sputnik.のブログ

大阪の北の果てを拠点とする劇団、スプートニクの最近の様子。

2009年04月

ed4ad0e5.jpgスプートニクとサイゼリヤは切っても切れない関係です!公演が近いこの時期必然的に打ち合わせも多くなります◎そんな時に必ず僕らが利用するねがサイゼリヤ石橋店☆いつもお世話になってます。ね?写真でもうちの作家と演出がアホ面さげてパスタ食ってるでしょ?イカスミパスタ。お歯黒さんみたいに口の中が真っ黒になるこのパスタ、因みに僕は食うのも見るのも苦手です…

ca78ed52.jpgさて、今日から不定期連載として、今公演の参加者紹介をしていこうと思います。そもそもスプートニクという集団には誰がいるねんと思ってる方もいるやもしれませんので、劇団員(まあこの単語が適切か分かりませんが)から始めて、追々客演さんも紹介させていただこうかなと。

という訳で、まずはこの男からでしょう。スプートニクには座長というポストはないんですが、強いて誰かと言うと、彼になると思います。スプートニクの大黒柱、川上立(かわかみりゅう)くんです。

他の中心メンバーである鈴木・土屋は自堕落属性が強いので、主に彼がスプートニクの屋台骨を支えていると言っても過言ではありません。特に対外的な面では顔役として大活躍してくれています。見た目がごついので、サングラスをかけた彼が隣にいると悪い人にからまれる危険がなくて助かります。しかしながら、場が沈むとやたら気にする、繊細なハートをも持ち合わせています。 いい人です。怖がらないでください。

一見頬に傷のある役ばかりやってそうな彼ですが、実は真面目・温厚な役をやるとなかなかいいもの出します。とぼけた(というのか天然というのか)感じも持ち味ですね。あ、もちろんそのでかさ(約180cm)も舞台上で圧倒的存在感を放ちます。前回本公演では珍しく硬派な役どころでしたが、今回はどちらかというとセンシティヴな部分が見所になりそうです。

 こんなもんでしょうか。次回はこのブログでは名前のみ飛び交う謎の男、演出・鈴木径一郎を紹介したいと思います。乞うご期待。

73db6b37.jpgやあやあ川上です。スプートニクの稽古写真初公開!!しかし写り悪し!腹立たしいのは僕の携帯の画像の悪さ。多分ずっとこんな写りだろうけど勘弁して下さい(>_<)

写真はスプートニクの母こと鬼塚朋世さん(通称たかいさん)と丸太の様な腕が逞しいタンクトップが良く似合う今回客演の北山君(通称ぺーさん)です☆詳しくは一人一人また紹介しますね〜

まあそんな感じで稽古もぼちぼち進んでますよって話でした!!

sputnik.  act02『トルヴァドールと影の王』稽古が開始されております。といっても今日は休みでしたので、自宅で脚本作業をしていた土屋です。PCを持って近くのマクドに作業しに行ったら電源がありませんでした。マクドならあると信じていたのに。

そしてお気づきの方もいるかもしれませんが、しばらく前にこのブログで「今回は現代劇!」宣言をしていたのに、めっさファンタジックなタイトルがついていますね。はい、ごめんなさい。前の案は諸事情によりお蔵入りとなりました。紆余曲折の末、最初に宣伝で出していた仮タイトルに戻った今公演。さすがにもう変更はありませんのでご心配なく。

あ、すっかり川上×土屋交換日記と化して来ているこのブログですが、稽古も始まったことですし、いろんな人に書いてもらおうかなと思います。そして自分では決して書かないが、ブログの更新が滞ると不満を漏らす演出・鈴木径一郎にもそろそろ重い腰を上げてもらいましょう。下の写真の真ん中の男ですね。これは確か「ブログもっと上げろや!!」的なことを言うてた前後の写真ですね。

4dc4d6b4.jpg今日仕事でコナンの映画観て来ました!川上です☆コナンの子供達はなんであんなに頭と体のバランスが悪いんやろ、なんで犯人のシルエットはいつも真っ裸で坊主なんやろ、なんで元太君(なんかジャイアンみたいな子)は10円ハゲがあるんやろ。などなど気になる所はいっぱいあったけどそれなりに楽しかったですo(^-^)o

さてさて、そんな映画感想文はどうでも良いとして、スプートニクアクト2「トルヴァドールと影の王」の台本稽古が始まりましたっっ!!今日の稽古で配役もほぼ決まりましたっ!!そして例の如く稽古の写真撮り忘れました!なので写真は稽古後のミーティング風景。因みに僕らスプートニクは最近稽古してる時間よりミーティングしてる時間のが長い気します。いや稽古もしますよマジで!でもそれ以上にミーティングでグダグダ話してる時間が大好きな我々。特に酒が入ると大抵朝まで。いや〜楽しいですね、人生。

そんな感じで公演情報も近々アップします土屋が!!次回からは公演稽古の写真を撮って近況報告しますね〜そのうちメンバー紹介とかもできたらと思ってます☆

このページのトップヘ