屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

novembre 2013

優勝目前の練習を見に行ったら。

人間観察大好きな あだちです、こんばんは。

さて、昨日はマリノスタウンへ練習見学へ行きました。と言っても、結構遅めの到着だったのですが。

練習内容などを書くのはなんだかなー、という感じなので書きませんが、ガッチガチな感じもなく、非常にリラックスした良い雰囲気でした。

という、内容はおいておいて。

練習見学に来ている人の何人もが、トリコロールワンでMサイズなどのフラッグを購入していて、フラッグが飛び出した袋を持っている人が一杯いました!
新潟戦で、圧倒的なホームの雰囲気を作る上で重要なアイテムですし、皆さんどんどん購入されていますね!

そして、昨日練習見学へ行った最大の理由は、「お誘いチケット」を購入することだったのですが、練習見学が終わってトリコロールワンに行くと、チケットを買う人が何人も!しかも、友人知人の分だと思われますが何枚も!

昨日の時点で指定席は完売!Sブロックも△印の状況まで!
そして、アウェイ席の上、南ゲート側2階席もホーム自由席で開放!!
24日で確か前売りが34,000枚くらいだったのが、わずか2日後に44,000枚を越えました!
このペースだと久々の完売ありそうですね!

そんなわけで、まだチケットを購入されていない方等は、お早めに!
マリノスの優勝は今後もしょっちゅうありますが、ホームで2013年リーグ戦の優勝を見られるチャンスはこの新潟戦だけです☆
R0024601

旗を増産したお話。

今週は忙しくも充実した一週間が過ごせそうな あだちです、おはようございます。

磐田戦の翌日、日曜日に、トリコロールフラッグを増産しました。

最初に作った時の話はこちら。
http://blog.livedoor.jp/ada_chit/archives/4596727.html

元々、ホーム最終戦でスタジアム全体をトリコロールに染めたいと思っていたので、先週の月曜にネットにて、前回同様に、生地はスーパータフタを発注。

前回は32本作成しましたが、今回は更に作成本数を増やし、42本分の布をオーダー。
金曜夜に布が届きました。
R0024590









色も綺麗で軽いので、やはりスーパータフタはオススメ!

そして磐田戦の翌日、24日に製作開始です。
朝9時半から、前回同様、あだち家にて。

生地の届くのが間に合うか分からなかったので金曜に緊急招集しましたが、10名以上が集まりました。
前回のノウハウもあるので、作業の効率化を図り、はかどるはかどる。

そして今回も、マツ師匠よりミシン1台、ズンペさんよりアイロン1台を借りました、ありがとうございます!

この生地、縦幅が122cm(両端1cmずつ、布の端部分)なので、まず、半分の61cmにします。

で、各色、34cmずつカットしていきます。61×34の布が出来上がります。

そして、青と白、白と赤を端から2cmのところでミシンで縫い合わせます。
これで、青・白・赤の61×94の1枚布になります。青と白、白と赤の繋ぎ部分で2cmずつ余り。

この余り2cmずつの部分を1cmずつ内側に折り、ミシンで縫っていきます。
青の方は、旗袋(旗棒を差し込むところ)になるので、棒が入るようギリギリで縫っていきます。
縫いやすいように、この2回の内側折り時、アイロン掛けをしていきました。お陰でミシンの効率アップ。

これにて、61×90の1枚布に。

これが終わったら、今度は上部分を同様に1cmずつ内側に折り、アイロン掛け→各色でミシン縫いをして、59cm×90cmのトリコロールフラッグの完成です!

で、完成した一部がこちら。
1455886_547383742020620_152880457_n















こんな感じで増産中です。
ホーム最終節、少しでもトリコロール度を増したいですね。
特に、選手の入り待ちなどもあるそうなので、その時点から選手にトリコロールを!

そして、今回、自分はアナログ人間なのでよく分かっていませんが、屋根下twitterの中の人(https://twitter.com/yyaneshita)が、途中更新していたようですね(先日機種変したのにまたガラケーな あだちには良く分かりません)。

で、嬉しかったのが、それを見た方が、その日早速3枚もフラッグを作成した事!!

そんな感じで、フラッグ増産中の、横浜屋根下でした。
22時過ぎ、解散。

■感謝■
そんな大人数が集まった日曜日の あだち家。
旗の枚数が多く1日がかりの作業の為、途中食事休憩が2回あるのですが、その用意をしてくれた我が妻・あだちりに☆
R0024591









餃子が一杯並んでおります。
R0024592









まだまだ餃子が!

小麦粉から皮を作り、種を作り、200弱の餃子を作った(皮に包む作業は、きこりさんもお手伝い)我が妻。

そして、夕飯のお鍋の材料買出しからセッティングまで。

お陰で、屋根下メンバーな方々はフラッグ作成に集中することが出来ました。
本人、大学院の論文で忙しい時期なのに、我が妻、本当に感謝です!!

クリスマス前も試合あり@長野戦。

無事大分への飛行機予約が完了した あだちです、こんばんは。

水曜日は天皇杯@長野戦でした。
組み合わせ的にはアウェイ扱いが、新横でホーム側開催となりました、ラッキー。
R0023547









さて、長野はJFLと、カテゴリー的には2つ下のカテゴリーですが、トーナメントなので、ベスト16に勝ち上がったという意味では互角な相手。

なかなかやりにくい試合になりそうな気配がしていましたが、とても良いチームでした。
しっかり守る時は守り、カウンターも早く、攻める時はラインも高く。

過去にレイソルに所属し、マリノス戦でゴールも決めているFWの宇野沢選手は相変わらずタイミングが良いですし。JFLを優勝しているだけのチームでした。

マリノスは先制するもFKから追いつかれ、そのまま延長へ。

延長に入り、藤田選手が決めて2-1で、準々決勝へ勝ち上がりです。

トーナメントは一発勝負なので、勝たないと意味がないので(負けた側の長野、美濃部監督もそういったコメントしていましたね)、とりあえずJ1勢が10チーム消える中(ま、ベスト8なので)、元日へ向け、一歩前進です。

この後中2日の磐田戦へ120分やった事はフィジカル的にはきついと思いますが、夏場も中2日で浦和との決戦を勝利したように、磐田も日程的にキツくてもきっちり結果を残すことでしょう。

途中負傷交代っぽかった兵藤選手も試合後の挨拶時に普通に歩けていたようなので、一安心でした。

そんな長野戦。

---
冒頭の件
ベスト8進出を受けて、次の日程が発表されました。
大分と、大銀ドームでベスト4をかけて戦います。

過去の天皇杯だと地方会場多かったですが、今回はホーム側チームのホームスタジアムのようですね。
13時ゲームという事もあり、リーグ大分戦(16時開始)と異なり、飛行機で日帰りが可能だったので日帰り決定です。
3連休ですが、中日での日帰りなので、マイレージ利用枠も残っていたので、バビューンと行って来ます。

大分で勝つと、準決勝は我らがホーム日産スタジアムで準決勝ですね!
約一ヶ月天皇杯はお休みなのでリーグに集中し、その後、天皇杯も獲りましょう。

本日トリパラ10周年!因縁の名古屋戦へ。

たまたまですが、明日が名古屋戦な事に勝手に因縁を感じている あだちです、こんばんは。

リーグ戦もラスト4試合。ホームゲームに限っても、明日の名古屋戦と、33節の新潟戦のみとなりました、早いですね。

さてさて表題の件。
そうです、本日11月9日は、トリパラが横浜のゴール裏に出てきてちょうど10周年なのです!

トリパラの歴史に関しては、随分前の「Hamatra paper」で特集されていたので、詳細は書かず、ザックリ書きますが(でもって、その時の号は実家に置きっぱなしだ。)。

03年10月某日。
Cさんと、あだちが横浜市内某所で会っている時の会話。
C:「あだち君、あれ(パラソル)いいよねー。」
あ:「いいですねー」
C:「横浜でやろうよ。(たぶんここが発案の歴史的タイミング)」
あ:「いいですねー」
C:「じゃ、よろしく」
あ:「!」

そんなわけで、Cさんの思いつきがスタートだったのですが、後はよろしくと丸投げされた あだち(笑)

翌日がマリノスの試合日だったのですが、流石に1日でトリコロールなパラソルを見つけることができず。
Cさんには色々お世話になった方でもあるので、なんとか実現しようと奔走したところ、トリコロールのパラソルをお借りすることが出来ました!

普通サイズの傘でトリコロールなどはなかったので、でっかいビーチパラソルですが。

手配が出来た直近の試合が、11月9日の名古屋戦@豊田スタジアムでした。(トリパラ誕生の歴史的タイミング。)
そんなわけで、2003年11月9日、ついに横浜のゴール裏に、トリコロールパラソルが登場しました。
toripara














証拠写真がありました。これ試合前に広げてみたところ。
あまりの大きさに(店舗用のビーチパラソルですから)、横にして広げてみました。

さて、この日の試合は、ウェズレイ選手に先制され、1度は逆転するも、ウェズレイ選手にハットトリックを決められ、3-2での負け試合となりました。

パラソルは、この2週間後に、ヒロアキ隊長が百円ショップで売っているビニール傘を内側からポスカで塗って、仙台に持って登場。ここで初めて通常サイズのトリコロールのパラソルが登場しました。
hiropara









2パターンのお手製。

が、しかし。
この試合は久保選手のハットトリック(この年はハットトリックが多かったです、決める方も決められる方も。久保選手が2回(鹿島戦&仙台戦)。相手では市原の崔選手(現・FCソウル監督)と前述の名古屋のウェズレイ選手の2回。)もあり、4-0という試合。
そんな喜び溢れる試合な事もあって、百円ショップのパラソルは強度が弱くすぐ壊れてしまいました。

その後、Cさんが受注で業者に普通の傘サイズパラソルを発注し、少しずつスタジアムに増え始めます。
遠征に便利な折りたたみ傘を、アカネックスが発注し(800本くらい?)、さらにトリパラさんや、ゴッグさんらが個別にパラソルを受注し。
気付いたらオフィシャルでも取り扱うようになり。

そんな感じで広まり、今に至ります。
そうそう、最初はトリパラという名前ではなく、アカネックス企画の折りたたみ傘の頃は「バモ傘」と呼ばれていました。

そんなわけで、本日がトリパラ誕生10周年の記念日となります!

で、ですよ。

前述の通り、トリパラがデビューした10年前の名古屋戦、負けています。

偶然とはいえ、ちょうど10周年の翌日の試合が名古屋戦とは、勝手に何か因縁を感じているわけです。
ぜひとも明日勝利し、試合後、日産スタジアムを、10周年を迎えたトリパラで満開にしましょう!

記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ