sputnik.のブログ

大阪の北の果てを拠点とする劇団、スプートニクの最近の様子。

カテゴリ: 日々の活動。

0fe300ad.jpg














ども、土屋です。今日は上の記事にもあるように音響オペとしてお手伝いすることになっている、第2劇場さんの稽古場にお邪魔して来ました。

 第2劇場さんは大学入学以来何度も拝見させて頂いていて、不肖川上の永遠のホームでもあるので結構お付き合いは長い感はあるのですが、稽古場にお邪魔するのは初めて。多少の緊張を感じながら稽古場に入ると、迎えてくれたのは音響の河中さんと、写真の黄色兄弟(手前・池田光曜くん、奥・原田慧くん)。黄色のシャツにグレーのハーフパンツと、何故か見事なペアルック。そしておもむろに二人だけのシーンの稽古から始める。確かに絡みの多い二人、この公演のために愛を育てようと言うのでしょうか。そんな若人の心意気に、何か和みました。末永く仲良くしてください。

さて、本日もう一つの見所だったのは、前回sputnik.公演にも出演して頂きました大東さんの演技指導ぶり。比較的若い役者さんが多い現場なので、自ら演技を見せる形で指導してはることが多かったのですが、これがまた見事。特にコメディテイストのシーンのニュアンスを汲み取る確かさには、役者・大東広志の芸の広さをひしひしと感じました。・・そんな素敵な大東さんの写真は、撮り忘れました。ごめんなさい。次回にでも男前な写真を載せれたらと思います。

そんな中、うちの川上立はどうしていたかというと、・・二日酔いに苦しんでました。まあ、2劇さんは土曜日に飲む習慣なので仕方ないと言えばそうなんですけど。けどね。次回は格好良いとこ見せて欲しいものです。

1f0eb63f.jpg
なんと2ヶ月強ぶりの更新です、土屋です。
このまま止まるんじゃないかと危ぶまれていた
このブログですが、そろそろ復活します。
何せ、次回公演の予定がほぼ決まりまして。
いつまでも寝てはいられません。
ついでにブログの衣替えもしてみました。

さて、最近のスプートニクなんですが、
毎週水曜に夜な夜な豊中某所に集まり、
ぼそぼそ話し会っております。
何をしてるかというと、次回公演の
脚本会議なんですね。
と言っても、僕が書く訳ではなくて、
今回は集団創作というスタイルをとっているのです。
たいてい脚本家てのは誰かと話し合いつつでないと
なかなか書けないもんではありますが、
ゼロから3人以上でアイデアを出し合うというのは
さすがに初めての試みで、なかなか新鮮です。

ちなみにこれ、前回公演でもたびたび名前が出てました、岡本覚くんの発案です。
実は、今度は彼を中心とした企画なんですね。
と言うのも、彼は来年度から就職することが決まってまして。
あるいは、最後の芝居になるやもしれないのです。
覚くんの、卒業公演と言ってもいいかもしれません。
気合いも入ろうと言うものですね。

 ‥なんですが、前回会議は彼は病欠。
いつもの如く川上・鈴木・土屋の三人でした。
覚くんがいないせいか、いまいち進まない会議。
鈴木・土屋はグラスワインをやたら飲み(サイゼリアです)
川上立はシラフでも一番テンション高く下ネタに乗ってくる。
いつもの大人子供三人であります。
あ、でも、タイトルが仮決定しました。
次回公演は『G(仮)』。
その意味するところは、まだ秘密です。

先日のブルペンズの打ち上げでは『演劇ヤクザ』という
新たな異名が浮上した川上くんですが、
キング牧師もそれはそれで似合いますね。
一本気な男だからでしょうか。

さて、ミーティングでは旨いスペイン産マグロを食しながら
スタッフさんは一通り決まり、
キャストのオファーも始まりました。
相変わらず進みの悪い脚本ですが
とりあえず舞台・登場人物など、基本的な設定は確定しました。

今回は、生粋の現代劇です。
しかも、芝居界隈を素材にしています。
前本公演が中世ヨーロッパだったので節操ない感じですが
まあ、こってりしたもの食べると
次はあっさりしたものかな、ということで・・。
(あっさりするかは演出・鈴木の裁量次第ですが)

ちなみにですが、
こういうシフトチェンジをしたのは、最近読み返した
遠藤浩輝『遠藤浩輝短編集1』と
ひぐちアサ『ヤサシイワタシ』によるところが大きかったりします。
どっちも生々しい人間ドラマです。
二人とも昔から敬愛しているマンガ描きなのですが
久々に読み返すと、やはり
やりたいのはこのあたりだなと。
ファンタジーはしばらくいっかと。

脚本書きなんて単純なもので、
そのとき読んでるものに多分に影響されます。
まあ最初に読んだのは10代の頃なので
かなり根付いてる部分もあってですが。
二人が描くような何気なくもひりひりする会話を、
今回は書きたいなと思っています。


こんにちは!スプートニクの暴力大将の汚名を払拭しスプートニクのキング牧師と呼ばれたい川上です☆

今日はスプートニクのミーティングでした。勿論内容は6月の第2回本公演についてです!着々と決まっていく本公演の概要… だが!そんな僕らに襲いかかる強敵(>_<)それはめちゃくちゃ新鮮で美味なお刺身でした。

そう、何故か我々スプートニクのミーティングは毎回殆ど居酒屋で行われるのです。そして今回初めていった場所はうちの演出、鈴木径一郎のおすすめの石橋のとある小粋な割烹☆ここの刺身が死ぬ程うまかったんです★

正直この刺身を食べてる時はミーティング等多分全員どうでも良かったはず( ̄∀ ̄) いや勿論それなりの事は決まりましたよ、それなりに!うまいもん食ってうまい酒飲んで良い芝居をしようってのがうちの信条なもので◎

そんなスプートニクの本公演の情報はまた随時お知らせしますo(^-^)o

遅くなりましたが、ブルペンズvol.1、好評のうちに終了しました。
ご来場くださった方々、有難うございました。

さて、ブルペンズも終わり、いよいよ土屋は
執筆に集中・・といきたい所なのですが、
(川上くんがそろそろ怖い顔になって来てるので
もちろんそれはするんですが)
4月の公演の稽古が始まってしまいました。
しかも僕は演出をしとります。

と言っても、スプートニクではありません。
そのうち詳しい公演情報も上げますが、
僕の学生劇団時代の後輩・北山貴靖くんの主宰する
劇団『ぺーさん’s13』の第2回公演であります。

この劇団、スプートニクとは異なり
生粋のエンタメを身上としております。
僕は前回の旗揚げ公演から関わり、
今回もがっつり絡む感じになってますが、
スプートニクではやらない事をやって行きたいなと。
いい意味での学生劇団ノリの延長・深化を
目指して行きたいと思うので、その差も楽しんで頂ければ。

ちなみに川上くんも3月に、彼のもう一つのホームグラウンド・
第2劇場さんに出演予定です。
スプートニク本公演まで少し間がある分、
しばらくこのブログでは、そういった外部活動の
レポートを載せていきます。
ぼちぼち見てやってくださいね。

このページのトップヘ