屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。

監督コメント@浦和戦。

監督コメントが今までの雰囲気と少し違うなぁと感じた あだちです、おはようございます。

さて、昨日はホームで浦和戦でした。
IMG_4073

この日は横浜沸騰ユニ(選手はスペシャルユニ)の日。
前節柏戦は息子を連れて行ったので試合後ユニ交換せず帰宅したので当日受け取り。
昨年もですがスムーズに受け取り完了。
4F3E0B31-0A3A-49C7-A673-373C44E55A88

前売りの段階で4万枚を超え、サポーターズシートは完売という状況。
沸騰ユニでスタンドが非常に青で一杯なのはホーム感も増して良いですね。

この試合は右SBの松原選手が累積警告で出場停止。
前節負傷で途中交代の山中選手が復帰し、右SBに、イッペイ選手。
インサイドハーフには天野選手と大津選手でスタート。

ルヴァン杯含めここ3試合、相手のスペースが空きやすかった事もありますが、浦和はしっかり守備から行く形のようで。
なかなかここ3試合のような入りはできないながらも、仲川選手の突破から伊藤選手への惜しいシーンや、仲川選手自身がシュートまでいき、惜しくも相手GKが弾いてポスト→跳ね返りを遠藤選手、というシーンもありましたが決まらず。

途中、チアゴ選手が攻め上がり攻撃を中央から活性化させようとする動きも。
阻止されカウンターを食らいそうになりますが、スピードのあるチアゴ選手はしっかり戻って自ら相手からボールを奪ってピンチを防いでいました。

前半終了間際セットプレーの流れからこぼれた先に宇賀神選手に決められてしまいました。
それまでの流れが、ファールを連発して取られて少し集中力を欠いていたのでしょうか、相手のシュートも見事でしたが、フリーにした相手を詰め切れず。

前半を通し、右SBのイッペイ選手は、マルティノス選手とのマッチアップでほぼ完勝していました。

ハーフタイムに入ると、引き上げるマルティノス選手にアップで出て来たウーゴ選手が声をかけて抱擁。
その後しばし話していました。
マルティノス選手はその後松永コーチ、中町選手、喜田選手と挨拶を。

その後中町選手と喜田選手は浦和の榎本選手と挨拶し、中町選手はしばし話し込んでいました。

後半に入り攻め込むシーンも増えてきます。
その分、浦和の速攻にもあいますが、飯倉選手がセーブしたり。

そしてウーゴ選手がピッチへ。

その後に、遠藤選手から中央走りこんだウーゴ選手へ。
何度も細かくボールタッチをして、見事にDFを振り切ってゴール!
まだまだ時間がある中での見事な同点劇。

ここからさすがに大入りな試合なだけあり、得点後の空気感というか、圧というか雰囲気がとても凄かったです。
4万人超えの試合、何としても勝ちたい所。

が、一瞬のスキをつかれ中央から裏を抜かれ1-2.

まだまだ時間があったので攻め続けますが、決定機まではなかなか持ち込めず、そのまま1-2で落としてしまいました。

うーん、大入りで、多くの方が来ただけに、勝ってリピーターを増やしたかった所だろうに残念な結果に。

公式の試合後監督コメントを見ると、「勝つ気持ちの本当にある選手を今後選んでいく」と。

公式マッチリポート。

もちろん、気持ちだけあっても勝てるという世界ではないと思いますが、そこらへんは連戦が終わりミッドウィークに試合がない分、練習をしっかりやった上で、本当に戦えると監督が思う選手を磐田戦にチョイスしてくる事でしょう。

しかも、監督が今までと違ってそこまで言った以上、必然的に磐田は監督も言い訳できない状況に。そこまで監督もこのコメントを出しながら自分自身を追い込んでの発言でしょう。

とあらば、とにかく信じて応援し続けるのみでしょう。
磐田戦、アウェイゲームではありますが、しっかり勝利をもぎ取る事を信じて。



マイルでたくさんアウェイへ:手続き編(18年9月)

今回はポイントサイトからANAマイルにする方法を説明する あだちです、おはようございます。

いつもハピタスやちょびリッチの入会案内ですが、今回はどうANAマイルに交換するのか説明です。
お得に交換してたくさんアウェイへ!

普段から紹介している、ハピタスとちょびリッチからのお得な交換方法です。
ikou2

ポイント交換をしてGポイントに集約します。
(どちらもGポイントに集約するので、ハピタスとちょびリッチ、案件ごとにポイントが高い方を選ぶと良いです。)


■ちょびリッチから

ちょびリッチから直接Gポイントへ交換できます。

ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

こちらのバナーからちょびリッチご登録を。ボーナスポイントが!
※ANA旅作やソラチカカード申し込みにおススメ。


■ハピタスから

お得に交換する為には、PeXと三井住友VISAのワールドプレゼントを経由しGポイントへ。

ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタスへはこちらのバナーからご登録を!ボーナスポイントが!
※大体の案件はハピタスがポイントサイトで最強かと。

・PeX
PeXは紹介ボーナスがないので下記リンクよりPeXにご登録を。
PeXリンク

・ワールドプレゼント
三井住友VISAカードのポイントプログラムになります。
カードの種類はいくつかあるのでご自身の使い勝手の良いものを。
年会費永久に実質0円のカードもあります(三井住友visa 年会費 無料等で検索を)

ちなみにANAカードのVISAは三井住友VISAカードになります!
あだちは、ANAワイドゴールドカード(VISA)を使用しています。
(ハピタス、ちょびリッチともANA VISAカードの取り扱いあるのでそちらからお申込みを!)

ちなみに交換比率は下がりますが、VISAカードがなくてもハピタスからANAマイルには交換できます!
(詳細後程)


■Gポイントに集約

ちょびリッチ、ハピタスで貯めたポイントをGポイントに集約します。

・Gポイント
Gポイント

こちらのバナーから登録して頂くとボーナスポイントが!



ここまで来たらGポイントからの交換の流れへ。
ikou3
Gポイントから、LINEポイント、東京メトロポイントを経由してANAマイルにします。


・LINEポイント

LINEポイントはチャット(トーク)や無料通話アプリのLINEのポイントになります。

LINEポイントまではちょびリッチ(ポイント表記2倍)、ハピタスからのポイントは理論上等価交換で交換できます。
(10,000ハピタスポイント(20,000ちょびリッチポイント)→10,000LINEポイント)


・メトロポイント(ソラチカカード)

ここから先は、交換ごとにポイントが90%になります。
LINEポイント→×90%→東京メトロポイント→×90%→ANAマイル。
(10,000LINEポイント→9,000メトロポイント→8,100ANAマイル)

つまり、ちょびリッチ、ハピタス等で貯めたポイントは81%換算でANAマイルになります。
(ちなみにハピタス→楽天ポイント→ANAマイルで交換すると50%です。)

ちなみに、LINEポイントを81%の換算率でANAマイルに換えるためには、

「ANA To Me CARD PASMO JCB」という通称「ソラチカカード」というJCB系ANAカードに申し込む必要があります。

ちなみにワールドポイントの項目でもANAカードが出てきましたが、ANAカードは発行ブランド(JCBとかVISAとか)が異なれば、複数枚持つ事が可能です。
(あだちもVISAのワイドゴールドと、JCBのソラチカカードのANAカード2枚持ちです。)

ソラチカカードユーザーのみ
LINEポイント→東京メトロポイント→ANAマイルを81%という高交換率で交換できます。

このソラチカカード、ここ数年はポイントサイトでは取り扱いが無かったのですが、なんと最近ポイントサイト経由でも申し込みできるようになりました!

ちょびリッチ等で取り扱い中!
ikou4

ソラチカカード申し込みだけで12,000ちょびリッチ→6,000LINEポイントになり、最終的に4,860ANAマイルに。
ちょびリッチを経由し申し込みするだけで、ローシーズンの羽田~大阪片道(5,000マイル)まであと少し!

シーズンが終盤に差し掛かり、飛行機を使うアウェイも吹田、鳥栖、長崎位になりましたが、今から貯めれば来シーズン上手く活用できるハズです。

なお、先ほど三井住友VISAカード(かANA VISAカード)を持たない方向けの方法を後述と書きましたが、以下になります。


・PeXポイントをLINEポイントに交換可能!

ハピタス→PeXと交換したポイントをLINEポイントに交換可能です。
ikou5

ただし、交換時に10/11と約9%ポイントが目減りします。
ですので、
10,000ハピタス→100,000PeX→90,90LINEポイント→81,81メトロポイント→7,362ANAマイルとなります。
(それでも楽天ポイント等経由で交換するよりお得です!)


ちなみに東京メトロポイント→ANAマイルへの交換上限は月20,000メトロポイント(18,000ANAマイル)です。
また、メトロポイントは、有効期限がメトロポイントに交換した年の翌年3月末までとなります。

ですので、上手く貯まるようになった時は、メトロポイントの手前でポイントをストックしておく等の対策が必要になりますのでご注意ください。
anasoratika

上は先月のメトロポイントをANAマイルに交換する画面ですが、月18,000ANAマイルまで。
現在最長の有効期限は2020年3月末なので、そこまでに交換できる(失効しない)ポイントのみをメトロポイントにしています。
それ以上のポイントはPeXなどに蓄えています。
(PeX等であればANAマイル以外にも現金にもできます)

お陰様でソラチカカードにした2013年以降ハピタス等ポイントサイトを駆使してガッツリマイルを貯めてアウェイやマリノス所属選手の代表戦等に行けています。
(ハピタス等ポイントサイトで貯めてソラチカカード経由でANAマイルにしたマイル数は既に100万マイルを超えました。)

ぜひぜひマイルをお得に貯めて素敵な遠征ライフを!

天野純選手日本代表デビュー@コスタリカ戦。

天野純選手の貴重な日本代表デビューを生観戦できた あだちです、おはようございます!

さて、昨日は吹田で日本代表のコスタリカ戦でした。
天野選手が追加招集されたのでルヴァン杯以来6日ぶりの吹田へ!

マイル駆使で伊丹にバビューン。
モノレールで万博記念公園へ。

現地同行者のKNちゃんがこの試合で天野選手の代表ユニを購入。開催地の限定店舗で試合プリントしてもらえるそうで。
F6C5BCB1-5646-4DD0-A0DA-A6286E4C22F8


圧着待ちの間にスタジアムへ。
外のイベント広場で展示みたり、JALブースで120JALマイルもらったり。

圧着完了後、dice_Kさんと合流。
試合前にイベント広場で森保一代表監督のパネル前で写真を。
これで天野選手の出場は約束されたようなもの。

そして会場入り。

今回はカテゴリー5指定席。
マリノスで言えば、ビジター自由席の上にある3階席。
高さと傾斜があり非常に見やすいです。

天野選手はリザーブ。
アップをする様子を見ていると時折にこやかで、リラックスした表情。

そしてメンバー発表!

3005181A-0ED0-41BF-9BED-70B6B1AB3241


「天野純!横浜F・マリノス!」とクラブ名もアナウンス、誇らしい!

選手入場があり、先日の台風&北海道地震に関して黙祷。
その後両国国歌があり、試合開始へ。

CBの槙野選手はスタンドを両手で煽って盛り上げています。

試合は442で、序盤に右SBから縦に出して、と言うシーンがありましたが、カットされました。
つい6日前は同じシチュエーションから、仲川選手が抜けてクロスにニアで伊藤選手が開始2分でゴールというシーンがあったので、つながればあんな感じかな?と脳内で盛り上がり。

そしてCKの流れから佐々木選手のシュートを相手選手がオウンゴール。
佐々木選手はマリノス育成出身ですね、誇らしい。

前半は日本は誰もアップを行わず終了。

リザーブの大半がハーフタイムに我先にアップをする中、三竿選手はスタメン1人1人に駆け寄ってタッチして労っています。

後半日本代表は三人がアップを開始。
まず浅野選手が投入。
そして天野選手もアップ開始。

途中、何かを取りに?ロッカールームに行き、再びアップ。

試合は南野選手のゴールもあってか、天野選手が出そうな雰囲気に。

そして、アップ場所のアウェイベンチ横から日本代表ベンチに戻り着替え始めました!

中島選手に代わって遂に天野選手が日本代表デビューです!
78FBD2A8-7525-49BB-B48D-5F754D6FDF81

ピッチにはいり精力的に走り回ります。

後ろの席の人はガンバファンの方でしたが、記事に出ていた選手でFK上手いから期待!と、同行者に説明していました。

出てくるなり、トップ下の位置に入り、前から相手にプレッシャーをかけに行きます。
それに盛り上がるスタジアム。

初キャップですが、堂々と周りに指示を出したり、身振り手振りで周りとコミュニケーションを取ったりと堂々と。
誇らしい。

最初のフリーキックこそ譲りましたが、その後のセットプレーはしっかりと務めます。
1つめのCKはのびてしまいましたが、次からきっちりゴール前ファーに合わせてきたりと。

圧巻だったのはFKのシーン。

まず、仲間が倒されたら、きっちり自分が蹴りに行くんだと真っ先に行動。

蹴る前に三浦選手と打ち合わせ。
そしてピッタリ三浦選手に合わせてきます!惜しくも足がわずかに届かずゴールとはならず。
それでも質の高いボールをしっかり出せていてアピールになったハズです。

試合はアディショナルタイムにゴールあり、3-0で勝利。

試合後は槙野選手がオーバーアクションなくらいにハイタッチ。
あのおかげですんなりチームに溶け込む事ができるのでしょうね。

試合後は場内一周があって、ざっと終了。

貴重な天野選手の代表デビューを見る事ができました!
いやぁ、誇らしかったですね、それにつきます!

本当に行って良かった代表戦!!

もちろん今回もANAマイルを駆使してANA旅作で飛行機&ホテル代無料の遠征。
amajun2
全てマイルをANAスカイコインにして全額スカイコイン支払い。

詳細は以前の記事にて。

天野選手を観に代表戦へ。リンク。

そんなわけで、普段の生活からマイルに出来るポイントサイトの登録おススメです。

一番利用しているのはハピタス。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

こちらのバナーから登録して頂くと、登録者とあだち双方にボーナスポイントが!

また、案件によっては、ちょびリッチの方がキャンペーン等でポイント大きい事があるので、今回の旅作は、ちょびリッチから。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

同様にこちらのバナーから登録して頂くと、登録者とあだち双方にボーナスポイントが!

マイルを効率的に貯める為に威力を発揮するANAのソラチカカードの申し込み案件も今なら取り扱いあるのでおススメですよー。
記事検索
メッセージ
プロフィール

ada_chit

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ