昨日は普段一緒に応援している若者が彼女を初めてマリノスに連れてきた試合で、勝利できっと彼女もハマってくれるだろうと確信している あだちです、おはようございます。

さて、昨日はホームで札幌戦でした。
IMG_4570

フライデーJリーグ!ホームでの平日金曜試合。

アウェイでは1-2でリーグでは初めて札幌に負けた試合。
ホームではしっかり勝ちたい所。

DAZNデーでユニ配ったり、相当DAZNが気合入れて盛り上げようとしていただけに事前から雨予報&当日も雨で残念な天候。
きっちり晴れ予報&晴れて一杯観客動員あれば良かったですが。

スタジアムへ到着すると、あら地元の知り合いがヒルバレーポップコーンの売り場にいました。
いま働いているそうで。知り合いは次は12月1日に来るそうです。
買ってあげてください。

さて、プレミアリーグのトロフィーツアーがあるというので見てみる事に。
IMG_4568

ユース界最高峰にして、マリノスユースが降格してしまったプレミアリーグの、ではなく、イングランドのシティさんの方。

トロフィーだけを観に来た感じのシティファンの方も多かったです。
(場内展示にして入場券を売れば良いのにとか思ったり思わなかったり)。

ゲートを通過しスタジアム内へ。
入口でこの日用のユニをもらいました。

さて、この試合は1つ前の仙台戦で行われた「大好きF・マリノスWAON」でSSS席ペア券が当選したので、SSS席へ。

なんと素敵な事に試合前に10-FEETの演奏があり、メインスタンド選手入場口付近との事。
あらま、本当に近い位置にセッティングされています。

結構雨が降っているので、雨対策をして座席へ。
近い!若干アウェイ側の座席でした。ちなみにマリノス系ブロガー仲間の某氏と観戦。
さすがに19:30試合だと息子は連れてこられず。

そうこうするうちに選手アップ開始。

も、普段と違う座席なので完全にオノボリさんですね!
ゴール裏の様子みたり、ピッチ見学に知り合いがいたのでピッチ挟んで反対側の知り合いを探したり。
ゴール裏からはチアゴ選手への激励幕が出ていました、ポルトガル語少し勉強していたので、ちょこっとその場で意味わかる感じ。

またアウェイ側に近いので、札幌はこんな感じのアップしているんだなー、とか普段見られない様子が近くで見られました。

アップの終盤には、両チームリザーブの中町選手と兵藤選手が談笑していました。

アップ終わり頃にいよいよ10-FEET出演。
メインスタンド前で熱く盛り上げていました、カッコイイ。

演奏の途中から雨足が強くなりながらも力強いパフォーマンス。
終了後にスタッフが急いで機材にビニールをかけていました。

試合は今年最後のホームナイトゲームでマリノスギャラクシー。
札幌側も赤いペンライト等で盛り上げています。
そういえば中央よりややアウェイ側寄りだったので札幌の応援曲が良く聞こえましたが、札幌は昔から歌われている応援歌が多い印象。

試合前は民衆の歌。
先月の柏戦はSA指定で観戦し、その時も思ったのですが、メインスタンドはBGMをもっと絞った方が良いような。せっかくスタジアム全体での歌う声が大き目のBGMで聞こえにくく。

さて、選手が入場して試合開始。
札幌は普段の3バックから1枚降りて4バック。

マリノスは序盤から左側を中心に攻め込みます。
連続してスタメンで出ている遠藤選手が左からグイグイと。

去年であったりしたら、そのガムシャラさから自身でシュートまで行って、貴重なゴールに結びつく事も多かったですが、最近は完全に余裕が出て来た感じですね。

そのままがむしゃらに自分で行っても決められるのでは?と思うシーンがありつつも、しっかり見て中に切れ込んだり、ウーゴ選手にパスを出したりと周りがしっかり見えています。
以前よりワンステップ上のレベルアップを図っている段階ですね!
冷静さがあったからこその磐田戦のゴールでしょうし。

さて、雨も強くなり、少々重い感じのピッチ。
かつ、スリッピーになってミスも出やすい感じに。

そうなると、俄然前からプレッシャーを掛けに行くマリノスが札幌のミスを誘いやすい展開に。

まずウーゴ選手が、そして連動するように大津選手や仲川選手が追い回して相手のパスミスを天野選手や扇原選手がおさめて前へ。

ウーゴ選手は最近よくコネる様子が分かるように足元がキレキレなので、こんな雨で相手がミスする中でもしっかりコントロール。

フットサルばりに相手にボール見せて滑り込ませておいてクィっと手前に引いて、スライディング後で無力化した相手DFのプレッシャーが無くなってから余裕でパスを出したりと。

そんな感じで序盤から惜しいシュートシーンが何度か。
これには札幌GKのファインセーブにあいます。

それでもセーブにあってもプレッシャーをかけるのでミスキックを誘ったりしてマリノスボールになったりと。

札幌も全く攻めれないわけではなく、上手くミスなく中盤まで運べた場合は素早く左右にはたいて中央へというようなシーンも。
早い時間にCKを札幌に与えました。

も、雨の中で一発目の相手CKのシーンで飯倉選手がはっきりした形でパンチング。
こうハッキリするとバタバタせずセットプレーの守備も良いリズムが生まれますね。

さて、札幌は立て続けに攻めて、2連続ネットが揺れたけどオフサイドのシーンが。
札幌のペトロヴィッチ監督は終始ベンチから出てオーバーリアクションしていますが、このオフサイドシーンは得に。
札幌ベンチの選手も何人も出てアピールしています。
あれ?でも見ると選手の中には、「いや今のオフサイド」と内心思っているのか、笑顔で監督に追随するように抗議するようなリアクションをしている選手も(笑)

札幌はこの試合累積で出場停止が多いのですが、それでもチャナティップ選手の独特なリズムの捕まえにくいドリブルなどがありました。

全体的にはマリノスが主にペースを握りながらも得点が奪えずにいると、ジェイ選手のスーパーゴールに決められ0-1.

先制点を奪われましたが、方向性ブレず、この1失点で動揺せず攻め続けるのみ。

すぐに遠藤選手が駆け上がり、中央のウーゴ選手へ。
起用に足元でコントロールして相手をズラして右の仲川選手へ。
仲川選手は冷静に詰めてくる札幌の選手を切り返してシュート!
見事な同点弾!1-1!
仲川選手も飛んで喜びを表します。

そこから波状攻撃で遠藤選手からゴール前の仲川選手に!
決めきらないものの跳ね返りをウーゴ選手!とは決まらず。

でも、良い流れと時間帯。

大津選手や松原選手が相手を追い込んだり、天野選手がFKを得たり。
2試合連続ミドルを決めている山中選手のシュートが札幌の選手の顔に当たるシーンも。その後頬をさすっていたので結構痛そうでした。

天野選手はアウェイ札幌戦でゴール左上隅に綺麗に弧を描いたのにGKにファインセーブになったシーンがあっただけにこの試合ではぜひ決めてほしい所。

と、そのセットプレーのセッティング中。
前線に入らないチアゴ選手は何やら大きなリアクションで周囲の選手に色々言っています。
このセットプレーというプレーが止まった瞬間を使って試合中に上手く守備の修正をやっていっています!

そのお陰か、扇原選手がしっかりCBの真ん中寄りにタイミング良く落ち、チアゴ選手が高い位置で守備をするようなシーンも。

FKに話を戻すと、残念ながら少々右にそれてしまいました。

さて、時計が進むと目の前で札幌のリザーブの選手皆がアップを。
ここでのアップはGKの菅野選手も同じメニューを一緒にやっていました。

前半の終盤はマリノスペース。
見ていて、よし行ける!と思うと、なにやら視界に「違うぞ!!!」という感じに手を振り回す方。
札幌のペトロヴィッチ監督でした、通りで自分の思っているのとまったく異なるリアクションが視界に入ってくるわけです(笑)

ただ、優位にマリノスが攻めるという事は札幌としてもカウンターを狙いやすい時間帯でもあり。

2試合連続同じメンバーといえ、畠中選手はまだマリノスでの試合数は少ない状況。
それでもしっかり1対1には勝ってピンチを防ぎます。

扇原選手のアンカー横は松原選手と山中選手が絞って上がっていく事もありますが、そのままのフォーメーションであれば狙いやすいスペースのあるエリアのハズ。

も、この試合、あだち的に一番グッドなプレーだったのはこの日誕生日だった安定感抜群の扇原選手のアンジェサッカーでの基本動作。

チアゴ選手からパスが扇原選手に出る所をめがけて札幌の選手がコースとボールに対して詰めてきます。
ここでロストすると一気に厳しいシーン。

そこを半身でボールを受け相手がコースを塞ぐより先に前を向けている扇原選手!
余裕があるので、一旦後ろに戻したりする事もできますし、相手が奪いにくればもう体勢整っているので得意のスルーパス等攻撃にも繋げられる展開。
そんなわけで相手選手は扇原選手に対して詰める事も出来ず。

ピンチから見事なプレー!とかではなく、ピンチすら作らせず何も起こらなかったシーン。
何も起こらない事がもはや芸術!

そんな感じの後に遠藤選手と天野選手、山中選手が左でパス交換をして天野選手からインから上がってきた山中選手へ。そしてニア側に来ていたウーゴ選手が山中選手のパスをしっかり決めて逆転2-1!!

リズム良いパスワークで圧巻のゴールでした、素晴らしい!

そして、前半終了間際という時間。

最後まで大津選手が全力で相手を追いかけまわして、きっちり2-1で折り返しとなりました。
ホイッスルがなるまで手を緩めずプレーし同点などにはされずにハーフタイムへ!

後半はネンチケ入場でゴール裏へ。

ちょうどハーフタイムはMINMIさんも登場です。
ハーフタイムにゲストライブがある試合、前半のうちに逆転していて雰囲気も良いですね。

そして歌詞聞いていると、お!
この試合用に歌詞がマリノス仕様!!
歌詞の中にゴールを決めた仲川選手とウーゴ選手!

前半の終わりから再び強くなった雨でしたが、大盛り上がりのハーフタイムでした。

札幌は後半からDFを1枚交代。

2節前の磐田もハーフタイムに1枚代えてきましたね。
マリノスの前半から手を緩めない戦いがあればこその相手の交代かと思います。
序盤から飛ばし続けるのは大変だと思いますが、早い時間に相手に1枚、守備で交代カードを切らせれば、90分通した場合マリノス側にメリットも多いでしょう。

さて後半立ち上がりから攻勢に。
松原選手からウーゴ選手の惜しいシーンなども。

松原選手は後半に入りシュートまで行ったシーンもあり、攻撃にも非常に顔を出します。

その後も怒涛の攻めで右から仲川選手らがペナルティエリアに切れ込んで来たりと。
仲川選手は駆け上がった時に相手DF3枚をひきつけ、ペナルティエリア外でFKを獲得したりと。

ウーゴ選手はフィニッシュまで行くのですが、非常に献身的で、そのまま決定機に持ち込めそうなシーンで、遠藤選手にパスを選択するシーンも!
このシーンは残念ながら遠藤選手に上手く繋がらず。
とにかくマリノスの猛攻が続きます。

ここまで攻めながら決めきれないと相手に流れが行き、決められたりするシーンはサッカーでは往々としてありますが、ちゃんと最後まで踏ん張っていました。

終盤は札幌に攻め込まれ、CKを取られたり、素早く仕掛けられたりしますが、ジェイ選手へのボールをチアゴ選手が競り勝つ事も多く防ぎます。

また、相手の速攻のシーンで、流れを切らないと危険なシーン。
マリノスの左サイドが突破されかけますが、横からボールを外にはじき出したのが右サイドの松原選手!

この試合は何度もクロスや自身でシュートに行くくらい駆け上がって走って体力使っているだろうに終盤でピンチを察知し全力で逆サイドまで。
このシーンには次にゲームが途切れた時にチアゴ選手が松原選手の所へ労いのタッチをしに行きました。

ピッチに出る選手が労を惜しまず必死に戦い抜きます。
その労を惜しまず相手にプレッシャーをかけ続け前線から貢献していた大津選手から喜田選手へ交代。

終盤に天野選手から中町選手、ウーゴ選手からオリバー選手と交代し、5分間のアディショナルタイムを終えて見事勝利!

スコアこそ2-1でしたが、決定機の数は非常に多く、また、毎試合連携であったり、前線からの連動した守備であったり向上していて、非常に素晴らしいステップアップになってきました。
復調して連続ゴールを決めていた山中選手がウーゴ選手へのアシストも付いたり良い良い。

来週はルヴァン杯準決勝で難敵鹿島戦の前にこの内容と流れは水曜に繋がりますね。

さて試合後は選手達は円陣→場内一周へ。
マリノスケはこの日誕生日の扇原選手をマンマークですね、2人で会話していたりと微笑ましい。

ちょうどマリノスの選手がバックスタンドの方を回っているくらいに、あら、メイン側から兵藤選手がマリノスゴール裏に挨拶に。

この後札幌側の予定等もあると思いますが、ちょっと早いかな(笑)

バックスタンドからゴール裏へはピッチサイドのNISSANシート観戦者とハイタッチしながらの選手達。

ゴール裏からの扇原選手のハッピーバースデイソングの後、手を上げてこたえる扇原選手に中町選手が後ろからユニ脱がそうとし、続いて栗原選手がパンツを下げようと、なんだか和気藹々な雰囲気。

ゴール裏前での表彰ではプレモルがウーゴ選手で、まくらぼが仲川選手。

仲川選手はコメントでも、このマットレスでぐっすり眠ります!という感じに、まくらぼリスペクト!
もう完全にヒーローに慣れてきてスポンサーを持ち上げる所さすがです!

それにしても、まくらぼのプレゼンター(まくらぼの社長さん?)の方、非常に丁寧な方で、表彰台を降りてからも何度も仲川選手にペコペコと。
クラブスタッフにもお辞儀。
さらに選手がメインスタンドの方へ挨拶が終わりロッカールームに戻る時にも、マリノス君とマリノスケにもお辞儀していました。
感じの良いスポンサー企業様!

そんなホーム札幌戦でした。

試合後にはこの後U19代表に出発する山田選手と久保選手が登場。
ぜひとも大活躍して来年ポーランドでのU20ワールドカップ出場権を獲得してきてください!

今回は選外になってしまった堀選手はじめ、他の若手もマリノスで活躍&アピールしてぜひ本戦決めれば本戦へのメンバーに!

ちなみに あだちは昨年バブンスキー選手を観にU21ヨーロッパチャンピオンシップにポーランドで行った際、キャッシングの機械のタッチパネルのポイントが微妙にズレていて、日本円で約4千円をキャッシングしようとした所、1桁多くキャッシングされてしまい、ポーランド通貨の用意はばっちりです!

もちろんポーランドまでのマイレージはもう余裕で確保済み。

それもこれも、普段からポイント総合サイトのハピタスを経由し、yahoo!ショッピングや楽天、ツアーや宿等アウェイの予約をしてガッツリポイントを貯めてマイルにしているからこそ。

本日チケットが発売開始したアウェイの長崎戦も貯めたANAマイルを駆使して飛行機無料遠征です。

ですので、とにかくハピタス利用おすすめです!

サイトはこちらから。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

こちらのバナーから登録して頂くとボーバスポイントが!

そんな感じにいつも通りマイルの事で締める、札幌戦。

---
1つ前のブログにもコメント頂戴しました。
ださん、息子の為にわざわざ有難うございます!
東京戦でお会いできますように!
(また直前のブログにて!)