屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

septembre 2014

日産でリーグ3勝目@広島戦。

マツ師匠のblogの「最近のわたし」冒頭書き出し部分が、遠まわしに「あだち早くblog更新しろよ」と言っていると(勝手に)汲み取った あだちです、こんばんは。

久々の更新です。最近なかなかblog書く時間が作れていないのでなんとかスケジュール調整したいところ。

さて火曜祝日ですが、ホームで広島戦でした。
F009957









開門後、こけまりの中の人主催の瀬谷高フェスが開かれていました、様子だけ確認も、部外者なので残念ながら、ろこさぬの卒業アルバムは拝見できず。
http://kokemari.com/2014/09/25/report-seya-highschool-fes/

そうそう、この試合からデーゲーム。
久々のホームデーゲームという事もあり、非常に親子連れも多かったですね、友達の子どもなども何人も見かけましたし、この日スタジアムデビューのお子様も!

さて、広島戦。
リーグここまでなかなかゴールの遠い悪い流れが続いていますが、近年比較的相性も良い相手ですし、とにもかくにもここらで勝利をー。

試合は急激な改善が行われるわけではないので、ゴールラッシュというわけにはいきませんが、前節鹿島戦に比べマリノスペースの時間帯が多い感じです。

そして、小椋選手は、一体ポジションどこなんだ?という位、色々なエリアに神出鬼没に現れ相手の攻撃の目をつんでいきます、運動量凄かったですね。

中村選手が前半で退き(試合終わってから体調不良と知りましたが、試合後の挨拶にもいなかったので大怪我でもしたのかと心配でした)、交代で久々に入った佐藤選手も、必死に動き回り、勢いがあり。

伊藤選手が得たPKを自ら決めて、そのまま1-0で勝利。
喜び爆発、というより、なんだかホッとしたような勝利でした。

試合後は広島の選手とユニフォームを交換している選手が3選手。
佐藤選手は広島の18番のユニの選手と交換し、着用。

広島の選手の名前と背番号を把握しきっていなかったので、周囲で「広島の18って誰??」と。
広島の18ってコチラの方を最初に思い浮かべてしまいました。
http://www.carp.co.jp/team14/member/p18.html
(なお、正解は柏選手で、国士舘大学つながりとの事。)

よくよく考えてみたら、今年リーグ戦で日産スタジアムでは開幕の大宮とGWのG大阪にしか勝っていない状況でした。これで3勝目。
ここから残り4つの日産と、明日に迫っている三ツ沢でのホーム、きっちり勝ちたいですね。

そうそう、広島戦の時、斜め前の席に親子連れの方が。
お父さんもお子さんも、非常に熱心に応援されていて、ゴール時に握手、試合後、声をかけてみました←基本的に人見知りなあだちは普段そういう行動をしない。

そうしたところ、普段から近くで応援されていたとの事。ふむふむ。
そして「10年以上前から あだちさん知っていますよ」
!!!
あらま、それは大変恐縮でございます。

また一緒に応援しましょう、と話して分かれました。
次のホームは三ツ沢ですが、お会いできると良いなぁ。

そんな広島戦。

---
広島戦の前の鹿島戦前日に、マツ師匠が一緒に申し込んで下さっていた、天皇杯限定ユニをトリワンに引取りに行きました。
F009955









師匠、申込ありがとうございました!

さて、いつ着よう。

---
ナビスコも、天皇杯も終了してしまい残りはリーグの9試合のみ。
アウェイも、鳥栖、大宮、神戸、F東の4試合。

32節の神戸戦も2ヶ月前を切ったので、今回もマイル利用で飛行機予約。
普段はANAマイル利用ですが、今回は思うところがあり、JALマイル利用にて神戸行き決定。

マイルの話はまた今度にでも(時間が取れるときにー)。

さ、明日のホーム甲府戦、ホーム連勝といきましょう。

人権研修の事+α。

9月2日にクラブ主催人権研修に参加してきた あだちです、こんばんは。

バタバタしている間に研修会から日にちが経ってしまいました。
ろこさぬの「こけまり」に9月1日分がupされています。

http://kokemari.com/2014/09/02/fair-play-fair-support/#more-6025

ろこさぬと同じ枠にて、研修会に参加となりました。

多くの事はこけまりに記載されているのと、「まず最初に参加してみること」が何より大事だと思う為、あまり詳細を載せすぎ、読まれた方が、読んだことで全て分ったとミスリードしてしまうのはよくないので、ザックリと。
それに加え、他の事などを。

冒頭社長からの挨拶の際、今回の問題の1つに、翌3日のナビ杯@三ツ沢での挨拶の中でもありましたが、「差別に対する問題意識の欠落」が大きな原因の1つであり、その観点からも、研修会をクラブとして行う、との事でした。

研修会は、あだちが参加した回は、2日目という事もあり、スムーズかつ、ガチガチな雰囲気もなく、グループディスカッションもスムーズでした。
少々時間が少なく、しっかり考えぬくには慌しかったですが(スタートが21時なので、あまり時間を延ばしきれないという事情もありましたが。)、当たり前と思われている事もしっかり考えると、色々な意見があり、興味深かったです。

人権関連では、知っていた事柄や、当たり前と思われる事柄も出てきますが(その分、遠い問題としてではなく、身近な問題として考えられもしました)、それだけ重要な内容なのだなぁ、と。

そんな感じでザックリ、人権研修会を受けてきました。

内容は、ぜひとも直接参加して頂きたいので、かなり割愛気味ですが。

ちなみに9月12日AM0時現在、既に
13日名古屋戦、23日広島戦、10月18日清水戦は受付終了(キャンセルが出た場合のみ再募集)となっています。

10月26日(日)C大阪戦、11月3日(祝)浦和戦、11月29日(土)新潟戦の3ゲームのみ、まだ受付中です。
(日、祝、土と、開催曜日が異なるので、土曜だけだと都合つかなかった方でも、選択しやすいかと思います。)

http://www.f-marinos.com/news/detail/2014-09-02/100000/165209


---
+α

研修会を受けて、ちょうどナビ杯2legが日曜日であったので、前日の土曜、横浜屋根下な人達で集まって、この件に関し。

研修会では、国内外での有名となっている事例も多かったですが、やはり知ったつもりでいる事は危険な事もあるので、(なので、ぜひ研修会への申込をオススメします)、常にアンテナを貼る必要はあるよなー、と。

例えば、屋根下の重鎮、ひげさん曰く、70年代(だったかな?)のサッカー場で、バナナのクッションを掲げることが流行っていた時期があるそうで。
その時は、人種差別的な行為としてではなく、ウェーブが流行ったりとか、そういった感じに、一種の「流行」としてそういう時があったそうです。

過去には人権問題でなかった事柄でも、誰かが悪意を持って用いたことにより、今では差別となりうる場合もある、ということ。
つまり、今回の問題をはじめ、問題意識をもって情報を集めて、常に意識をしていないと、自身の常識が、重要な問題に対する意識の欠落の場合があるという事です。
(冒頭にも記載しましたが、社長が今回危惧したのも、問題意識の欠落が1つである事。)

また、別件ですが、今回の問題に詳しそうな知人に、オススメの本を伺ったところ、
陣野俊史氏の本がオススメと教えていただきました。

ちょうど7月に文春新書から「サッカーと人種差別」が刊行されています。
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166609871

クラブの講習会では扱わなかった人種差別問題の事例なども多く扱われており、中には、我らが横浜の、中村俊輔選手に対して、セルティック時代に中村選手に対して出された横断幕の件などにも触れられています。

新書なので厚すぎず読みやすいです。
750円+税。
記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ