sputnik.のブログ

大阪の北の果てを拠点とする劇団、スプートニクの最近の様子。

2009年09月


川上立と土屋甫が、前回sputnik.公演では大いにお世話になった第2劇場さんの公演に参加しています。
また、前回公演で村役場の助役・ドッピオを演じてくださった大東広志さん、素晴らしい舞台美術を提供してくれた原田慧くんも出演しております。

大東さん、原田くんはともに素晴らしい役者。我らが川上も、役者と舞台監督というハードな二足のわらじを履きこなしつつ奮闘しております。・・因みに土屋は、久しぶりの長編音響オペで戦々恐々であります。



第2劇場野菜公演 『夏の終わりに金魚草』


作:四夜原 茂  演出:鎌田 悟

出演:池田光曜 河中智美 石龍恵 竹腰かなこ 辻麻理奈
    原田慧 向井里奈 大東広志 川上立 青山誠二


日時:2009年9月26日(土)  15:30/19:30
                    27日(日)  13:00/17:00
      ※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前

会場:in→dependent theatre 1st
  (大阪市営地下鉄堺筋線「恵美須町」駅1B西出口を左手(南)へ1分)

料金:前売1800円 当日2000円
   ※中高生は半額です。小学生以下は無料です。

劇団制作:dai2gekijo@hotmail.co.jp


稽古場ブログはこちらhttp://dai2gekijo.seesaa.net/

32321ef9.jpgどうも、お久しぶりです☆べろんべろんで良い所の全く見せれない川上です!長らく放置ですいません(>_<)さてさて、ツッチーも書いてくれてますが弟2劇場の野菜公演とやらが間近に迫っております!!僕個人としては諸々の事情があり、今回の公演めちゃくちゃ追い詰められています(・o・)ノでも頑張ります!!!
写真はそんな弟2劇場の稽古風景!!今日は最後の通し稽古でした!今回は主に写真にも写っている原田アフロ等若手がメインの公演ですが、弟2劇場の看板俳優、大東君や不肖僕川上などもちょこちょこ出演します!!よろしければ劇場まで足をお運び下さい!!!!

0fe300ad.jpg














ども、土屋です。今日は上の記事にもあるように音響オペとしてお手伝いすることになっている、第2劇場さんの稽古場にお邪魔して来ました。

 第2劇場さんは大学入学以来何度も拝見させて頂いていて、不肖川上の永遠のホームでもあるので結構お付き合いは長い感はあるのですが、稽古場にお邪魔するのは初めて。多少の緊張を感じながら稽古場に入ると、迎えてくれたのは音響の河中さんと、写真の黄色兄弟(手前・池田光曜くん、奥・原田慧くん)。黄色のシャツにグレーのハーフパンツと、何故か見事なペアルック。そしておもむろに二人だけのシーンの稽古から始める。確かに絡みの多い二人、この公演のために愛を育てようと言うのでしょうか。そんな若人の心意気に、何か和みました。末永く仲良くしてください。

さて、本日もう一つの見所だったのは、前回sputnik.公演にも出演して頂きました大東さんの演技指導ぶり。比較的若い役者さんが多い現場なので、自ら演技を見せる形で指導してはることが多かったのですが、これがまた見事。特にコメディテイストのシーンのニュアンスを汲み取る確かさには、役者・大東広志の芸の広さをひしひしと感じました。・・そんな素敵な大東さんの写真は、撮り忘れました。ごめんなさい。次回にでも男前な写真を載せれたらと思います。

そんな中、うちの川上立はどうしていたかというと、・・二日酔いに苦しんでました。まあ、2劇さんは土曜日に飲む習慣なので仕方ないと言えばそうなんですけど。けどね。次回は格好良いとこ見せて欲しいものです。

1f0eb63f.jpg
なんと2ヶ月強ぶりの更新です、土屋です。
このまま止まるんじゃないかと危ぶまれていた
このブログですが、そろそろ復活します。
何せ、次回公演の予定がほぼ決まりまして。
いつまでも寝てはいられません。
ついでにブログの衣替えもしてみました。

さて、最近のスプートニクなんですが、
毎週水曜に夜な夜な豊中某所に集まり、
ぼそぼそ話し会っております。
何をしてるかというと、次回公演の
脚本会議なんですね。
と言っても、僕が書く訳ではなくて、
今回は集団創作というスタイルをとっているのです。
たいてい脚本家てのは誰かと話し合いつつでないと
なかなか書けないもんではありますが、
ゼロから3人以上でアイデアを出し合うというのは
さすがに初めての試みで、なかなか新鮮です。

ちなみにこれ、前回公演でもたびたび名前が出てました、岡本覚くんの発案です。
実は、今度は彼を中心とした企画なんですね。
と言うのも、彼は来年度から就職することが決まってまして。
あるいは、最後の芝居になるやもしれないのです。
覚くんの、卒業公演と言ってもいいかもしれません。
気合いも入ろうと言うものですね。

 ‥なんですが、前回会議は彼は病欠。
いつもの如く川上・鈴木・土屋の三人でした。
覚くんがいないせいか、いまいち進まない会議。
鈴木・土屋はグラスワインをやたら飲み(サイゼリアです)
川上立はシラフでも一番テンション高く下ネタに乗ってくる。
いつもの大人子供三人であります。
あ、でも、タイトルが仮決定しました。
次回公演は『G(仮)』。
その意味するところは、まだ秘密です。

このページのトップヘ