎっくり腰になったので、2度目のAKA治療にいってきました。

とにかくベッドに上向きで寝てろというので、寝る事2日目。飽きてきましたが、座ると痛いのでころがってるしかない。来週からまた忙しくなるので、しばし休憩。

休みのたんびに、歯医者にいったり治療にいったり、体の調整で終わっちゃうつまらない年だわ、今年。



actonian at 03:20|PermalinkHealth 

May 17, 2012

須藤元気の元



最初は北朝鮮の軍隊ならこんなの簡単にできるじゃない、と思いますが、見続けていると、お〜っ!

世界選手権やったら優勝しますね。

actonian at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)見た? 

May 16, 2012

念彼観音力

本日、亡父の7回忌にあたる命日。6年前、空港からスーツケースをもったまま病室へあたふたとかけつけ、最後の1時間半を見守ったのが、まだ2年前の事ぐらいに感じられる記憶なのだが、年月はほんとうに矢のように過ぎ去っていく。

一応朝、食事もお茶も飲む前に、霊前に水、ブランデー、お菓子、果物を供え、お灯明をともし、(新しいタイプの火災報知器をつけたので、煙の出るお線香が使えませんが)、開経偈から始まって、最高むずかしい観音経まで、いっきに読経。。。と言いたいとこですが、まあ、久しぶりの読経なので、つまること、つまること。。。「ねんぴーかんのんりき」のところがくると、一息つける。4文字1フレーズの舎利禮に比べて、観音経は、5文字1フレーズなので、どうもリズムがとりにくいのであります。2+3拍子で詠むのって、むずかしくない?今度、Take Fiveをかけて詠んでみよっかな。あ、あれは3+2だから、あわないか。。。やってみよっと。

たま〜に思い出すにつけ、懐かしい、父です。



actonian at 20:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)TRIBUTE 

May 15, 2012

よろよろ、ヨーロッパ

大借金を抱えている、ユーロ圏からこぼれそうなギリシャ。まだ政府内閣を組めません。多分、来月再選挙になる模様。

「オスティリティーメジャー」=緊縮政策、を嫌う南欧国民たちが、ギリシャにしてもフランスにしても、ばらまき政策をとる左派系を選んでいるのですが、借金に借金を重ねていくのは、いかにも愚策。

ドイツは東を吸収するときの大出費を、10年間の給与凍結で乗り切ったというし、ユーロ圏では唯一と言えるほど、まだ物つくりをしている国。なーんにも産業基盤のないギリシャが、凍結に反対したところで、じゃあ、どこからその資金がくるのよ?そういう要求する権利がおまえたちにあるのか、この怠け者が、と言われてもしかたがない。やることやらずに権利だけ主張する、よくあるタイプです!(苦笑)そもそもユーロ圏に入るだけの経済基盤がないところを粉飾してはいってきちゃったんだから、さっさと退去させたほうが身のため。。。かも。

物つくりを中国にやらせて、ちゃらちゃらお金を動かす金融業だけに頼っているから、イギリスもダブルリセッションから抜け出せない。

働かざるもの、食うべからず。
まさに!


actonian at 17:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ちょっと考えたこと 

May 14, 2012

ジェットラグ

昼間から明け方までの仕事を一週間ばかし。。。ロンドン内とはいえ、通勤時間をかけるなら寝てたいので、現場近くのホテルに宿泊。中には自宅に戻らないと疲れがとれないという同僚もいるけど、わたしは現場近くにいるほうが好み。

昼夜逆の生活を一週間やると、ジェットラグと同じ現象がおきるのねぇ〜。オフの今日、目覚めは4時半。早い朝ご飯食べた後、8時に眠くなりまた睡眠。10時半過ぎに起床だけど、もう眠い。

困ったものだ。

今回は、エレベーターに閉じ込められたり、高所掃除をしている人たちが、高所作業車が故障して2時間もスタックした後、登山家にロープで「救助」されるのを横目に見たり、同じ夜中に作業したい他部署のおやぢと大げんかしたりと、まあ、ハプニング続出でありました。終わってやれやれだ〜。

いよいよ、オリンピックの夏に向けて、準備開始。しかしこの夏、気温はあがるんだろうか?今朝も最低気温5度、最高が13度と、東京の冬並み気温でありました!


ところで↓、コメントにお返事返せませんが、ありがたく拝見中。皆様、Miele使ったらほんとにお掃除楽ざます!昨日は疲れてる所、どうしても最近買ったスチーム掃除機を試したく、やってみたところ、カーペットの色が変わりました!埃であれだけ変色してるんだな〜。弘法筆を選ばずってのは嘘。掃除はお道具次第で効率激変です。



actonian at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 07, 2012

さっすがMIELE

S5281_Libra


ダイソンの掃除機をずっと使っていたけど、熱はもつ、音はうるさい、の上に、段々と吸わなくなってきた。そろそろ買い替え時かなと思い、中国製じゃない唯一ぐらいのブランド、Mieleのこのモデルを買いました。

さすが!掃除機のロールスロイス。ごっしごっしと力任せにしなくても、ターボブラシをつければすーっとカーペット掃除ができちゃう。このブラシがまあ、色々ついてくるんですよ。奥様、ダイソンなんかおやめなさいまし。あれ、埃を捨てるときに、ごほごほ吸い込んじゃうし、周り中埃が散って扱いにくいったらなし。Mieleの掃除機バッグは高いけど、ただの紙じゃなく、しっかりした作り。やはり電気製品はドイツ製かスイス製に限りますわね。

キッチンカウンターとのサイズさえあえば、洗濯機もMieleに買い替えたい。残念だけれどBOSCHは中国生産となったので、さよ〜ならします。もう3回も修理したし、不合格よ。

ところで、5月ももう6日というのに、最高気温はたったの10度。寒すぎ!



actonian at 05:26|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

May 04, 2012

用紙リサイクルの善し悪し

既に印刷した紙の裏に印刷するのは、印刷カスがローラーにたまるから良くないと、修理しそこねてお金だけ(盗んで)取ったエンジニアから言われたけれども、雑記メモに使うだけではありと余っているので、再び印刷に使用。

来週からのスケジュールを印刷し終え(ちなみに午前6時スタート、終了予定は日本人にしかない特別な時間、26時よん、ルン♪)、ふと裏を見ると、昔のBFとの論争メイルのプリントアウトではないか!

「自分の陣地に座り込んで、それを楽しんでいるがいい!」だって〜?
「お前はアテンションの中心にいたいだけだろう!」とも。。。
当たり前じゃない、好きな相手のapple in the eyeじゃなかったら、一体何なのよ?。。。と考えること自体が、いつまでたってもティーンエイジャー的発想、か?

スケジュール表より、これを読んでる方が、かなり面白い。
しかし〜、このスケジュール表は、他の誰にも見せられんなぁ〜。

actonian at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 03, 2012

トラッド・ブリティッシュ

。。。というブリーフでの撮影ロケーション探し。

こんな感じか〜?

british interior1


british interior2


british interior3


british interior4


british interior5


british interior6




actonian at 01:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

May 01, 2012

きゃーもう半年だ!

久々の最後の投稿が昨年度11月。すでに5月1日メーデーとあっては、なんとここを半年ほったらかしにしていたということになる。それでもアクセスをしてくださっておられる方がちょっとでもあることを知り、なんだか申し訳ない気分です。皆様、お元気にお過ごしでしたかぇ?

前回同様、理由は、
1)ライブドアへのアクセスがのろい
2)仕事が詰まっていた
3)ソーシャルサイトのほうが書く量が少ないのでそれですませちゃう

の3点でありました。

昨年度11月、タイ旅行が洪水で流れて以来、まだホリデー0。そうそう、別のバンドのロンドン公演のお手伝いをちょっと前にいたしました。これでもう終わり、と思いつつ、頼まれるとうん、というパターンの繰り返し。しかし常々思うけれども、ミュージシャンというのは、日頃もステージも華やかという人もおりますが、日頃普通の人だったりすると、ステージにあがったとたん、きらきらっと輝くのがすごいであります。やっぱりギターがいいな。(写真じゃ、誰だかわかんないとおもうけど)

IMG_3268


あとは。。。うーん、死ぬほど働かされた中継とかですかねぇ。寝不足で大変な仕事でありましたなぁ。やってたでしょ、どこぞで、ロンドンから6時間ほどだらりんだらりんと、あれです。

今月中旬からいよいよオリンピック関連業務が始まります。この夏は、ロンドンを西から東へ横断の毎日。なんでも対空ミサイルが近辺のフラット屋上など6カ所に設置されるとか。メディアセンターは間違っても狙わないでね!セキュリティーも空港並み、毎日荷物の検査もあり、水も食べ物も持ち込めないとさ。やれやれ〜。

。。。また時々アップデートするようにいたします。覗きにきてくださっていた方々、また面白いトピックなんぞありましたら、書きますね〜。



actonian at 22:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

November 22, 2011

すっごくご無沙汰編

いやはや、ここに来るのも実にお久のこと。

理由その1)ライブドアの接続が恐ろしく時間がかかり、いらちで待ちきれない。
理由その2)例のバンドのアジアツアーは、ほぼ毎日睡眠時間3時間。戻ってきてすぐ、同業者が過労で倒れたので、彼女の撮影を引き受け、ばたばた。疲労困憊!
理由その3)ブログよりソーシャルメディアのほうが、書き込みも携帯から写真アップもリンクもだんとつ簡単。

生きております。
しかしまぁ、来年8月中頃まで予定が入り始めてきた。(ありがたいが)どっと疲れるかんじ。

たまった写真など少々アップ。(ああ、遅いなぁ、ほんとに)

唯一街を1時間ほど歩けた台北に集中するけど:
IMG_2691
 お外市場

IMG_2683
 こういうかんじで豚足などがごろっと売られてる。

IMG_2696
おお、これは卵の殻が出来る前の卵。日本で売られるチキンの中にだってあるはずなのに、捨てちゃうのかな。

IMG_2694
 お惣菜。

IMG_2678
 おっちゃんがこれでがつっと肉を切る。

IMG_2675
 肉類。

IMG_2666
ジュースは「汁」。「男の苗字+汁」が内輪受け。例えば「鈴木汁」とか「高橋汁」とかという具合。うぐっ。

IMG_2664
台北の会場はどでかかった。それぞれ控え室はテントの中。

IMG_2619
 これは確か香港が近づいてきたときだったっけな。

IMG_2626
 キティーちゃんも応援にかけつけるのだ。(香港)上海のあとの香港はほんとに文明に戻った気がした。

IMG_2631
 会場はどこも1万人を越し、熱気でむんむん。アジアでの人気はすごいのだね〜。

IMG_2748
スティーブ・ルカサーとかのテクやってるクレイグ。絶対お姫様抱っこなんか、簡単にできちゃうヤツです。

IMG_2708
回を重ねるごとに、スタッフの腕はあがる。照明さんも大変だったよね〜、Tom おつかれさまでした〜。ドライリハでは青くなったわたしでしたが、明け方まで練習して本番はなんとか切り抜けました。ほっ。アメリカ/イギリス/日本の混成チームだけれど、やっぱりイギリス人スタッフのほうがなじみやすい。言葉もわかるしなぁ。2週間でも毎日苦労をともにしてると、家族のようになってきます。

IMG_2739
洪水ものかわ、大勢が待ちに待っているとのことでキャンセルにならなかったバンコック。1時間だけ、屋上プールサイドで新聞よめた。

IMG_2772
帰路の機上からみると、バンコック郊外は水浸しでした〜。そろそろひいてきてるのかなぁ。。。

またまた、色々な出会いのあるツアーでした。皆様、おつかれさまでした!





actonian at 16:43|PermalinkComments(11)TrackBack(0)街角で出会った 

November 02, 2011

ちうごく2

@5*ホテル。一見ハイスタンダードに見えるが、良ーく見るとあちこちが、超ちゃち。ソープディッシュもちゃちなプラ。配水管は手抜き工事だろう、音がうるさくてしょうがない。電話は、スピーカーフォンにすると音量が低すぎ、途切れてしまうので、誰も絶対に出てこないキャセイパシフィックのデスクが出てくるのを30分ぐらい待つのに、ずっと耳にはさんでなければならない。

ほんとにちうごく人は、勤勉なのか?数はわさわさ沢山いるが、仕事となると、とにかく処理能力は低くて、簡単な「マッサージの予約」なんてことを頼んでも30分ぐらいかかった上に、めちゃくちゃとんちんかん。絶対に信用できない。部屋番号もいちいちレセプションに確認しないと、リストが間違ってるし。うーん、ますます仕事が増えるのだぁ!

おい、デスク、働いてるのか?早く、電話にでてこ〜い!!!

確かに、ここにいて国際感覚があって、ぱきぱき処理できる力を持っていたら、一攫千金はむずかしいことじゃないだろうな。一人リクルートしたい女子にあった。彼女はできる!大きなディナーのアレンジを2晩続けてお願いした。エージェントでもプロモーターでもないのだけれど、頼りになる。

actonian at 13:19|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

November 01, 2011

ちうごく

ただいま上海。一体なんつー国なんだ、ここは。

また例のあのバンドのツアーでアジア巡りをしているわけですが、おとといのコンサートは、リハ中に10人ほどの公安がどすどすと会場にやってきて、どかっと座り、偵察していたのかどうかしらないが、本番が始まる前にステージ前のバリア前にずらっと立ち並び、開場と同時に走り込んできたファン女子がその前に立とうとするのを押し止めるそのやり方の荒いことといったら。

ショーが始まって興奮した子供たち(としかおばさんには見えませんが)が立ち上がり、前に行こうとする度、それはそれは乱暴に押し返すのですよ、こやつら。

shanghai


テレプロンプターをやっているのでスクリーンを確認していると、その目の前で3人の公安が、若い男の子の脇をつかまえ(1対3だよ!)、連行して会場外へ連れ出す始末。おそらくは中国の事情をよく知らん日本女子らしきファンは、公安に写真を撮るのを阻止され、抵抗していたが、最後は突き飛ばされてあきらめていた。ロックコンサートで立ち上がること、バリアまでいくこと、ミュージシャンの写真を撮ること、の一体どこが『禁止』にあたる行為なんだ?わけわからん意味のないこの抑制は一体なんなんだ。


Born to be free (free forever)
Born to be free (now and forever)
Nobody can steal (steal the freedom)
Our life away(they will not sever)
Born to be free (free forever)
I want to be free (we won't surrender)

いつもは適当に聞いていた歌詞だったが、これほどメッセージが真実味を帯びて聞こえたことはなかった。特に女子への乱暴な扱いには、もう驚きを超えてwas very very upset!

ところで場外連行された小僧は、その後、こっそり戻ってきてほぼ元のポジションに立っていた。人民の抵抗はなかなかシブトイ。

shanghai 2


続きを読む

actonian at 19:01|PermalinkComments(9)TrackBack(0)