今回はJALマイルでバビューンと北九州へ行ってきた あだちです、こんばんは。

トップチームが代表ウィークでお休みの中、リーグ戦が長崎&鳥栖と連発する期間に北九州で決勝が行われたJユースカップ。
2010年の初優勝以来8年ぶりの優勝のチャンス!

あ、前回の準決勝と決勝は観戦に行ってブログ書いていました。

8年前の決勝エントリ1

8年前の決勝エントリ2

そして2018も見事に優勝!!
6A6FFF9D-CB00-4E7B-90CA-3DDADD8C0842

優勝の瞬間を見届ける事が出来て良かった!!

そんなJユース杯決勝。

当日は13時開始。
天気は曇りで時折小雨という天気。

マリノスのゴール裏も清水のゴール裏もそれなりの人数が!
マリサポにとってはトップチーム含めると3週連続の九州ですね。

決勝の対戦相手は清水エスパルスユース。
プレミアリーグの強豪です。

あだち的には、2年まえにジュニアユース追浜の高円宮杯U15準決勝を観に行った時の相手が清水ジュニアユースで、当時の清水は3冠。
準決勝でもPKで清水に敗戦でしたが強かった印象が。
そんな彼らが高2世代。

清水は前線を中心にスタメン5人がその高2世代(3年生5人1年生1人)。
マリノスは高3が10人の高2が1人。

この試合は公式戦として初めてVARが導入され、VAR審判のアナウンスも。

試合は序盤からマリノスが攻めの姿勢。
対して清水もがっつり前プレス掛けてきたり、しっかり組み立てたりと、あら、こんな素晴らしい試合無料で観戦して良いの?と思う程の良い試合。

マリノスユースは来季トップ昇格の両サイドハーフ椿選手と山谷選手も何度もサイドから勝負を仕掛けたりチャンスを作ったりと。
そこに得点王の栗原選手や10番の榊原選手もうまく連動してとにかく面白い。

あだち的には前述のジュニアユースの大会で非常にうまくて印象に残っていた左SBの池田選手が2年生ながらスタメンで、守備はもちろんの事、椿選手との縦関係も阿吽の呼吸で動いていて嬉しい限り。

素早いパスの流れの中でも視野の広い選手が多く、時折長いボールで上手い事山谷選手を走らせたり。
昨年の高知キャンプに参加していた岩澤選手の素早い状況判断からの展開も見ごたえありました。

前半は栗原選手が相手DFが揃う中、榊原選手が走って相手DFをひきつけスペースを空けた所を迷いなく振り抜き先制!
これで大会単独得点王に!

ここから清水も立て続けにビッグチャンス。
中央から抜け出して清水の選手がシュートも、枠に飛んできたシュートもGKの吉嵜選手がしっかり反応してゴールさせず。
前半終了間際にはゴール前で立て続けにシュートを打たれますがバーに2連続で助けられたりと。

前半1-0.

しっかり後ろから組み立てて連動して攻撃していて、とにかくマリノスユースが楽しかったです。
イケイケな展開に持って行けたりしますが、攻められた後などもバタバタし過ぎず、中盤の土佐選手が両手を下げるジェスチャーで周りに落ち着け!というような動きをしたりして、しっかり状況判断したりしているのも頼もしかったです。

後半に入り、右SBの木村選手が上がって榊原選手からボールをもらい、清水DFとの勝負に勝った上で切り返して冷静にゴール隅にシュート!

見事に決まり2-0!

ですがまだ残り時間も多く、清水も何度も反撃に。
記録はオウンゴールですが清水が攻勢で完全に崩され、触れてなくても清水もフリーの選手が構えていたので決められていた感じな。
2-1に。

お互いのチーム、交代のカードを切りながら試合が進んでいく様子も見ごたえあり。
山谷選手も椿選手も何度も仕掛けたりと。

最後まで得点を奪いに来る清水ユースにシュートを打たれコーナーキックに。
その最後のコーナーも凌いで、見事8年ぶり2度目のJユース杯優勝!!!

どの選手も誇らしい!

表彰式では単独得点王で栗原選手、MVPに榊原選手が!
CD127C7F-D465-4315-B9B9-13E817296B7D

そんな感じで表彰式があり、フォトセッションがあり、ゴール裏前に移動してのフォトセッションや、Dale campeonに合わせて踊る選手達。
62F5BE88-0001-41EC-9E94-3929976B7A13

まだまだJユースベスト4での招待大会@長野やプレミアリーグと、その先にプレミアリーグ昇格戦があるかもしれないのでこの試合がラストではないですが、年度最後の大会で優勝とは素晴らしい。

今回のトップ昇格は椿選手と山谷選手の2名ですが、この試合を観ているとどの選手も素晴らしく、栗原選手や榊原選手など上がっても良さそうに。

と思ったりする反面、トップで試合に出られるのは1試合11名+交代3名を考えると、上がったのにチャンスがないより、大学進学等で試合出場をして沢山経験を積んで更に成長してまたマリノスに戻ってきて欲しいですね。

実際に、ユースから大学進学経由でマリノスに入って、日本代表にも呼ばれる程に大きくなった天野選手の事例などがあるのもマリノスの素晴らしい所ですね。

そんな感じのJユース杯決勝!
優勝の瞬間に立ち会えて良かった!(試合後の事は最後の方に)


それもこれも主にハピタスを利用してマイルを貯めていたおかげ(通常営業)
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

こちらのバナーから登録して頂くとボーナスポイントが。

いつもANAマイルの事ばかり書いていますが、JALマイルにもできますよ。

さて、ではいつもANAマイルを推し、ANAマイルを使っているのに今回JALマイル利用だったかというと、

JALマイルは当日に搭乗予定の便より早い便に空席があれば振替可能です!

(ANAも以前はできましたが10月28日以降は不可に。)

Jユース決勝は最長でPK戦まで+表彰式の大会だったので、途中で帰る事になるのは嫌なので20時福岡発のJAL便を特典航空券で予約。

あとは試合が終わって空港着いた時点で早い便に振り替えれば良いや!という感じで。

13時開始の試合15時前に終了。
セレモニーなどを見届けて、スタジアムを15:40分頃出発!

今回の会場ミクニスタジアムの素晴らしいのはアクセスの良さ!
徒歩10分で小倉駅に!
小倉駅は新幹線がすべて停まる駅なので切符を購入し博多方面の新幹線に15:54乗車。
16分で博多駅着。

博多から地下鉄で7分で福岡空港着となります。
乗り換え時間含めて16:35頃到着。

すぐにJALのカウンターへ。

この時点で残念ながら20時以前の全ての便は満席。
なので、パッと見、振り替えはできません。

が、JALの特典航空券は当日空席待ちのエントリーも可能なのです!

ちなみに特典航空券の予約は普通席のみですが、当日差額を払えばファーストクラスやクラスJへの変更も可能。
空席待ちも同様にエントリーする事ができます。
当然に乗れる可能性はアップします。

なので20時以前の便の普通席&クラスJにエントリー。
F82B0C55-8A4F-45D4-9DEF-34F6F1430567

手続きして16:40分頃保安検査場通過し、空席待ちカウンターへ。

福岡空港は(来週利用される方も多いとおもいますが)、現在工事中で少し分かりにくいですが、空席待ちカウンターの前で待ちます。

すると16:50分に、17時の便にクラスJにご用意できました!と!
差額1,000円を支払いし、無事搭乗!

今回ベースは特典航空券なので支払った飛行機代は往復でこのクラスJ振替の1,000円のみ!

飛行機も17時に定刻通り飛び、なんと15時40分に北九州を出て、18時30分には羽田に帰ってきました!
3時間かかっていない!便利過ぎる!

ちなみに、安い航空券だと便の変更は不可です。
ここらへんのメリットも含め、JALの特典航空券は帰りの時間が掴みにくい時におススメです!

そんなわけで、そんな特典航空券を手に入れるためにマイルをガッツリ貯めるには、普段の生活でのハピタス利用がオススメですので、ぜひ!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

こちらのバナーから登録して頂くと紹介のボーナスポイントが!