苦労して英語サイトでチケットを買ったら後で日本語ページがある事を発見した あだちです、おはようございます。

日曜日はホームで甲府戦でした。
F051859

リーグ戦は連敗中でのホーム帰還。と言っても三ツ沢ですが。

14時ゲームでしたが曇り空でそれほど暑すぎる事もない気候で。

甲府とは3日にルヴァンカップで対戦していますがお互いメンバーを入れ替えています、相手には元マリノスの小椋選手も。

試合は、ブロックで守る甲府をなかなか崩すことが出来ず。
喜田選手がスルーパスを前線に通そうとしたりしますが上手く連動できないシーンなどがありつつ。
それでも伊藤選手のゴールで先制!と思いきやオフサイド判定。

0-0で前半終えそうな時間帯、この日トリコロールタイムズの表紙を飾った金井選手がゴール!
良いですね、特集された選手が結果を残すというのは。

後半は冒頭にミロシュ選手が珍しくバタバタとして甲府にPKを与えたかと思いきや、シミュレーション判定。

そのミロシュ選手が負傷交代で、栗原選手が入り、中澤選手とのCBコンビに。
来月はじめのW杯予選~コンフェデレーションズカップと、一か月くらいチームからミロシュ選手離れる可能性あるので、このコンビを見る機会も増えそうですね。

試合はその後、2回くらい決定機ありつつも決める事は出来ず。
それでも連敗脱出の1-0勝利で勝ち点3を積み増した。

内容的には色々良くしていく箇所は多いかとは思いますが、これ以上連敗が続くような事があると、皆自身をもって課題に向き合いにくくなる事もあるだろうと思うので、とにかくここで「勝利」を得た事で、色々今後やっていける事も増える事でしょう。

それにしてもこの試合、後半だけでも金井選手が2回ほどアシストを記録しそうな早いリスタートであったり、冷静に攻めがあってのラストパスだったりと活躍していました。
山中選手や下平選手も復帰し激戦区になりつつあるSBのポジション争いも面白くなりそうですね。

さて、試合後のありあけのハーバーは金井選手と伊藤選手でした。
オフサイド判定でしたが、ハーバーという形で、伊藤選手にも表彰があってよかったよかった。

そんな感じの日曜日でした。

試合後は、屋根下メンバーの中で婚約した仲間がいたので皆でお祝いのパーティーでした。
試合が勝利した後にお祝いできるというのは良いですね。

---

日曜日から始まるU-20ワールドカップin韓国へ行きます。
素敵な事にANAのマイルがローシーズンで12,000ANAマイルで韓国往復できるのです。

会場は水原ワールドカップスタジアム。

ちょうど去年、後輩にご飯誘われて韓国行った時に寄り道したスタジアムです。

水原W杯スタジアムを見学した話。

なので勝手も分かっているので予約し、FIFAのサイトでチケットを。

一生懸命英語を解読してチケットを予約!
完了して確認のためトップページに戻ったらなんと!日本語選択が可能でした(笑)

たぶん無事に取れているから平気でしょう。
水原の競技場は2階席が傾斜があって見やすいと書いてあったのですが残念ながら観戦に行く21日の南アフリカ戦は1階席のみの解放のようでした。