屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。 もう1つのblogはこちら。 http://ameblo.jp/tabi-cham/

août 2017

暫定2位浮上!&試合後@東京戦。

8月無失点に歓喜の あだちです、こんばんは。

さて昨日はホームでのFC東京戦でした。
S0099024

チームは4試合連続無失点中。
も、前節のアウェイ神戸は悔しい引き分け。

ホームに戻って勝利が欲しい所。

あだちは仕事をしてからギリギリ到着だった為、残念ながらピンバッチ終了でした。
欲しかったー、残念。

スタジアム入って少しするとトリコロールギャラクシーでした。
東京側もライトありで、スタジアム全体で盛り上がっていましたね。

さて試合開始。
試合が始まると、とにかく蒸し暑い気候でした、まだまだ夏。

それでもしっかり走る選手たち、凄い。

誰が出てもやられる雰囲気もないので、本当にホームに戻って集中して試合が見る事ができますね。

DF陣の奮起もそうですが、喜田選手が先を読んで、素早く落下地点にいってボールを奪うシーンが何度かあり、中盤の守備も確実に効いていました。

おかげで前半0-0でも落ち着いた雰囲気。
最近前半0-0→後半得点でマリノス勝利が多いので、相手としても前半にマリノスからゴールを奪えなかったことはプレッシャーになるかもしれないですね。

後半は齋藤選手とマルティノス選手がワイドに攻め込みます。
山中選手は前半かなり塞がれるように守備されましたが上手い事ボールキープをして繋いだりしていたものが、後半はさらにギアを上げ、何度もサイドを駆け上がったり。

この日はマルティノス選手への惜しいサイドからの高速クロスがあったりと、得点の雰囲気。

そして中に走りこんだ扇原選手が折り返して途中出場のウーゴ選手のヘディング!!

軌道的に非常にゆっくりした感じに、ポストに跳ね返りネットの中へ!
ついに先制!!

中に駆け上がった扇原選手も、あれをしっかり叩きつけてゴールにいれたウーゴ選手もあっぱれ。
そしてDFを引き連れ、ウーゴ選手へのプレッシャーを弱めたマルティノス選手も、それまでの惜しいシーンがあったからこその相手DF引き連れ成功もある事でしょう。

その後も緩急付けながら攻め急ぎ過ぎない程度にカウンター。

そして最後には栗原選手投入!
この時のスタジアムの歓声が物凄かったですね、出てくるだけで雰囲気を最高潮にもっていく選手とは凄い!
「逃げ切る」という明確なメッセージの元、しっかりコーナー付近でキープして時間を使ったりして1-0で勝利!

これで5試合連続無失点を達成!

1日試合が遅い川崎の結果がありますが、土曜日時点での暫定2位に浮上です。

これからは今まで以上に研究や対策をされてくるでしょうが、それを上回るスピードとチーム力で、きっちり鹿島に食らいついていきたいですね。

試合後は日産では初の選手がトリパラもって場内一周挨拶。
いいですね、ホームという雰囲気。

そうそう、昨日近くで小学生が非常に熱心に応援していました。
試合後は周囲の大人たちが彼にハイタッチしたり、一緒に写真撮ったりと。
夏の良い思い出になったかな?

そんな感じの東京戦。

試合後には先日引退を発表したマリノスOBでもある石川選手がマリノス側に挨拶に。
奥底にトリコロールの魂がある、にはグッときました。
直樹の事についても触れたりと。

まだシーズンは続きますが、マリノス戦は今回がラスト。
ピッチには立てませんでしたが、残りのシーズンどこかでピッチに立ち、引退できる事を願います。

引退後、いつかトリコロールのどこかと関わってくれる所があるといいなぁ。

随分前の事になりますが。
01年のアウェイ福岡戦。試合日が見事に石川選手の誕生日(5月12日)でした。
なので、ナオ誕生日おめでとう的なメッセージボードを作ったのですが、この試合前半で波戸選手が負傷退場。
代わりに數馬選手が入った分、バランスをとる為に後半少しで石川選手は金子選手(現・マリノスジュニアユースコーチ)と交代。
非常に悔しそうにピッチを出てマリノスのゴール裏前を通っていった石川選手の横顔が印象に残っています。

(試合も0-1のVゴール負け。唯一、ウルグアイの年代代表でレコバ選手とも組んだリパティン選手が出場した試合)。

そんな土曜の東京戦。

チームはこれから2週間のW杯予選中断に。

勝ちたかった@神戸戦。

飛行機でバビューンな あだちです、おはようございます。

昨日はアウェイ神戸戦でした、日曜ナイトゲーム。
IMG_6787
月曜羽田に戻りすぐ仕事なので、ホテルに荷物を預けてスタジアムへ。

屋根は開いていますが、風があまりなく、コーナーフラッグはほとんど揺れず。
横浜が例年に比べ涼しいだけに、関西は暑く感じます。

そして相変わらずな芝。
ハイブリッド芝が決まっているようですが、今年はまだです。
怪我人が出ないように。

相手はポドルスキ選手やマイク選手らを獲得し、渡邉選手らもいる攻撃陣。

前半、神戸が攻めてくるシーンの中で、他の選手とイメージ合わず、他の選手に強めにアピールするポドルスキ選手。
なんかチグハグなようで、まだ噛み合う前のタイミングだった模様です。

セットプレーも山中選手がしっかりついて仕事させず。

その分、マルティノス選手らが攻め込みます。

0-0な前半。

後半に入り、ますます増えるマリノスペース。
神戸はかなりライン高めでした。
ポドルスキ選手をボール取りに下がらせない為?

そのポドルスキ選手には後半は20分くらい(たぶん)ボールにすら触らせないマリノスの守備。

だんだんイライラして更に噛み合わない様子で、その分、マルティノス選手や松原選手、山中選手らがボールを前へ前へ。

マルティノス選手は3人くらいに寄せられても調子良いようでグイグイ攻めますね。

しまいには、ポドルスキ選手が狙い目となり、神戸の選手は意識してポドルスキ選手にパスを出すも集中切れているので中澤選手がインターセプトから一気にカウンターという展開も。

何度かゴールに迫りますが、残念ながらゴールならず。

マリノスは終盤に前田選手。
交代の役割果たすべく、グイグイと仕掛け、エリアのギリギリ外でファール貰ったりと。

も、残念ながら0-0ドローでした。
この試合以外は前日土曜日試合だったので、マリノスは勝てば2位、以外は5位というシチュエーションでした。

まだ23節ですし、順位以上に、勝ち点3を積んでいく時期なのかな、と。
上位陣との直接対決もまだまだありますし。

なんて思う反面、「勝てば2位」という、プレッシャーがかかる中、しっかり結果が付いてきていれば、それは成功体験となるハズです。

「練習は本番のように、本番は練習のように」の言葉じゃないですが、(この言葉だと大一番以外が練習扱いになってしまう(笑))
普段に加え、プレッシャーがかかる所を早くから味わえ、それを乗り越えていく経験が出来れば、今後訪れる上位陣とのプレッシャーのかかる直接対決にも自信を持って臨めるようになるのに、と思った次第。
前半戦は川崎以外の上位陣には勝てていなかっただけに

とはいえ、見事な4試合連続完封!そして13戦負けなし!

しっかりクラブ新記録な連続完封をして、どんな試合でもしっかり安定しているのは非常に心強いですね。

リーグ戦は流れがある分、勢いである程度行けてしまう時もあるかと思いますが、
しっかりとチームの確かな力の積み重ねでこう続くのは凄いですね。

次はホームに戻り、しっかり勝ち点3を積み重ねましょう!

前回清水戦で大雨で受付中断したNPOハマトラの個人賛助会員受付もあるようですよ!

---
今回の遠征は日程発表時も書きましたが、ANAの旅作で申し込みしました。

日程発表時エントリー。

往復航空券+ホテル一泊で24,800円。

旅作なので、ANAスカイコインで支払いができるので、すべてANAスカイコインで支払い。(お支払方法に注目)。
ana12

このANAスカイコインも、貯めたANAマイルを1.7倍レートでスカイコインに換えたもので、元手タダです。
今回もタダ遠征(宿泊費込み!)

ホテルは1,000円分のQUOカード付きプラン。

更に、1,000ANAマイルが付いてくるプランで申し込み。

ana11

さらにさらに!
毎度おススメしているポイント総合サイトの「ハピタス」。

ハピタスで今、旅作を申し込むと1,500ハピタスポイント(1,350ANAマイル相当)貰えるのです!
無題ana

もちろん、抜かりなくハピタス経由で申し込みをしました。

ホテルボーナスの1,000マイルと、ハピタスでの1,350マイル。
あとは飛行機に搭乗した際、あだちの場合、今回は羽田~伊丹で片道308マイル貰えるので往復で616マイル。

主にハピタスで貯めたマイルをスカイコインにしてツアー申し込んで元手タダな上に、
QUOカード1,000円と、
2,966ANAマイルが手に入ります。
黒字遠征!

そんなわけで毎度ながら、ハピタスおススメ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
こちらのバナーから登録頂くと双方にボーナスポイントが。

色々託された齋藤学@永井秀樹引退試合。

社長の勇姿を見届けた あだちです、おはようございます。

さて、昨日はマリノスOBでもある、社長こと永井秀樹選手の引退試合@西が丘でした。
S0106015

永井社長といえば、99年と00年にマリノスに所属した選手。
フリューゲルスとの合併でFマリノス所属選手に。(他は、波戸選手、吉田選手、三浦選手、佐藤選手)

99年はリーグ22試合出場(30試合制)で5ゴールとまずまずの結果を残し、翌00年は、96年に在籍した清水エスパルスでナビスコカップ獲得した年に永井社長を重宝したアルディレス(去年日産スタジアムにも来ていましたね)がマリノス監督に就任。

シーズン頭のマッチデー等には、永井社長コメントでアルディレスは名将で期待できる(実際00年1stを優勝)等、期待したものの、永井社長はアルディレスの中では構想外に。

そんなわけで01年にヴェルディに移籍しました。

あだち的にはマリノスでのゴールよりも、むしろ、01年のマリノスvsヴェルディのナショナルダービーで、アルディレスの前で前半だけで2ゴール叩きこんだことが非常に印象に残っています。
もっとも試合は0-2から、永山選手、そして上野選手の2ゴール(うち1ゴールはヴェルディ在籍の中澤選手の足に当たってコースが変わった得点)で3-2とひっくり返してマリノスが勝利しています。
試合後、マリノスゴール裏から思わず永井選手を称えてマリノス在籍時の応援歌が歌われました。

その後も数クラブ渡り歩き、最後は5度目のヴェルディで昨年45歳で引退されました。

そんな永井社長の引退試合。

前座の国見OBvs帝京OBは観戦せず、外で選手の入りを眺めていました。
(こちらにはFC東京の大久保選手らが出場)。

選手の入りは、往年のヴェルディのスター選手らが続々とやってきて、Jリーグ開幕当時のバブリーな感じなイメージのまま登場でした。
なかなかお高そうなスポーツカーに乗って登場したりと、あぁイメージの中のヴェルディのままでした。
北澤選手なんて現役のイメージのまま。
なお、あだち母は北澤選手の事を「洗剤の人」と言います。
その昔、北澤選手がグンゼのCMに出ていて、グンゼの商品を買ったら粗品で洗剤が付いてきたからだそうです(笑)

マリノス関係では、齋藤選手や波戸さん、石川選手らはヴェルディバスでまとめて登場でした。
(帰りもバスでした。)

そうそう、この運営のスタッフのチーフ、元マリサポのMさんでした、久々にお会いしました。
せっかくなので一緒に記念撮影(笑)

そしてメインの引退試合。

まずはアップなのですが、怪我からの復帰がかなわず先日引退を発表した石川選手もアップをしています。アップを観られただけでも、ちょっと嬉しかったです。

小村さんと波戸さんは一緒にアップをし、ヴェルディ側に、三浦淳宏さんと富澤選手がいました。
J選抜の方は日本サッカー界の重鎮、釜本邦茂さんが監督なのですが、アップ中の齋藤選手と話し込んでいました。

そして背番号3のエントリー直樹に関しては息子さんが3番を着て登場です!

その後選手入場。
全ての選手が入場してきました。

そして最後に背番号45を付けた永井社長が登場。

そうそう、マリノス関係の背番号は、
ヴェルディが
23三浦淳宏さん
50富澤選手
J選抜が
2小村さん
3直樹(息子さん)
20波戸さん
18石川選手
7齋藤選手
でした。

齋藤選手が今回試合には出なかったのですが、なんと背番号が7なのです!
この背番号7は、
永井選手がマリノス時代の2年間に付けていた番号なのです!

試合出場する選手に1桁番号を渡すことが出来ただろうに、これはきっと永井選手からマリノスとしての託した部分なのかなぁ、と感慨深かったです。

さて、試合はやはり現役退いてから年数経っている方も多いので、思うように動けていない方も多いですが、絞れている人は絞れていて、しっかりサッカーになっていて、とても楽しかったです。

前半のうちにPKで永井選手がゴール。

ヴェルディ関係者から武田修宏は不要だ的に言われていますと現地リポートが入ったちょっと後に、GKが弾いたボールを見事武田さんがゴール決めてみたり。

また、清水のレジェンド沢登さんが直接FKを鮮やかに決めてみたり。

前半の途中には、試合には出場しない齋藤選手がインタビューを受けて場内アナウンスに流れました(解説が宮沢ミシェルさんで色々掛け合いが面白かったです。)

後半からは直樹の息子さんが登場。
永井社長はJ選抜からヴェルディ側へ。
直樹の息子さんは前線で攻撃を仕掛けますが、幾度となく富澤選手に大人げなくカットされます(笑)

でも、前線に常に3番が上がってくるのは見ていてどこか懐かしかったです。

後半は、昨年脳梗塞で休養していた還暦を迎えたラモスさんがワンツーではこんだり積極的に仕掛けたり。
三浦カズ選手も得意のまたぎフェイントを披露したりと。

そしてラモスさんのパスから永井社長がゴール!

さらに藤吉さんとパスをつないで永井社長のハットトリック!

引退試合に相応しいゴールでした。

その後は両チームとも監督である釜本さんと松木さんがピッチへ。
ヴェルディ側は北澤さんが指揮を執っていました(笑)

にしても、因縁の釜本監督で永島さんが出場(ガンバ時代不仲で、永島さんは翌年清水へ移籍)&途中からは2人ともピッチができるのだから、いっそアルディレス呼べたんじゃないですかね?
ちなみに釜本さん、御年73歳です。
元気ならピッチにも立てるのですよね。

そんな感じで、楽しく終わった30分ハーフの引退試合でした。
試合が終わると、齋藤選手が何か小さいものを手に持っています。
そして釜本監督のもとへ。

受け取る釜本監督、、、あ!
どうやら釜本監督のメガネでした、サッカー界の重鎮に、メガネまで齋藤選手が託されていたようです(笑)

試合後は、齋藤選手や石川選手、波戸さんらが直樹の息子さんに話しかけたりしていました。

また、ラモスさんが齋藤選手を呼びだしてメインスタンド近くに連れて行って何か話し込んだりと。
釜本さんもアップの時齋藤選手に色々話しかけていましたし、やはり日本のサッカーを背負っていく逸材として、レジェンドたちも気にかけているのでしょう。

試合にこそ出ていませんが、引退試合で普段と異なるものを体験し、様々なレジェンドの方と話しをしたりして、きっと色々なものを齋藤選手は吸収したことでしょう。
リーグ戦ではまだゴールが生まれていませんが、案外こういった普段と違った角度からサッカーと触れ合うことで、結果が生まれてくるきっかけになるかもしれないですね。
S0787129

セレモニーでは集合写真と、永井社長の挨拶と場内一周がありました。
S0248045

ヴェルディに5度在籍という事もあり、ヴェルディのファンが非常に多く、西が丘という箱も程よく、とてもアットホームな雰囲気の良い引退試合でした。

セレモニーの後、永井社長にお会いすることができ、マリノスに在籍してくれたことへの感謝と労いを伝え、この試合の齋藤選手と富澤選手意外のマリノス関係選手(社長、小村さん、直樹、波戸さん、三浦淳さん、石川選手)が在籍した00年のペナントにサインと、一緒に写真を撮っていただきました。

ペナントの写真は、あだちインスタに上がっています。
あだちインスタリンク。
フォローミー。

45歳と、長きにわたり現役生活を送られた永井社長。

今年からはヴェルディユースの監督として、ユース最高峰のプレミア昇格を目指しています。

マリノスユースもプレミアに残留を果たし、ぜひとも来年は、ヴェルディユースも昇格して、永井社長率いるヴェルディユースと、ユースのナショナルダービーを繰り広げてほしいものです。

永井社長、長きにわたり現役生活お疲れ様でした。
2年間ですが、マリノスでプレーしてくれて、本当に有難うございました!



3連勝!@鳥栖戦。

今日は永井社長の引退試合へ行く予定の あだちです、おはようございます。

さて昨日は3連戦のラスト、ホームに戻っての鳥栖戦でした。
S0063012

きっちり3連勝して連戦を乗り切りたい所。

天気は曇ってはいますが風があまりなく蒸し暑かったです。
仕事の都合でギリギリ到着。ピンバッチも無事ゲット。

試合前の選手紹介では、アビスパ福岡に在籍経験のある中町選手に、アビスパのライバルでもある鳥栖サポーターから盛大なブーイングが。

でも、中町選手が鳥栖と対戦したのは2010年の2試合だけなんですけどね。
まぁ色々因縁があったりするとそれもサイドストーリーとして面白くなるので。

試合は序盤がマリノスペース。
負けなし連勝中という事もあり、皆思い切りが良いですね。
相手にあたってコース変わってしまいましたが天野選手が左足でのシュートがあったり。
連続して試合に出て、しかもゴールも記録していることで、以前より積極的に打っていくのが良いですね。

そして前半の早い時間帯に、左サイドで齋藤選手が浮かせて前線に駆け上がる山中選手へ。
そのまま駆け上がり、遠目からシュート!

そのこぼれ球をウーゴ選手が詰めてゴール!!!

きっちり決めたウーゴ選手もですが、山中選手が凄すぎます!試合毎にどんどん良さを出していきます。
また、ウーゴ選手より右手にマルティノス選手もしっかり詰めていて、非常に良い感じでした。

守備はマリノスのミスから相手に渡してしまいピンチを招くシーンもありましたが、それでもきっちり無失点で試合を進めました。

後半もカウンターを発動しつつ、ピンチは皆でしっかりカバーして無失点。
追加点は惜しいシーンありつつも、そのまま1-0進行。

ラストは選手はしっかり意思統一しているようでコーナー寄りで時間を上手く使って1-0で3連勝!

ヒーローインタビューはゴールを決めたウーゴ選手でした。
ポルトガル語で受け答えでした、オブリガードとかセニョールとか、ちょいちょい単語が聞き取れるようになってきました!

インタビュー→円陣のあと、選手たちがトリパラをもって場内一周!
凄い、この一体感!!!

内容的にはまだまだ改善されるべき所はある事かと思いますが、とにかく連勝したお陰で首位に3差まで来ました。
これから対戦が続いていく上位陣と、ピリピリとした試合ができる順位ですね。
それらがきっとマリノスを更に1段レベルアップさせていくことでしょう。
とにかく1試合1試合!

試合後に、中町選手が小林選手とユニ交換して、中町選手が鳥栖の13番ユニで挨拶に来ました。

そして場内一周と、ありあけ等表彰後、小林選手がマリノスのゴール裏の方に来ました。
その時も鳥栖の13番を着ていました、中町選手に渡したのとは別のかな?

そんな感じで、鳥栖にホームで1-0勝利!

まだリーグ戦は10試合以上あるので、とにかく1試合1試合ですが、この良い流れが、来週日曜の神戸にも続くよう、選手は今日&明日のオフしっかりと休んで、またアウェイですが躍動してくれることを期待したいと思います!

素晴らしき勝利!

三位浮上@札幌戦。+ドームの比較。

朝一のANAで帰浜した あだちです、こんにちは。

昨日はアウェイの札幌戦でした。
今度こそ今年最初のダブルをしたい所。

札幌は火曜は晴れていましたが水曜は朝から小雨。
気温もだいぶ涼しかったです。

ただ、ドーム内は屋根があるので雨は関係なく。
湿度は少々高めに感じました。

試合は、補強などを行った札幌が、前半戦で対戦した時より格段に強くなっていました。
早い攻撃に、チャナティップ選手の巧なボール捌きにドリブル。

危険なシーンもありましたが、しっかり飯倉選手がセーブして前半0-0で折り返し。

後半に入るとマリノスの時間が長くなります。
そしてコーナーキックから扇原選手のヘディング!見事ゴール!!
ついにマリノスでの初ゴールですね!
セットプレーからはアウェイ広島の中澤選手のゴール以来?

1点入ると、よりマリノスのペースに。
特に面白かったのが、山中選手でした。サイドを駆け上がり、中にパスを出してワンツーの時もあれば、そのまま勝負して突破したりと、相手の守備を翻弄。
さらにクロスの精度が良いので本当に相手としたら脅威ですね。

そんな中で齋藤選手も絡んでくるので、ファールで止められるシーンが増えました。

そして思わず都倉選手が斎藤選手をファールで止めてこの日2枚目で退場。

数的有利なだけでなく、かなりフィジカル強くて効いていた都倉選手が退場したので、マリノスは完全に試合を支配。

前線の高い位置から取りに行くので、マルティノス選手がボールを奪い、駆け上がってきた松原選手へ。
松原選手はそのままゴール前に切れ込みます。

蹴ったボールが相手GKのオウンゴールとなり、0-2。

スコア含め余裕となったマリノスは、ここまでフル出場の天野選手を下げ、連戦に対する余裕も。

その後もウーゴ選手や齋藤選手がゴールに迫るシーンが存分にありました。
残念ながら追加点とまではいきませんでしたが、ノリノリな展開。

バブンスキー選手も、天野選手とは違う持ち味を発揮し、緩急漬けたドリブルで上がったり、タッチを割るかな?と思わせるような、ギリギリラインの内側に残す絶妙パスを出して攻撃を活性化させたり。

終盤には、齋藤選手やマルティノス選手ら連戦組も交代に。
キャプテンマークは喜田選手となりました。

代わりに入った遠藤選手がゴールに迫ったり、短い時間でもアピールしようとしていました。

そして2-0で試合終了!
IMG_6519

これで2連勝、なんと3位浮上だそうです!!

アウェイ2つ含む3連戦で頭2つのアウェイをきっちり無失点で勝ち切りました!
素晴らしい!
しかもうまく選手を入れ替えてきっちり勝っているのは凄いですね。

松原選手が累積で出られなかったタイミングで山中選手が躍動しスタメンを取ることが増えたと思ったら、今回金井選手が累積で出られない試合で、松原選手がゴールに直結する大仕事!!
ボランチの組み合わせも交代させながら、前回出番のなかった扇原選手が初ゴール、最近出番の少なかった喜田選手が途中からキャプテンマークと。

誰が出ても良い流れで、日曜のホーム鳥栖戦を迎えられそうですね!

試合後は、河合選手と兵藤選手がマリノスのゴール裏の方へわざわざ挨拶に。
今回は2選手ともスタメンでしたね。
また来年も対戦できますように。

良い感じの札幌遠征でした。

---

マリノスにとっては2012年以来5年ぶりの札幌ドームの試合でした。

実は、この5年間で札幌ドーム、大きく変わっていたのです!

なんと大型ビジョンが増えました!(2015年から)。

新しい方のビジョン2017年の写真。
IMG_6506


札幌のゴール裏とバクスタの間くらいに新たに増えました。

何もなかったからあまりその位置の写真が残っていなかったのですが、2002年の写真を比較に。
IMG_2916


ちなみに、新規の増設だけでなく、2012年にあったパナソニック製のビジョンから、2015年に三菱製のビジョンになったそうです。

ビジョン比較の為、2001年のこけら落とし時のスコア写真貼っておきます。
IMG_0269


本文中に出てくる今年の2-0スコアの写真と比較してみてください。

久々に行くと、スタジアムも変化していて楽しいですね。

---

今回はハイシーズンだったので、ハピタスで貯めたANAマイルを、ANAスカイコインに変換して、航空券を押さえました。
なので今回も飛行機代無料遠征でした。

そんなわけで毎度ながら、ハピタスおススメ。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こちらのバナーから登録頂くと双方にボーナスポイントが。

帰りは、朝一のANA利用にしたのでホテルで朝食を食べられなかったのですが、ラッキーなことに空席があり、アップグレードポイントが残っていたので帰りも無料でプレミアムクラスになりました。

そこでちょっとしたことがあったのですが、その事は、あだちインスタに記載したので、そちらで。
(機内ごはんの文章の方)

あだちのインスタグラム

ついでに横浜屋根下インスタ

どちらもフォローミー。
記事検索
メッセージ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ