明日の試合のセレモニーを楽しみにしている あだちです、おはようございます。
IMG_6728

さて、引退発表後、坂田選手と天野貴史選手(以下、本エントリーでは天野選手)の事を書き始めましたが、坂田選手の事で長くなり、天野選手の事がかけませんでした。

坂田&天野引退。エントリー。

なので今回は天野選手の事を。

(たぶん)あだちが天野選手を始めてみたのは2002年。

マリノスのニュースリリースで良く世代別代表で代表選出され名前を見ていた天野選手。
ニュースリリースで顔を知っていた天野選手が、U-18関東サッカーリーグのマリノスvs市立船橋戦@東戸塚でボールボーイをしていました(ユース1年目でまだメンバー外)。

そして2004年。

前年にリーグ優勝をしたマリノス。
当時はACLの出場権は日本は2枠で、04年のACLにマリノスとジュビロが出場する事に。

と、同時に、当時はA3という、日本、韓国、中国での試合がありました。リーグチャンピオンと開催国がもう1チームの4チームでの試合。

代表で例えるなら、アジアカップと、E1くらいの違いがあるのですが、当時ACLもA3も始まったばかり。
どちらが格式高い大会か謎な頃。

このACLとA3の期間が重なり、さてどうしよう?と。

A3は中国の上海で2月22日~28日の集中開催。
ACLの2戦目が2月24日。

2月22日vs城南一和(韓国)@上海(A3)
2月24日vsペルシク・ケデリ(インドネシア)@三ツ沢(ACL)
2月25日vs上海申花(中国)@上海(A3)

という日程。

しかも、前年までマツダがスポンサーだったA3がこの年から日産がスポンサーに。

そんな事もあって、「ACL辞退へ。」のような記事が当たり前のように出ていました。

そんな状況の中、マリノスは、トップチーム主力組を上海のA3へ。
三ツ沢でのACLはサブ組とユースから選手を借りて編成する事となりました。

その三ツ沢でのペルシクケデリ戦。
IMG_6720
(昔の掲示板も懐かしいですね)。

こちらにユースから天野選手らが召集され、天野選手が公式戦デビューとなりました。
(ブログ冒頭の写真。)
IMG_6731

サイドバックをこなす天野選手。センターライン付近。

この試合は見事4-0でマリノス勝利。

グループ4チーム(マリノス、ペルシクケデリ、ビンディン(ヴェトナム)、城南一和)中1チームしか決勝トーナメントに行けない中で重要な勝利となりました。

(最終的に、城南がペルシクケデリに15-0という試合があり、得失点差でグループリーグ敗退)

ちなみにこの試合には、以前に「まりびと」でも特集された現・育成コーチの金子勇樹選手と、離脱していた松田直樹選手も出場しています。

まりびと・金子勇樹。

IMG_6734
CKのチャンスに上がってくる直樹。

背中の29番が写っているのが入団したばかりの阿部祐大朗選手。この試合4点目を決めました。

この直樹、金子選手、阿部選手の3選手と岡田武史監督は、この試合の翌日午前に上海へ。
夜の上海での上海申花戦にメンバー入りしています。
IMG_6786
そして直樹は奥大介選手と交代して2日連続出場!(白いユニの左端。栗原選手とCB)

ちなみに、あだちは2月21日~23日で上海、24日に三ツ沢でACLを見て、25日~29日で上海でした。
この月はアウェイのヴェトナムでACL初戦もあり、1月で25万円くらい遠征費で消えました。
それで真面目のマイルを貯めようと思い始めたのでした。
なのでマイルを効率よく貯めるならハピタスおススメ!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

こちらのバナーから登録して頂いた場合のみ、登録者&あだち双方にボーナスポイントが。


さて話は天野選手に戻し。

05シーズンにトップチームへ。
14シーズンは千葉へ1年間レンタル移籍でしたが、05シーズンから15シーズンまで長くマリノスに在籍。
10年シーズンがマリノスで一番出場し、同じくセレモニーな坂田選手からのアシストで日産でのガンバ戦でアディショナルタイムに決勝ゴールを決めたりと活躍。

16,17シーズンはJ3の長野でプレー。
昨年の天皇杯では、磐田vs長野の勝者と準々決勝で対戦予定でしたので、もしかしたら天野選手と対戦?と少し期待しましたが、勝ち上がったのは磐田でした。
(1-0で勝利し、マリノスが準決勝進出)。

17シーズンをもって引退となりました。

ユースに入った年に初めて見た選手が引退で16年も経っている事が少々驚きですが。

長らくマリノスを中心にプロで活躍され、第2の社会人人生スタートの天野選手。

明日神戸戦でのセレモニーが天野選手にとっても、素晴らしい思い出となりますように!!