8月無失点に歓喜の あだちです、こんばんは。

さて昨日はホームでのFC東京戦でした。
S0099024

チームは4試合連続無失点中。
も、前節のアウェイ神戸は悔しい引き分け。

ホームに戻って勝利が欲しい所。

あだちは仕事をしてからギリギリ到着だった為、残念ながらピンバッチ終了でした。
欲しかったー、残念。

スタジアム入って少しするとトリコロールギャラクシーでした。
東京側もライトありで、スタジアム全体で盛り上がっていましたね。

さて試合開始。
試合が始まると、とにかく蒸し暑い気候でした、まだまだ夏。

それでもしっかり走る選手たち、凄い。

誰が出てもやられる雰囲気もないので、本当にホームに戻って集中して試合が見る事ができますね。

DF陣の奮起もそうですが、喜田選手が先を読んで、素早く落下地点にいってボールを奪うシーンが何度かあり、中盤の守備も確実に効いていました。

おかげで前半0-0でも落ち着いた雰囲気。
最近前半0-0→後半得点でマリノス勝利が多いので、相手としても前半にマリノスからゴールを奪えなかったことはプレッシャーになるかもしれないですね。

後半は齋藤選手とマルティノス選手がワイドに攻め込みます。
山中選手は前半かなり塞がれるように守備されましたが上手い事ボールキープをして繋いだりしていたものが、後半はさらにギアを上げ、何度もサイドを駆け上がったり。

この日はマルティノス選手への惜しいサイドからの高速クロスがあったりと、得点の雰囲気。

そして中に走りこんだ扇原選手が折り返して途中出場のウーゴ選手のヘディング!!

軌道的に非常にゆっくりした感じに、ポストに跳ね返りネットの中へ!
ついに先制!!

中に駆け上がった扇原選手も、あれをしっかり叩きつけてゴールにいれたウーゴ選手もあっぱれ。
そしてDFを引き連れ、ウーゴ選手へのプレッシャーを弱めたマルティノス選手も、それまでの惜しいシーンがあったからこその相手DF引き連れ成功もある事でしょう。

その後も緩急付けながら攻め急ぎ過ぎない程度にカウンター。

そして最後には栗原選手投入!
この時のスタジアムの歓声が物凄かったですね、出てくるだけで雰囲気を最高潮にもっていく選手とは凄い!
「逃げ切る」という明確なメッセージの元、しっかりコーナー付近でキープして時間を使ったりして1-0で勝利!

これで5試合連続無失点を達成!

1日試合が遅い川崎の結果がありますが、土曜日時点での暫定2位に浮上です。

これからは今まで以上に研究や対策をされてくるでしょうが、それを上回るスピードとチーム力で、きっちり鹿島に食らいついていきたいですね。

試合後は日産では初の選手がトリパラもって場内一周挨拶。
いいですね、ホームという雰囲気。

そうそう、昨日近くで小学生が非常に熱心に応援していました。
試合後は周囲の大人たちが彼にハイタッチしたり、一緒に写真撮ったりと。
夏の良い思い出になったかな?

そんな感じの東京戦。

試合後には先日引退を発表したマリノスOBでもある石川選手がマリノス側に挨拶に。
奥底にトリコロールの魂がある、にはグッときました。
直樹の事についても触れたりと。

まだシーズンは続きますが、マリノス戦は今回がラスト。
ピッチには立てませんでしたが、残りのシーズンどこかでピッチに立ち、引退できる事を願います。

引退後、いつかトリコロールのどこかと関わってくれる所があるといいなぁ。

随分前の事になりますが。
01年のアウェイ福岡戦。試合日が見事に石川選手の誕生日(5月12日)でした。
なので、ナオ誕生日おめでとう的なメッセージボードを作ったのですが、この試合前半で波戸選手が負傷退場。
代わりに數馬選手が入った分、バランスをとる為に後半少しで石川選手は金子選手(現・マリノスジュニアユースコーチ)と交代。
非常に悔しそうにピッチを出てマリノスのゴール裏前を通っていった石川選手の横顔が印象に残っています。

(試合も0-1のVゴール負け。唯一、ウルグアイの年代代表でレコバ選手とも組んだリパティン選手が出場した試合)。

そんな土曜の東京戦。

チームはこれから2週間のW杯予選中断に。