SCENES OF TOWN

街の風景

【映画】終戦のエンペラー

そろそろ上映も終了かもしれないので、16日(金)に「終戦のエンペラー」を見てきました。
歴史を学ぶというよりは完全にエンターテイメント性の高い映画。
ストーリーの中心はロマンスなので、そうゆう意味でこの映画はなかなか楽しめた作品です。



製作年:2013年
製作国:アメリカ
配給:松竹
上映時間:105分
監督:ピーター・ウェーバー
キャスト:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 他
公式サイト:http://www.emperor-movie.jp/

【映画】風立ちぬ

8月3日(金)のレイトショーで「風立ちぬ」を見てきました。
ジブリ作品を映画館で見るのは初めてなんですが、実話をもとにしたものと聞いて足を運びました。

見た感想は・・・「さっぱりわからない(笑)」
ちょっと見て損したかな。



製作年:2013年
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:126分
監督:宮崎駿
オフィシャルホームページ:http://kazetachinu.jp/

保険会社勤務の数学好きが読みたそうな新刊案内(2013.7.15)

なんとなく保険会社勤務の数学好きが読みたそうな(根拠なし)新刊を案内します。
私自身まだ購入していない本ですので、最近刊行された書籍からタイトルだけで紹介しています
内容的におすすめしているわけではないのでご留意ください。

◆やさしく語る確率統計
著者:西岡康夫
出版社名: オーム社
出版年月:2013年6月
I税込価格:2,310円


◆読む統計学使う統計学 第2版
著者:広田すみれ
出版社名:慶應義塾大学出版会
出版年月:2013年5月
税込価格:2,520円


◆「R」ではじめる統計 基礎概念の学習とフリーソフトによる演習で完全理解!
著者:赤間世紀
出版社名:工学社
出版年月:2013年6月
税込価格:1,995円


◆保険業法 2013
著者:石田満
出版社名:文眞堂
出版年月:2013年5月
税込価格:7,875円


◆統計学序論
著者:山本義郎、鳥越規央
出版社名:東海大学出版会
出版年月:2013年6月
税込価格:2,520円


◆ORSA:リスクとソルベンシーの自己評価 保険会社におけるERM態勢整備
著者:新日本有限責任監査法人
出版社名:金融財政事情研究会
出版年月:2013年6月
税込価格:2,730円


◆確率解析
著者:谷口説男、松本裕行
出版社名:培風館
出版年月:2013年6月
税込価格:4,515円


◆確定拠出年金関連法令条文集 2013年度版
監修:日本確定拠出年金コンサルティング株式会社
出版社名:きんざい
出版年月:2013年6月
税込価格:1,890円


◆生命保険のありえない裏ワザ
著者:松木祐司
出版社名:宝島社
出版年月:2013年7月
税込価格:800円


◆最強のリスク管理
著者:中島茂
出版社名:金融財政事情研究会
出版年月:2013年7月
税込価格:1,470円


◆保険法Map 消費者のための保険法ガイドブック 解説編
著者:今川嘉文、内橋一郎
出版社名:民事法研究会
出版年月:2013年7月
税込価格:2,940円


◆金融リスク管理を変えた10大事件
著者:藤井健司
出版社名:金融財政事情研究会
出版年月:2013年7月
税込価格:2,100円

九州八十八湯めぐりニ湯目 由布院温泉「庄屋の館」(H25.2.10)

平成25年の5湯目で、九州八十八湯めぐりの2湯目。
由布院温泉の「庄屋の館」です。
ここも何度来たかわからないほど再訪している温泉で、かなり気に入っているところ。

庄屋の館01 庄屋の館02

しばらく来ないうちに「入浴受付」が出来てます。儲かってるんでしょうかね?
入湯料も900円と以前に比べて値上がりしていましたが、こちらは次回使用できるサービス券をいただきました。サービス券を利用すると400円引きになるそうです。でも、地元の人にはいいサービスですが、遠くから観光で来る人達には役に立ちませんよね。
由布院温泉は無色透明なところがほとんどですが、ここの温泉はメタケイ酸が豊富で、お湯の色が美しいコバルトブルー色をしています。由布院では、ここ「庄屋の館」と「ゆふいん泰葉」の2軒だけ。

泉質は、ナトリウム-塩化物泉で掛け流し。
青いお湯があふれる広い露天風呂は、いつまでも入浴したくほど快適で何回きても飽きることはありません。この日は入浴客がいっぱいで中の写真は撮れませんでしたが、以前訪問したときの写真をここに掲載しておきます。

庄屋の館03 庄屋の館04

源泉名:湯布院 庄屋の館
湧出地:大分県由布市湯布院町川上444番地3
泉質:ナトリウム-塩化物泉
泉温:90.5度
PH値:8.8
知覚試験:弱乳白色、弱白濁、微弱塩味、殆ど無臭
ホームページ:http://www.yufuin-shoya.com/

九州八十八湯めぐり一湯目 別府 鉄輪温泉「ひょうたん温泉」(H25.2.10)

平成25年の4湯目、累計で、(たぶん)166湯目。
九州八十八湯めぐり1湯目・別府八湯温泉道2湯目は別府の鉄輪温泉「ひょうたん温泉」です。
ここは、観光ミシュランガイドにおいて、温泉施設として日本で唯一の三ツ星を取得した温泉。

実際に行った感想ですが、瀧湯・砂湯・大露天風呂をはじめとする様々な浴槽があり、エンターテイメント性として確かに外国人ウケはするかもしれないけど、「何故に三ツ星?」という印象を受けました。

ひょうたん温泉01 ひょうたん温泉02

知名度が高い温泉のため、この日も沢山の入浴客がいて浴室内の写真は残念ながら撮影できません。
泉質は、ナトリウム-塩化物泉(弱酸性低張性高温泉)で少しだけ塩っぽい味がしますが単純泉に近い気がします。掛け流しで加温・加水・投薬なしと言うことなしですが、鉄輪温泉はお湯の個性が際立っていないので好みが分かれるところでしょう。

泉質:ナトリウム-塩化物泉(弱酸性低張性高温泉)
泉温:100.4度
PH値:3.1
ホームページ:http://www.hyotan-onsen.com/

ひょうたん温泉03 ひょうたん温泉04

【映画】ガリレオ 真夏の方程式

2013年6月29日(金)から公開された「真夏の方程式」を6月30日(日)に見てきました。

テレビシリーズとは違って、吉高さんのキャラが大人しくなってました。
やっぱり演出の違いなのでしょうか・・・
いろいろ酷評する方もいるようですが、私はかなり楽しめた映画だと思います。
圧倒的に「容疑者Xの献身」の方が好きですけどw
今回は、子供嫌いの湯川教授と少年との交流がなんと言っても見どころですね。



製作年:2013年
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:129分
監督:西谷弘
キャスト:福山雅治、吉高由里子、北村一輝、杏 他
公式ホームページ:http://www.galileo-movie.jp/index.html

大分 日出温泉「スパ&リゾート ホテルソラージュ大分・日出」(H25.2.9)

別府温泉保養ランドの後は今夜の宿へ移動します。
平成25年の3湯目、累計では(たぶん)165湯目の大分県速見郡日出町大神にある日出温泉「スパ&リゾート ホテルソラージュ大分・日出」です。
ここは、旧・大分厚生年金休暇センター(ウェルサンピア大分日出)が民間に売却されて、2009年12月にリゾートホテル「スパ&リゾート ホテルソラージュ大分・日出」としてリニューアルオープンしたところ。

ソラージュ01

ここの特筆は、温泉の泉質よりも別府湾を眺望する露天風呂のロケーションですね。
私が入浴してる時には他の入浴客がいたので、浴室内の写真は残念ねがら撮れませんでした・・・

ソラージュ02  ソラージュ03

泉質は、ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)で褐色の濁り湯ですが、ここは循環で加水・加温あり。
宿泊料金はリーズナブルなので、リゾートとして割り切るなら選択肢としては「あり」でしょう。

源泉名:スパ&リゾートホテルホテルソラージュ大分・日出(大神温泉)
湧出地:大分県速見郡日出町大字大神字槇の木7638
泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
ホームページ:http://solage.jp/



最後に、ここの食事はこんな感じでした・・・料金的には悪くないかな。
ソラージュ04  ソラージュ05  ソラージュ06

別府八湯温泉道一湯目 明礬温泉「別府温泉保養ランド」(H25.2.9)

twitterタイムライン上の方々に刺激されたので、今さらではありますが、今回の九州旅行から「九州八十八湯めぐり」と「別府八湯温泉道」に挑戦することにしました。

<九州八十八湯めぐり>
九州八十八湯めぐり
http://www.88onsen.com/

<別府八湯温泉道>
別府八湯温泉道
http://onsendo.beppu-navi.jp/

そこで、地獄めぐりが終った後に別府八湯温泉道の第一湯目として「明礬温泉 別府温泉保養ランド」へ。
ここは何度再訪したかわからないくらいのところですが、別府に来たら立ち寄らないわけにはいきません。

暗くなったため建物の全景は今回写真に収めていませんが、お世辞にも綺麗とは言えないほど老朽化しています。しかし、全国でも数えるしかない泥湯が味わえる素晴らしい温泉なのです。

フロントで入湯料を支払い、別府八湯温泉道のスタンプを自分で押します。
今日はどこかの修学旅行と重なってしまい、受付がものすごい混みよう・・・
IMG_0358  IMG_0357
浴場の中は多くのお客さんがいますし、何よりここは混浴なので写真はとれません。
よくブログでここの写真を掲載している方がいますが、よくカメラを持ち込めますよね?
不思議ですw

入口の近くにある浴槽は「コロイド湯」。
敷地内で噴出している温泉の蒸気を利用して造成した人工温泉です。
箱根の大涌谷でやってる方式ですね。

コロイド湯の横にある階段を下ると、内湯の男女別泥湯が見えてきますが、これは泥を投入した人工的な泥湯で自然湧出ではないそうです。
それを先に進むと、足元湧出でお湯はクリーム色に白濁した巨大な混浴大露天風呂が出現!
その泉質と、底に沈殿する泥の感覚は素晴らしいものだと思います。
いつまでも残って欲しい温泉ですね。

<温泉分析表>
IMG_0352
源泉名:別府温泉保養ランド
湧出地:大分県別府市大字鉄輪字弓田448番
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)
泉温:42.4度
PH値:3.3
知覚試験:強乳白色、強白濁、弱酸味、弱金気味、強硫化水素臭
ホームページ:http://www18.ocn.ne.jp/~hoyoland

別府地獄めぐり

2月9日(土)からの3連休で長崎に転勤になる前の職場で一緒だった同僚達と別府へ行ってきました。
同僚のどうしても行きたいというリクエストに応え、一番初めに向かったのは「別府地獄めぐり」。
まあ別府が初めてなら確かに行ってみたい所なのでしょうね(笑)
全部見て周るとそこそこ時間がかかるので、初日はこれで潰れちゃいました。

公式サイト:http://www.beppu-jigoku.com/

海地獄
IMG_0335  IMG_0333
コバルトブルーのお湯が文字通り海に見えることから、「海地獄」と名付けられた別府の地獄の中で最も大きなところ。残念ながら時間がなくて入れませんでしたが、ここには別府八湯温泉道の対象施設となっている「海地獄足湯」があります。

鬼石坊主地獄
IMG_0339  IMG_0336
別府地獄組合に属していない「坊主地獄」の後に出た地獄なので、過去には「新坊主地獄」とも呼ばれていたところ。ここにも、別府八湯温泉道の対象施設である「鬼石坊主地獄足湯」と「鬼石の湯」があります。

山地獄
IMG_0341  IMG_0340
ここは温泉熱を利用してミニ動物園が併設されてるので子供を連れて行くにはいいところかもしれません。

かまど地獄
IMG_0342  IMG_0344
地獄の一丁目から六丁目と名付けられた様々な地獄があり、見どころ満載なところなのでお勧めです。飲泉もできるし、別府八湯温泉道の対象施設である源泉掛け流しでコバルトブルー色の「かまど地獄足湯」もあります。
しかしなんと言っても、ここには知る人ぞ知る立ち寄り湯「三丁目の湯」があるんです!
私はまだ未湯ですが、とっても良い温泉のようですね。いつか入ってみたい・・・

次は「鬼山地獄」と「白池地獄」です。
ここの写真は撮りませんでした。鬼山地獄はワニ園、白池地獄は白濁した温泉池に熱帯魚館が併設されています。

血の池地獄
IMG_0346  IMG_0345
ここは日本で一番古い天然の地獄と言われているところで、ここにも別府八湯温泉道の対象施設である「血の池地獄足湯」があります。
温泉チャンピオンの郡司さんのホームページによると、なんと近所の個人宅では血の池地獄のお湯を引き湯しているそうです。羨ましいですね!
また、ここでは沈殿物を利用した「血ノ池軟膏」や入浴剤などのオリジナル土産や、「血の池バーガー」なんてのもあるので、なかなかのお勧めスポットですよ。

龍巻地獄
IMG_0349  IMG_0350
別府市の天然記念物に指定されている間欠泉。噴出する間隔は、30〜40分だそうです。
売店も充実していて、ここで購入した「晩白柚(ばんぺいゆ)」は美味しかった!

<地獄めぐりパンフレット>
地獄めぐりパンフレット01  地獄めぐりパンフレット02

【映画】藁の楯

6月7日(金)にレイトショーで「藁の楯」を見てきました。

娯楽作としては、なかなか楽しめるものでした。
主役の大沢たかおや松嶋菜々子よりも、藤原竜也のサイコキャラがもの凄くハマって際立ってましたねw
演技力すごいと思います。
ラストにあまり救いがないので物足りなさを感じでしまうところが残念な感じ。。。

公式ホームページ:http://wwws.warnerbros.co.jp/waranotate/index.html



製作年:2013年
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:124分
監督:三池崇史
キャスト:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、藤原竜也 他

みずほ温泉 埼玉スポーツセンター天然温泉

163湯目、平成25年の1湯目は埼玉県所沢市にある埼玉スポーツセンター天然温泉でした。
この日(1月30日)は、たまたま平日に公休が取れたため、前々から聞いていた土日は行列になって
なかなか食べれないという「美味い塩ラーメン」を食べたくて、思い切って車で出かけたのですが・・・
なんと定休日が火曜・水曜だったんですね。まじでショック!
もっと調べて行くべきでした〜

ちなみに、行こうとしていたお店は「ラーメン ぜんや」です。
という訳で、折角の休日なのに行き場を失った私は、その辺りを車でウロウロ。
ゴルフ練習場を見かけたので、すこし練習しようとたまたま入ったのが埼玉スポーツセンターでした。

2箱くらい練習した後で、隣に日帰り入浴施設があることがわかったので立ち寄ってみることに。
埼玉スポーツセンター


アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・低温泉)で、お湯の色は薄い黄褐色です。
恐らく加温ですね。
露天には、源泉かけ流しの浴槽「極」があり、平日に昼間だというのに多くのお客さんが・・・

ツルツル感があってとっても気持ちのいい温泉です。
もっと近くにあれば、かなりの頻度で通うのですけどね。

ホームページ:http://www.esta.co.jp/web/saiyuki/onsen.htm

次回は月曜、木曜、金曜に休みをとって「ぜんや」の帰りにまた寄ってみたいものです。

保険会社勤務の数学好きが読みたそうな新刊案内(2013.4.29)

なんとなく保険会社勤務の数学好きが読みたそうな(根拠なし)新刊を案内します。
私自身まだ購入していない本ですので、最近刊行された書籍からタイトルだけで紹介しています
内容的におすすめしているわけではないのでご留意ください。

◆統計学 日本統計学会公式認定統計検定1級対応
著者:日本統計学会/編
出版社名:東京図書
出版年月:2013年4月
税込価格:3,360円


◆リスク回避の企業年金設計 利回りや株式相場に影響されない
著者:JPアクチュアリーコンサルティング(株)/編
出版社名:中央経済社
出版年月:2013年4月
税込価格:2,940円


◆確率とその応用
著者:栗山憲
出版社名:共立出版
出版年月:2013年4月
税込価格:2,625円


◆リテール金融のイノベーション 貸金業における自律的市場の創設に向けて
著者:杉浦宣彦、大槻奈那、伊藤亜紀、浅見淳
出版社名:金融財政事情研究会
出版年月:2013年4月
税込価格:2,100円


◆年金保険法 基本理論と解釈・判例 第3版
著者:堀勝洋
出版社名:法律文化社
出版年月:2013年4月
税込価格:7,560円


◆Q&A業種別会計実務 12 保険
著者:トーマツ金融インダストリーグループ
出版社名:中央経済社
出版年月:2013年3月
税込価格:2,730円


◆要点明解統計学 改訂版
著者:磯貝英一、宇野力、蛭川潤一
出版社名:培風館
出版年月:2013年2月
税込価格:2,363円


◆法人・富裕層への生命保険セールス術
著者:嶋田雅嗣
出版社名:近代セールス社
出版年月:2013年3月
税込価格:2,100円


◆貨物海上保険・貨物賠償クレームのQ&A 改訂版
著者:小路丸正夫
出版社名:成山堂書店
出版年月:2013年2月
税込価格:2,730円

【映画】アイアンマン3

26日(金)から公開されている「アイアンマン3」を見てきました。
監督は前2作のジョン・ファブローからシェーン・ブラックに変更となっての第3作なので、
どんな作風になってるかしら・・・と若干心配しながら見に行ったわけですが。

これがすごく面白い。
例によってネタバレにならないように内容については記載しませんが、
アベンジャーズよりも大迫力な戦闘シーンと引き込まれるストーリーでかなり楽しめました。

これでアイアンマンシリーズは一旦完結なんでしょうかね?
アベンジャーズ2では、おそらくロバート・ダウニー・Jrのアイアンマンなんでしょうけど。
2015年の5月公開が待ち遠しい〜

エンドロール後のお約束も健在でしたが、エンドロールの途中に席を立って帰る人がいるのに驚きます。
前2作とも、エンドロール後の映像見てないんでしょうかね〜?

壁紙はMARVELの公式サイトからダウンロード可能です。
http://marvel.com/ironman3

wp_7_w

公式サイト(日本):http://www.marvel-japan.com/movies/ironman3/
製作年:2013年
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
上映時間:131分
監督:シェーン・ブラック
キャスト:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロウ、他

映画【脳男】

2月9日から公開された映画「脳男」を2月15日に見てきました。
原作は、平成12年の第46回江戸川乱歩賞受賞作
原作は未読のままこの映画を見たのですが、日本映画とは思えないほどの爆破シーンやカーチェイスなど迫力満点でかなり面白い映画でした。
主演の生田斗真を含め、松雪泰子や江口洋介などのキャスティングがマッチしてます!
ぜひ映画館で見ることをお勧めします。



公式サイト:http://www.no-otoko.com/

製作年:2013年
製作国:日本
日本公開:2013年2月9日
上映時間:2時間5分
配給:東宝
監督:瀧本智行
キャスト:生田斗真、松雪泰子、二階堂ふみ、江口洋介、他

後日、映画がかなり気に入ったので、原作の小説を読んでみることにしました。

ありがちなことですが、この映画も原作と映画では設定がかなり変更されていました。
原作の連続爆弾犯である緑川 紀尚は、映画では緑川紀子という女性に。
そして、原作にはない「志村」(染谷将太)という登場人物。
個人的な感想としては、映画の脚本の方がかなりいい感じです。
原作小説では、鷲谷真梨子や茶屋刑事がなんとなく愚鈍に描写され、モヤモヤ感があったので

保険会社勤務の数学好きが読みたそうな新刊案内(2013.2.6)

なんとなく保険会社勤務の数学好きが読みたそうな(根拠なし)新刊を案内します。
私自身まだ購入していない本ですので、最近刊行された書籍からタイトルだけで紹介しています
内容的におすすめしているわけではないのでご留意ください。

◆24年改正でここが変わった 退職給付会計の実務対応
編集:有限責任あずさ監査法人
出版社:中央経済社
発売日:2012/12/8
価格:3,360円


◆統計処理ポケットリファレンス
著者:涌井良幸、涌井貞美
出版社名:技術評論社
出版年月:2013年3月
価格:1,764円


◆研究者のための統計的方法
著者:R.A.フィッシャー
訳者:遠藤健児、鍋谷清治
出版社名:森北出版
出版年月:2013年1月
価格:5,040円


◆実践ベイズ統計学
著者:中妻照雄
出版社名:朝倉書店
出版年月:2013年1月
価格:3,570円


◆生命保険コンサルティング入門
出版社名:近代セールス社
出版年月:2013年2月
価格:1,575円


◆例題で学ぶ統計入門
著者:高田佳和
出版社名:森北出版
出版年月:2013年1月
価格:2,100円


◆p値とは何か 統計を少しずつ理解する34章
著者:Andrew Vickers
訳者:竹内正弘(監訳代表)
出版社名:丸善出版
出版年月:2013年1月
価格:2,940円


◆図解損害保険システムの基礎知識
著者:菊地浩之
出版社名:保険毎日新聞社
出版年月:2012年12月
価格:2,625円


◆問題解決学としての統計学 すべての人に統計リテラシーを
出版社名:日科技連出版社
出版年月:2012年12月
価格:2,835円
記事検索
最新記事
最新コメント
フィードメーター - SCENES OF TOWN
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ