今回もANAマイルで行ってきた あだちです、おはようございます。

土曜以来3日ぶり2度目の宮崎キャンプへ行ってきます!!
D646E6FF-CC97-4424-B453-1EF9226F23E9

土曜、あまりにも寒かったので防寒対策もパワーアップ!
ちなみにインスタにも写真ありです。

あだちインスタリンク。フォローミー。
ちなみに
石垣キャンプ 19,000ANAマイル(那覇経由の為)
宮崎キャンプ 24,000ANAマイル(2往復)
合計 43,000ANAマイルでした。
anago

ハピタスがあれば、キャンプでこれだけマイルを使っても、痛くないですね。

ハピタスは下記のバナーから登録して頂いた場合のみ紹介で双方にボーナスポイントが!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

なお、マイルではなく現金にもできるので、マイル派ではなくても遠征費の足しにしたり、ホーム試合へ行くお金にしたりもできますよ!


さて、開始15分前にシーガイア到着。

相変わらずの寒さ+突風!
土曜の反省から厚手ダウンを持っていきましたが土曜以上の寒さ!
予備のウルトラライトダウンとの二重ダウン。

試合は井原さん率いるアピスパと。

スタメンは左ウイングに遠藤選手、右にイッペイ選手。
アンカーに扇原選手。
あとは徳島戦と同じ。

試合は始まってすぐに、松原選手から中澤選手に戻したボールを珍しく中澤選手がロスト。
そこを福岡の選手が素早く奪い、冷静にゴールを決められます。
まず0-1。

マリノスはラインを高く保つ守備。
福岡はスピードのあるFWなので、高い位置にいる時に奪われると、ヨーイドンでCBが負けてピンチというシーンが何度か。

徳島戦とは異なるこのスピードタイプにどう対処して行くか、非常に重要になる、意義のある練習試合のチョイスですね。

そしてPKを与えます。

が、杉本選手がファインセーブでかき出します。

攻撃は、インサイドハーフに良いボールが入れば、天野選手とバブンスキー選手で組み立てが出来る事があります。

右を軸に、バブンスキー選手から早い角度のキツイパスをしっかり上がってきた松原選手→すぐイッペイ選手に繋ぎ、右を突破。
そしてグラウンダーのクロスに、伊藤選手があとわずか!という崩しのシーンが。

形は右から出来つつありました。

ただ、徳島戦や練習のような、CBからの早いインサイドハーフへのパスは少なかったです。

また、左ウイングの遠藤選手はマリノス合流初試合で、うまく絡めず。
左からは作れませんでした。

途中、天野選手とバブンスキー選手が左右入れ替わりますが、左は活性化できず。

山中選手との縦関係が上手く行かず、山中選手は扇原選手にパスを要求しますが、次の流れを作れないので出せず。

前半終盤に扇原選手は傷んで山田選手に交代。

そして前半終了。

扇原選手は歩いて外に出られましたし、その後右をテーピングしていましたが、コーチとクールダウンしていました。

そして後半。

アクシデントのアンカーには喜田選手が出場。
非常に声をだし、周りに指示を出していましたし、味方の良いプレーの時も、味方の名前を呼んで讃えていました。

も、後半立ち上がり。
高い位置取りの為、相手の速攻に3対3に。
中央に引きつけられつつ、右に出され、切り込まれてシュートの失点。

ラインが高いと今まで以上にそのリスクは増えるので、練習試合でやられたのは今後生きるでしょう。

攻撃の組み立ては少ないですが、バブンスキー選手は好調のようで、相手を2ステップで置き去りにしたり、良い感じ。

遠藤選手は前半に比べ、前に攻め込んだりできているので、オフ短かった疲労を抜きつつ、フィットしていくでしょう。

その遠藤選手に代わり、ユースの椿選手。

石垣キャンプにも参加し、臆する事なく攻め込みます。

相手3人引きつけ突破からペナルティエリアでPKもらったりと。

左も活性化し、全体もよくなりました。

スコアは動かずそのまま0-2。

そんな感じの福岡との練習試合でした。

あとは井原さんと会った件はまた後日。