屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

novembre 2011

波戸サン引退。

昨日はblogをupした瞬間、波戸選手の引退報道を知りビックリした あだちです、おはようございます。

普段朝blogをupする時のプチ目標は、師匠のマツの周りblog(通常7時前後にup)より先にupする事なのですが、昨日は書き終え、6:58にアップ。
たまに「下書き」ボタンを押してしまいupが上手くいってない事があるのでFMBHで確認するのですが、FMBHを見に行くと既にマツ師匠up済み、うわー、出遅れた!

と思ってタイトルを見たら、「元日本代表DF波戸が引退・・・12・3引退セレモニー」。

え!

契約関連の時期とはいえ、驚きました。

夕方にマリノスオフィシャルから正式リリース。
http://www.f-marinos.com/tools/page_store/news_5455.html

「ユニフォームを脱ぐならトリコロールでとずっと思っていたので」
この言葉、泣けてくるじゃないですか。

練習場へ行くとずっとランニングして体を鍛えていたり、若手を程良くいじったり、マリノスに帰ってきてからは試合中以外でもチームを引っ張っていましたね。

さて、随分昔の話になりますが。
10年程前の開幕ちょっと前の話です。

前年にスタジアムで知り合った方から「今年は波戸くんがブレイクするから!」と自信たっぷりに言われました。
ほぅほぅ、確かにDFとして確立してそろそろ代表呼ばれるんじゃないかな?と思った次第。

そんな事もあったりして、その年、ユニは波戸選手のを作りました。
個人的に、選手のユニを作ったのは生涯2回ほど。そのうち1回がこの時。
RIMG8948

リーグ戦では苦しいシーズンながら、この年波戸選手は代表デビュー。

ちょこっとだけ話を遡ると、01年3月25日。
日本はフランス・サンドニでW杯&欧州王者のフランスと対戦。
この試合で日本は0-5の大敗をします。
(最初の失点であるジダン選手のPKを与えた原因は、直樹でした。そこからチームは完全に崩れ、0-5の完敗。試合後直樹が号泣していた所、同じくマリノスから選出であった城彰二選手が「そんな気持ちで代表に来るな!」と叱責した話が妙に印象に残っています。もっとも、トルシエが次ぎの試合から代表に呼ばなかったのは城選手だったのですが。)

あ、日本サッカー協会のHPにデータがあった。
http://samuraiblue.jp/timeline/20010324/

この大敗は日本代表にとって分岐点になりました。
そして約一ヶ月後のスペインとの親善試合。波戸選手が招集され、代表デビューを果たします!
http://samuraiblue.jp/timeline/20010425/

親善試合で、直前にフランスに大敗している日本にスペインがどれだけ本気だったのかは分かりません。
が、この試合で波戸選手は攻守にわたり大活躍。サイドを突破し何度もアップダウンを繰り返し。
最後はロスタイムに決められ0-1でしたが上出来の代表デビュー。

トルシエ日本の主力として活躍しました。
(W杯直前で市川選手(当時・清水)にポジション奪われW杯出場は叶いませんでしたが。)

さて、このデビューのスペイン戦の次から代表は日本でのコンフェデレーションズカップ(プレW杯)。
各国の大陸王者との戦いです。

2戦目のカメルーン戦@新潟ビッグスワンに観戦に行きました。(当時としては、どうせ翌年のW杯はチケット当たらないだろうから、せめてコンフェデだけでも、という話で。)

普段あまり代表を見に行かなかった&10代でそれほどお金もなかったので代表グッズは特に持っていなく。
なので、売店へ並んで見ました。

売店では「全選手のプレイヤーズTシャツありますよ!」と叫んでいます。

お!なら、せっかく来たし、波戸選手のを買うか!と思い、売店の列へ。
しばし待ってから売店の店員さんに「波戸選手の下さい」と伝えた所。
「え?誰?戸田?」と聞き返されました。

再度「波戸」と伝えましたが、残念ながら売店のおばちゃん、知らず(涙)しかも売っておらず。
並んでいた周りのお客さんが「おばちゃん波戸くらい知らなきゃダメだよ~」とフォローしてもらった記憶が。
(最終的に、八咫烏マークのTシャツにしました。)

この見に行った試合では波戸選手は出なかったのですが。
(このカメルーン戦はそれまで代表で活躍機会の少なかった、マリノスにも所属した鈴木隆行選手(現・水戸)が2ゴールを奪い「シンデレラボーイ」と言われた試合でした。)

予選リーグは3戦目のブラジル戦(引き分け)から出場し、準決勝、決勝と。(準決、決勝は観戦)。

世界規模の大会で日本が決勝まで進んだ時の代表に、そして我らがホーム横浜国際(現・日産スタジアム)に、日本代表として波戸選手が立っていました。
(なので波戸選手は準優勝メダルをもらっています。)
IMG_0221
コンフェデの決勝セレモニー。


さてマリノスの話。

波戸選手、どういうわけだか退場するとチームが勝利したりと変わったジンクスもありましたね。

波戸選手のここまでの通算ゴールはリーグ2点、ナビ杯で1点。
リーグでのゴールのうち1試合はレイソル時代なので分からないですが。
1試合は99年の浦和戦で駒場での劇的なVゴール!
・・・だったらしいです(この試合見に行けてないのです(涙))。

そして今の所マリノスの公式戦では最後のゴールは01年4月18日、代表デビュー1週間前のナビ杯1回戦水戸戦2leg。

いきなり開始1分の得点でした。しかもヘディング!
右サイドに入っていた波戸選手はするすると上がっていき、左サイドでボールをキープしていた遠藤選手が中にクロス。これを波戸選手がヘディングで城選手に折り返し。
そのまま叩き込むかと思われた所、更に城選手が波戸選手にヘディングで折り返し、フリーの波戸選手がヘッドでゴールに叩き込みました!

試合開始わずか1分。しかも三ツ沢の反対サイドで多くの選手が被って見える上に、(失礼ながら)まさかの波戸選手のヘッド!!
ゴール裏は大半が誰が決めたのか理解できず「誰?誰?」と。
「波戸選手っぽくない?」という話になるのですが、波戸選手と折り返しのヘディングシュートがピンと来ず。
場内アナウンスで波戸選手のゴールとあり、そこから一気にゴール裏大盛り上がり!
非常に印象深いゴールでした。

そしてこの年はリーグ戦は残留争いをしつつ、ナビスコカップは優勝。

ナビ杯決勝の時、優勝した時に掲げて選手にプレゼントしようと当時のコールリーダーさんと2人で、でっかい発砲スチロールに銀色のスプレーを使って、試合前に優勝トロフィーを作成しました。

まぁ、発砲スチロールなので優勝して騒いでいる頃に大分壊れたのですが(笑)

これを表彰式の後場内一周に来た選手に渡したら選手達も大喜び。更に振り回すものでカップの下の方や片側の取っ手壊れたり(笑)
それでも集合写真の時、波戸選手が大事に抱えて一緒に写ってくれていたのも個人的には嬉しい思い出。
RIMG8946
左端の方。
この写真は当時はJリーグフォトがパネルを通販で販売していたので購入したものです。
波戸選手良い笑顔ですね。

その後、03年にユサンチョル選手の復帰もありポジションを失い、柏に移籍、後に大宮へ。
09年で大宮で契約非更新になり、10年にマリノスへ復帰。

全盛期を一度マリノスで経験し、他チームで多くの物を吸収して復帰し、試合だけではなく、ベテランとしてチームを支えて下さった波戸選手。

感謝の気持ちで一杯です。
なのでここで前言撤回。1つ前のblogで川崎戦で買ったNIKEのプレイヤーズTシャツ着ると書きましたが、鹿島戦、こちらは腰に巻く。波戸選手のユニ着ようと思います。
(NIKEのプレイヤーズTシャツが選手名ナシなら下に着ようかと思いましたが、中村選手の名前が入っているので。)

さて今年はリーグ最終戦の後に、まだ天皇杯が残っています。
本人のコメントからも「優勝してユニフォームを脱ぎたいです。」との事。

お疲れ様は元日に言えばok!まだまだ言わないですよ!
先日の川崎戦を見ていてもチーム状況は厳しいですが、波戸選手にお世話になった選手は多いハズなので、きっと最後に花道を飾ってもらいたいと選手も皆思っているハズ!モチベーションは十分です!
確実に1試合1試合勝利を重ね、元日の国立で、あの写真パネルのような、波戸選手の満面の笑顔が見たいです!

(つづき)23:08
最近妙に忙しいようです、時間配分を考えないとダメですな。
そんなわけで遅くなりました。

1つ前のblogにコメント頂戴しました!
なお、今設定を色々いじっている所なので、パスワードが書き込みには必要です、当面パスワードは今年の西暦4桁です。

で、そのパスワードをかいくぐって(笑)gingamanさんからコメント頂戴しました!
ありがとうございます!!

ただし、カードは残念ながらマリノスではないです(汗)あまりマリノス選手のカードは当たらないんですかね??
ジムは応援の体力強化の為です(笑)なかなか都合付けづらく、次のジムは金曜になりそうです。
気合い入れすぎて土曜筋肉痛で応援できません!ってならないよう注意します(笑)


川崎でユニを・・・。(カラー)

昨日からジムに通い出した あだちです、おはようございます。

筋肉痛に今朝はやられるか?と思っていた所、寝違えたらしく首の激痛にやられています。

さて、川崎戦の試合の事は1つ前のblogで軽~く書きました。
試合以外の事をちょこちょこっと。

木、金曜と忙しく、あまり睡眠時間確保できないまま等々力へ。
土曜は試合の後にも大事な予定があり、パソコンやら手土産やらも持っていたので、南武線乗り換えの川崎駅のコインロッカーに幾つか荷物を預けて等々力へ。

試合開始ギリギリかな?と思っていましたが南武線が快速電車(今年から出来たのですね)だったので予想より早く到着し、試合開始20分前くらいにスタジアム到着しました。

さぁ、いざチケットをもぎってもらい入場しようとカバンを開けた所。

・・・

ユニがない!!

あー、どうやら川崎のコインロッカーの中(汗)

川崎まで戻る時間もない。
しかも、試合後の用事の兼ね合いから、服装、黒。

と思ったら売店発見。
そんなわけで、プレイヤーズTシャツを買ってみました。

もう時間なかったし、とにかくエンブレム入りの青い服装を~と思い。
店員さんに「すいません、Lサイズの下さい。」と。
すると店員さん「どれにしますか?」

ん?今、「Lサイズ」と伝えたハズですが。

と思っていると、店員さん。「あ、どの選手にしますか?」。

あー、考えてもいなかった(笑)

普段は、八咫烏が入っているのが好きなので優勝翌年のユニ着ているのですが(最近は優勝しても八咫烏ではなく、金色のJリーグマークなのですね、久しく優勝してないから生で見たことないけど(爆))、背番号入っていません。

もう時間もなかったので、
「じゃ店員さんお任せします。」←とんでもない客。
と伝えた所、店員さんが選んでくれたのがコチラ☆
RIMG8939
25番、中村選手のTシャツ。

これでとりあえず青色ゲットです!

やはり試合にはチームカラーを身にまといたいですよね。
だって、チームカラーって、クラブプロフィールにもありますが、

青:冷静さと港町・横浜の海
白:集中力と潔白さ
赤:瞬発力と情熱

なわけです。

もっとも、下に白のYシャツを着ていたから、チームカラーの白に該当するといえばするわけですが。(去年までアウェイユニ白でしたし。)

それでも出来る事ならやはり青がいい。

今でこそ設立当初から青で、地域リーグ、JFL、J2、J1と、チームが昇格できる活発な構図になっている為、青色をチームカラーにしているチームがJリーグにも多いですが。
JSLからプロ化してJリーグになる時、初期10チームは、ある程度リーグ全体のバランスを考えてチームカラーの配色が行われました。
代表が青だった事もあるのかもしれませんが、チームカラーを「青」で希望するチームは非常に多かったのです。

その中で、マリノスは青を勝ち取ったのです。
(今ではJリーグ屈指の強豪でダントツのタイトルホルダーである鹿島、JSL時代は青いユニでした。)

Jリーグ以前の話を踏まえるのはどうかってトコもあるかもしれませんが、伝統をプロ化のタイミングで守り抜いて今も青であり、トリコロールであるマリノスなわけです。

そんな個人的なこだわりから、青色なプレイヤーズTシャツを買ってみた等々力でした。

(偉そうに伝統のチームカラー語るなら、ユニをコインロッカーに入れて忘れてくるなよ、っていうそもそもな話なのですがね。)

そういえば来年はNIKEからadidasに変わるという話のようですよね。
数年間だけでしたが、今週末のホーム最終戦も(まだ買って1回しか着ていないってのもありますが)、NIKEに感謝をこめて、NIKE時代最後の青いユニのデザインであるこのTシャツ着ようかと思います。NIKEもトリコロールの一時代を支えましたから。


さて冒頭のジムの話。
川崎戦、ばったばただったせいで、90分間フルに体力が持ちませんでした(殴)
ラスト5分位から少しフラフラ。一番追い上げなくてはいけない(しかもここ数試合見ていれば試合前から楽な試合じゃない事くらい分かってるのに)時間帯に。

うーん、選手に最後まで走り抜いて欲しいと思っているのに、思っている側が最後まで満足いく応援ができなかったのは、(その週末まで忙しかったにしろ所詮言い訳)、非常に悔いが残ります。

そんなわけで、体力アップの為、昨日からジムに通い出しました。
一週間では成果はでないでしょうが、しっかり通える限り通って体力アップしたいと思います☆


そういえば、等々力の入り口でなにやらカードを配っていましたね。
RIMG8944
gingamanさんのハマトラSNSの日記を読んで、あー、そういえばコナミのカードを貰ったなと思い出しました。
(試合開始ギリギリだったので貰ったものをカバンにとりあえず入れて確認していませんでした(殴))
そんなわけで、今度息子さんに贈呈しようと思います。

最近はカードの袋って中が見えないように鼠色のビニールですね。

初期のカルビーJリーグチップスは、緑色の紙袋でした。

・・・探したら家から未開封を発見。
RIMG8945
これ、カードの裏面はプロフィール欄で白地に黒インクだったので、頑張って透かしてみようとすれば、見えちゃうんですよね(汗)

見えちゃうというよりは、紙袋破れやすかったので、配送の関係で丈夫な鼠色のビニールパッケージになったとは思いますが。

カラーにもカードにも歴史ありです。

川崎戦-。

疲れて日曜爆睡していた あだちです、おはようございます。

さて土曜は川崎戦。
0-3敗戦。

退団するジュニーニョ選手に2発決められ、完全に演出担当になってしまいました。

2失点した段階で相手はカウンター狙うだけなので、ありがちな展開といえばありがちなのかもしれないですが。

内容自体はマリノスとしては極端に悪かったわけではなく、まぁ、今の力からしたら安定しているといえば安定しているのかも知れないのですが。(今年は上位には勝てず、その変わり下位に取りこぼしなく)。
逆にいえば、成長していない気もするのですが。

先に1点獲れれば、勢いに乗れる、という試合が多く、逆に失点するとそこから巻き返すのは難しいですね。(だけに甲府戦の逆転劇は価値があったハズですが。)

今の時期から急にチーム力が上積みがなる事は難しいだけに(急になるならとっくになてるだろうから)、今年はある程度試合単体での勢いが必要でした。

3ヶ月弱くらい前に書いたblogに、今年はセットプレーが決まっている分(当時)、勝ち点を去年以上に上積みできています、と書きました。

リーグ戦、名古屋戦で中村選手の個人のアイデアから直接FKを決めましたが、チームとして決めたという意味では9月10日の福岡戦まで遡らないといけません。(CKから長谷川選手の得点)。

シーズン通して、相手チームも成熟してきますし、対戦が2巡目になれば研究もされてきます。

そんな中で、先に先制すれば勢いつくのに、失点するとなかなか巻き返せない状況。これは試合に負けて1週間程度で急激に改善するというのは、システムやら戦術やら選手の意識自体の事も関係あるので、なかなか難しいかもしれません。

となると、一番手っ取り早いのが、セットプレーのアイデアを増やしたり、精度を上げて、まず先制できるようにする事。

高さや強さがあるターゲットがいるにも関わらずしばらく決まらないのは研究されているからでしょうから、更に練り上げる必要があるかと。セットプレーであれば短期間でセットプレーの戦略を練って練習する事は可能かと思います。

ゴールには繋がっていませんが、セットプレーのチャンスは何度も奪っているので、これを有効活用する事ができると良いですね。

さて、現在blogの設定を少々いじり中です。
コメント欄に暫定的にパスワードが必要になっています。パスワードは今年の西暦を数字で4桁です。

もう今週半ばから12月ですね、早い。
次のリーグ最終戦は、その後1週間空くとはいえ、天皇杯にとっても勢いづける重要な試合になります。
何とか勝利を☆

最近知った川崎の事。(得)

blogでスシのお誘いをアピールした所、見事に誘われた あだちです、おはようございます。

さて明日は川崎戦、今年最後のリーグ戦アウェイ試合です。
(意外とまだチケット余っているみたいですよ。)

前回の対戦はナビ杯2回戦の2leg。普段なら切符を買って電車に乗るのですが、この時は平日ナイトで試合開始ギリギリに到着予定だったので、スイカを使って武蔵小杉に向かいました。

で、改札出る時にスイカ残額見たら、変動なし。

あれ?

ま、急いでいたから見間違えか、前後の人の残高を見たのかな?と思いつつ。
ところが帰りも同じです。

念のため地元駅で降りた時スイカのチャージのついでに残高見ると減っていません。

あれれ?

何でかと思って色々調べた所、判明しました!

私のスイカ、横浜市内から京浜東北利用で都内に出る定期が付いているのですが、どうやらこの絡みのようです。

品川以遠(田町又は大崎方面)の各駅と鶴見以遠(新子安又は国道方面)の各駅を結ぶ定期券を持っている場合、普段、京浜東北や東海道線を利用している人でも、横須賀線を利用しても構わないのだそうです!

あ、これこれ。JRの旅客営業規則。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/03_syo/01_setsu/03.html

で、武蔵小杉に昨年、横須賀線のホームが完成し横須賀線が停まるようになりました。

という事は、鶴見以遠~品川以遠の定期を持っている人は、この間を横須賀線を利用し武蔵小杉で下車すれば、「定期の範囲内で途中下車」した扱いになるので、別途乗り越し清算は不要なようです!!

ちょこっとですが、(ちなみに横浜~武蔵小杉間、JRは片道210円)、もし鶴見以遠~品川以遠の定期をお持ちの方は、切符を買うより浮くので、良いかもしれません。
(往復で420円浮けば、最終節でマッチデープログラム買ってチームにお金を落としつつ、お釣りが来ますよ!)

そんな、前回の川崎戦(比較的最近)で知った、ちょい得情報でした。


★月曜と火曜日☆
月曜日と火曜日に、旭川に行ってきました。

今回の出発空港は国内線ですが、成田空港。旭川現地の天気予報は吹雪(笑)
成田に到着した所、出発手続の所に看板が。
RIMG8654
天候不良時は成田戻りか新千歳。そしたら札幌旅行に変更だなー。

も、無事に到着しましたよ~。

除雪されていてもすぐ積もる空港。
相変わらず吹雪いています、パイロットの技術と空港の能力に感謝。

市内に出て、北海道といえば!そうジンギスカンです。
そういえば先週の火曜日もジンギスカン食べてますね、自分。

http://blog.livedoor.jp/ada_chit/archives/3672430.html

タイムリーに、先週行ったこのお店が、この21日(月)~27日(日)まで、京浜東北、中央線、京葉線でやっているトレインチャンネル(電車の中のCM)、サッポロビールの「繁盛店の逸品」で出てきています。

http://www.sapporobeer.jp/area/shutoken/gourmet/train/index.html

ここも美味しく(そしてラゾーナ5周年でとても安く!)頂きました。

さて、旭川では事前にネットで調べていた、「大黒屋」というお店に行きました。

http://www.daikoku-jgs.com/

食べログはこちら。

http://r.tabelog.com/hokkaido/A0104/A010401/1003008/

RIMG8671
ジュー。
生ラムジンギスカン、骨付き、ハーブと3種類あり、どれも美味しい!
とにかく、肉が美味しすぎます!肉厚なのに。
ジンギスカンってこんなに旨みがあったのか!と思わせる程美味しいお肉。
たれも醤油系で非常に深みがあって美味しいのですが、つけなくても十分な程!

今まで札幌等含め食べたジンギスカンの中で一番美味しかったです。
RIMG8674
んでもって、ジンギスカンと言えばコカ・コーラですね!
いやぁ~、コカ・コーラが染みますね!(一杯目は黒ビールでした)
とても美味しく頂きました!満足、そして満腹☆

外出ると吹雪はおさまっていました。いかにも雪国の夜という感じ。
RIMG8678

さて翌朝。
本日の目的地は、旭川市科学館と旭山動物園。
朝からまたも吹雪いています。2キロ弱あるので吹雪で歩いて移動はできないのでタクシー。
とりあえず科学館近くのマックまで。
朝マックしつつ、開館を待ちます。

タクシーに乗った所、運転手曰く「旭川は吹雪いたりするけど風は突風がそれほど吹くことはないから、あまり飛行機は欠航にならない」との事。十分吹雪いている気がしますが、地元の人からすると吹雪という程ではないのかな?
RIMG8680
朝マック。

そして9:30に旭川市科学館へ。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/hakubutsukagaku/kagakukan/index.html

色々な実験装置などがあって、どれも楽しかったです。
RIMG8681
スコープがあったので、無印良品のバッグを拡大してみると、規則正しく繊維がビッチリ!急に高級バッグに思えてきました(笑)

さて、旭川まで来て、何で全国至る所に科学館があるのにわざわざ行ったかというと、北海道の科学館って、全般的に宇宙関連に強いからです。
広大な土地がある事も関係していると思いますが、宇宙飛行士だった毛利衛さんは北海道出身ですし、民間ロケットを日本で打ち上げているのも北海道。
あとは星空も綺麗なので宇宙が身近なのでしょうか?科学館に天文台もありますし。
(そんなわけで、DSの星空観測ソフト「星空ナビ」を持っていったのですが吹雪で星空は見られませんでした。)
http://www.astroarts.co.jp/products/hoshizora-navi/

この旭川科学館にも宇宙関連の体験施設が。
RIMG8708
写真の位置が悪いですね、「宇宙ゴマ」。
座って、ぐるぐる上下左右関係なく回されます。実際のNASAの訓練でも無重力状態での姿勢制御訓練で使われる装置。
イメージ的には、クイズ・タイムショックをクリアできなかった時に振り回されるヤツを激しく、長時間にした感じ(笑)
2分位まわってます。
♪まわるーまわるーよ。
なかなかぐるぐるでしたよ。

RIMG8705
こちらは「ムーンジャンプ」。
思わず、南波日々人か!(漫画「宇宙兄弟」参照)と設備名にツッコミいれたくなりますな。
月の重力は地球の約6分の1で、この椅子に座ってジャンプすると、6分の1の重力で跳ねる事ができます。
・・・この設備、更に気合いをいれて、10分の1の重力の設定なのだそうです(笑)
座って軽く地面を蹴ると、あっという間に3m位の高さに!いやぁ、これは面白い。
横浜市が誇る古川宇宙飛行士がソユーズで地球に帰ってくる頃、ムーンジャンプでピョンピョンしていました。

そんな事をしたりして科学館を満喫☆
外出ると、吹雪増してるし(笑)
RIMG8712

ここからはバスに乗って、旭山動物園へ。
前にも書きましたが、今年も旭山動物園は動物園ランク1位。
http://www.narinari.com/Nd/20111016542.html

水族館1位の沖縄・美ら海水族館は2月に行っているので、年内両1位制圧というプチ目標(笑)
あ、2月の沖縄日記これ。
http://blog.livedoor.jp/ada_chit/archives/2511454.html

そしてバスに揺られつつ到着。
RIMG8718
少し吹雪きも収まったかな。

RIMG8724
アザラシ-。
RIMG8753
餌やりの「もぐもぐタイム」は携帯や動物園入り口でスケジュール確認できるので、上手い事時間を合わせると飼育員の解説付きで聞け、勉強になります。

RIMG8781
北海道っぽい!シロクマ☆

こちらはキリン。寒そう!
RIMG8828
もともとアフリカの動物ですよ。
この時点での気温は氷点下ですから。
RIMG8722
マイナス1.6度。
ちなみにキリン、法律でペットとして飼って良いそうです、いつぞやロト6のCMで香取慎吾さんが当選金でキリンを飼うCMありましたが、合法のようです。

そして、野毛山動物園にもいる、この動物。
RIMG8841
レッサーパンダ。
マツ師匠は、野毛山で見たという話は以前upしましたね、これ。
http://blog.livedoor.jp/ada_chit/archives/3618329.html

それにしても寒い。
レッサーパンダのもぐもぐタイムを見たので、13時半頃、昼食を食べに売店へ。
RIMG8848
入り口で、雪を被りながらアイスをアピールする看板発見(笑)
スープカレーを食べました、美味しく頂きました(スプーンが浅くて少々食べにくかったですが。)

RIMG8855
クマー。
RIMG8858
頭上にいるチーターと目が合ってしまった図。
RIMG8866
百獣の王、ライオン。
ちなみに先程紹介したキリンの強烈なキックで自然界ではライオンが死んでしまう事があるそうですよ、なのでキリンの背後にはむやみに近づかない事をオススメします。

さて、こちらはペンギン。
RIMG8884
旭山動物園、12月中旬~3月中旬はかなりの積雪になる為、園内で「ペンギンの散歩」イベントがあるそうです。この日はできそうな位に積もっていましたが。
雪の上では非常にゆっくり。
RIMG8886
も、水の中では高速です!

他にも色々見る所が一杯ありました。

そして空港へ。帰りも旭川→成田便。
RIMG8923
すぐ積もるので翼の上を除雪しています。

バビューンと飛行機で成田着。

さて、何で羽田ではなく成田まで行ったかというと、お気づきの方もいるかもしれません。
スカイマークの「成田シャトル」利用です。
http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/press110412.html

2ヶ月前の発売日に予約すると、最安値がなんと「980円」なのです!飛行機が千円切る時代!
(ぶっちゃけ、地元~成田間の方が交通費が高い(笑))
これが10月30日から就航開始し、旭山動物園が11/18から「冬営業」(夏は4月から11月3日まででした)を開始したので、その日程に合わせて予約して行きました。

2ヶ月前に上手い事予約すると、片道980円で成田から行けます。(他に札幌、12月から那覇、2月から福岡も)。
RIMG8917
領収書、たしかに980円。往復1,960円の飛行機旅行。
但し、平日でも大体1分しないで980円の席は売り切れてしまうのでスピード勝負です(運良く獲得できました。)

時間を取るか、お金を取るかという所ですが、余りにも安すぎるので金額を重視して行ってみました、飛行機は普通の飛行機なので問題ないです。

後、電車は基本的に爆睡しているのでそれほど長時間には感じず。
地元に戻り、いつものようにホルモン焼肉(笑)6日ぶりの来店でした、あ、前回は天皇杯で栃木に勝った後に寄ったのか。
RIMG8925
北海道を懐かしく思い、とうもろこしを焼いてみました、甘みがあって美味しい。

そんな月曜と火曜。

平日旅行に行ったので、水曜(祝)と木曜は真面目(当社比)に過ごしていました。

そんな、きのう★

1つ前のblogでマツさんにスシロー木曜なら都合良し!とアピールした所、すぐOKの返事を頂戴しました!

なので夜、スシローへ☆

♪まわるーまわるーよ
RIMG8936
北海道でカニ食べてなかったのでカニ。いくら食べ忘れた。
RIMG8937
んでもって、寿司と言えばコカ・コーラですね!
いやぁ~、コカ・コーラが染みますね!
とても美味しく頂きました!満足、そして満腹☆

その後はミスドでお茶をしてきました。
色々プライベートな事で、貴重なお話を頂きました~。

あ、ちなみに今回のblog、写真が多いのも師匠のおかげ!
同じlivedoor blog(そういえば来年1月1日から社名が「データホテル」に変わるけど名前変わるのかな?)を使用していながら、使いこなせていないので、師匠に色々テクニックを伺った所、今まで1枚ずつタラタラ写真をアップロードしていましたが、なんと一度に5枚もアップロード出来るやり方が!

そんなわけで写真多目の本日のblog。

あー、リーグ33節、アウェイ最終戦はもう明日ですね、1年本当に早い。
(去年の契約非更新の件、33節が終わった翌日でしたね。)

名古屋戦とhamatra paperの裏話?、とか。

コカ・コーラから不思議なグッズをもらった あだちです、おはようございます。

一昨日は名古屋戦でした、今年勝てていない上位対決の1戦。結果は1-2、敗戦。
名古屋が不調なのか、雨の影響なのかイージーミスを連発してマリノスの時間帯もあっただけに、うーん。結局今年は今のところ上位陣には勝利なく。7位までの対6チーム11試合で勝ったのは震災で再開直後の鹿島戦のみ(残り1試合は最終節の鹿島戦)。

1失点目はワンツーで抜かれ、2失点目はセットプレーから。相手が高さがあるにしても、マリノスは高さがあってもCKなどが最近あまり決まらないのは、高さを活かしたセットプレーをやっているかやっていないかの違いですかね。マリノスはキッカーの精度任せに飛び込むだけな所がありますが、名古屋はきっちり折り返して、高さを活かすセットプレーでした。

中村選手のFKは、審判に確認しているようですし、ルール上問題ないですが、マリノスにしては珍しい得点の仕方でしたね。
リスタートでやられるのは何度も見た事がありますが(汗)さすがの状況判断という感じですね。名古屋も本来であれば壁が整うギリギリまで中村選手の近くで倒れていた選手が中途半端に起き上がらずにボールの近くから離れず審判がしっかり止めて整えるまで待てば良い状況だと思うのですが。名古屋からすれば、まさか、という失点の流れだったのではないかと。

イージーミスも出ていて、嫌な形から失点した名古屋。流れはマリノス寄りだっただけに、セットプレーからとはいえ、やられてしまいました。敗戦。

監督のコメントを見ると、これが3位と4位の差。攻撃の精度を上げなくてはと(幾度となく)聞きます。
ま、確かに攻撃の精度が良くないのも得点力が少ない事からも事実なのですが。

ちょっと思うのが、チームとしての組織的な守備も出来ていないのもあるかな、と思ったりします。
と言うのは、DF陣、J全体でもレベルは高い方だと思うわけで、個々の能力では。なので、ある程度の選手に関しては止められているのですが、個の能力を突破できる能力を持っている選手であったり、FWを活かす組織的な攻撃が出来ているチームには随分とやられています。
上位チームに勝てていないのもその1つだと思いますし、得点ランキングを見ても、上位8人中6人(13得点以上の選手)にマリノス戦で決められています。(玉田選手(名古屋)と前田選手(磐田)には決められていませんが、前田選手はうち1試合は離脱中で不在。)

安定感ある組織としてのベースがないと攻撃もバタバタとした流れで精度を上げるのはなかなか難しいのではないかな、と思ったり。

ともあれ、リーグは残り2試合。累積リーチになってから最後の1枚をもらわずに無事川崎戦に谷口選手も出られるようですし、まずは川崎に勝利したいですね。

さて、試合の話はそんな感じ。
ここからはちょいと違う話。裏話?

名古屋戦でのフリーペーパーhamatra paper vol.80 の編集長になりました。
随分昔の話をすれば、創刊~vol.79(浦和戦配布)で特集された、段幕の件で休刊を迎えるvol.21まで、編集部にいました。
休刊を機に(ここらへんの理由は割愛)編集部から離れていたわけですが。

シーズン前に黒幕(?)の方から「hamatra paper宜しく」と言われまして。
色々な大人の事情があるにせよ「ゴール裏の事を伝えるジャーナリズムが必要」と言われ、その特命を受けて久々に編集部復帰したわけです、言いたい事は問題ないですがそれを私なんかに託して良いのか?というもっと重大な問題は置いておきながら(笑)

もっともゴシップ紙や写真週刊誌ではないので、ドコドコのグループが対立している!とか、そういうゴール裏の事を伝えるという意味ではなく(笑)。

そもそもhamatra paper 創刊時は2年連続ACL出場も敗退してしまい、再びアジアを勝ち上がる為にも、もっと圧倒的なホームを作る上でゴール裏がどういう事を考え応援を作っていき、スタンド全体にどう応援を広めて圧倒的なホームを作るのか、その為のアシスト的役割を担って、05年の開幕に創刊。
まぁ、選手紹介であったり試合のことであったりは、マリノスがオフィシャルでマッチデープログラムを出しているので、それを買って貰えれば良いので、同じ内容やってもなんなのかな、ってのもいつも思ってますし。

というのがあったので、今回特集で組ませて頂いた「コールリーダー対談」に関しては、シーズン前から構想にあった事でした。
当初は今年2号目が担当だったのですが、震災が起こってしまい。内容を震災特集に切り替え(その節は多くの被災地マリサポの皆様には寄稿等お世話になりました。)発行しました。と偉そうにいっても、作成の勝手が分からないので、hamatra paper責任者の蒼井さんにおんぶにだっこだったわけなのですが。

さて、しょっちゅうblogをupしているのでヒマ人に思われる方も多いかと思いますが(思いっきり否定できないのもありますが(殴))、なかなかまとまった時間を作る事ができず(blogだと完全に自分のペースで気まぐれなので。そしてその気まぐれペースにお付き合い頂いている読者の皆様には感謝とともに、「拙いダラダラした文章を読む」という忍耐力を付けて頂いている事と思います。)。

9月のホームゲーム時、開門前に終盤戦発行用のhamatra編集部ミーティングがありました。
が、その日は開門前に予定があり参加できず。
参加できない人が多かった事もあり、開門後に再びミーティングやりますとの事。こちらには間に合いました。

ミーティングに参加した所、どうやら開門前MTGで、「名古屋戦はあだちさんに編集長を」という推薦があったそうです、ちょっと「風邪で休んで翌日来たら学級委員」パターンに近いですが(笑)。
名古屋戦は甲府戦から間も空きますし、まぁ予定もなんとかなるんじゃないかな?と思いつつ、既述の通り復帰した所もあるのに、ただ在籍しているだけなのも何なので、お受けした次第。

そんなわけで、最初っからコールリーダー対談を前提に構想をスタート。
甲府戦から中15日有るから何とかなんだろー、とか思っていましたが、意外と時間がないのです。
まずなるべく新鮮な対談を入れたいので甲府戦以降、インタビューをした上で文字起こしをして、それを編集トピにupして修正などをして、DTPを担当者の方にお願いし、完成したものを印刷会社に発注→受取・当日配布という日程。
如何せん、コールリーダーのお二人、ウルトラのワタル君とブリガーダのヒロアキ隊長の日程を抑えなくては話にならないわけです、それ以前にこの企画を快諾してもらえないとポシャりますし。

趣旨を伝えた所、お二人とも快諾して頂け(感謝!)。
ただし、都合を合わせるのが。〆切り考えると11/8には文字起こしを完了しておきたい、でも鮮度を大事にしたいから甲府戦後、という完全に「こちらの都合」の中お二人に調整して頂き、甲府戦の翌日11/4の夜22時集合で対談スタートとなりました。
が、ヒロアキ隊長は平日多忙で少し遅れるとの事。ワタル君と2人で色々な事を話しながら。

スタジアムでは会ったりするのですが、この3人だけで試合以外で、という事は今までなかっただけに。(個別に1対1はありましたが。)
ヒロアキ隊長を待つ中で2人で話していて懐かしく思い出したのが、04年のACL初戦@ヴェトナムのホテルにて。
当時ワタル君と2人でヒロアキ隊長の事を話した事がありました。
あの時話したのは、これからのマリノスの応援で、どうヒロアキ隊長を成長させていくか、これが非常に重要、という話でした。当時の隊長、02年まではウルトラの中にいて、シーズン末に天皇杯愛媛に1人で来ていて。私はそこで初対面だったのですが、もの凄く目が輝いていて。
この人、絶対凄い事になるぞ、と思い、口説き落として03年から屋根下で一緒に応援していたわけです(その後巣立って行きました。)。将来的にヒロアキ隊長が背負っていく事になるだろうから、いかに周りが成長させていくか、という話だったのです。

そんな話題に出ていたヒロアキ隊長を含め、3人で会うというのは7年以上が過ぎて凄い事だなぁ、という話に。04年当時にそういう話になったのも、やはりワタル君や、こんな私まで面倒を見て下さっているリベラルのシロウさんの影響も大きいわけです、あの人の背中を見ていなければそういう発想は当時でなかったと思いますし。滑らないギャグも多数お持ちですし(笑)

そうこうしているうちにヒロアキ隊長も登場し、対談がスタート。
もっともいくらジャーナリズムが必要といえ紙面の関係もあるのであまりぶっ飛んだ事は書けないのですが(笑)
様々な事を話して頂きました。

それにしてもお二人とも非常に「覚悟」を持ってコールリードをされている事を再認識しました。
ちょうど甲府の前までは2ヶ月弱勝利がなくチームも苦しい状態。そんな中、スタンドが暗い雰囲気だと選手達が楽しくサッカーをできなく負のスパイラルになるから試行錯誤を繰り返し。決起集会であったり、普段と違う歌を使ったり、入り待ちをしたり。
変化を付けて、その試合勝利すれば良いのですが、勝てなかった時に「応援がいつもと違う事するから」と批難の矢面に立たされる事もあるわけです。実際甲府戦の前の2ヶ月弱はそんな感じでしたし。

皆マリノスが好きで来ているにしても、見ている場所も、それまで見て来たものなどによっても、様々な意見はあるわけなので、そうした中、色々言われる立場にいるわけです。
それでも「嫌われ者になってナンボだよ」と、批難されたり嫌われたりしても、良い応援を作る努力を怠らない覚悟を持っている事を改めて感じました。
不特定の方々から応援が相手に負けていたとか、あんな応援するからだ、とか言われるのは想像しただけで、恐怖はあるハズなのに。

インタビューで聞くこっちも責任重大。いっくら嫌われ者になってもと言われても、だからといってわざわざ嫌われ者に仕立てる必要もないので(笑)
そんなわけでインタビューの中から、ほんのわずかですが取り出して文字起こしをしたわけです。インタビュー中の20分くらいでしょうかね。紙面のスペースの都合上、これが限界。
ちなみに22時にスタートしましたが、終了が朝4時。私、4時半の始発で帰りました。その間ずっとマリノスの事や応援の事を、本音で熱く語り合ったわけです。朝からお二人とも予定があるというのに、本当に感謝です。

人にインタビューをするのは初めてだったので、もっとインタビューが得意な方だったり、hamatra paper に精通している方が伺えば紙面のスタンスにあった良いインタビューが獲れたのかもしれません。(スペースの都合等で紙面に起こせなかった5時間40分もありますし。)
それでもワタル君から「あだち君じゃなかったら話を受けて、こういった話はできなかったよ」と言ってもらったのが(社交辞令だったとしても)個人的には嬉しかったのですが。
そんなわけで文字起こしした限りでも行間に様々なメッセージを託しつつ、今回のコールリーダー対談となりました。本当に感謝です。

さて、そんなわけで編集作業。
ちなみに、hamatra paper の編集コミュニティってhamatraSNS内に公開コミュで行われています。
11/21の0時現在132名の方が登録されているようです。

ですが、皆さん平日はもちろんの事なかなかご多忙なわけです。
私も実際、普段他の方が編集長をなされている時に、ほとんどと言って良い程、協力できていません。まぁ、それは皆さん色々都合があるので仕方ないわけですが(ん?自分がろくに協力していない言い訳にも聞こえるぞ(笑))
そんな中で、今回他にも震災復興関連の原稿やマッチプレビュー、ポスター協力店やハマトラブース原稿など、多くの項目でご協力頂き。
コミュの皆さんご多忙であったり、あとは私の人脈と人望の無さ(たぶん後者が9割(笑))もあり、まさか表紙写真まで自分が用意するとは思っていませんでしたが(笑)。修正などもコメント頂戴したりしつつ。

その後DTP作業を行って頂き紙面が完成。印刷所に連絡を入れたのですが、何故だか上手い事データ読み取りができなかったそうで、こういったムズカシイ事が苦手な私が困っているとすぐに手助けの書き込みを頂いたり、感謝☆無事入稿となりました。

その後も、配布関係の方の方から、気合い入れて配布します!と書き込み頂いたり。1人でできる紙面ではないので、本当に感謝、という言葉につきます。
(関わって下さった何人かの方とは直接したお会いした事なく&お会いできず、メッセージのみで直接お礼を言えていないのが残念なのですが。)

そんなわけで、印刷物の引き取り。
私の考えとして、無茶は長続きしないので、ダメならダメで仕方ないと考える事があります。全力と無茶は違いますから。
試合前日の18時~20時の間に印刷所へ受取という事になっていました。
私はその日都内に出なくてはならない用事が随分前からあり、会う相手もわざわざ愛知から新幹線で来ているので容易に日程変更ができない状況&昔blogに書いたかもしれませんが、自動車免許用の貯金が海外遠征に消えてしまい、その後都合も合わず未だに無免許です。ま、コミュ参加者も多いし、募れば誰かしら都合つく方が1人位いるかな?なんて。

なので、トピに、受取可能な方募集の旨と、17日の23時までに表明下さいと書きました。誰も受取にいけない時に印刷所に迷惑掛かるので18日朝には最悪でも印刷所に連絡し印刷所と調整する為。
が、皆さん都合が悪かったようで。平日ですから難しいですし。場所も鶴見線沿線でアクセス悪いですし、今回は5,000部刷っている&雨予報なので車でないと厳しいですし。

132人登録されているコミュで、誰1人都合が合わなかった場合は、どうしようもないわけです、はい。
皆が全力で調整した結果ダメなら、ダメなものはダメなわけですよ。

そんな状況下でまさかの救世主!
私の父です。18日午後になって仕事を早めにわざわざ切り上げて、印刷所へ受取に行ってくれました!いやぁ、本当に感謝!!
(ちなみに自分は日付が変わる頃に都内から帰宅。)

さらに、天気予報と受け取った量をみて、当日朝、日産スタジアムまで車で運んでくれました。
RIMG8624
車に積んだらこんな感じ。5,000部ハンパないですね。
土曜当日、父は企業と地元共同での防災訓練の何とか担当で9時には始まるらしいので、7時過ぎにわざわざ家を出て、私と印刷物を日産スタジアムに届けてくれました。(受取にいってもらった段階で、翌日の父の都合知っていたので、当日はタクシーででも行くつもりだったのですが。)
本当に感謝ですよ、我が父。今度お礼に、肩たたき券でも作って渡そうと思います☆
そんな感じで朝8時に日産スタジアムに到着し、教えて貰いつつ、ハマトラブースに届けて任務完了という次第。

既述の通り、(自分含め)皆さん都合が悪く誰も受取に行けなければ、ま、仕方ないというわけで、その時はその時で何かしら対処を考えたのかも知れませんが(実際受け取りができたので、その場合の事はろくに考えちゃいませんが。)。
17日の23時過ぎた時点で誰も行けない状況になった段階で終了していたわけです。編集部のオープンコミュで募ったわけですし。
が試合会場にて、何でその後経過を書き込みしないのですか、と言われてしまいました。

まぁ、もっともっちゃもっとも何ですけど、17日23時と募集の締め切り書きましたし、経過は23時の時点で誰も受取に行けますと書いていないので、書いていない=誰もいないというオープンコミュならではの単純明快な仕組みなわけです。
誰も立候補がいないからとそれ以上引き延ばして募集してダメだった場合に対処できないので(コミュ内で無理ならタクシーに委託するとかそういう事にして、第一に考えるべきは印刷会社との約束を破らない事なので調整時間の確保が必要)。あとはリアクション薄い事への反抗?(笑)それは違うか(笑)

と同時に、「編集部」では無理でしたが「配布担当」の方々は当日の流れもある事なので、父が受取に行ってくれたので、父と試合当日の段取りをやり取りし、その上で配布担当の方には引き取り完了と搬入予定時間をお伝えしました。(直接配布担当の方にお会いしてお礼が言えていないのが残念ですm(_ _)m)

試合日になって、水面下で皆が誰が引き取りに行くのか心配していた、行こうと思えば行けた、というような話を頂戴したのですが、残念ながら私には水面下の繋がりがないので(既述の通り、人脈と人望の無さは誇れる(笑))そういった話はなかったので水面上(オープンコミュ)でしか判断できなかったのですが。
むしろ、編集担当者の知らない水面下での話で行けたかもと言われても、今時の感じで言うと「コンプライアンスに関する重大な件」?(笑)なんて思ったりしつつ(笑)←そして、あだち解任される流れ(笑)
何はともあれご心配頂いたようですよ☆

そんなこんなで、良い事も、また別の事も、色々味わった貴重な編集担当者でした。

そんな感じのhamatra paper vol.80 の裏側。

あ、このblog読んで「hamatra paper の編集部って大変そうじゃん!」とか思われた方、他の編集長は非常にスムーズに作業を進められているので問題ないのでご安心を!色々と経験できるので、参加の余力がある方は参加されるのもありかなと思います。
(気になる方はオープンコミュなので、過去の編集過程なども見る事ができますよ。)

既述の対談に関しても、普段スタジアムで会う分、なかなか改まってそういった話をする機会はなかったのですが、編集に携わったお陰でこういった対談の機会もありましたし、今までと違った目線で物事を見たりもでき、楽しいですよ!こういった機会と巡り会えたのも編集に関係していたお陰です!!

じゃ、JOKER引いて、あだちが編集長の回だと大変じゃん!と思われる方、そんなグダグダなあだち編集長の出番は今後当面ないと思うので、ご安心を☆
私、小さいながらも横浜屋根下というグループにいて多少仕切り役な関係で試合前後に配布のお手伝いはできません。
(なので出来もしないのに配布部に登録してもと思い、ハマトラ配布部コミュには参加していません。)

名古屋戦、選手アップのギリギリ前くらいに用事があるので歩いていた所、「編集長なんだから配りなさいよ」というステキな言葉と共に大量のhamatra paper を手渡されました。



・・・。



そんなわけで編集長終了のお知らせ(笑)
ここらへんの事は、師匠のマツさんから先日、「おい、あだち、今度サシでスシローでも行くぞ(本当はもっと丁寧な言い方)」とオファーを受けているのでスシでも摘みながら話す事と思います(笑)あ、木曜なら空いています>師匠。

・・・なんて小ネタを挟みつつ(笑)何が言いたいのかというと、編集部は編集長だけが仕事ではありません。

必ずしも編集長ではなくとも、出来上がった原稿のチェックだったり、場合によっては自分の発信したい企画であったり(編集長でなくても、提案は可(使うかはその時の編集長判断ですが))できますし、色々な経験ができるので、気になっている方は、覗いてみては如何でしょうか?
私は今後は一兵卒(笑)として今回の自分が編集担当した回で様々な方にご協力頂きましたし、時間が許す範囲内でちょこちょこっと手伝っていこうと思います。

1回編集長やった位で調子に乗って書いてみました、以上。

さて、ようやくタイトルの「とか。」の部分。
話は名古屋戦の開門前に戻し。

8時にはスタジアムに到着していたので、スタジアムショップ下で本を読みながら、10:30からの外での年チケアピールに参加予定でした。
もともと11時から屋根下の若い子達(自分含む(笑))と打ち合わせがアピール活動の企画前からあったので、皆に1時間前倒しで10時に来て貰い。
10時に打ち合わせをして、10:30のアピールに合流しようと北ゲートへ行くと、あの大雨、待機列に人がいません、試合前から風邪引いても仕方ないですしね。
雨が凄すぎる関係で中止との事、うーん、開門後は時間的に手伝えないので残念。

そうした所、コカ・コーラのトラックが来てるじゃないですか。
track

あ、これこれ!
http://www.f-marinos.com/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=5439

トラックの後ろに2つのボタンがあり、これを同時に押すと中から素敵な景品が出てきます!
ちょうど11時からだったので、屋根下メンツで並んで見ました。

ちなみにコカ・コーラの試飲会もやっていましたよ。
RIMG8638
マリノス君が出稼ぎで来ていましたよ☆

前に並んでいる子どもはでっかいバッグが出てきていました。
トラックの後ろに行くと、あら、上の方にカメラみたいなものが。トラックのバックモニター用なんでしょうが、「これで並んでいる人見て景品を選んで渡しているのではないか?」と大人は変な勘ぐりをしてしまうので良くないですね(笑)
並び順で、サナ様と一緒にやった所、コカ・コーラ2本と、なにやら変わった形のものがでてきました。
RIMG8643
変わった形のボトルのコーラ。
RIMG8645
一緒に出てきたコレ、何ですか??ニット帽かな?と思い、サナ様にあげたところ、附属していた説明書を見て、逆に頂戴してしまいました。
なんだろ?と見た所。
RIMG8646
「オリジナルカップル手袋」(笑)
どうやら、手を繋いだまま用の手袋だそうですよ(笑)
コカ・コーラ、そう来たか!
(やっと冒頭の不思議なグッツを説明できました(笑))

ちなみに次に並んでいたハンディー君&カモメ君は、レトロな感じのコカ・コーラヨーヨーと、上記のコーラが4本出てきました。

何はともあれ、コカ・コーラさん、ありがとう☆

ちなみに、来週の等々力でもあるそうですよ。
http://www.j-league.or.jp/release/000/00004237.html
これはマリノスではなくリーグ全体でなのですね。

◇コメント◇
1つ前のblogにコメント頂戴しました!
>やまさん
コメントありがとうございます!
早速1つ前のblogに反映させましたが、そうです、天皇杯@栃木戦の前に中村選手が直接決めたのは去年の天皇杯@鳥栖戦でした!
どうも日本平の方が後のイメージだったのですが(鳥栖戦がデーゲームの三ツ沢だったので、てっきりナビ杯か何かで昼間に決めたような曖昧な記憶でした、相手鳥栖だったのに(笑))、あれは天皇杯でしたね!
そして、名古屋戦でも決まりましたね、2試合連続直接。名古屋戦は勝利に結びつかず残念でしたが、これからも狙える時は狙って欲しいですね!そうすれば相手も警戒する分、他の選手に合わせやすくなったりもしてFKの幅も広がると思いますし☆

>keiさん
コメントありがとうございます!
わざわざこちらのblogにコメントまで頂き恐縮です。
最初は多くの方が、(優勝したりしてチームの注目度が高ければ話は別かもしれませんが)、気になる選手だったりから見始めると思うんです。私の場合はマリノスが地元だったのもありますが、井原正巳さんが大好きで小さい頃は井原さんばかり見ていました。(で、小学生の頃調子に乗ってリベロ名乗って上がりっぱなしのCBやったらスタメン外されました(笑))
好きなものだから、チームか選手どちらかを選択しなくてはならないという事は必ずしもないと思ったりします。選手が好きで入ってもチームが好きになって、仮に選手が移籍等してしまっても、それでもチームが好きな方もいますし、その選手が在籍するチームを追いかける方もいます、それはそれで自由だと思います。
それでも、今、マリノスが好きと胸を張って言えるなら、それで良いのかな、とも☆
私は一生マリノスを好きなんだろうと思いますが、それも結局、今現在、大好きな事が積み重なって、気付いたら一生好きだった、って後から思ったりするものかもしれませんね。
はい、偉そうにスイマセン(汗)
あ、こそっと編集後記にkeiさん向けにメッセージ書いておきました☆

記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ