屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

octobre 2016

今年を象徴するような@G大阪戦。

10月末でリーグホームラストに未だ実感のない あだちです、おはようございます。

さて昨日は、リーグ32節のガンバ戦でした、リーグホームラストゲーム。

ルヴァン決勝へ行けなかったのでマリノスからするとガンバ戦3連戦です、日産でも約2週ぶりの。

この日は新横浜パフォーマンスもありましたが、例年マリノスの試合日と組み合わされていますが、今年は新横浜にクラブ機能が移転した年で、今まで以上にマリノスと密接に関連した新横浜パフォーマンスでした、これぞ地域密着!
48

そうそう、トリコロールワンが出来る以前のオフィシャルショップ、トリコポイントのバーが出店していました!
ロゴも当時のまま、懐かしい。
00

トレエンの立て看板があったり。
21

すっかり忘れていたNPOハマトラ個人賛助会員の会員特典カンバッチをゲットしたり。
33

さて試合は良い感じにマリノスペースです。

多少は相手に決定機があっても、相変わらずのファインセーブの榎本選手。パク選手も落ち着いていてDFラインは安定。

そして代表帰りの齋藤選手が攻撃を牽引し、富樫選手がゴールで先制!

良い感じで前半折り返せるかな、くらいのアディショナルタイムで相手井手口選手のミドル。ふかしそうな難しいのを上手く決められ振り出しに戻り後半へ。

後半もマリノスペース。
そして、齋藤選手が見事にキーパーに戻るボールを読んで奪いゴール!!勝ち越し!

新横浜パフォーマンスやアカデミー招待で3万8千人超えのスタジアムが盛り上がります。

その後も、この試合、相手のチャンスの芽を上手い事奪い取ったり、攻撃の起点になって何試合も活躍中の天野選手に決定機が!
しかし残念ながらゴールならず。何試合も続けて出る中でどんどん活躍の幅を広げているので、ぜひとも報われてほしいです。
(シュート後のスタジアム映像みたら、余裕があったのかインサイドだったらニアで決められそうな所を逆に難しい事していました、惜しい。)

このまま2-1で逃げ切れそうな展開でしたが、またしても相手井手口選手。
打ったシュートが不運にもパク選手にあたってコースが変わりゴール。2-2の同点に。

それでも攻め続けるマリノス。
ラスト、CKからの流れはオフサイドでゴールならず。

結局今年を象徴するかのような、ホームで勝ち切れず今年のリーグホーム終了となりました。

せっかく大勢の方が来た試合だったので勝ちたかったですが、オフサイドでしたが最後の最後まで戦い、盛り上がった感覚をぜひ覚えて、また来年もホームに多くの方が来場すると良いですね。

その後はホーム最終戦のセレモニー。

社長のお話は、どちらかというと試合観戦者向けな感じではない部分が多かったかな、という印象でした。
日産自動車時代の功績のお話もありましたが、それがマリノスの経営で役立つと良いですね。

前任者が日産時代の最大の功績は本社移転プロジェクトという話をしていたのに、マリノスが港北区へお引越しの最中に退任されたりしているので、経営者はやはり結果で語るしかない部分が多いだろうなぁ、なんて思ったり。

モンバエルツ監督のお話は、単語レベルですがフランス語が多少聞き取れ、個人的には楽しかったです。

そんなリーグホーム最終戦。
引き分け&浦和勝利で残り2試合で10差になり、数字の上でも完全に2nd優勝は消滅しました。

とはいえ、この後リーグ2試合、そして天皇杯と続きます。
残されたタイトルの為にもきっちりアウェイですがリーグ2試合勝って、良い流れで天皇杯に挑みたいですね。


 

ホームで勝つだけ@大阪戦1leg

無事大阪入り出来た あだちです、こんばんは。

台風予報で優勝した01年以来のルヴァン(ナビスコ)杯以来の延期?と心配しつつ、無事開催されました。

リーグ以来の吹田。
IMG_3791

雨は降ったり止んだりですが、スタンドは掘り下げな影響か、とても蒸し暑かったです。

試合前スタジアムDJが何度もマリノスとの3連戦です!と言っていました。

試合は開始すぐにプレッシャーをかけてマルティノス選手の惜しいシュートで幕開け。

も、ガンバが前線から激しいプレスに高いラインコントロール。
完全にガンバペースで進み、更に栗原選手が負傷交代のアクシデント。

それでも榎本選手のファインセーブなどで無失点でハーフタイムへ。

後半になり、ガンバも疲れが出始めたのかプレスが弱くなりはじめ、マリノスが攻める機会が増えます。

右で天野選手、前田選手に小林選手が入れ替わりポジション変えて何度も突破をしたり。

途中喜田選手が足を釣り、交代かと思いきやそのまま交代なく、その後も喜田選手が何度も相手からボールを奪ったりとピッチの選手が必死に戦い。

アウェイゴールは奪えませんでしたが、0-0ドロー。

中3日で迎えるホームは、勝てば突破というシンプルな展開に。

ガンバはなかなか強敵ですが、カップ戦はとにかく勝ち上がる事が重要なので、このガンバとの2連戦、次はしっかり勝って、東京か浦和と対戦する決勝に乗り込みましょう!

圧巻の2G2A@甲府戦。

間違いなく追加招集されるだろうなぁ と思っていた あだちです、こんばんは。

そして、やはり早速追加招集されましたね、日本代表。
追加招集
絶好調の齋藤選手がルヴァン杯抜けてしまうのはチームにとっては痛手とは思いますが、選ばれた以上、ぜひとも試合に出場&結果を出して、代表に定着して欲しいですね。
 
さて、そんな話もありつつ昨日はリーグアウェイの甲府戦。
F040502

相手は残留争い真っただ中というやりにくい相手でしたが、序盤を乗り切って以降はマリノスペースに。

1点目は反対サイドだったので遠目でしたが、マルティノス選手が出したパスが、ニアで流れて目で追って行った先に走り込んだ齋藤選手!

前半まずは1-0.

そして後半立ち上がりに、素早いパス交換と、やはり遠いサイドから入ってきた齋藤選手で2点目!
ここから甲府は集中切れたようで、完全にマリノスの試合に。

試合再開後すぐに甲府のボールを奪取してゴールに迫ったり、甲府のDF陣が完全にあたふたとしています。

そしてこの日はゴールだけでなく最近出場機会も増え、前々節にゴールを決めている前田選手に齋藤選手がアシスト!!
3-0!

最後には、最近出番がなかなかまわってこなかった富樫選手が、これまた齋藤選手のアシストでゴール!
甲府は完全に1歩遅くなっていたので、冷静にトラップ&コースを狙ってのゴールでした!

この試合は選手もポジションも結構いじっている中で、4-0という結果は、リーグは2週中断しますがここから続くルヴァン杯準決勝2試合→決勝に非常に良い流れでチームで入れますね!!

ーーー

甲府へ行ったところ、今年も健康測定系がありました。

前回は「骨密度検査」。

昨年エントリー

そして今回は血管年齢でした。
F040518

試してみたところ、24歳。

血管年齢は大卒2年目のようでした。

甲府は色々お土産なども頂いたりして良いアウェイでした。 
 
F040500
記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ