屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

juin 2015

甲府と今日発表の件。

コーラで骨が脆くなるは信憑性がない気がしている あだちです、おはようございます。

さて、日曜日はアウェイで甲府戦でした。

S0214021


7連戦(と言っても多くの選手がナビスコカップと入れ替わりですが)のラスト。
昨年はACLメルボルン戦直後のアウェイでの試合でした。

ベンチメンバーにはナビスコカップで活躍した選手らも入り、良い流れです。
試合は1ー1ドロー。

甲府は順位は厳しいながらもこの試合まで3連勝であり、バレー選手が出場できない中、引いて守りつつ、セットプレーから得点し、価値ある勝ち点1だったのではないでしょうか。

対してマリノスにとってはリーグ2試合続けての追い付かれてのドロー。

山形戦のように相手の守備が高い位置のチームはパスワークで崩せている事が多いですが、ライン低いチームを崩すまでには至っていないのが現状でしょうか。

1stは既に優勝の可能性が無いそうですが、2ndを獲る為にも残りの1stはしっかり勝利して良い流れで2ndに入りたい所です(ステージの間が1週間しかないですし。)

連戦も終わり、1週間空くので、怪我から復帰する選手も出てくれば、チーム内競争も激化し、ステップアップする事でしょう。

次節は1st最後のホームゲーム。きっちり勝ちましょう!


---
そういえば、試合後の選手挨拶。

個人的に思ったのは、三門選手。

挨拶整列時は早くアウェイ側スタンドに向かい、最終的には歩調を合わせ既に他の選手が整列している位置に下がりましたが、既に並び始めている位置より前に出ようと一歩踏み出していました。

その後、斎藤選手がスタンドと話している時も、他の選手がメインスタンド側挨拶へ向かっている中、ただ1人、斎藤選手の所にいました。

マリノスはベテランが多いですが、もう少ししたら、プレーのみでなく、マリノス全体を引っ張っていく時が来るのかなと思いました。


そんな甲府雑感。
---

さていよいよ今日は2ndステージの日程発表です。
http://www.jleague.jp/release/post-35126/

今年は夏場の遠方アウェイも多いですが(夏場はナイトゲームとは思いますが)試合開始時間が発表されると遠征計画も立てやすくなりますね。


---
1つ前のエントリーにコメント頂戴しました、ありがとうございます!

>遠くへいったさっちゃんさん
コメントありがとうございます!返信が長くなってしまうので、1つ前のエントリー欄に返信しました!
---
甲府の時。

行きは渋滞もなくスイスイ着いたのでイベントでやっていた骨密度計測をやってみました。
ハイテクマシンで足を測定します。

S0094009


普段からコカコーラを飲んでいて、骨が溶けるとか脆くなると言われたりしますが、計測したら骨密度、年齢平均値より結構上でした。
甲府のスタメンで出ていた一部選手より数値が上でした。
これからも安心してマリノスのスポンサーでもあるコカコーラを飲み続けられます。

---

そうそう、今週は代表の関係でJリーグはありません。今年も誕生日(6月14日)にマリノスの試合はないので、甲府戦が誕生日前ラストの試合でした。

そうした所、カモメくんこと、屋根下トップのイノウエさんが新品の2005年のユニをプレゼントにくれました。

S0294029


以前はリーグか天皇杯を獲ると翌年ユニに日本サッカー協会のヤタカラスが入り、そのヤタカラス入りユニが好きで04年ユニを着ていたのです。
流石に12年もほぼ毎試合同じユニ着ていると(その後もユニ買ったりしていますがその多くが未開封)ぼろぼろになってきていたタイミングで、ヤフオクで新品タグ付きの、ヤタカラスが入った05年ユニを手に入れてくれたようでした。

(きっとハピタス経由で手続きした事でしょう。マイルマイル♪)
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

そんなわけでイノウエさん有り難う!鹿島戦から新品ユニデビューです!

S0304030

ヤタガラス☆

来て良かった@山形戦。

もうすぐ山形空港へ向かう あだちです、おはようございます。

昨日はナビスコカップの予選最終戦でした。

前節の敗戦で突破の可能性がなくなっている中で、リーグ戦ではあまり出場していない選手を中心とした戦い。
ほんと総入れ替えすぎて、監督も今日はレヴィコーチが代わりにやってたりして←そんな訳ない。
S0512051


普段チャンスの少ない選手にとっても数少ないアピールの場。
多くの選手が気迫がこもっており、大雨でぬかるんだピッチの中、必死にボールを拾って繋げ。

モンバエルツ監督になり、1月の沖縄キャンプで練習試合で見た時の主に2、3本目の選手たちで、その時は地元クラブ相手にショートパスがなかなか繋がらなかったのですが、日々の練習の成果か、素晴らしいパスワーク!

それも苦し紛れではなく2手先を読んだ(天童っぽい書き方)パスで、出したら意図的な動きだしでパスを受け、また次なるパス。それを皆が共有し。
物凄い雨に濡れたピッチの中、華麗なフットボールが!

ーーー
山形の選手が何度も滑ったり、雨の影響かミスキックが多い中、横浜は本当に素早く、丁寧に繋ぐので、山形のプレッシャーが来る前にもう前へ前へと運び。

守備も、しっかり絞る所は絞ってパスコースを消しつつ、連動してボールを奪ったりと、出場機会が今まで少なかった選手達とは思えないプレーぶりで見ていて頼もしい限りです。

残念ながら応援していた場所の位置から、1点目は、まず入ったかどうか分からず、2点目は入ったけど、最終的に誰が入れたのか分からず(オレンジ色のスパイクだよね!と話になりましたが、昨日はオレンジスパイク多く)。

前半で2-0.

後半も攻めつつ、何度か山形にもビッグチャンスがありましたが、雨で一番やりにくい立場であろうキーパーの鈴木選手が安定した守り!
本当に初出場なの?と思うような安定感で、見事デビュー戦を完封勝利!

この試合、ナビスコは既に敗退していたので、大会としては先に繋がる試合ではなかったですが、リーグ戦メンバーだけでなく、普段出場の機会が少なかった選手も、しっかり自信を持ってチームとしてプレーしていて、マリノス全体で意識が共有できているのだなぁと実際見る事が出来た良い試合でした。

良いプレーに、良い試合。
そして、チームのコンセプトをしっかり理解し、数少ないチャンスの中、勝利という結果もついてきた事。
勝って自信を深めて更にチームとして成長していく事でしょう。

大会の数字の上では消化試合ですが、マリノスに取ってはとても価値のある一戦となった山形戦でした。
記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ