練習試合時はほとんど曇っていて過ごしやすかった あだちです、こんばんは。

昨日は練習試合の明治学院大戦でした、一昨日の夜に急遽スケジュール変更で発表された練習試合。
この後台風延期の清水戦含め連戦に入りますし、その前に最近出場の少なかった選手らのゲーム感覚を上げるための模様。

真夏の10時開始の練習試合ですが、幸いにも雲も多く、風もそこそこで過ごしやすい気候でした。
160FADF0-20EB-4CD6-9222-38952AEA56D3

それでもコカ・コーラは美味しいですね。

練習試合のメンバーや結果はマリノス公式から。
練習試合vs明治学院大戦結果。

この試合はアンジェ監督はベンチに入らず、小机フィールドの小屋の近くでシティのお偉いさん?の方と話し込んでいました。
指揮を執るのはクラモフスキーコーチ。

スタメン+控えでバブンスキー選手が練習試合着で、緊急時に備え、最初はベンチに練習着の鈴木選手と扇原選手がいました。

さて、練習試合の相手である明治学院大学は現在東京都リーグながら、非常に力をつけているチームとの事。
アミノバイタルカップでは関東1部のチームに勝利を重ね準優勝との事。
また、東京都リーグでも現在首位だそうです。
練習試合でプロ1年目も多いマリノスより年齢上な選手もいるので体格で上回る選手もいました。

また、マリノスの育成出身の選手もいるそうです。

ちょうど昨日Numberで明治学院大の特集が。


いよいよ練習試合開始!

開始前の整列なのですが、普段は両チーム審判を中央に横一直線に並びますが、この練習試合ではセンターラインを挟んでそれぞれのチームが並びます。
おぉ!一昨日開幕した100回目を迎えた夏の高校野球のような整列!この季節感!(たぶん違う)。

キャプテンマークは練習試合でしていませんでしたが、その整列的に、マリノスは栗原選手がゲームキャプテンのようでした。

試合開始。

久々試合の感じな選手も多いですが、活き活きとプレー。
なかなか5レーン理論等の感じにバランス取りながら形作って攻める、という風にはなりませんが、前線で上手くポジショニングして攻めたり、中央をしかけたり等。
(練習試合詳細になってしまうのでここからは雑な感じに。)

ただ、明治学院大も強いので、何度もサイドから運ばれてピンチを招いたり。
そういえばこの試合西山選手が左SBでした。CBは栗原選手と生駒選手。
不慣れなポジションでしょうが(それを言えば右SBも和田選手もですが)、そつなくこなしている印象てした。
展開の流れでは、CBを生駒選手と入れ替わって、生駒選手が左サイドフリーランしてボールを呼び込もうとするシーンがあったりと。

練習試合は1本20分×3本なのですが、1本目のラストにCKから失点。
失点直後に1本目終了。

(その時点では何分で何本の練習試合か分からないので、最初はその前の日の川崎戦のように20分過ぎでの給水タイムかと思いました。)

1本目終わる頃に前日川崎戦スタメン組の選手がリカバリ終了でそのまま練習試合を観たり、ロッカールームの方へ帰り始めたりと。

2本目もメンバー交代なしで、明治学院もスタートでは交代なし。
先に2本目8分くらいに27番から16番への交代。

ちなみに出場していた25番の選手がマリノスジュニアユース追浜出身(桐蔭学園)の原川選手だそうです。

明治学院が交代を行った直後、攻めた流れで中央から山田選手がゴール!

も、その後崩され明治学院大の21番の選手にゴールを決められました。

2本目はざっとそんな感じ。
2本目終わると、リカバリ組はスタジアムのロッカールーム方向へ大半が引き上げていきました。
練習着のまま最初は控えていた扇原選手と鈴木選手も戻りました。

3本目に明治学院大は2本目から途中出場の16番の選手以外10名が交代。
2番でマリノスジュニアユースみなとみらい出身(日大藤沢)の大野選手も出場。

3本目の頃には日差しも出てきて暑くなってきました。
球際のせめぎ合いも強くなり、接触プレーが増えてきました。

尹選手がファールを受けて、そのままバブンスキー選手と交代。
バブンスキー選手は右SBに入り、尹選手のいた左には堀選手が入り、堀選手のいた右には1列上がって和田選手が。
急な入りでしたがすばやいロングフィードで堀選手にパスを出したりしていました。

試合は、1列前になった和田選手からのパスに町野選手が反応してゴール!
これでスコアは2-2.

も、その後、山田選手が接触プレーから負傷。
そのままピッチを去る事になりました。

ベンチにもう控えのいないマリノスはここから10人での試合に。
扇原選手が小屋の方からスパイクをもって出てきましたが、アップする時間等考慮し、残り次回も少なかったのでそのまま試合は終了となりました。

あ、ちなみに尹選手も山田選手もその後歩いて小屋の方へ行ったり、尹選手は途中から戻ってピッチ脇で練習試合を観続けていました。
大事じゃない事を願います。

そんな感じで、久々な練習試合でゲーム感覚等が戻ってきた選手も多い事でしょう。
ここからの連戦にチャンスがあるかもしれないですし、ぜひともこの練習試合がプラスに働きますように。

---
昨日と同じですがお得なのでもう1度!

いつもオススメしているハピタスやちょびリッチから、PeX等を経由し最終的にANA JCBのソラチカカードが、獲得ポイントをお得にマイルに出来てお得な事は以前からちょくちょく書いていました。

今まで、なかなかそのソラチカカードの発行でポイントを貯める事ができませんでしたが、ちょびリッチで8月1日より可能になりました!
しかも現在ポイント倍額中!
anatyobiritti

12,000ちょびリッチポイントが今なら貯まります!(キャンペーン終了が記載ないのでお早めに)
これが最終的に最大でANA4,860マイルになります。
そしてちょびリッチやハピタスでのポイントを最大化するために必要なのが今回記載のソラチカカードです。

ちなみに5,000マイルあれば羽田~大阪片道分、無料の特典航空券にできます。
今回ちょびリッチからソラチカカードを申し込みして、あと140マイルを貯めるだけで。

そしてちょびリッチにも紹介制度があるので、ぜひ下記バナーよりご登録ください。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

こちらのバナーから登録して頂き、月末までにソラチカカード申し込み等アクションすると登録者に500ちょびリッチポイント(最大ANA101マイル)が付与されます。
先ほどのソラチカ申し込みと合わせると、あとわずか39ANAマイルで大阪片道分の特典航空券が!
ぜひ上記載バナーより。

ちなみにソラチカカードを作ると、いつも紹介しているハピタスからのポイントも最大化できます。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタスも紹介制度あるのでぜひこちらのバナーより。紹介元&紹介先双方にボーナスポイントが!

効率良くマイルを貯めてアウェイ遠征に出かけましょう!