風変りなサポーター認定な あだちです、おはようございます。

前回、「メディアと情報。」というエントリーを書きました。

今回は昨日のスポーツ報知・岡島智哉記者のコラムを受けての完結編になります。

昨日のスポーツ報知のコラムはマリノス担当の岡島智哉記者。
07C3AA1F-8941-470A-94A3-3E105A47E2F9

海外20か国でサッカーを観戦された視点からJリーグについて書かれています。

スポーツ報知・岡島智哉記者のコラム。

ぜひ一読された方も、リンクに飛んで、PVに貢献してください。
できれば記事下にあるfacebookやtwitterのボタンのご活用も(笑)

1つ前のエントリーにも書きましたが、今年あだちがマリノスの代表選手を応援しに世界中を飛び回った際、国内外のメディアからアポがありました。

前回は海外メディアの事を主に書きましたが、国内メディアからも、アポを頂戴していました。

ただ、In this Corner of the Nissan Stadiumブログ(FMBH参加されているのでまだ直リン貼りません、ぜひFMBHから)の12月21日エントリーにもあるように、オフシーズンのごたごた。

マリサポの多くは、一体何が起きているのか正確な情報が分からず。
様々な所から情報を入手しようとなされた事でしょう。

あだちもその1人で、色々な所から情報を得たりしました。
参加していない事も教えて下さる方がちらほらいたり。

メディアでも、必要以上のマリノスバッシングがありました。
しかし、岡島記者は冷静に情報を取捨選択し、根拠ある情報だけを、流されずに配信されていました。

なので、いくつかアポを頂戴した殆どをお断りする中、岡島記者ならお話してみたいと思い、取材をお受けする事にしました。

もっとも、ごたごたがなくても、岡島記者の取材は受けていたと思います。

というのは、ご本人コラムにあるように、2014年岡島記者はサッカー観戦で世界を旅されています。
しかも、物凄い移動距離を!

きっと今後のサッカー記事に関連して話が出る事もあると思うので詳しくは書きませんが、この事を、実はあだちは2014年に知っていました。

あだちがイングランドで2014年にEURO2016予選のイングランドvsスロベニアを観戦に行った時、岡島記者はその2節前のスロベニアvsスイスを観戦されていました。

あだちがイングランドvsスロベニアを観戦した記事。

情報を色々集めている時に、世界中を旅してサッカーを観戦している凄い方がいるぞ!と知ったのです。

また、今年は随分練習見学やふれあいデーに行ったのですが、選手に取材をしている記者さんを見かける事が時々あります。

2014年から岡島記者の顔は把握していたのですが、選手をリスペクトして礼儀正しく取材されている様子にも好感を持っていました。

なんていったって、私たちのトリコロールを身にまとった選手達への取材です。

当たり前の事なのかもしれませんが、実際記者が選手に話している様子を見ていると、ポッケに片手入れたままとか、足元のボールで遊びながらとか、とても選手をリスペクトしている様子がない記者さんがいるのも残念ながら見かけます。

そんな事もあり、楽しみだった岡島記者からの取材。


1回目は、7月12日。
天皇杯@三ツ沢の沼津戦の前にお会いしました。

おしゃれなカフェで取材時のあだちインスタ。

予想した通り人柄の良い方で、かつ、サッカーが物凄く好きな事が伝わってきます。
バブンスキー選手を応援しにポーランドへ行った話を主に話しましたが、しっかり話を聞きながら、事細かにメモを取られていました。
あだちの雑談みたいな些細な事も。

時々、あだちが岡島記者の2014年の海外旅の事を聞いたりもして、楽しい取材の時間でした。

最後に、お名前等載せても平気ですか?との事だったので、個人的には「あだちって人凄い!」と思われるより、世間には「マリサポって世界中飛び回って凄い!」と思われたいので、名前はNGでお願いしました。

結果、「風変りなサポーター」と記事内で命名頂きました(笑)

(ちなみにこちらのブログはFMBHにしかリンク貼っていないニッチなブログなので、ぜひFMBHからアクセスくださいませ!)

FMBHリンク。

その後も海外遠征をしたので、追加情報の連絡を取り合ったりしました。

また岡島記者が過去スロベニアに行かれていたので、マケドニアの帰りにスロベニア乗継があったのでどんな感じか伺ったり。
シドニーもアジアカップ決勝で行かれていたので情報を得ました。
(そのお陰で、スタジアムから市内へ向かう電車がローカル線で劇混みと伺い、スタジアム近くのホテルを取りました。結果、試合前後にミロシュ選手に会え、岡島記者の助言のお陰でもあります。)


月日は流れ、取材はもう1度ありました。

10月25日の天皇杯磐田戦前。

今回もオシャレカフェでの取材です。

メッセージのやり取りが出来るのに何かな?と思ったわけです。

そうした所、2回目は、実際海外へ行った際の行程の確認でした。

コラムの一部で登場する、風変りなサポーターの話なのですが、この裏取りでした。
もはや、さすがとしか言いようがありません。

このブログで海外遠征の事を随分と書いてきましたが、韓国以外は他のマリサポに会っていない以上、書こうと思えば、あだちは嘘を書ける可能性もあるわけですよね。

実は1つ前のエントリー、一番最後に、ちゃんと自分で情報は精査しましょう的な、好きな話のリンクを入れようと思っていました。

あだちの好きなお話。

ここをしっかりチェックの為の取材となったわけです。

このしっかりしている所が、あぁ、あのオフのメディアの大半がネガキャンやっている中、しっかりと裏の取れている情報のみを冷静に流していた岡島記者の凄さなのだな、と身をもって感心したのでした。

以上2回の取材があり、昨日のコラムの一部となった、というお話でした。


今年シーズン前から色々あったマリノス。
その中でしっかりとした情報と、サッカー好きならではの視点とで、実にウィットに富んだ記事で配信され続けた岡島記者。

スポーツ報知という組織に属する以上、今後異動になる事もあるでしょう。

特にこれだけの能力の高い記者さんとなれば、様々な場所を経験し、名ライターや、名デスクとなられるハズです。

ずっとマリノスを担当していて下さいというのは本音ですが、
同時に、岡島記者のような記者が沢山育ち、日本のサッカーメディアが成長する為にも、岡島記者にはどんどん上の立場になって欲しいと思うのも本音です。

どうぞ、日本のスポーツを取り巻くメディアが発展していきますように。

そんな感じで、岡島記者から取材を受けた事を、2017年の海外遠征に関連する事のまとめとしたいと思います。

様々な方の協力があり、今の所今シーズンのマリノス公式戦全試合(あと今季は明日の天皇杯準決勝と元日の決勝ですね!)やキャンプも沢山行け、マリノス選手の代表関連で世界中も飛び回れました。
(コラムの中によると直線距離で89,000キロだそうです。)

また、ブログやインスタ、twitterなどで多くの方が絡んで下さり、結構移動中楽しめました、有難うございました。

特に、そんな風変りなサポーターの一番のサポーターである妻りにに感謝を。

そして毎度ながら、これだけ飛び回れたのはANAマイルがあればこそ。

そしてマイルを貯めるならハピタスですね!

下記のバナーから登録頂くと紹介ポイントが付いてお得です。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

屋根下あだちメモは課金がない代わりに、ハピタスに登録して頂けると非常に喜びます!

と、いつものようにハピタスの告知をし(本当におすすめです)、今回のエントリーを締めます。

来年はアジアチャレンジはFC東京が1試合行うのみのようなので、ぜひとも明日、そして元日に勝利し、ACLで海外に皆で飛び出しましょう!!

まずは明日準決勝で勝利を!!