屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

mars 2014

ホームで敗戦@鹿島戦。

気がつけば年度末で驚いている あだちです、こんばんは。

土曜日はホームでの鹿島戦でした。
この日はコカ・コーラのイベントなどがありました、コパ・コカコーラ。
F005571









さて、ホームでの試合です。
試合は前半しっかり耐えて、ファールをもらってセットプレーやCKをしっかり取り、セットプレーから栗原選手のヘッド!
メルボルン、甲府と2試合連続無得点でしたが、前半の良い時間帯に先制しました。

が、後半は、鹿島が勝負強い、というか、勝負どころで上手かったです。

カウンターから同点にされ、その後、出し手と受け手が完璧に噛み合った野沢選手のゴール。さらに、失点。

後半は鹿島のプレーに選手もイライラして、冷静さを欠くシーンがチラホラ。
3失点目は、組織的な守備ではなく、集中力欠いたのか、飛び込み交わされ~、と1枚ずつ剥がされて、上手いことやられましたね。

ここで公式戦3連敗となってしまいました、そして、ホームでの敗戦。
うーん、これは痛いですね。

先週、練習を見に行った時は遠征疲れや2連敗の悪い感じもなく、良い雰囲気で練習していたので、きっちり切り替えて行けると思っていたのですが、後半完全にしてやられた感です。

そんな状況で次はとても重要なメルボルン戦。
日程詰まっていますが、続けてホームで出来るわけですし、なんとしてでも勝利を掴みたいところです。
チーム状況は決して良いとは言えない状況だけに、4月2日のメルボルン戦、平日ですが19時30分開始と遅めなので、1人でも都合つけて、途中からでも、ホームの雰囲気を作り出して、苦しい状況をスタンド共々打破して勝ちたいですね。

---
1つ前のエントリーにコメントを頂戴しました。

>マリノス幸助さん
コメント有難うございます!
マリノスは「今まで」妙にオレンジにやられている事が多いですね、今年は大宮・清水に勝っていますし、来週の新潟にも勝利したいですね。
せっかくJリーグのオリジナル10チームで青の希望が多い中、たった2チーム(他はガンバ)にしか許可されなかった青を大事にしたいですね。
オレンジは、試合中目の前でチカチカしてしまいました。

>vaphoonさん
コメント有難うございます!
お褒め頂き、恐縮です!ただオレンジNO!というのではなく、青の大切さを強調したいなー、と思いあんな感じになりました。
横文字にしても、あれはやはりオレンジですよね(汗)。

>虎巻きさん
コメント有難うございます!
そうなのです、オフィシャルグッズなのです!オフィシャルだからこそ、クラブにはブレて欲しくないですよね。
前エントリーはタイトルの通りユニの話だったので、他の服装に関しては記載していませんが、ユニ以外の私服なども含め、スタンドはチームの1stカラーの青で染まり、青ベースのスタンドに、トリコロールなフラッグやパラソルなど動いて躍動感を演出できるとよりホームの雰囲気が醸し出せるかな、と思います。



ユニのお話。

文章を簡潔に書くことが苦手な あだちです、こんにちは。

そんなわけで、twitterを中心に、アウェイユニの話題が上がっているのですが、なかなかtwitterで140文字でまとめるのが出来そうにもないので、blogに自分の意見でも書こうかと。

このblogも新体制発表時から遠まわしに何度か書いていましたが、せっかくなので独立エントリー。

今回のオレンジユニの話の前に、まずユニフォームに関して。
(アウェイユニの事だけではないので、タイトルは「ユニのお話。」。)

ユニフォームって、エンブレムも入っているし、スタジアムでの正装かと。

「正装」と書くと、「正装以外お断り」と書いているように見えてしまうと(昨今の話題的な話も加わると真意がズレる可能性もあり、本件に絡ませるべきではないと思い)本意ではないので、スタジアムの場で一番似合っている服、という意味で「正装」とこのblogでは定義しておきます。

ちなみに、wikipediaで「正装」と調べると、「定められた衣服を着ることによって、敬意や謙譲の意を表現するものである。」との事なので、「敬意や謙譲の意を表現する」という意味においての正装という認識で話を進めます。

学校の制服や、冠婚葬祭で礼服や、ちょっとお高いお店でフォーマルな服や、お茶会で和服を着る感じで(これらの例だと、とてもお堅い感じにも聞こえちゃいますが)、スタジアムではやはりユニフォームが一番その場に合っている服装なのかなー、と。

で、アウェイユニの話。

クラブは「インフラレッド」と言いますが、実際に見てオレンジに見えるので、オレンジユニと書きます。

個人的には、やはりマリノスのスタンドではオレンジではなく青だなー、と。

「オレンジ色のクラブあるじゃん!」という意見があるかもしれませんが、それは「オレンジ色のクラブ」だからだと思います。
例えば、アルビレックスのオレンジは「日本海に沈む夕日」だし、エスパルスは「みかんの産地」という事など、クラブコンセプトに合わせているから、そのクラブにとって、オレンジこそがフラッグカラーだからだと。

あ、上記に正装と書きましたが、学校の制服なども、学校のイメージやコンセプトに応じて、各学校違う制服で、色なども様々ですね。
中には、校風に合わせて制服自体自由化(逆に近年制服に戻した学校もあったり)したり、標準服という位置づけで、式典の際のみ着用、などもありますね。
ちなみに選手に関してのユニフォームは、Jリーグにユニフォーム規定という規定があります。
https://www.jfa.or.jp/jfa/rules/download/03/01.pdf

少しそれましたが、アルビレックスやエスパルスは、コンセプトに基づいたチームカラーでオレンジを基調として、ユニフォームも1stカラーにオレンジを採用していますね。

ではマリノスのチームカラー(オフィシャルより。)
kara-







・BLUE(青):冷静さと港町・横浜の海
・WHITE(白):集中力と潔白さ
・RED(赤):瞬発力と情熱

この3色でトリコロールですね。

クラブは「インフラレッド」というので、トリコロールの「赤」に該当するという所だと思いますが。

でも、オレンジに見えるのです、アウェイユニ。

チームカラーに敬意を払う、という意味でも、やはりオレンジよりは青を着たいと思うわけです。


で、そうなると「クラブは(インフラ)レッドと言っているし(トリコロールのうちの1色)、クラブが出しているから」という話になると思うんですね。

新体制発表に行った際、「革新」でインフラレッドを採用、という話の流れでしたが。

まず、クラブが出しているから、という点に関しては、出すのはクラブ側の自由だと思います。
買うか買わないかも購買する側の自由ですし。

で、あだちは、チームカラーのコンセプトにオレンジないから、買わない、という感じです。まぁ、ホームの青でも「今年はデザインが」とか思う年もありますが。

じゃ、見た目も赤なユニが出たら買うのか、となった場合、買いません。

理由は単純に、スタンドを青で染めたいから。

もう一度オフィシャルのチームカラー説明。

・BLUE(青):冷静さと港町・横浜の海
・WHITE(白):集中力と潔白さ
・RED(赤):瞬発力と情熱

この3色です。
精神的な説明が多い中、一箇所、青にだけ「港町・横浜の海」と記載されています。

これがあだち的全ての根幹。

あだちは横浜がとても大好きです。
なので、このブログは、横浜の話題などもちょいちょいUPしていますが(マイルの事も多いですが(笑))、その、港町・横浜の海をイメージした青、これこそがチームカラーの中でもホーム(横浜)カラーであり、スタンドは横浜の海を連想させる青であって欲しいと思うからです。

横浜があって、横浜F・マリノスというおらが街のチームがあって。
他にもプロサッカーチームなども横浜にはありますが(そこらへんの話まで語ると脱線しすぎるので割愛)、縁あって横浜F・マリノスが好きで、そしてそのクラブが「港町・横浜の海」を大事にしてトリコロールの「青」にそのことを記載している。そして、その青を1stカラーに採用している。

前述の通り、敬意や謙譲の意を表現する正装では、港町・横浜の海である青を着ていたい、と思うのです。
RIMG0212















(時間があまりないので、少しずつ加筆・訂正加えながらちょいちょい更新予定です。)

大事な決戦前。

あっという間に3月も終わってしまうことに驚いている あだちです、おはようございます。

さて、今日は3月26日(水)です。今週末29日(土)には、もう鹿島戦です。鹿島はやはり大迫選手の抜けた分、怖さは劣るかもしれませんが、勝負強さで3勝1敗という成績できています。ここは週末ホームですし、しっかりトリコロールを見せ付けて勝たなくてはならないところですね。

甲府であれだけぐだぐだだった分、いっそ開き直ってプライドを見せてくれることでしょう。

そしてそして、ちょうど一週間後の4月2日(水)にACLのメルボルン戦があります。

ここでおさらいですが、現在は、
1位広州勝ち点7。
2位全北勝ち点4。
3位豪州勝ち点4。
4位横浜勝ち点1。

という状況です。

ここで注意すべきはレギュレーション。

ACLですが、国際基準に合わせ、順位は「得失点差」優先ではなく、「直接対決の結果」が最優先されます。

つまり、万が一にも、メルボルンに敗れることがあると、勝ち点はメルボルンが7となり、数字の上ではメルボルンが2連敗&横浜が残り2連勝すれば、勝ち点7で並ぶことはできますが、当該直接対決が2敗になるので、並んでも、横浜が下になります。

なので、どんなことがあっても、4月2日のホームは必ず勝たなくてはなりません。できる事なら、アウェイメルボルンは最小失点負けなので、ホームで2得点以上の結果を残し、当該結果にも好影響を残すように。

平日で新年度2日目と大変だと思いますが、リーグの上のカテゴリーの試合。
途中からでも構わないので、1人でも多くマリノスブルーでスタンドを埋め尽くし、しっかり勝利する必要があります。

前回メルボルンは2週連続ホームというおいしい日程でしたが、今度は相手は29日にシドニーとの国内リーグ大一番をやった上に、長距離遠征です。
しかも、主力2人が出場停止。

ここは勝って置かなくてはならないです。

メルボルンに行けた人はわずかですが、ホームの新横浜、19時30分。
とにかく1人でも多く駆けつける必要があります。

もちろん、その前のリーグ鹿島に勝って、リーグもきっちり上位を維持しつつ、ACL含む連戦を良い流れにする必要があります。

アウェイの借りは、ホームで必ず、大サポートで返しましょう!ここからが横浜の底力の見せ所です!!
F005275









メルボルンのホームを示す看板。
横浜は、看板ではなく、雰囲気でホームを作り出し圧倒したいですね。

---
hamatraアパレルから、オシャレなサマーボーダーマフラーが出るそうですよ。
http://hamatra.net/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=17630

締め切りが3月30日までのようなので、お早めに!

---
春ですね。
一昨日、妻が、大学院を卒業しました。
そんなわけで、卒業式に行ってきました。考えてみたら、妻の卒業式は中学、大学と続き3回目の同席でした。
春からは社会人デビューです。
横浜に本社を置く企業なので、我らがホームタウンに還元していくことでしょう。
S0569068












本邦初公開。
妻の後ろ姿。

日曜に甲府戦、月曜に卒業式で、やはり曜日間隔が狂ったままです。

ぐだぐだな@甲府戦。

なんとか参戦できた あだちです、こんばんは。

当初予定では仕事で行けない可能性ありでしたが都合付き、無事甲府へ。
S0149016









試合は特に良いところなく、ぐだぐだなまま0-1で敗戦です。

アウェイメルボルンがあったり、怪我や疲労など、色々な事情はあるとは思いますが、この日程は随分前から分かっていたわけですし、それらを含めての徳島戦からの3連戦だったわけで、結局フルメンバーで挑んだ徳島戦のみ勝利の、中途半端なターンオーバーでACLアウェイに続き、甲府戦も落とし。
非常にもったいなかったです。

とりあえずここで1週あき、ホーム鹿島、ホームメルボルン、アウェイ新潟と3連戦になります。

昨日の敗戦含めた3連戦での経験が、来週からの3連戦に生きて欲しいところです。

---
1つ前のエントリーにコメント頂戴しました。
>NAGISAさん
おぉ!やはり「NAGISAのブログ」のNAGISAさんでしたか!
わざわざコメントありがとうございました。
昨日の試合は残念な感じなので、なかなかブログ上げにくいですが、
今後は勝利を1つでも多く手に入れて、素敵なエントリーが一杯できると良いですよね!
来週こそは勝ちましょう!勝ってACLホームにつなぎたいですね!

諦めないのではなく@メルボルン戦。

0泊3日行程でメルボルンから帰って来た あだちです、こんにちは。

そんなわけでアウェイメルボルン戦へ行ってきました。
S0238026









試合結果は皆さんご存知の通り、0-1で敗戦。全北戦に続いてのアウェイ2連続敗戦となりました。
現在勝ち点1のグループ最下位です。

残り3試合の段階で、数字の上ではなかなか大変なようです。

それでも、可能性がないわけではない状況です。

もっとも、諦めない!という話ではなく、マリノスが大好きな皆さんの事だから、そもそも、諦めるわけがないわけなので、諦めないのではなく、連戦が続く中、次のホームで迎え撃つ4月2日のメルボルン戦、選手にいかに「諦めさせない」ホームの大応援に掛かってきます。
似て非なりな言葉です。

よく、ACLの話になると、海外の話の方が多くなってしまいますが、「ホームで勝つことがまず何より大事」なわけで(そんなわけで広州に分けたのは非常にもったいなかった)、ホームゲームをないがしろにしては勝ちあがれません。

とにかく4月2日のホームメルボルン戦に1人でも多く、途中からでも可能な限りマリノスを好きな人々がスタジアムに詰めかけ、アジア制覇に向けて、選手に諦めさせない空気を伝えることが重要です!

そして、それまでに良い流れを作る事を含め、アウェイ甲府戦、ホーム鹿島戦でも勝つ雰囲気を作って行きたいですね。

メルボルン戦自体の遠征記はまた後日☆

---
1つ前のエントリーに関して。
http://blog.livedoor.jp/ada_chit/archives/4727189.html

こちらのエントリー。

そこで中澤選手にフォーカスしたので書いていませんでしたが、その試合の事は田中隼磨選手(現・松本)の帰国後にブログで書いていました。
こちらのエントリーもオススメ。
「田中隼磨オフィシャルブログ」
http://ameblo.jp/hayuma-tanaka/entry-11253100213.html

そして、1つ前のあだちブログに3件もコメント頂戴しました!
ありがとうございます!!!

>けんたろさん
コメント有難うございます!
当時、灼熱の中疲労困憊だったのですが、中澤選手のそのアクションに、一気に疲れが飛んだのを覚えています!
そういった行動で伝えて下さったのは嬉しい限りでした!その分を含め、アジアの頂点を今年獲りたいですね!

>モンさん
コメント有難うございます!
本当に、1人1人ちゃんと目を見てガッツリ握手をしてくれ、この選手と一緒にアジア獲りたい!という思いました!
モンさんはリーグホームユニが22番なのですね!「NAKAZAWA」表記のユニはACL限定だけにまだ目新しい感じがありますが、これから毎年ACL出るので、どんどん見慣れてくることでしょう☆
アウェイで勝てませんでしたが、次回はホームですし、しっかり勝ちましょう!

>NAGISAさん
コメント有難うございます!
もしかして、「NAGISAのブログ」のNAGISAさんでしょうか?いつもブログ読ませていただいています!!
(ブログのNAGISAさん前提にコメントしますので、もし間違いでしたらスイマセン。)
勝利しての帰国とはなりませんでしたが、あと3試合、しかもそのうち2試合ホームゲームですし、中澤選手も活躍することでしょう☆
blog拝見させて頂きましたが、選手は疲労も多い中、ホーム広州戦に続き、佐藤選手は気持ちが非常に出ているプレーでしたし、他の選手も必死に戦っていました。結果がついてこなかったことは悔やまれますが。
ありがたい事に、日本でも生中継で試合が見られるので、都合が付かず行けなかった方も、テレビ越しに試合を見られ、1人でも多くの人が「ホームで勝とう!」という気持ちになると良いですね!



記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ