屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

juillet 2013

一週間経ちました@マンU戦。

更新を怠っていたらマンU戦から1週間経っていた あだちです、おはようございます。

そんなわけで、明日はリーグ戦再開ですが、マンU戦を更新して、テンション上げていきましょう☆

さて、そんなわけで7月22日。
チケットはオシャレな絵入りチケットでした。あまり海外の選手を知らない自分でも知っているルーニー選手が来られないのは残念でした、チケットも、どセンターなのですが。
R0020548







仕事をやっつけ、一度帰宅し出ようとするとゲリラ豪雨!!こりゃたまらん、と思い、雨具の用意を整えていたらやみました。

この日はチケットも完売。
その為、横浜線は臨時列車が出ていましたよ!
R0020549










スタジアムへ向かう人が多いこと。
そして、赤いユニを来た日本人も多い。
R0020550










さて、スタジアムに入ると、ホーム側ですが、赤いユニの人がチラホラと。あまりトラブルになっていなければ良いですが、良い気分はしませんね。うーん。
ま、普段サッカーを見ない方々で、良く分からず、という感も否めないのですが、ごくごく稀に、マンUじゃない、普段からサッカー見ているであろう他チームユニの人がホーム側に居たのは驚きでした。ホーム側に、セレッソの香川ユニ(アウェイ側のチケットの人と交換してもらえばよかっただろうに。)。マリノス側じゃ、本人も楽しめないだろうに、と余計な心配。

そんな心配をよそに、マリノス君はあやしげなキャラをエスコートしていましたよ。
R0020558









赤いユニに背番号55って、「赤ゴジラ」こと嶋重宣か!と思った私はカープファン。
(気になる方は検索を。今は西武ライオンズ所属ですが。)
R0020559









表はこんな顔。
そして、何故だか、この日はマリノスケ不在。
R0020561















小学5年生は夏休み??

さて、アウェイ側には、ありましたよ、ドカベン香川幕。
R0020580









さて、試合前の選手紹介です。
マンUの選手は知っている選手が全然いないので割愛。
マリノスは、試合には出ませんでしたが、メンバーに帰ってきましたよ!
R0020574









翌日の練習試合から試合にも復帰だったようですね!


さてさて、試合。
この日は、注目選手の香川選手はベンチスタートです。

試合開始いきなり、マルキーニョス選手のシュート!GKがはじいた後も攻めて、1分で先制!
いきなり空気読まないマリノス、最高です☆

その後、中村選手が早めの交代(発熱だったようですね。)

マンUに1点返され、さらに、オウンゴールでマンUに勝ち越し点が。

マリノスは代表選手不在、中澤選手欠場に中村選手は交代。マンUも香川選手はまだ出てこない。
このまま試合終了したら、微妙な空気だったことでしょう(笑)

2失点はしましたが、田代選手が必死にラインコントロールを身振りしながらしていました。

後半、久々CKから直接のゴール!
ファビオ選手の打点の高いヘッド炸裂!

ちょうどこのゴールシーンの直前から、マンUの控え選手がアウェイゴール裏前でアップをはじめ、盛り上がった矢先の同点弾。タイミング的に空気を読まないマリノス(笑)

そして、香川選手が登場し、マリノスも結構選手交代しつつ(結局最初から最後まで出ていたのはファビオ選手のみ?)、仕掛けます。

後半時間が経つにつれ、オープンな打ち合いという展開に。
となれば、ホームだし、コンディション的にも、メンタリティ的にも、マリノスの方が優位でしょう。
何度も仕掛け、そして、藤田選手のゴール!

見事3-2でマンUに勝利しました。

前週の浦和戦と同じスコアの流れで、見事逆転勝利です、素晴らしい。

PSMだし、マンUはメンバーやコンディションの問題もあったかとは思いますが、今年ACL出場権獲得を目指しているマリノスとしては、ACL(優勝付き)→2014年ACL制覇→モロッコでCWCとなるわけだと思いますが、その際、ヨーロッパチームとの対戦の経験が出来たことは非常に大きいでしょう。そして、ヨーロッパチームに勝利した経験が、来年のCWCで臆することなく戦えることにきっと繋がるでしょう。

そんなこんななマンU戦。
次対戦するのはお互い勝ち上がって、来年末のモロッコでしょうか、CWC。

あ、MVPは大人の事情が絡んでか香川選手でした。
なんだか本人が一番気の毒な受賞でしたね。

翌日のニュースコメントはその件で賑わっていました。マリノスの選手が取れなかったのは残念ですが、コメントの多くが、マリノスの選手がもらうべき的なものが多く、そういった評価が世間に流れたのは、マリノスの観客動員にプラスに繋がることがあれば良いですね。

さいたま2連勝!@大宮戦&浦和戦。

blogタイトルをパクる あだちです、こんばんは。

さて、連戦だったのでblogが追いついていませんでした、連戦でなくても追いついていなかったり書かないことも多いですが。

そんなわけで先週土曜と今週水曜のさいたま勢2連戦、見事連勝で乗り切りました!
特に浦和戦後の、名blog「青い魂(赤いところで)」は素敵でしたね☆

http://aoitamashii.blog21.fc2.com/blog-entry-702.html

(神扱い、恐縮の極みです!)

いまさら2連戦。
今週末は試合ないので、2連勝を思い出してニヤニヤするのも良いでしょう☆

まずは大宮戦。

ここで首位との対決です。
その前に大分に分け、大阪に負けているので、残念ながら首位攻防戦とはならず。
R0020375









「大宮夏のバカ騒ぎ」って、日産スタジアムで行われる、ももクロのライブタイトルにかけているようですよ。

さて、この日はHISデー。素敵なクリアファイルをもらいました。
R0020394













なかなかカッコイイですね。

そうそう、入場時にHISのチラシを頂戴しましたが、なんとサーチャージ込みでこのお値段!
早速妻にメールで、どう?と尋ねて前向きに検討中・・・。
R0020376









そして気付きましたよ、受付開始が試合開門より前(試合は13日、受付は同日11時から開始済み)。残念。

さて、試合前は、民衆の歌。
流石ですね。
R0020382









フラッグがたなびきます。
こちらの方も頑張っています。
R0020380










さて、試合。
この日は大宮は強力FW外国人2人が怪我で出場停止です。

やはり、「あの強力FWに比べて・・・」と思われてしまうのか、代役FWはプレッシャーからか、シュートを焦って打ったりしてくれるので、枠に飛んできません。

そして前半のうちに、マルキーニョス選手のヘッドで先制!
苦手大宮に対しまず大きな1得点。その時は気付きませんでしたが、綺麗なクロスは斉藤選手だったのですね。

そして、今度は斎藤選手が相手を振り切ってゴール!
翌日のニュースなどでは4人抜きと表記されていますが、最初2人は抜いたというより、かわした、という方が正しいでしょう。それでも2人はしっかり抜いてのゴール。

前半のうちに2-0とリード。

後半も大宮はあまり枠に飛ばず。

そんなこんなで試合は進み、それでもラストに失点してしまい、結果2-1での勝利。
完封とはなりませんでしたが、大事な試合で勝利です。
首位から勝ち点3を奪い、自分達が勝ち点3を積む。非常に価値のある勝利で、浦和に勝ち点並びで4位で浦和戦へ。
R0020385









試合後仲よさそうに登場。


さて、水曜浦和戦。
平日ゲームなので、開門後に到着しました。小雨が降っています。

浦和戦なので、青い魂(赤いところで)のkeiさんにメールしてみました☆

R0020429













裏道からさいたまスタジアムへ。

さて試合。

4連戦で、先週の水曜(大阪戦)は、後半完全に走れなくなる選手が続出していたので、ここで雨で涼しいのはマリノスにとって非常に有難いですね。

試合開始からマリノスペース。

幸先良く、マルキーニョス選手の3戦連続ゴールで先制。

も、浦和はカウンターが非常に早いですね。
そして那須選手に決められます、元マリノス選手に決められる割合多いですね(汗)

さらにCKからのくずれを、槙野選手に決められ1-2で折り返し。

も、ここ埼スタだと本当に負ける雰囲気がないですね。

後半攻め続けます。
浦和は途中、CB2人を交代させました。
CB2人が途中交代の試合なんて滅多に見ることがないので少々驚きました。

後半に入り、斎藤選手のゴールで同点に追いつき、そして、久々のCKから栗原選手のゴールで逆転。

打ち合いを制し、見事にさいたま勢に2連勝で、リーグ前半戦を首位と勝ち点2差の3位で折り返しです。
R0020431










リーグ戦序盤は奇跡的な(運が良い)勝利も多かったですが、ここ2試合は非常に勝負強い感じに勝って前半戦折り返せたのは良いですね。

良い流れに戻して、月末までリーグ戦はお休みです。

連戦の大阪@C大阪戦。

当初予定と内容を変更してお送りしている あだちです、こんばんは。

水曜はセレッソ戦でした。

広島、鳥栖(夫婦で)に続き、今回もマイレージ利用でバビューンと大阪入り。
運行停止していた787に始めて乗りました。
R0020194









空間広々だし、空調快適だし、アナウンスの音が非常にクリアな飛行機でした。
航空会社的にも大分コスト削減できるみたいですし。(んでもって、削減効果で増益したらぜひマリノスへの増額を!!)
R0020172









なんかANAが背中に付いていた頃のアウェイユニっぽい作業車。

さて、そんなこんなでキンチョウスタジアム。

ゴール裏が芝生席から座席に変わっていました!これでJ1チームの本拠地から芝生席はなくなったのかな??ただ、甲府@小瀬の改修等とは異なり、高さは高くなっていないので、前半反対サイドに攻めるので非常に見にくい会場。

さて、開始して10分過ぎに、柿谷選手にまたも決められました。うーん。

それでも、セレッソは扇原選手に、怪我で茂庭選手も離脱中。
ラインは整えているようですが、サイドへのスライド対応が統率できる選手がいないのか、対応が遅れていました。
おかげで、斎藤選手が何度も突破を試み、かなりゴール近くでプレーができていました。

が、クロスバーにあたったのか(反対側は見にくい。)、惜しいシュートはありつつゴールはできず。

後半に入り、セレッソは修正してこなかったので、そのまま何度も攻め立てることが出来ましたが、それでも崩すことはできず。

途中相手GKが負傷で交代するシーンがあったりし(今年妙にGKの負傷が多い気がします。)、富沢選手の綺麗はヘッドは運悪く代わりに入ったGKにふさがれたり。

そうこうしているうちに2失点目。

それでも何とか1点はかえしました。

が、流石に連戦の影響か(特にナビ2legで圧倒的に有利になりつつも、最後までリアリズムに徹して全然休ませなかったこともあり)、明らかに選手に疲労感が見えます。大阪の夜でも湿度が高い空気も影響しているのでしょう。
絶好調だった中村選手でボールが収まらなかったり、走り負けたり。逆に、セレッソは中盤守備を交代で厚くし、中村選手が持ったところを狙ったり。うーん、疲れが見える。。。

それでもFKを持っているのだから、一発があるのですが。

終盤、藤田選手にファビオ選手投入も、ゴールキックで大きく前線に飛ばすのではなく、短くつなごうとし、そして疲労が出て、取られるという。ファビオ選手ボール触れたのかな??

そんな感じで1-2敗戦。

ここ2戦、当初予定では2連勝し、首位大宮、2位浦和との連戦なので、次の試合首位奪回の為に非常に重要な試合になる!と思っていましたが、若干の変更。

非常に重要な試合になるのは変わりませんが、この連戦での疲労蓄積、自分達のサッカーが出来ていない中で、ホームに戻って、相手が大宮云々ではなく、きっちりサッカーをやりきることが出来るかが、残りのリーグ戦にとっても非常に重要な意味を持つと思います。

なので、とにかく次が、己との戦いの、非常に重要な一戦です!


さて、当初予定では大阪で快勝し、美味しいご飯の写真でもひたすらupするつもりでしたが、予定を変更でお送りしました。

弾幕10周年を勝利で飾れず@大分戦。

梅雨明けで非常に暑く感じている あだちです、こんばんは。

ナビ杯でマリノスは再開していますが、リーグ戦はこの試合から再開。

大分は09年以来のリーグ戦での対戦ですね。
R0020110









大分側も多いですね。

この試合でも、大分とのネタ合戦がありました。

まとめサイト
http://matome.naver.jp/odai/2137310641457177401

これって、headsが03年に「大分遠すぎ」とビッグアイで出したのが始まりでしたね、気がつけばかれこれ、10周年、早いものです。

ちなみに大分側が出した「遠いけどまた来ちゃった横浜」に関しては、09年のラストにマリノスからのメッセージが関係していますね。

http://www.youtube.com/watch?v=K5DPGtQqZv8
「遠いけどまた行くぞ大分。」

【追記】
blog書いてfmbhみたら、マスタローさんが既に詳しく弾幕合戦に関してまとめていましたー。
こちらを見ると歴史が分かりますね!

http://goyoukiba.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-2936.html


さて、弾幕合戦10周年でもありますし、下位にきっちり勝ちたいところ。

試合は風の影響もあり、上手く風上を利用し攻め込む大分に前半てこずります。大分もよくマリノスを研究している感が。

そして、体を寄せれば防げていた感じの場面で失点。

後半は攻め続け、こぼれ玉を兵藤選手が綺麗に決めて同点。

しかし、15本のコーナーキック(しかも後半だけで12本!)もあるものの追加点が奪えず。
相手のGKがことごとく落下点に上手く入って当たり日でしたね、残念なが

どことなく。90分で追加点が奪えそうな感じはしつつも、実際は失点なしの1-0で行くべき試合だったという感じなのでしょう。

この取りこぼしは非常に大きいですが、上位埼玉2連戦の前に、まだ水曜にセレッソ戦があるので、ここで流れを引き戻し、上位対決含め連勝と行きたいですね。
今回失った勝ち点2が、この後の連戦で意味のあるものになりますように。


次のステージへ@鹿島戦。

相変わらず更新が遅い あだちです、おはようございます。

そんなわけで木曜ですが、日曜の鹿島戦のこと。気がつけば明後日もうリーグ戦再開なのですがね。

1週前のアウェイゲームを2-0で勝っているので、有利な状況でホームへ。

マリノス有利の影響もあるのか、はたまた、日曜ナイトゲームという事もあるのか、ナビ杯だからか、アウェイ側の入りが5月のリーグ鹿島戦に比べ少なかったです。
R0020054









さて、この試合は1週前に続き、ナビスコからコーンチップスを頂戴しましたよ。
R0020059









ヤマザキナビスコの看板。

さて、そんなわけで久々のホームゲームです。
このお方も試合前から一生懸命動いていました。
R0020061









この試合では、大きな動きというより、手を使った細かい動きを多様していました。
常にパフォーマンス向上の為、努力をしているのでしょう☆

試合前は、Jリーグ20周年クロニクルの、20周年ベストイレブンの表彰が。中澤選手、中村選手、そして直樹の表彰です。
セレモニー前、セレモニーを見て、直樹の応援歌を歌ったら感極まったりするのかな~、とかちょっと思っていたのですが、実際そうでもなかったです。
確かに日産スタジアムでマリノスの公式戦試合時に歌うのは久々なのですが、なんというか、選手が出てきていて、そこで直樹の応援歌を歌う、というアクションが、特別、というより、久々の、日常だったことが行われた、というような。
試合前に、非常にマッチし過ぎていて、個人的にはそんな感じでした(ある意味、特別を凌駕しているのでしょうね。)

さて、試合開始。

最低でも90分以内に2点をいれて追いつかなくてはならない鹿島が攻め、マリノスが守りつつも、攻めるところをきっちり攻める、という展開。
何度か決定的な機会を奪われつつも、最後は榎本選手がかき出したりと、失点しません。

マリノスも無理はしないので、前に攻め込まれたらシンプルにラインの外へ蹴りだして流れを分断したりと、冷静に対処していました。1週前は何度か飛び出して、ダヴィ選手に抜かれるシーンもあったファビオ選手も、この試合ではきっちりギリギリまで待ち構えて、タイミングを見計らってインターセプトと、凄かったです。
非常に見ごたえのある展開。

前半途中、鹿島の選手が倒れていたので中澤選手が大きな身振りで、ボールをピッチの外に出すようにアピールし、マリノスの選手が外にボールを出しました。
鹿島ボールで、マリノス側に紳士的に返してくれるのかな、と思いきや、鹿島が有利な位置での、スローインになるような返却(笑)なんか鹿島っぽいというか。

そして30分過ぎ、切れ込んだ斎藤選手がスーパーシュート。
見事にネットを揺らし、トータル3-0!
そのまま後半へ。

後半は鹿島のペースも落ちて、マリノスが攻める時間も多くなり、マルキーニョス選手の追加点でトータル4-0。

鹿島に1点返されるも、今度は途中出場の奈良輪選手のゴールでトータル5-1で、久々の準決勝進出です!

次の相手は、なかなか勝てていない柏。
だからこそ、ここに勝って決勝進出を決めるのは大きいですね。

試合後のヒーローインタビューは、斉藤選手、奈良輪選手、マルキーニョス選手。
そんなわけで表彰台には、通訳のパブロさんも。

混み合っているので・・・。
R0020067









彼は表彰台に上がれず、下から拍手しておりました。
(マリノス君は上がっていました、上下関係でしょうね。)

さて、今週土曜からのリーグ再開前に、ナビ杯を良い形で突破。
1戦目のリードに浮かれることなく、しっかり2戦目もしっかり仕留めた事を考えると、週末の大分戦も浮かれずにきっちりやってくれそうですね。






記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ