屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

novembre 2010

11.30練習

1つ前のblogでマスタロウさんの敬称略を一部省いて書いてしまい、本日マリノスタウンでマスタロウさんと一触即発の状態だった あだちです、こんにちは。

バタバタした日曜から、初めての練習です。
早速マリノスタウンへ行ってきました。練習は10時開始で到着は結構ギリギリでしたが、様々な選手への横断幕やメッセージ幕が貼ってありました。

選手はミーティングをクラブハウス内で行っているようで、10時20分過ぎにグラウンドへ。
非更新発表済みの選手や、噂のある選手も含め、全員グラウンドへ出てきました。松田選手はいつもと同じように、グラウンドに深々と頭を下げて登場。
選手本人達が心の底でどう思っているかまでは分かりませんが、全員、やはりプロ選手でした。

ブリガーダが中心となりF・マリノスコール。

休み明けなので、フィジカルメニューが中心でしたが、中2日あったという事もあり、フィジカルだけでなく、5人一組DFラインからワンタッチで繋ぎ素早くゴールを目指す、という練習をやっていました。
最近すっかり練習見学に来ていなかったので、こういう練習の成果が、最近以前に比べてワンタッチで前線へ繋げているのだな、と納得しました。

練習のランニングでは、清水選手と河合選手が先頭を走り、ランニング後に皆がドリンクを飲んでいる時に松田選手は近くの選手にかけたりと、名前が挙がっている選手達は非常に明るく、頼もしく振る舞っていました。

12時も過ぎて全体の練習が終了。
選手達がクラブハウスに引き上げていきます。

そのタイミングで、またブリガーダが中心となり、松田選手のチャントを歌う。

しばらくして練習が終わった松田選手が、わざわざグラウンドからスタンドの近くへ。
グラウンドからの肉声なので、部分的に聞き漏らしていますが、松田選手は、

「感謝の気持ちしかない。あと一週間、一生懸命やるので、応援宜しくお願いします。」

クラブハウスに戻る松田選手の背中に、松田選手のチャントがグラウンドを後にするまで。
松田選手が右手を軽くあげ、後は、左手で顔を覆うように、グラウンドを後にしました。

スタンドの皆は直樹!と叫んだり、泣き崩れたり。
これだけの選手が最終節でトリコロールを脱ぐという事実の重さと、それでもなお、感謝の気持ちで、一生懸命やるという松田選手のプロ選手としての魂を感じました。

様々な意見があると思いますが、プロとして、横浜の顔として、松田選手が見せてくれた魂に、最終節、私たちも真っ向から感謝の気持ちで答えるべきではないでしょうか。



練習後、屋根下メンバーのオグマ君と食事しながら意見交換をし、夜にハンディー君との打ち合わせ前に1時間程度仮眠しようと思い一時帰宅しましたが、どうしても松田選手の言葉を伝えたく、急いでいるので駄文ですが(今度は敬称略ちゃんとチェックしています(笑))上げさせて頂きます。

また、この場を借りてですが、本日の練習で、マリノスコールと松田選手のチャントを行った、ヒロアキ隊長はじめブリガーダの皆様には、本当に感謝の気持ちで一杯です。



説明を受けての問題点と私見

昨日夜中に上げたblogが普段の4倍近いアクセスに、皆さんの関心の高さを痛感している あだちです、こんばんは。

昨日はblogを読まれる皆さんに、説明があった事実を事実として伝えるべきだと思い、私情を入れず、淡々と書かせて頂きました。
(オフィシャルがリリースだす8分前にギリギリ先に書き終えてUPする事ができて、とりあえず良かったです。)

今日も朝から横浜屋根下内や、他のグループ、その他諸々と連絡に追われ、今日も夜中にやっとblogを更新する時間が作れそうです。

今回の問題点を整理してupしようと思っていた所、大体思っている事を先に、マスタロウさんがupされていました。

【新・横浜御用牙】
http://goyoukiba.blog.shinobi.jp/Entry/104/

(トラックバックの方法が分からないので上記のようになってます。教えてマツさん。)

誤解があるといけないので先に行っておきますが、今回の日記は、マクロな視点から書きます。個々の事案(ミクロな視点)ではないので、あしからず。

まず、契約問題。
この時期の契約の更新・非更新の話題は、致し方ないと思っています。
早い時期から、あれだけ獲りに行っている話題が出ているという事は、それだけ切るという事は覚悟しなくてはならない事なので。

あ、「切る」と書いてしまいましたが、正確には「延長しない」という事ですね。
シーズン前に大体、そこから単年や複数年の契約期間の話がリリースされます。なので、端的にいえば、チームと選手間は、契約期間上での話です。
契約は両者が納得しないと成立しないので、チーム側の構想から外れれば延長しないのは当たり前ですし、チーム側が残留を願っても、選手自身が臨まなければ、移籍等あります。
サバサバした書き方をしましたが、ここは、彼らが終身雇用などとは違い、己の体1つで戦っているプロだからこそ、だと思っています。

チームは将来を真剣に考え、その上で、契約を延長するかどうかを考えている、と信じています。(実際横浜がどうかは別問題として。)
なので、リリースで契約を非更新すると発表があって、サポーター等が反対したからと言って、それで簡単に契約を再延長するような事があっては、今度はチームの資質や計画性を疑います。

そんなわけで、選手をリスペクトしている分、契約に関しては淡々といる自分がいます。

ただ、冒頭に書きましたが、あくまで「マクロ」な話です。これを「ミクロ」な話にして、個々の事案に照らし合わせた場合、やはりどうなの?ってのはあります。

あ、なんか、メインに据える文章の前が膨らみすぎました。

今回の問題点は、ほぼマスタロウさんblogと同じ点
なので、あえて同じ表現使います(マスタロウさんに怒られたらどうしよう(笑))

(1)功労者に対する処遇の悪さや対応の悪さ

(2)情報が必ずリークされて出てくる。

(3)ファン・サポに対する後手後手の説明



(1)
松田選手は、最大の功労者であると、あだちは思います。
まず、下條さんが言われた「松田直樹の新しい1ページを開いて欲しい」との発言をうけて、功労者として、引退するならチームで何かポジションを、現役を続けるなら移籍の相談を最大限に乗る、という話でしたが。
が、一ヶ月強以上前から来季の構想を練った上での結論というならば、松田選手の意思を尊重する意味でも、移籍で現役続行の選択肢は残しつつ、「本人が引退するなら何か」ではなく、例えば「経験を今度は選手ではなくコーチとしてマリノスの為に新しい1ページを開いてもらえないか」等、具体的であるべきでは?と思います。

報知記事内で、「元々功労者には早く伝える」というハズだったのにG大阪戦後に伝えた事で、一部で「もっと早く選手に伝えるべきだった」とあるのですが、正直、ここは「早く」の認識の違いだったのではないかな?と思います。
というのは、1節前の浦和戦までは、勝てば他チームの天皇杯を含めた結果でACLがありました。サポーターも、ACLを目指して、平塚でアジアの歌を歌ったと思います。ちなみに、チームは11月10日から27日まで、5連戦の為、休みはありませんでした。この間のタイミングは無理でしょう。
ACLに向かって突き進もう!という流れのタイミングでもし松田選手の契約非更新がリリースされていたら、それはそれでどうだったのでしょうか?

あとは、ここは、あだちの推測の域を出ませんが、もしACLに出た場合、今回契約非更新になる選手の中に、来季の構想の選手がいたのではないか?と思います。
ACLの場合は、選手保有枠も増えますし、アジアの戦いはリーグの合間を縫い過密日程になりますし、アジアを経験したマリサポの方なら分かると思いますが、生半可な事では勝てません。汚いプレーをされたり、あり得ないジャッジも一杯見てきました。
なので、ACLに出場する場合には、アジアを経験した事があるベテランが必要だと、あだちは考えます。

そういった意味で、これまた推測の域ですが、チームは、2案用意していたのではないかと。ACLに出たパターンと、ACLに出ないパターンの編成を。
それで下條さんの話の中で「最終的にはここ数日中に決めた」というのは、浦和に負けてACLが完全にアウトになった事を意味するのではないか?と勝手に勘ぐっています。
(というのは、01年の話ですが、当時の左伴社長がよく「社長の作文」をオフィシャルHPに載っけていましたが、残留が決まった最終節神戸戦の後の日記に、「実は、残留用とJ2用の2つの来季の計画書を用意していました。これで堂々とJ2用を捨てられます!」と書いていた事ありましたし。経営者としてはリスクヘッジをするのは、当然のことだと思いますし。)



(2)
2と3は、マスタロウさんと順番逆にしました、3への流れの為に。
この情報のリーク加減は、毎度の事ながら、なんとかならないものかと。スポーツ新聞は情報を早くスッパ抜く事でどこよりも早く話題を届ける必要があるので、この時期、情報がリークされる可能性が高い事は毎度の事ながら承知のハズ。
その上で、前の晩の話題がすぐ翌日に記事に漏れてしまうような体質は如何なものかと。
山瀬選手とのやりとりの件がオフィシャル&山瀬選手のblogにありましたが、代理人からチームとの約束を反故にして聞いていなければ、先にスポーツ新聞に出た可能性もある、というのも問題です。
スポーツ新聞はそういうものだ、という事を念頭に、もっと慎重に対応する必要があると思います。


(3)
今回も、リークされた情報を受けての動きだし、という流れは痛かったです。
もっとも(2)のようにリークされず、きっちり30日にリリースを出していれば、(選手個々に対する思い入れや貢献度の話は別次元として)、当初の予定通りの段取りという事はありましたが。
結局スッパ抜かれた事により、全て後手後手に回る事になったのは痛すぎます。どうしても、スポーツ新聞に抜かれたから、あわてて説明している、という感になってしまいます。
あとは、結局毎年の事ですが、ビジョンがファン・サポーターに伝わっていないのが痛いと思います。
大体、何カ年計画の何年目か分からない事もあったり、途中でビジョンが変わったり。
まだあだちが知っているのは、木村監督が契約延長時に新聞記事で出ていた、来年からの3カ年計画、という名前だけです。
1つ前の日記で「サポ-ター側からの意見は割愛」と書いたが、あだちが下條さんに質問した意見なのですが、「木村監督延長時の新聞情報でしか知らないが、新しい何カ年計画のビジョンを示してもらえないか。「進化」と言われるが、そのビジョンの説明してもらい、そのビジョンの上で、(松田選手に関する意見交換会だったので)、松田選手との非更新を決めたという事なら、また少しは話は違うのではないか?」と尋ねました。
すると、下條さんからは「今後のチームの計画の話と、松田選手の今回の話は別の問題」という回答と、松田選手の方に関して大体説明していただきましたが、結局、来季以降の新しいビジョンは聞く事ができませんでした。(あくまでその場は松田選手に関する意見交換会だったので、それ以上は、あだちも追求しませんでした。)

ただ非更新にします、この選手獲ります、ではなく、横浜F・マリノスはこういう方向で何カ年計画でやっていきます。というビジョンをリリースした方が、皆が理解しやすいのではないか、と思ったりします。



さて、マスタロウさんと本当に被りまくりなのですが(汗)

あだちがいたのは、松田選手の件の3時間強の部分であり、その後の山瀬選手の件を含め、トータルで6時間。
これを、下條さんが真摯に1人で対応されていたのは、さすがだな、と思いました。新聞報道では100人とありましたが、実際は100人以上の中、たった1人で、クラブの責任者として真っ向からサポーターと向き合ったのですから。松田選手の件で、全体が終わった後に、下條さんの方から「私が残りますから、個々に意見がある方は話しましょう」と、決して逃げなかった姿勢は凄かったです。
ただし、それが必ずしもサポーターと方向性が一緒か、というと、お互い立場が違うので、別問題である、という事も付け加えておきますが。


そして、最後の最後までマスタロウさんと意見が被りそうなのですが、上記の問題点3箇所を除いて見た場合、思い切った断行をした事が吉と出る事は十分にまだ可能性としてはあると思います。
今は契約更新・非更新の時期。この次は獲得の時期。そして来季。
今回の判断を客観的に評価できるのは、来季の結果次第である、と思います。


一連の件を含め、あだちの中で、考えている事はほぼ固まっていて、最終節にどう臨むかもほぼ固まっています。
最初は、ここで今書こうと思ったのですが、既に駄文のクセして長文な事、あだちが考えがほぼ固まっている根拠になる本があるのですが、これを松田選手の非更新が報知に出てすぐ本を家の中で探したのですが見つからず、やっと昨晩時間を作って本屋で本を買ってきて念のため読み直しをする事と、横浜屋根下のミーティングが水曜に開催される事を含め、先送りします。

別件、今週の予定をほぼ全て白紙にしました。予定が入っているのは木曜夕方から夜にかけてのみです。
なので、明日から(たぶん毎日)、マリノスタウンで練習見学には行くと思います、様々な方の意見を伺いたいので、お話していただければ、と思います。
(ただし、あだち、最近劇的に視力低下中で、こちらから気付かない事が多いので、お声をかけて頂けると幸いです。)

長文の駄文なので、読み返してチェックするのも大変なので、チェックしないでupします。途中他と連絡取りながら書いていたので、文章の末の表現等統一性ないですが、ご勘弁ください。

あと、最後に補注ですが、途中、経済学の用語使っています。「マクロ」とは巨視的という意味で、拾い視野で捉えるという意味で、「ミクロ」とは微視的であり、個別に見比べるという意味です。
くれぐれも、マクロ(大きい)>ミクロ(ちっちゃい)、という意味ではありません、どちらも同等に大事な視点です。


8:58 追記
本文中何カ所かでマスタロウさんの敬称を略して記載していました、ご本人からコメントにより気付きました。本文を修正とともに、お詫び申し上げます。

11.28クラブとの意見交換会の件

クラブハウスでの意見交換会に参加してきた あだちです、こんばんは。

昨日14:30からマリノスクラブハウス内で開催されました、意見交換会の件に関しての内容を淡々と。

14:30 ファン・サポーターがクラブハウス内へ入場開始。
14:44 下條さん、袴田さん(広報)登場し、意見交換会スタート(冒頭に、下條さんより、意見交換の場と言われたので、このblogでは意見交換会と表記します。)

・松田直樹選手とは、報知新聞の報道の通り、来季の契約は結ばない。

長年の功労がある選手であるので、選手としては契約しないが、引退の道を選ぶのなら、チームのどこかに携わってもらう話を勧める。
現役にこだわるなら、移籍先探しを行う。(松田選手には、代理人がいない事もあるので。)
ただし、今後に関しては、今後話し合う。(あくまで27日の時点では、チームとして来季選手として契約を結ばない、という提示をした段階である。)


選手本人に伝えたタイミングは、27日のG大阪戦が終わり、新幹線で戻り、クラブハウスの一室にて、下條さんより本人に直接。

Jリーグの規定により、11月30日までに選手へ伝える事となっている。よって、マリノスでも、G大阪戦~大宮戦の間で、順次選手に伝えると決めてあった。
松田選手は功労者であるので、なるべく早めに伝えるという事で、G大阪戦の後で伝えた。

報知にスッパ抜かれる前の予定では、11月30日に契約非更新選手をリリース予定であった。

契約を延長しない理由は、チームを進化させる上で、来季、若手に出場の場を与える為というのも理由の1つ。

松田選手本人には、下條さんの方から「松田直樹の新しい1ページを開いて欲しい」という言い方で話を始め、来季、選手としての契約は結ばないと伝えた、との事。
松田選手はその場では、「納得はしていませんが、(来季契約を延長しないという話は)わかりました。」との事。
その上で松田選手は、その時点では、現役続行を希望された→マリノスでは契約延長はないので、移籍を希望したという事

チームとしては、G大阪戦後、下條さんが直接松田選手に話して伝え、本日(28日)は連絡をしていないとの事。
チームは5連戦期間、2週間休みがなかったので、28,29日でOFFなので、その間で松田選手が自分の時間を作って今後の事を考えられるようにするため、あえてチームとしては連絡をしない。
また、こういう話に関して、チームとしては電話等で済ませる事はしない方針。
(広報の袴田さんは、チームとしてではなく、松田選手と繋がりのある一個人として松田選手に28日に連絡したとの事。)

今回の契約非更新の最終決定は、ここ数日中で決定した事。
ただし、来季の構想に関しては、一ヶ月強前から、社長、木村監督、下條さん交え、ミーティングを何度も行い、選手を査定するとともに、来期以降の構想、監督の意向を加味した上での、苦渋の決断との事。

17:32全体終了

チーム側からは大体以上のような内容です。
ファン・サポーター側からも様々な意見、要望、感情・心情的な発言等ありましたが、その細かい内容は差し控えさせて頂きます。
上記内容は、意見や要望、質問等に対する、下條さんからの回答を含めています。

17:32以降は、全体の意見交換会は終了し、個別に話したい方は下條さんが対応する、との事であり、個別に残って下條さんと意見交換する形になりました。

あだちは、同じ横浜屋根下のハンディーくん、うさくまさん、さなちゃんと、その場を後にし、その後、ハンディーくん、うさくまさんと意見交換などをしました。

なので、山瀬選手のblogで発表になった件に関しては、横浜駅へ向かう途中知り、その後、そのままクラブハウスに残っていた方々との話し合い(第2ラウンド)に関しては、直接その場にいなかったので、こちらの件も控えさせて頂きます。


vsG大阪@万博

まだまだ移籍話が報知のみの情報なので、もうちょっと他のリリースでるまでは、出る方の移籍話は書かないでおこうと思う あだちです、おはようございます。

昨日は、万博でガンバ戦でした。

試合は立ち上がりから予想以上にガンバからのチェックが甘い!!
この前のblogに、ガンバは2位に入る為に必死に来るだろう的な事を書きましたが、予想外。

前半早々に得点です。
マリノス側ゴール裏がメインスタンド寄り半分しかなかった事もあり、メイン寄り(前半左サイド側)から見る感じだったので、3分の流れは非常に良く分かりました。
田中選手の動きだし、非常に良かったですね!ここ数試合、DFラインがころころ変わっていた事もあり、動きだしに躊躇している感がありましたが、今日は最初のアシストから。
(たぶん)小野選手がハイボールなパスを前線へ頭で落とした時、一気に加速して完全に置き去りにしてのマイナスへのグラウンダー!
ゴール裏からはガンバ側のDFの選手ばかり見えて、正直誰がゴール決めたか決めた瞬間は分かりませんでした。
(喜んでいる様子で中村選手と確認。)
あの位置に走り込んだ中村選手もさすがですが、中央にガンバ側DFが多い中、突破からのピンポイントパス!

14分にはセットプレーから、久々の渡辺選手!
混戦の中で、これまた最初誰が打ったか分かりませんが(汗)、浮かないようきっちり枠に押し込みましたね。

試合序盤から、久々のスタメンで軽快に動いていましたが、このゴールで吹っ切れたのでしょうか?それ以後も渡辺選手は非常に良い動きを取り戻していたように感じました。
後半も、後ろからのロングパスを、片足で軽く、かつきっちりシュート打てる位置に落としてシュート!少し枠を外れてしまいましたが、好調だった時のようなプレーが見えて、非常に頼もしかったです。

それにしても、隣で応援していたヒゲさんが、「(連敗中のマリノスがチェックが甘くズルズル相手に攻められていたので、)マリノスとガンバ、着ているユニが逆と思える程」という位、相手側は絶不調時の横浜のように、チェックがゆるゆるでした。
中村選手からかなり多くの決定機に近いパスが供給されていました。

また、近くの席の仲間も「前半40分まで、二川が出ている事に気付かなかった!(笑)」という程、相手の前線には仕事をさせませんでしたね。

後半はルーカス登場で、遠目からもシュートを打ってきましたが、ここは相変わらず安定している飯倉選手がセーブしたりと。

ガンバ側も、GKは調子が良いようで、決定機を何度か止められてしまいましたが、それでも内容的にも圧倒し、前半早めのリードを、その後も危なげなく守りきりました。
試合後シュート数を確認して、ガンバ側の方が多かったというのに驚いた程に、ガンバ側が甘くて、久々の完勝でした。

そういえば、田中選手はこの試合のカードで累積4枚で次節出場停止。去年も33節に4枚目もらい、最終節不在でしたね。

明日は万博

先週のC大阪戦の帰り、獅子座流星群の残りでも見れるかな?と思い、駒ヶ岳SAで休憩ある夜行バスを選んだのに月が明るすぎて見られなかった あだちです、こんばんは。

さて、1つ前のヒゲさんに怒られた話の日記を上げたら非常にアクセス数が良いです、ヒゲさん大人気ですね、オフの期間に、偲んで、ヒゲさんとの想い出話でもいくつか書こうかな、と思います。

にしても、怒られたって、日記あげたまま遠征出かけるのも、何かシャクなので、明日の事でも。

気がつけば、5連戦も明日で終わり、というより、今年最後のアウェイです。
目指すべきものがなくなってしまい、選手は非常にモチベーションを持って行きにくい状況の中、相手はリーグ優勝こそ逃しましたが2位を死守して良い流れで天皇杯を勝ち進みたいであろう、G大阪です。

非常にやりにくい事この上ない。
怪我の選手や出場停止の選手など、チーム状況は悪いです。

が、普段試合に出られない選手が出場できるチャンスですし、「主力の控え」ではなく、主力を奪う位の意気込みを見せてシーズンの終わりへ向かって欲しいですね。

その為に、せっかく、タイトルも何もない中、マリノスが大好きな一心で皆さん、大阪まで乗り込むわけですから、どうせ行く以上は、選手達が良いプレーを出来るよう、自分のできる限りの応援をしていきましょう!

今回はアウェイ側チケットを除いて早々に完売、G大阪の圧倒的なホームになる事でしょう。
だからこそ、行く以上は、皆で少しでも選手の力になれるよう、テンション上げていきましょう!逆境の中で勝ったら、これ本当に面白いですし!


今回は屋根下でバスを出すのですが、直近になってからも続々と乗車希望者からメールを頂戴致しました!
どんな状況でも、やはり現地で応援して力になりたい!という方が多い表れですね、バスの名簿を作りながらつくづく実感しました。
乗車希望者が多かったので、バス会社と調整し、バスの大型化も行いました!皆で勝って帰りましょう!!

>屋根下バスをご利用される皆様。
こんな時間に書いているのでこのblogを見ている方がいるか分かりませんが、そんなわけで、バスを大型化し、乗車人数が増えた関係で、皆様に500円返金できる事になりました!!(実質往復6,000円)

このblogをご覧の方は、返金を受け取られましたら「おー、blogに書いてあったことか。」と。ご覧になられていない方は「ラッキー!」と思って下さい(笑)
万博に乗り込みたい方が非常に多かったおかげです☆



では皆様、明日万博で☆



記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ