hogu


今回はホグラッシュを取り上げたいと思います。

まずはホグライダーの特徴から

【説明】
凶暴なハネブタをてなずけたホグライダーは弱々しい壁の奥に隠れる者に天罰を下してまわります。
ダークエリクサーから活力を得るこの戦士たちは負けることをしらないとされています。

優先攻撃目標 防衛施設
ダメージの種類 単体攻撃
攻撃目標 地上
収容スペース 5
訓練時間 2分
移動速度 24

兵舎から確認できるユニットのデータからは識別できませんが「壁をジャンプして飛び越える事ができる」という
素晴らしい特徴を持っています。

このホグを30体前後編成に組み込んだホグラッシュはクラン対戦実装当時に猛威をふるっていました。

あっちでもホグラッシュ、こっちでもホグラッシュ。今では手ごわいTH9終盤の火壁MAX村でさえ彼らにとってはカモの村でしかありません。

「飛び跳ねる豚に乗り、ハンマーを持った戦士があちこちの村を次々に壊滅に追い込んでいる!」という噂を聞きつけたスーパーセル。運営に目を付けられたホグライダー達はこの後、次々と弱点を設定され弱体化の一途を辿る事となりました。

2014年4月9日 バージョン6.56.1
クラン対戦開始

2014年7月3日 バージョン 6.186.1
巨大爆弾のホグライダーへのダメージ1.5倍
仕様変更にも関わらず無謀にもホグラッシュで攻めるプレイヤーにより多くのホグライダーが爆死する
ヒーローのAIが修正され、台座付近の範囲以上は釣り出せない仕様に
釣り出せないヒーローに四苦八苦するホグ使い、ヒーローが外側に配置されたレイアウトを取り合いクラン内が微妙な空気に

2014年10月22日 バージョン 6.322
スケルトントラップ追加
数匹ぐらいと舐めてかかるホグラッシャー。中央で骸骨ぞろぞろ12匹出てきて、さあ大変

と実際猛威を振るったのは4月9日から7月2日までの約3ヵ月のみ。

ただ、それからもホグを信じて使い続けていた真のホグラッシャー達によりホグラッシュは洗練され、ゴレホグや裏ホグなどの新しい生き方も見つけドラゴンに負けじと頑張っています。
またレイアウトこそ選びますが、ホグラッシュが型にはまった時の強さは相変わらず。
要は使い方の問題であり、上手い人が使えばいかんなくその力を発揮し、下手な人が使えばあっという間に消えるユニットになったのではないでしょうか。


ちなみに私はクラン対戦実装時にはホグライダーレベル1でしたが、当時のホグ人気に流され慌ててホグライダーのアップグレードを始めました。
レベル5に出来たのが6月末頃だったと記憶しています。そう、上の赤字は私の事です・・・