2005年11月20日

お久しぶりです♪

またまた更新サボりっぱなしですみませんm(__)m

でも実は、10月の終わりから、毎日のように日記は書いています。

 

そう、mixi日記で。。。

 

いつか、こっちに転載しようと思いつつ、
できてないってことは、ヤル気がないのかも
しれませんね。。。

これを読んでくれているあなたと、ゼヒmixiでつながれたら
いいなと思います。

私は、http://mixi.jp/show_friend.pl?id=730195です(^_^)v

  
Posted by actstudy at 21:17Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月20日

“先生”なんて、いないよ。おばさん、おじさんでいいの。。。

私は、生徒が私のことを呼んでくれたときは、呼んでくれた行為そのものが
嬉しいので、呼ばれ方には、あまりこだわりはありません。

「先生」を呼ぶときは、礼儀正しく!な〜んてことは、言いません♪

指導上?よくないのかもしれないけれど、
私は、どんな呼ばれ方をしても、返事はします。

なぁ〜!とか
おい!とか
ふみこ!とか
クエ!とか
おばはん!とか
ハゲ!とか
ゴホン!とか

え?さすがにダメですか?

でも。。。
心開いてる顔だったり、
笑ってる顔だったり、
甘えてる顔だったり。。。

だったら、よくないですか?

 

で。今日、授業のときに。
ある生徒が、また強がって言いました。

「自分(私のこと)なぁー!自分のこと“先生”やとか思っとぉーかもしれんけどなぁっ!俺らそんなん思とぉへんでぇー!ただのおばさんやんかぁー」

私は思いました。
え?何が?私、おばさんですけど??
先生?やと、思ってませんけど??
そんなに先生って、特別な存在ですか?
なんか違う人種ですか?
そっちのほうが、え?なんですけど!

その生徒に言いました。
「そやで〜。おばさんやでぇ〜。
 「先生」なんて、そんな特別なもんやないでぇ〜
 「先生」って言葉に、そんな意味つけんでええんやでぇ〜
 先生だって、ただのおばさんやおじさんなんやからぁ〜」

生徒は、きょとんとして、「ふーん…」とだけ言いました(^_^;)

 

私は、生徒にとって、強烈な圧力・支配力を感じさせる「先生」という
単語が大嫌いです。
そのぶ厚いフィルター越しにしか作れない先生と生徒の人間関係
の薄さが大嫌いです。

生徒と、1対1の人間関係を正面から作って、呼び方なんてくだらない
ことは、全く気にせずに、何でも話し合えるようになりたいと思います。

  

2005年10月15日

自分が経験したことだけしか…

私が、生徒にしたい「自分探し・夢探し」の授業は、

○あなたは、ありのままのあなたでいい!
○今、夢がなくても、いつか、絶対に見つかるよっ!
○見つかったとき、どうすれば叶えられるか、知っておこう!
○夢を叶えて、元気にキラキラと生きている大人って、いっぱいいるよ!

ということを、伝えるためのものです。

 

だからこそ、いつも思っているのは、

○私自身、自分探しをし続けていて、何がやりたいか、いつも明確でいて当たり前!
○私自身が、夢を生き、叶えている人生、成功している人生で当たり前!
○私自身、キラキラした人たちに囲まれていて当たり前!

ってことです。

 

だからこそ、私は非常勤講師なんです。
自分の夢を叶え、経済的自由を得ていて、実社会でビジネスで成功している
日々を過ごしている必要があるんです。

自分自身が、そういう生き方をしていないと、
生徒に、そういう生き方があるよってことを
伝えてあげられない!

って思ってます。

 

いくら先生でも、自分の知らないことは教えられない。
先生の生き方が1つだと、生徒には1つの生き方しか伝えられない。

少なくとも、私は。
自分が経験したことじゃないと、自信を持って、確信を持って、
一貫性を持って、生徒に、こうだよ!って伝えられない。

 

以前も同じような内容を書いた気もしますが、
今日、ある人から、
「じゃあ、夢の叶え方知ってる?」
と、聞かれたときに、改めて思いました。

夢を叶える方法は無限にある。
そのことを信じて、実践して、実際に結果を出して。。。

そんな人生を送っていきたいと思います。

  

2005年10月13日

私は、成長し続けたい!

私が、セミナーに行ったり、交流会に行ったりするのは、自分自身が成長するためです。

“人生は出会いで変わる”
“素晴らしい人との出会いで自分の基準や行動が変わる”

こんなことを、本当に日々実感しています。
今年の自分の色んな行動が、引き寄せてくれた、ステキな人たちとの縁を
感じながら、毎日、本当に幸せだなぁ〜と感謝しています。

 

ただ、私の明確な焦点としてあるのが、
『私の成長は、すべて生徒に還元するため!!』
ということです。

自分のためではない!生徒に還元することを前提に、
自分のミッションに従って、生徒に授業をしてあげられる
自分になるために、自分であるために、成長し続けます。

そして、なぜここで、再確認するために書いているかというと、
自分の成長そのものに焦点を当てすぎていて、今の目の前の
生徒を置き去りにしようとしている自分にも気づいているからです。

自分を成長させる、ステキな機会と、
生徒と触れ合う休日の部活の予定が、、、
かぶるんです。(涙)

一緒に時間をべったり過ごせないと人間関係を作れないなら、
それは、まだまだ未熟な自分であり、今の生徒の顔を思い浮かべても
週に2時間しか授業をしない、定時制の生徒と人間関係を作れていたり
もするし。。。

う〜〜〜ん、何なんでしょう?
私は、部活の子との何かに、とまどいを感じているのかもしれませんね。
自分の足元を見失っているような、そんな危機感も感じつつ。。。

私は今、何のために、現場にいることを選んでいるのか、
もう一度思い出す必要があるのかもしれません。

なんか暗い話題になりましたが?書いてみるとスッキリしますね。
焦点をぶらすことのないように、頑張っていきたいと思います♪

  
Posted by actstudy at 23:31Comments(0)TrackBack(0)教師として…

2005年10月12日

先生か、生徒か。。。

私は、常勤講師な今は、今年限りにして、来年度は、前々から言っている
スーパー非常勤講師として、やっていきたいと思っています。

それは、日を追うごとに、強い想いになっています。
私には、絶対に、教科書を使った授業は、「ない」な、、、と。

生徒が、社会に出るために必要なすべてのことを、伝えていきたい!と。

今は、非常勤で行っている定時制の高校の生徒たちが実験台になっています(笑)。

 

そして、そして!
実際に、やると決めているからこそ、現実味を帯びて迫ってくる問題も
あります。

 

先生は?
ほっとくの?
いいの?
助けてあげなくて。。。

 

実は、分かってはいましたよ、そりゃぁね。
どんなに、夢探し・自分探しの授業を生徒にしても、
周りの先生がそれを認めてくれなければ、そんな
環境に生徒がいれば、結局同じなんじゃないかな?って。。。

だから、生徒のためにも。

そして、おこがましいけれど、先生を助けてもあげたい!って。

 

だって、先生は、絶対にしんどいと思う。

目の前の生徒でもなく、現実の社会でもなく、
どこにもない、何かに縛られて、何かにとらわれて、
自分で自分の仕事をしんどくしている。

そして、しんどいのを、生徒のせいに、学校のせいに、
親のせいに、社会のせいに、時代のせいにしている。

違うのに。。。

誰のせい、って話じゃないのに。

これから、どうやったら、しんどくなくなるか。
一緒に考えたいだけなのに。。。

 

う〜〜〜ん。
私は、先生向けに、何かをすることになるのだろう。

どうやって興味をもってもらおうか。
自分の意志で、自腹を切って、来てもらおうか。
まずは、どんな部分でサポートできるだろうか。。。

その答えを、毎日探しています♪

  

2005年10月10日

えらいことに。。。

気づけば、ブログの更新をサボって、1か月が過ぎ。。。
しかも、月が変わってるから、トップページが真っ白になってたんですね(^_^;)

ご心配をおかけしましたあなたに、本当に、ごめんなさいm(__)m
明日香は、とっても元気で頑張っております。

ただ、最近は、ここに書くよりも、言ったほうが早い!と、つい思ってしまう
ことが多くなって、つまりは、周りに、教育について語れる環境ができて
きたとも言える状況で、つい、更新をサボってしまいました(汗)

こんなことを書くと、楽しみにしてくださっているあなたに、「バカ!」と
言われそうで、怖いです(苦笑)。

このブログで何を発信していくか、改めて、焦点をしぼってみたいと
思います。もうしばらくお待ちくださいませませ。。。

  
Posted by actstudy at 21:14Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月07日

夢は声を大にして!!

 

「夢って、人に言っていいもんやったんやぁ〜。知らんかった…」

 

って、生徒に言われたら??
あなたは、驚きませんか?

 

 

事の起こりは、今日の昼休み。
3年生のある部員が、初めて大学に対する「志望動機」を
書いて持ってきたんです。
(ちなみに、指定校推薦の校内エントリーの書類というものがありまして。。。)

私自身、その子の夢に触れるのは初めてで、すごく新鮮でしたし、応援
したい気持ちになりました。しっかりとした考えを持っていました。

 

その子が言ったんですよ!上のセリフを!!(>_<)

「へ?何が??」
って、私。
思わず聞き返しました(^_^;)

 

「だって、夢っていうのは、黙って、1人で頑張って叶えるもんやろ?
 そんなん、人に言うたら、邪魔されるだけやん!!」

だそうな。。。

 

悲しい。。。

どんな人間関係で学校生活を過ごしているの?
まぁ、少し、性格上のこともあって、周りからは、
イジられやすい子では、ありますけれども??

 

少なくとも、私には、夢を語れる仲間がいます。
夢を応援してくれている仲間がいます。
同じように私も、仲間の夢を応援しています。
そしてお互い協力し合って、叶えていく部分も出てくるでしょう。

彼にも、そんな世界があることを知ってほしい!!!
夢を語り合える仲間と出会ってほしい!!
絶対に、仲間とは出会えるんだから!!

と、切に切に思いました。。。

 

 

※いつもご覧いただき、ありがとうございますm(__)m
   ↓  ↓  ↓  ↓
   人気ブログランキング

  

2005年09月01日

シックハウス症候群

なんか、最近、体調悪いなぁ?
体にいいことばっかり(ジョギング・ベジタリアンetc…)
してるのに…??

って思ってたら。

今日、自覚しました!

 

私は、シックハウス症候群である!!

 

学校が改築したばっかりで、新校舎で2学期がスタート!
私は、慢性の鼻炎で匂いって全然分からないんですけど、
どうやら、とってもクサイらしいっ!

今日も、とっても頭が痛くって、朝、校門で立ち番してたら、
生徒の自転車の流れ見てるだけでめまいしてきました(;_:)

なんだか、目もしばしばしてきたみたいだし…。

 

うぉ〜〜〜〜

今月は、下旬のメガイベントにむけて、体力を万全に
しときたいのにぃ〜〜(>_<)

 

誰か、教えてください。

窓を開けっぱなしておく以外に、何か、いい対策はありますか?
備長炭を持っていこうとは思ってます。

とりあえず、今日は、もう寝ます…(;_:)

  
Posted by actstudy at 18:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月31日

やりたい!気持ち。。。

3年生は、そろそろ進学先を決めないといけない時期が来ました。

ウチの部の子は、今年は、たまたま大学進学希望者が多くて、
何を隠そう!クラブを続けるために!クラブに入るために!!
大学を今探しています。

それがね、すごい細かいことまでこだわるんです。
自分が大好きなスポーツだから、当然といえば当然でしょうか?(笑)

攻撃のシステムは、こうじゃないとイヤだ!
フィジカルトレーニングは、これくらいがいい!
強さは、これくらいのとこ!
などなど。。。

もちろん、あんまり強すぎず、弱すぎず、自分が早めにレギュラーに
なれるぐらいのちょうどいいところはないか?
なんて、まぁ、甘いことを言ってたりもするんですが(笑)。

それでも!自分で選んでますから!!

「入れる」大学、ではなくて、
「入りたい」大学を。

自分なりの選択基準を、かなり明確に持って、それに合う大学を
必死で探しています。

いろんな大学に、夏休み、練習試合をしていただきました。
来てもいいよ!って言ってくださいます。

それでも、安易にその話に乗っかるのではなく、その試合中も
大学側のシステムや練習風景、設備や人間関係などなど、
しっかり観察していて、自分の基準に合うかどうかを、しっかりと
判断しようとしているのです。

大学に、クラブのためだけに行くなんて!
っていう声もあるかもしれませんが。

私は、クラブ一つにそこまで明確な基準を持って、自分に必要な
大学を探せる、部員たちをすごいと思います。
彼らの将来、きっと大丈夫だろうと信じられます♪

 

※今日は何位かな?更新サボってるしな…(汗)

  

2005年08月25日

保健室の先生、集合!

これをよんでくださっているあなた!
もし、学校の保健室の先生なら、ゼヒ!ご意見を聞かせてください!

 

ウチの養護教諭の先生と、よく話すんですが、保健室の先生って、
他の先生より、生徒に近くて、生徒も本音を出しやすい存在ですね♪

先生に対しても、より客観的な立場で見ていられるというか、
どちらかというと、生徒の目線で見やすいのかな?と、思います☆

 

なので、最近、ゼヒ!保健室の先生から見た学校、についての意見を
聞いてみたいなぁ〜、と強く思うようになりました!

ゼヒ!9月にやる2回目の、ON THE FIELD!で、他の先生たちにも
意見をシェアしたいな、と。

で、もちろん、9月の交流会に参加してもらえたら一番嬉しいんですけど、
それが無理な人もいるだろうと思うので(キョリ的にも…)、電話ででも
メールででも、ゼヒ!あなたの意見を聞きたいっ!!と思います♪

 

もし、よければ、メール(f-curio@29actstudy.com)にご連絡いただけませんか?
今すでに何か思ってる事があれば、コメント欄にガンガン書き込んじゃって
ください!メールをいただければ、具体的に、こんなことを聞きたいよ〜。
ってことを質問させていただきます!

よろしくお願いしますっ!!
ゼヒあなたの意見をっ!!

 

※今日も、ぽちっと。何位かな?

  

2005年08月18日

泳げ!たいやきくん!な、夏。。。

昨日で、夏休み初めの合宿から続いた、大会三昧の日々が
いったん終わり、あとは、練習試合と練習だけとなりました。

「毎日、毎日、僕らは鉄板のぉ〜♪
 上で焼かれて〜♪いやになっちゃうよぉ〜♪」

ほんとそんな感じの毎日でした!
まぁ、鉄板とグラウンドが違ってるだけ?(笑)

 

あまりに毎日暑くて、疲れて、家に帰ったらバタンQ・・・
曜日の感覚もなければ、お盆の実感もない!
(ご先祖さま、ごめんなさいm(__)m)

だから、今日が8月18日で、ほぼ下旬??なことに、
とっても驚いています…いつの間に??みたいな。

 

それだけ、充実してたってことかな…(^_^;)

 

この夏休み、ほんとに生徒はよく頑張ってたと思う。
毎日、真っ黒になりながら、ケガもしながら、毎日
試合をこなし。。。

もちろん、「だらだらーず」な、2年生は、相変わらずダラダラ
することも、あったし、「お子ちゃまーず」な、1年生は、相変わらず
分かってなかったり、甘えたりすることもあったけど!

それでも、ほぼ1か月、頑張りきった事実は、絶対に認めて
あげたい!!頑張ったね!って☆

 

じゃあ、私は?

この1か月で、何ができただろう?
生徒たちに、どんな貢献ができただろう?
かわいい生徒たちに、成長の種をまいてあげられたのかな?

同じ時間と、同じ空間と、同じ暑さ(笑)。
を、共有できたことの意味ももちろん大きいと思う!すごく…

でも!それ以上に、自分にできたことがあったのだろうか?
できてなきゃいけないから!!それは何?
もっと、頑張るべきだったのは、どんなこと?

残り2週間、答えを探しながら、じっくり、後悔しない夏を
過ごしてこうと思います。

そーだ!もう1人の顧問の先生にも聞いてみよう♪

 

※今日も、ぽちっと、お願いしますm(__)m

  
Posted by actstudy at 23:52Comments(2)TrackBack(0)種をまこう!

2005年08月16日

生徒の質?先生の質?

教育者仲間と話していて、「教師の質」って言葉が出たので、
少し思ったことを書いてみようと思いました。

彼いわく、年配の先生に、「最近の若い先生は、質が落ちてきたなぁ…」
と、いわれて、落ち込んだそうです(;_:)

 

確かに、こう言われて、落ち込む気持ちも分かります!
誰だって、自分への評価が低いと、凹みますもんね!

でも、凹む前に、考えてみたい!!

「質」って何??

 

・・・

・・・

 

「質」って何????

 

 

私は、思いました。

昔、求められていた、理想の教師像があったとして。
それが、いわゆる「質」だとして。

果たして、それが、今の生徒にとって、必要とされる
教師像なんだろうか?「質」、なんだろうか?

 

同じことで、今の生徒に対して、、、

「質」が下がったとか、「質」が悪くなったとか、
指導のしにくさを、生徒のせいにして、昔の生徒と比べて、
こんなことを言っちゃう先生がいるのだとして。

果たして、過去の理想の生徒像が、今の生徒にとって、
理想の生徒像なんだろうか?「質」、なんだろうか?

 

今の時代の、目の前の生徒を見て、出てくる答えを大事にしてほしいと
思います。昔のやり方にこだわるのではなく。。。

今までの答えを、同じように通そうとして、先生がしんどくなって、
生徒も、今までの答えに、合わせたくないのに、合わせさせられて
しんどくなっているのが、今の現状なのかな?と思いました。

どっちもがしんどくなる方向へ、突き進んじゃうのは、もったいない!

本来、ステキな先生と、ステキな子どもたちなのに、、、
向いている方向が違うだけで、お互いがしんどいめにあうなんて。。。

目の前の生徒を、ありのままに受け止めて、先生も、ありのままに
向かい合ってほしい!!そう思います。

 

※今日は何位かな?→ぽちっ!

 

PS  おーい!この話をした日のみんな!
    ちゃんと、約束どおり、このブログ、見てくれてますか?
    反応して、コメントでも残してくださいねー(^_^;)

  

2005年08月14日

めんどくさい、って気持ち…

めんどくさい、から、やらない。私もよ〜く分かります(笑)!ただ、そういう理由で、行動が止まっているとき、私は自己嫌悪に陥ります(;_;)だって、やるべきと自覚してるのに、やってないってことですもんね(>_<)ウチの生徒は、どんな気持ちでいるのでしょうか?めんどくさい気持ちを全面にオーラ出して、ダラダラするもんですから(^^;)まぁ、何をやるべきか、分かってるってことは認めててあげないといけないなぁ〜って思うことにして、ガミガミ言わずにすむように感情をコントロールしています(^^)vなんか意味不明な投稿のような??  

2005年08月12日

今日は、バンジーのこと。

今日は、9ステップセミナーの仲間とともに、鷲羽山ハイランドで、
バンジージャンプに挑戦してきました!

ブログの趣旨とは、異なるかもしれませんが、すごく大きな学びが
あったので、ここでシェアさせてくださいm(__)m

 

いやぁ〜、そりゃ怖かったですよ!
だって、私は、騎馬戦の上もダメ、ジャングルジムの上もダメ、の
筋金入りの「高所恐怖症」ですから(笑)!

それを克服するために、行ってきました!

もちろん、1人では、絶対に飛べなかった。
9ステッパーの仲間が下で、見ていてくれたから、待っていてくれたから、
だから、できたことだと思います。

飛ぶための身支度をすべて整えても、まだ地上にいる間は、どこか
他人事でした。「へぇ〜、飛ぶの?怖いんじゃないのぉ?頑張って〜」
って。(笑)

いやいや!飛ぶのは、あなたですから!!

でも、どこか、「私は飛べるんだ」っていう確信と、
「何かが変わるはずだ」っていう期待は持っていました。

いよいよ、上へ登るときが…

私は、4人一緒に上へ登る2人目!前にも後ろにも仲間がいてくれる、
それはとても心強かったです。
言い方を変えれば、逃げ道がない!!(笑)

なんせ、高所恐怖症ですから、自分の身一つで、一段一段、階段を
登るのが、めちゃめちゃ怖いっ!!

でもですね、気づきました。

一歩一歩進むたびに、見える景色が変わる。
それまで、見えなかった景色が見えるようになる。
自分自身が一歩ずつ前へ進むことで、周りの世界が変わっていく。

これって、ほんと、成功への成長と一緒ですよね!

マジでこわくて、上も下も、とてもじゃないけど、見る余裕なんかなくって、
目の前の一段、目の前の水平に広がる景色だけに集中していたから、
気づけました。

そして、自分が、自分の足で、一歩進まないと、絶対にゴールには、
たどり着けない。そんな当たり前のことにも気づきました。
怖いからって、その場で登ることをやめれば、それ以上の高みから
見える景色には、一生出会えない。

そう思って、ただただ上へ登っていきました。

そしてそして、どんなに、上へ行っても、どんなに風が強く吹きはじめても、
どんなに景色が広がっても。

目の前の、進むべき一歩というのは、最初に踏み出した一歩と、
ちっとも変わらない。ちょっと足を上にあげれば、進める一歩でした。

これからの、私の人生も、そうなんだと思いました。

日本の教育を変えたい!
その夢は、とっても大きくて、まだまだゴールは見えない。
でも、そこへたどり着くまでの、一歩一歩は、いつも同じだけ、
そのときの自分に上げれるほんの少しの一歩なはずで、
ただ、ずっと、その一歩を積み重ねればいい!
大きな一歩に見えたら、自分で小さな一歩に分解すればいい!

今の自分から見える景色は、せいぜい遊園地の中程度。
でも、その一歩一歩の先には、今日見た瀬戸内海を一望できるような
そんな景色が広がっているはず!
自分の足で、そこまで進んだ人だけが見える景色が。

 

頂上に着いたら着いたで、新たな恐怖。

だって、靴を3分の1だけ踏み台の前に出すって。。。
怖いって!!

みんなとの約束で、手はまっすぐ上にあげて、前向きで飛ぶ。。。
無理だって!!

まず、取っ手をしっかりと握り締めた両方の手を、離せないんだって!
上にあげるなんて、絶対無理だって思った。

だから、少しの間だけ、飛ぶ前、バタバタ抵抗した。
でも、飛ぶって決めてたから、抵抗しないことにした。

だって、下を見たら、仲間が、米粒みたいな大きさにしか見えなかったけど、
でも、みんな笑顔で励ましてくれてた。大丈夫って言ってくれてた。
私ができなかった、ばんざいの格好をしてくれてた。

だから、飛べた。
ほんと、仲間ってありがたい!って思いました。
それは、ほんと、そう!大感謝ですっ!!
その笑顔が、大きな声が、本当に嬉しかった。

でも、飛ぶのは、一人(笑)。

まっすぐに立っている体を、何もない空中へ向けて、最初に、
5度?10度?
前へ動かすのは、本当に怖かった。
そして、そのあとは、いつの間にか、空中をぴょんぴょんしてる自分がいた。

あのときの、なんともいえない、ふわっ!って感覚を、忘れないようにしよう!

 

地上に着いたときも、仲間が笑顔で待っててくれて、ちょっと涙がにじみました。
高所恐怖症なのに飛べた喜びと、目の前で一緒に喜んでくれてる仲間への
感謝の気持ち。すっごくたくさんのものをもらえました!!

今日、ご一緒していただいた皆様!
本当にありがとうございました!!
この体験を、私は一生忘れません!
そして、これからもよろしくお願いします!!

 

以上、明日香史深の、バンジー体験談でしたっ!!

 

※ランキングにご協力お願いします!!

  

2005年08月11日

生徒に禁煙させるためにっ!

先月、行ったセミナーで、もう1つ、私が決断したこと。
それは、生徒全員にタバコを吸わせないための授業をする!ということ。

高校生は、いろんな理由で、タバコを吸い始めます。
でも、それは、「吸っている」のではなく、「吸わされている」のだと思います。
そして、絶対に吸わせてはならないっ!!と、セミナーで確信しました!
スタートは、私1人でもかまわない!
とにかく始めなくてはっ!!と思って、いろいろ動いています♪

 

そして、昨日。

ある2年生の選手を、この3月に卒業して就職したお兄ちゃんが、
車で送ってきてくれていました。

口には、くわえタバコ。。。
卒業したて!まだ10代!!
そもそも20歳越えたら吸っていいとは、私はもう思ってない!!

 

だから、言いました。

「なぁ〜、○○君!私は、あんたを禁煙させてみせるで?
 今、プログラムを準備しよ〜から、できたら、連絡するから
 絶対に実験台になってよ!!」

「え〜?マジで?先生、俺ムリやってぇ〜」

「ムリじゃないっ!え?っていうか、やめれるものならやめたいんじゃないん?」

「そりゃぁな。でも、もうムリやって〜」

「ムリじゃない!とにかく連絡するから!!」

「分かった〜、じゃあ、俺の周り全員禁煙させてな!」

「分かった!任せときっ!!」

 

この子は、なんでタバコを吸っているんでしょうね。
自分でやめることもできなくなって。
友だちもみんな吸ってて。
月1万円かかるって言ってました。。。

どんないいことがあるんでしょうか?

 

絶対に、私は、禁煙させてみせますっ!
また、報告しますね♪

 

※ランキングは何位?

  
Posted by actstudy at 22:40Comments(0)TrackBack(0)種をまこう!

2005年08月10日

生徒に、ありがとう♪

ワクワク!ドキドキ!した、今日の練習試合でした。

部活をしていると、日々の生活の中で、
「嬉しい・楽しい・幸せ」
「ドキドキ・ワクワク」
といういろんな感情を味わえます。

この5つの感情、そして、「感謝・感動」は、
私が今、日々の生活で味わいたいな、と、意識している
基本の感情なんです。

部活さえしてれば、満たされてしまうことが、今日、分かってしまいました☆

 

だからかぁ。。。(って、言い訳(汗))

すること、いっぱいあるのに、つい、このブログだけ書いたら、
一日に、超満足♪で、ふとんへGO!!なんですよ。

得たい感情、全部得たから、思い残すことなく、一日を終えられる
んだなぁ〜、と実感!!

ある意味、とっても幸せな人生を生きさせてもらってるなぁ(*^_^*)
かわいい生徒に感謝!!m(__)m

いやいやでも頑張ろう!日本の教育を変えるために…。

 

※応援、よろしくお願いしますっ!!

  

2005年08月09日

感謝の気持ち♪

 

今日も、練習試合♪
ある生徒のご両親が、車で観戦に来られていました!
外は暑いから…と、クーラーの効いた車内からは、
出てこられませんでしたけど(^_^;)

生徒本人に、「よかったねー!見に来てくれてるね♪」って言ったら、
(ちょっと最近イロイロあった子で、親に心配かけてまして…)

「へ?ヒマやからやって!!」だって(>_<)

私は、違うと思うけどなー!
せっかく空いた一日を、息子の試合を見に行くという選択をした、
親の気持ちって、やっぱあると思うなー!
ありがたいと思うなー!

 

話は変わりますが(笑)、、、

今日の細木数子の番組、見ました?(^_^;)
私は、女子高生対決だけ、ミーハーにも見てしまいました…。
しかも、感動して泣いてしまいました!!

親への感謝の気持ちの話題で。。。

ウチの部の生徒と話してても、親に対して全く、感謝の「か」の字も
持ってない子が、たまぁに、います。

「お小遣い全然増やしてくれへん!」って怒ってるから、
「今いくらもらっとん?」って聞いたら、、、
「1万円!!」って!!
で、「ウチはなんでこんな貧乏なんっ?」だって。。。

あほ!

です。。。

そういうときに、そもそもお小遣いをくれてることに対して、
親に感謝してるかぁ?なんてことから、イロイロ話をすること
があります。なんやかんやと話していると、自分のわがまま
さに、気づいてくれることも、よくあります。

そういう、親への感謝の気持ち。
そして、自分以外の誰かに対する感謝の気持ち。

その大切な心の持ち方を、学校で伝えられたらいいな、と思います。
これも、絶対に、学校にいる間に身につけておくべき、社会に出る
ために必要なこと!の1つだと思います。

 

※よっしゃぁ〜〜〜〜!→ぽちっ…

  

2005年08月08日

偶然か、必然か?part2

 

高校生で、就職を希望していると、本番の試験は来月半ばにあります。
今ごろの時期は、最終的に受験する企業を絞り込む時期です☆

高校生の受験企業の選び方についても、語りだしたらキリがないので(笑)、
本題に入っちゃいますが。。。

ある生徒がいます。運動部のキャプテンをしていて、引退。就職希望者の
中では、成績もそこそこで、トップ5には入っている。体力も十分あって、
礼儀も身についている。人当たりもよく、世渡り上手。(そとづらは…)
だから、今年来た求人の中では最大手の企業を受験する予定だった。。。

ところが今日、その生徒は呼び出しをくらいます。
実は、最大手すぎて、他の高校からも希望者が殺到し、受験者が増えすぎ、
よほどの成績でないと受からない状況になってしまったそうです。
人事担当の方がわざわざ心配して連絡をくれました。
ちょっと成績的に不安なので、せっかくの人材だから、今のうちに別の企業
に変われるなら、変わったほうが、ウチの会社に落ちてからだと、いい企業
残ってないから…とのこと。
本人にそれが伝えられました。

本人にとっては、青天の霹靂!
そんな最悪の展開アリか??と、大ショック!
第2志望の次の大手企業は、当然別の就職希望者の受験が決まっている。
なんで俺だけ??という顔をして、落ち込んでいました。

 

でも!私から言わせれば、「自業自得!!」
この結果は、必然的に起きたことなんです。

実は、彼には、能力があるからこそのサボり癖があって、常に中途半端な
努力しかしてこなかった子なんです。(部活以外は…)

もし自分の能力の最大限の努力をし続けていれば、今回電話かかって心配
されるような成績に終わることはなかった。

ちょっと頭がいいからと、ナメて、ちゃっかりテスト前にちょっとだけ勉強、
見られていないところでは、勉強もサボりがち、生活態度もいいかげん、
成績だけよかったらえーんやろー、怖い先生の前だけちゃんとしとったら
えーんやろーという態度。
3年生になって、就職を意識し始めてからだけ、ちゃっかりしっかりし始めた
子だったんです。

だから、今回のことが起きたとき、私は、
「あー、彼がこの結果を引き寄せたなぁー」って、悪いけど、思いました!

もちろん、学校としても、彼には最大のサポートを惜しまず、遜色ない企業
を世話するつもりらしいです。私も、それでいいと思ってます。

ただ、彼には、大事な何かを学んでほしい。

運が悪かった…で、終わるのではなく。。。

 

ご批判いろいろあるかもしれません。よろしくお願いしますm(__)m

 

※今日もランキングに参戦です!!

  
Posted by actstudy at 18:41Comments(0)TrackBack(2)謙虚に…

2005年08月07日

望む状態を明確にする!

代が変わっても、ウチのマネージャーは、もめております(笑)!

最近の私は、そういうことは、あって当然なんだと、ないことを願うほうが
間違っているんだと、思うようにしています。。。
だって、人間関係って、一筋縄ではいきませんもんね。
お互いが成長していかないと、いい人間関係は作れないっ!
だからこそ!!もめている現状を一緒に見つめて、どう成長すればいいのか、
一緒に考えていけたら、それでいい!と思うようになりました。

その中で、おととい、もめている当事者の1人と話していたときに気づきました。

結局のところ、相手とどうなりたいのか、望む状態・結果が、まったく本人の
中で、明確になっていないっ!

そのくせ、ただ現状の関係に不満を持っていて、何かにつけ、相手に対して
ムカついている。。。

どうなりたいかも分かってないし、相手のことをすでに嫌いになっちゃってる
から、相手のすべてがイヤになって、腹が立って、気分が最悪で。。。

 

どっちも、いい子なのに…。

もちろん、成長すべき課題はどっちも持ってます。
けど、いい子なんです!
お互い、嫌いあって、心を閉ざしたって、何の解決にもならない!
もったいないっ!

もめているからこそ!他の子が学べない、大切なことを学ぶチャンス
なのに…(>_<)

 

ゴールを明確にして、今の現状を明確にして、そのギャップを明確にして、
そして、そのギャップを埋めるための行動計画をたてて、、、というのは、
コーチングの構造でもあり、成功法則の1つでもあり。。。

そして、人間関係にも当てはまるものなんですね。

相手とどうなりたいのか、望む状態を明確にすれば、基準が作られる
と思います。
ここまでは、笑って許そう、ここを越えたら、自分はイヤだから、越えない
ように相手にリクエストをしてみよう!とか。
絶対にその人と付き合わないといけないわけでもなし、友達を選ぶ権利
だって、どの子にもあるし。

ただただ、相手を嫌いになって、離れるより、よっぽどいい!
基準を作って、相手と関わって、結果として、離れることを選択するほうが。

今、その当事者のマネージャーに、どうなりたいのか考えてもらってるので、
あさって、部活が再開されるときに聞くのを楽しみにしているんです…。

 

※ぽちっと押していただくのに、お手数をかけるようになった???

  

2005年08月06日

今日は、朝から、宣言しますっ!

 
私の人生の目的は…
 
「生涯、一教育者であり続け、学校を、生徒が社会に出るために必要なすべてのことを学べる場所に、そして、生徒の、一生学び続けるんだという姿勢を養う場所に変えることである!」
 
 
 
これは、先月、セミナーで、私が得た、『ミッション』です☆
本当に、自分の中で腑に落ちました!
 
これまでも言っている、総合学習の時間を使った「夢探し」の授業も
「社会に出るために必要なこと」の中の大事な一部だと思ってます。
 
このミッションを得てから、毎日の学校での場面で、アンテナが立ち、
「あ〜、これも伝えたいな、こんな授業もおもしろそう!お〜、なるほど」
などなど、いろんな気づきがあります。
 
その気づきを、カタチにする、行動力がまだスピードが足りなくて、
少しずつしかカタチになっていってないのが、申し訳ないんですが。
 
でも、必ず、気づいたことすべてカタチにしてみせます。
そして、もっと気づけるように、成長していきます。
 
だって、私は、日本の教育を変えないといけないから!!
絶対に、変えるから!!
 
 
そして、何より、私は1人じゃない!
今、日本中で、日本の教育を変えるんだっ!て熱く燃えている人の
なんと多いことか!本当に嬉しいです。
 
会ったことのある人も、ない人も、みんな仲間!
日本の教育を変える同志!!
 
同志がたくさんいるから、絶対に日本の教育は変われるって、
信じられます。
 
その中で、私は、私にできることをやります!
仲間とともに…