屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

septembre 2011

勝ってていないからこその新潟。

計算高くなるべく、先月そろばんを買って毎日いじっている あだちです、こんばんは。

さて、ナビスコから中2日なのであっという間ですが、明日はリーグ新潟戦ですね。
ここ最近、分け、負け、負けと続いていて内容もここ2試合は厳しい展開でした。

ナビから移動を含めての中2日なので大きな変更はできない事と思います。
なので、そういった事を踏まえた上で、いかに切り替えて試合に臨めるかが、来週のナビ杯、再来週の天皇杯&リーグ戦含めた連戦に重要になってくると思います。

そんなわけで、明日の新潟戦。
ここ3年、マリノスはアウェイ新潟で勝てていません。
08年 0-0
09年 1-2
10年 1-2
(3年間だけのデータなんですけどね。)

なんでイマイチなデータを引っ張り出してきたかというと、近年勝てていない新潟で勝てば、テンション上がりませんか?というわけです☆

ま、見方によっては、これで週末勝てなかった場合に、「また新潟にアウェイで勝てなかったよー」という感じに成りかねないという意見も出てくるかと思うのですが、まだ試合前。
試合に挑む前なので、勝ちに行く事だけを考えれば良いでしょう。そんなわけで、モチベーションとして、近年アウェイで勝っていない新潟に勝って、勢いに乗ってやる!という具合で。

そんな感じで、1試合前までの事を気持ちを切り替えて臨めば良いのかな、と思ったり。
あ、もちろん、気持ちは切り替えますが、前節までの反省点や修正点はそれはそれとしてですが☆

中2日ですが、新潟へ駆けつける方は、そんなテンションで乗り込んで良い雰囲気を作れれば良いんではないでしょうか。

勝って、リーグ戦で食らいつくと同時に、来週以降のカップ戦、リーグ戦の連戦を良い流れで臨めるようにしたいですね!!


そうそう!キンツーの意気込みを感じたので、ここで勝手に告知。

アウェイ観戦ツアーを催行している、近畿日本ツーリストさんが、なんと10/5(水)のナビ杯にバスを出すようです!
http://www.knt-kanagawa.jp/marinos/

平日アウェイで帰りの足が無くて断念せざる得ない方もいるかと思いますが、これだと24時~25時には横浜に戻れる予定だそうです!
出発も14:50集合なので、半休を取得できる方は十分間に合うのではないかと。

事前準備していたと思いますが、一昨日勝ち上がりが正式に決まり、一週間しかない中で、強気にアウェイバスツアーを出す心意気!

10月3日(火)の12時まで受付で、最小催行人数は35名だそうです。


きのう★
こーじさんからコメント頂戴しました、ありがとうございます!
楽しく見て頂いているとの事、嬉しい限りです☆
川崎戦は、こーじさんの書かれた通り、スカっと勝って次に進みたかったですね。
シュートは5本。これで2点なので効率良いといえば効率良いのかもしれませんが、シュートチャンスまでもっと持って行ける機会が増えると良いですよね。
ここまで、個の能力で失点していない試合も多いので、誰かが欠けたら守備は振り回される、というシーンが終盤戦に向けて多いですね。しっかりチーム全体として誰が出ても遜色ない守備の安定感が重要ですね。
前試合、嫌な流れですが(それでもカップ戦で勝ち上がったという部分はあるので切り替えやすいのかもしれませんが)、明日のリーグ戦は是が非でも勝利して、流れを呼び込みたいですね!


そして、おっと!マツの周りblogのドラえもんネタは川崎やミュージアムと無関係だった模様ですね。
ってことは、今後も連載続くようですね、良かった良かった☆
そんな事を書いていたら、コカ・コーラが飲みたくなってきました!

うーん、とりあえず次、重要。

一緒に写真を撮った宇宙飛行士にJAXAのロゴが入っていなかった事に違和感を感じた あだちです、こんばんは。

昨日は、等々力でナビ杯2回戦2legでした。

結果は、試合単体では2-3で負け。
2試合合計1勝1負、6-3で、準々決勝進出になりました。

後半はほとんど川崎の試合でしたね、完全にやられてしまいました。
2-1とマリノスがリードしてから(この時点で川崎は6点取らないと勝ち進めない)の状況から、試合単体で逆転にまでもっていかれました。

川崎はリーグ戦連敗期間中も、ずっと山瀬選手をスタメン起用→途中交代という定石な交代采配をしていましたが、昨日の試合では、連敗脱出をした山形戦と同様、山瀬選手を控えにして、途中から投入していました。
そして、途中出場でタイムアップまで動き回れる事を活かして、ロスタイムに見事に決勝ゴールを奪われてしまいました。川崎は新しいオプションまで得られた、価値ある勝利だったのかもしれません。

ま、レギュレーションで1legと2legの合計なわけなので、勝ち上がりは勝ち上がり。
修正すべき点は修正しつつ、勝ち上がった以上、次に向かわなくてはなりません。

特に、試合だけで見た場合、ガンバに引き分け、仙台、川崎に連敗という状況です。
昨日の勝ち上がりにより、来週はナビ杯が入ったりと連戦になります。ここは、次節リーグ戦の新潟戦がとても重要になってきます。
リーグ戦単体で見た場合も、勝ち点3をしっかり積み上げて食らいついて行かなくてはいけないのはもちろんの事、来週は水、日曜日に、ナビ杯の準々決勝、準決勝と短期決戦が続きます。

仙台戦、川崎戦と、内容良くないですが、土曜の新潟戦は、リーグ戦としての勝利に加え、短期決戦に重要な勢いを付ける為にもナビ杯に良い流れで突入するための重要な一戦となります。
土曜は昨日のように、1leg勝っている貯金はないわけですから(当然ですが)、結果をしっかり出して行きたいですね。

さて、昨日の試合、色々とやられた感はありますが、まったく何も得なかったわけではないハズです。

たとえば、右SBの天野選手の2アシスト。相手が前掛かりに来ていたのもありますが、フリーで逆サイドを突破。そのフリーの天野選手へのパスはサイドチェンジから。
谷口選手をはじめ、しっかり逆サイドまで把握して、攻撃の起点を作れました。

また、途中から中澤選手を下げて、CBで青山選手と栗原選手の公式戦での初コンビ。
中澤選手はリーグ戦現在累積3枚目、次もらうと1試合出られません。
となると、栗原選手と青山選手のコンビで試合をする事も今後可能性としては十分にあるわけなので、公式戦で試せた事は収穫です、2人のコンビになってから2点取られた事も、ここをどう修正するか、活かせるハズです。

(欲を言えば、ここ2試合金井選手を中盤に入れていますが、現在累積3枚。谷口選手は7枚で、小椋選手が怪我という状況なので、森谷選手を公式戦で久々に投入して慣らして欲しかった気もしますが。)

あとは、ラスト20分位を「戦術:キムクナン」と言わんばかりのお決まりのクナン選手投入パターンを、今回ベンチ入りさせず封印した事でしょうか。

とにもかくにも、ただ敗戦し、結果勝ち上がっただけでなく、少ないながらも収穫はあったハズなので、それらの1つ1つの点のような収穫を、いかにチーム全体としての線でつなぎ合わせて次ぎに活かすかが重要だと思います。

カップ戦なので、勝ち上がる事が一番大事ですが、次勝つ為、どこをどう上積みしていくか。
大会が別なので無理矢理割り切ってでも、上手い事週末の新潟戦ではここ数試合の勝てない流れを断ち切って、この後の連戦に向かえると良いですね。

さて、ナビ杯勝ち上がりもあり、日程が若干変更あったり分かりにくいので、一覧。

10/1(土)vs新潟(新潟)リーグ15時
10/5(水)vs鹿島(カシマ)ナビ準々決勝19時
10/9(日)vs名古屋or新潟(A)ナビ準決勝13時(10/5勝利時)
10/12(水)vs讃岐(三ツ沢)天皇杯19時
10/15(土)vs広島(日産)リーグ15時

あ、そうそう、収穫といえば。
大黒選手がナビ杯3ゴールで、浦和のデスポドピッチ選手と並んで、現在ナビ杯得点王です、このままゴール量産して得点王を獲って欲しいですね。


(つづき)19:25
ちょこっと等々力での事とか。

昨日のナビ杯川崎戦、ディスカバリーエキサイトマッチというのでした。
http://www.frontale.co.jp/info/2011/0919_14.html

競技場の外で「宇宙飛行士と撮影」というのやっていましたよ。
RIMG8039
これ。

そんなわけで、一緒に撮ってみました。(写真は割愛(笑))
まー、宇宙飛行士っていうか、オレンジスーツを着用しているバイt・・・。

そうそう、このポスターの方には左胸に「JAXA」のワッペンあるのに、その場にいたイベントの方はJAXAのワッペンが付いていなかったです、うーん。
あと、自分で着ることができないのがイベントとして少し残念。

どうしても着たい方は、JAXAが時たまイベントでやっています。
直近は10月30日(日)に内之浦宇宙観測所の特別公開。
http://www.jaxa.jp/visit/uchinoura/index_j.html

ただし、現段階での予定では、前日のナビスコ優勝→祝杯→10月30日は二日酔い(笑)
という予定の為、別の機会を狙いますが。

そんなディスカバリーチャンネルデー。
(決勝ゴールの山瀬選手がシャトルと、ブルースーツ貰っていました、羨ましい。)

どうせなら横浜の試合でコラボしてトリコロールランドとかでやれば良いのに、と思ったり。
横浜市は、宇宙飛行士の野口聡一さんと古川聡さんの出身地でもあるので。
・野口さん
http://iss.jaxa.jp/kids/astro/noguchi.html
・古川さん(今、宇宙にいます。)
http://iss.jaxa.jp/kids/astro/furukawa.html

もっともディスカバリーチャンネルは宇宙だけではないようですが。

注目の本日のメンバーは。

そろそろ等々力へ向かう予定の あだちです、こんにちは←久々。

さて、1試合目を4-0取っての折り返し。結構今日の出場メンバーは皆様気になる所ではないでしょうか。

そして先ほど発表になりました!

スタメンでは天野選手(小林選手が累積)、久々に波戸選手。
控えに、森谷選手、松本翔選手、端戸選手が。

なるだけ早めに試合を決して、開幕以来で森谷選手、前回の1legでデビューした松本翔選手、たぶん監督の脳内では、最下位福岡に大量リードで9/10に投入したかったであろう、端戸選手ら、まだ出場機会の少ない選手にもチャンスがあると良いですね。

そういえば新体制発表会の時に、「今年は少数精鋭で」という話がありました。
(ま、チームの予算的な事もあるのでしょうが。)

ぜひとも活躍して、チーム内活性化して少数でも「精鋭」達で大事な終盤戦の底上げに繋がる試合になる事を期待します!

さぁ、いざ等々力へー。

四冠の可能性が。&次以降のナビ杯。

アントニオ猪木の後輩の あだちです、こんばんは。

さて、本日はいよいよナビ杯2回戦2legです。
1legで大勝&無失点なお陰で、シーズン終盤に来ている段階で色々試せる可能性があるのは非常に有意義な試合になるのではないでしょうか。

そして、そのナビ杯の前日である昨日、ACLが行われました。
日本勢で残っていたセレッソが全北現代に6-1で敗れ、2戦合計5-9で敗退が決まりました。

アジアのチャンピオンのJリーグ代表がならないのはリーグ全体としては非常に痛い所なのですが。

それとは別の話ですが、これにより、年末に日本で開催されるクラブワールドカップ2011。
この大会に開催国枠があるのですが、これはあくまで「日本のクラブがアジア代表にならなかった場合」、2011年のJリーグチャンピオンに与えられる枠です(日本のチームがACLを制していた場合は、日本以外のACL最上位のクラブが出場予定でした。)

よって、昨日のセレッソの敗退によりACLは日本勢全滅。
クラブワールドカップの開催国枠にJリーグチャンピオンが出る事となります。

という事は、マリノスにも、今年のクラブワールドカップへ出場するチャンスが出てきたという事です。

更に可能性を言うならば、リーグ、ナビ杯、天皇杯に加え、クラブワールドカップの四冠という可能性も(現実なかなか実現は難しいにしても)あります。

ちなみに、現時点でその可能性を残しているのは、まずリーグ優勝を取らないと話にならないので、リーグ優勝の可能性を残しつつ、ナビ杯で残っているチームになります。
ナビ杯に残り、リーグは首位ガンバが勝ち点54で、残り7試合なので、理論上、勝ち点33未満のクラブを除くと、
・横浜
・G大阪
・C大阪
・名古屋
・鹿島
・清水
・磐田
・仙台
・川崎

の9クラブなります。
これが今日のナビスコで、磐田vs仙台、横浜vs川崎なので、確実にどちらか1つずつは消え、清水は、既にリーグ優勝の可能性のない新潟に負けた場合は、四冠の可能性は消滅します。

まぁ、1つのタイトルを獲るだけでも相当大変な事なので、実現するには相当険しいわけですが、それでも、可能性があるのなら、可能性として期待しちゃっても面白いのかな、と思いましたので、書いてみました。

ちなみに、クラブワールドカップのトーナメント表はこちら。
http://www.ntv.co.jp/fcwc/outline/index.html
開催国クラブは、最初にオセアニア代表と豊田スタジアムで12/8(木)に対戦となるようです。


さて、話は、本日はナビ杯2回戦2leg。
この試合が前回の1legと合計して突破すると、いよいよアウェイの地で一発勝負の準々決勝(10/5)、準決勝(10/9)になります。

10/5の対戦相手はACL出場でシードの鹿島アントラーズ。
キックオフは19時でカシマスタジアムでの開催で、チケットも既に発売開始しています。

さらに勝ち上がると10/9に、名古屋か新潟か清水の勝者とアウェイで。
10/5の結果がでないと分からないわけですが、既にJリーグオフィシャルにて、キックオフ時間は発表になっています。
http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=ync&genre=schedule

13時の試合開始となっています。
10/9(日)は3連休の中日。更に、13時開始なので、5日にならないと対戦相手は決まらないのですが、名古屋、新潟、清水と比較的直近で遠征計画を練りやすい&日帰りできる距離なので、水曜が都合悪い人でも行きやすいかもしれません。

もちろん、本日のナビ杯川崎戦に、1legとの合計で上回り突破した場合の話なので、今日は今日で大事な試合です。
1戦目のリードがありますが、リーグ戦に限っては、ガンバに追い付かれてのドロー、仙台に完敗という流れできているので、ぜひとも今日は勝利し、良い流れで週末のリーグ戦の新潟戦に挑んで勝利し、その流れで、10/5と10/9のナビ杯を勝ち進んでいきたいですね。

ちなみに、ナビ杯本日勝ち上がった時点で10/12(水)に天皇杯がスライドします。
となると、ナビ杯も全て勝ち上がった場合、10/15(土)のリーグ広島戦まで、水・土(日)の週2試合連戦が続きます。
そういった連戦も考えると、やはり今日のナビ杯は、勝って連戦に勢いを付けたいですね!

そうそう、フロンターレは、「平日遅割チケット」というのがあるのですね。
(P-TANGのつぶやきで知りましたが。)

本日の試合、対象試合だそうです。
http://www.frontale.co.jp/tickets/main/osowari.html

19:50から販売開始で、後半からだとチケットは当日券の半額のようです。
平日で、なかなかキックオフ間に合わない方でも、後半には間に合いそうという方で当日都合がついた方は良いかもしれません。


◆先日◆

1つ前のblogに、死ぬまでFマリノスさんからコメント頂戴しました、ありがとうございます。

仙台戦は、まさに完敗だったわけですが、今日のナビ杯、余裕があるので(あくまで余裕であって、それで油断してしまってはダメですが)、色々試せる絶好の機会なので、仙台戦での失敗を上手く修正できると良いですね。
今日はナビ杯ですが、上位陣が負けたおかげでまだリーグも食らいついて行けるので、この運を手放さないよう、ナビ杯でも、全力で向かって欲しいですね。


(つづき)16:30

冒頭に関して、昨日のニッカンスポーツが「アントニオ中沢」というネタだったので。
といっても、ニッカンを見たわけではなく、マツの周りblogで得た情報ですが(笑)

http://blog.livedoor.jp/matsu_3/archives/51964085.html

それにしても最近マツの周りblogで、ドラえもんの記事が一杯出てくるのは、今日の川崎戦に向けてでしょうかね?今月川崎に「藤子・F・不二雄ミュージアム」が完成しましたし、7月9日の川崎主催試合では、「川崎市制記念試合」でドラえもん達登場したそうなので。
http://www.frontale.co.jp/info/2011/0704_13.html

と、勝手に勘ぐってみたり(笑)

今日の宇宙ネタ(←シリーズ化?(笑))
先日、秋葉原まで出向いたもののソユーズプラモをゲットできなかった事を書きましたが、色々ネットで検索かけた所、ソユーズではありませんが、世界初の有人宇宙飛行に使われたボストーク宇宙船のドイツ製プラモの復刻版が出ていて、取り扱い&在庫業者を発見。
無事入手できそうです。

あとは、先日、地球に落下で話題になっていた人工衛星の件。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110928-00000845-reu-int

さて、あと2:30で試合ですが、今日の2legも勝ってきたいですね!

運と、天皇杯とナビスコと。

映画はやぶさの試写会に行ってきた あだちです、こんばんは。

土曜のベガルタ戦は、完敗。完全にやられました、今年の中で代表的な完敗に含まれる事でしょう(と言ってもここまで6敗ですが)。

それでも、ガンバと柏が共に負け、他力といえども運をも味方につけ、なんとか首位に3差で食らいついています。(上位5位までのチームには今年1度も勝てていませんが。)

もちろん、運なんて非科学的だし、運頼みだけで優勝できる程長いリーグ戦は甘いものではありません。

それでも、ちょっと思い出した事があります。
2003年に岡田監督が就任した時の、チケットぴあ主催のトークバトルでの話を。

練習時のランニングで、四隅に置かれたカラーコーン。この内側を走るか、2,3歩の違いでしっかり外を走るか。
そういった日々の僅かな差が、リーグ戦の最後の最後で、運を物に出来るか物に出来ないかの差になる、と。

岡田監督は「運」という言葉を使いましたが、普段から、決して手を抜かない心構えが、最後の最後で絶対にものを言う、という事を言いたかったのだと思います。
そして、その教えの下、03年には完全優勝を成し遂げました。

シーズン終盤になり、マリノスも主力で怪我人が出たり、そろそろ累積も出そうな気配もあります。他のチームも同様の事でしょう。
最後に、運をつかみ取れるよう、残り7試合、きっちりといきたいですね。
特に次のリーグ戦は、土曜の新潟戦。現在15位と降格圏と勝ち点2差ですが、逆にこういう試合は相手も残留に向けてきっちり向かってくるので、やりにくさはあります。
ちなみに新潟はここまで勝ち点29ですが、そのうちホームで17を取っています、降格圏に一番近いとはいえ、ホームでは決して勝ち点を落としすぎているわけではないようです。
残り7試合、相手の順位に関係なく、どの試合もきっちりとやりきる事が大事になってくるでしょう。


そうそう、話は変わり天皇杯のお話。

既に知っている方も多いと思いますが、一昨日M岡さんに指摘して頂くまで、気付いていませんでした。

10月8日か12日になる天皇杯、日程決定は今週の水曜日(28日)で決まりのようです。
てっきり10月5日に鹿島と対戦後までは決まらないものと思っていたのですが、28日に勝ち上がりが決まるか決まらないかで、12日か8日が決まるそうです。

天皇杯サイトにも記載ありました。
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2012/0101tennouhai/

③2011Jリーグヤマザキナビスコカップ2回戦第2戦(9月28日開催)で勝ち上がる4チーム
 →10月12日(水)天皇杯2回戦開催

確率としては、1戦目で4-0でリードしているので、勝ち上がる確率は高いと思います。(というか、負ける事を前提に応援する事はどの試合でもないと思うので。)
となった場合、天皇杯は8日ではなく、12日(水)になる事と思います。

下半期スタート直後の平日なので、都合を直前だと合わせにくい事もあると思いますので、28日には、8日か12日どちらの日程か決まる、という事を念頭に入れて置くと、29日には予定の調整がすぐできるのではないかと。

そんな感じの、ナビ杯の結果と、それに連動する天皇杯です。
1人でも多くの方が、早めに都合を調整してスタジアムに駆けつけられると良いですね。


◆先日◆
死ぬまでFマリノスさんからコメント頂戴しました、ありがとうございます!
仙台戦が、思わぬ完敗だったので、イメージした、1-0とかで接戦で勝つが適わなかったので、前回書いた事に説得力がなくなってしまったのですが(汗)
ちなみに仙台戦はセットプレーは合計24回。CKなど、かなり決定機に繋がるようなセットプレーも数回あった事と思います。
そこをきっちりゲームを支配されながらも決めきって内容悪くても勝ち点詰めると非常に良いのでしょう。
現代サッカーの得点の3割はセットプレーだそうです。精度を上げ、残り7試合、苦しくても勝ち点が詰めるようになると良いですね。

(つづき)22:40

きのう★

冒頭の通り、20世紀FOXの映画「はやぶさ」の試写会に行ってきました。
http://movies.foxjapan.com/hayabusa/index.html

「はやぶさ」は昨年、小惑星リターンプロジェクトの成功で有名になった小惑星探査機の事です。
それを題材にした映画です。

ちなみに、題材はありますが、「フィクション」です、映画は。この前提は結構大事です。

内容は、「はやぶさ」のプロジェクトの軌跡なわけです。
個人的には、フィクションという前提の上で、楽しめました、逸脱し過ぎない事実との限界のラインで、ドラマとしてのストーリーを組み込んでありました。

ただ、2時間30分も上映時間があるので、ちょっと「はやぶさ」に興味を持ったから見に行こう、というノリだと、長めで、小さい笑い処満載ですが少々ツライかもしれません。
(ってか、自分が普段、Jリーグの90分(時たまカップ戦で延長30分+α)に慣れているので長く感じるだけかもしれませんが(笑))
たぶん、史実とドラマ性を持たせるとこの時間が必要だったのだとは思いますが。

ちなみに、「はやぶさ」を題材にした映画は、既に角川映画で昨年から公開された、
「はやぶさ BACK TO THE EARTH」
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/hayabusa_movie/

や、今後公開されるのでは
東映の「はやぶさ 遥かなる帰還」(2012.2公開)
http://www.hayabusa2012.jp/index.html

松竹の「おかえり、はやぶさ」(2012.3公開)
http://hayabusa3d.jp/

が、あります。

史実を忠実に再現しているのは、「はやぶさ BACK TO THE EARTH」です。(ウルトラマンタロウの篠田三郎さんのナレーション!)

書籍では、映画「はやぶさ」の中でプロジェクトマネージャーで佐野史郎さんが演じられた「川淵幸一」のモデルの川口淳一郎さんの著書、「カラー版 小惑星探査機はやぶさ —「玉手箱」は開かれた」(中公新書)が分かりやすいかと思います。

あとは、最近読んだ個人的オススメ宇宙開発関連本は、同映画で西田敏行さん演じられた「的場泰弘」のモデルの的川泰宣さんの「月をめざした二人の科学者」(中公新書)が、戦前からのロケット開発の歴史を、ソ連とアメリカの両方の科学者の人生と一緒に書かれている本が宇宙開発の歴史が分かり、とても面白かったです。
(私が小さい頃に読んでいた宇宙開発の歴史本は、ソ連が崩壊前後であって、ソ連のロケット開発は国家機密であった為、ほとんど情報がなくアメリカの歴史ばかりでした。近年はロシアになって、ソ連のロケット開発の歴史資料が色々と出てきているので、小さい頃は知り得なかったソ連側のロケット開発の歴史が分かり、面白かったです。)

ちなみに、個人的には的川さんの本は1990年に買って貰った「宇宙へのパスポート」(小学館)以来21年ぶりでした。
http://typeface.jp/design/1990/html/09.html

うん、完全に宇宙オタクblog(笑)

その後はMM21へ出て、炭素の同素体に白金の輪っかを付けたものを下見に行きました。
良く分からないので、一箇所にメジャー処がまとまっている所へ。

SJ社、海外のT社、M社を見比べ、3箇所見るだけで、かなり疲れますね、チカチカして目が疲れます。
とりあえず、この3つで候補選定。

その後は地元の友達に誘われ、焼肉行きました。そうこうしていると、意外と柏が負けていたり、マリノスに取ってはありがたい結果となっていました。


きょう☆

ネットで色々検索していたら、秋葉原のポラモ屋さんにソユーズ(ロシアのロケット)があったという情報をキャッチ、行ってみました。
普段降りる駅ではないので、多少迷いつつ。
たどり着きましたが残念ながらソユーズは発見できず。

その後は、昨日の続きで下見で銀座へ。
MM21にはT社がないので(元町にはある)、T社の本店へ。色々見て、すぐ近くに昨日最有力だったM社の本店もあるので、こちらも下見。
そんなわけで業者選定完了。

地元のもつ鍋屋で食事して帰宅しました。博多以来今月2回目。もう大分涼しくなって鍋の季節ですね。


さて、ひたすらにサッカーと関係ない話を追記で書きましたが、サッカーに話を戻し。

今週末にリーグ戦で新潟戦ですが、場合によっては、来週末も新潟戦の可能性ありです。
新潟もナビスコ2回戦に出ています。
1legは清水に2-1と敗れていますが、アウェイゴールを1点稼いでいるので、水曜、1-0等の勝利の場合、新潟が勝ち上がりになるわけです。
(アウェイゴールの事とか考えると、マリノスは1legで4点取った事と同時に、無失点だった事が非常に大きいですね!)

新潟が勝ち上がったと仮定した場合、10月5日にACL枠の名古屋との準々決勝。これに勝ち上がると10月9日(日)に新潟ホームのナビスコで、マリノスが勝ち上がると対戦する事になります。
そうすると2週間で新潟と2試合の可能性があります。

10月5日に試合が終わらない限り準決勝の相手が分かりませんが、可能性としては十分に新潟2週間で2戦はあるかもしれません。
他の可能性として、名古屋、清水です。5日にならないと決まらないですが、念頭に置いて、決まり次第すぐに交通手段の手配をできるようにしておくと良いですね。(マリノスは残り試合全てアウェイです。)

その前に、明後日の川崎戦。きっちり勝って、負けなしで先へ進みたいですね。

記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ