宮崎で美味しいご飯を堪能してきた あだちです、こんばんは。

昨日は宮崎キャンプで最初の練習試合、アビスパ福岡戦と宮崎産業経営大学戦でした。
前日からお世話になっているマリサポさんの車でシーガイアへ。
8E0EFD40-983F-4686-94C8-CDE616154987

前日は曇りや雨でしたがこの日は晴れ!
気温も20度近くでした。
もっとも、この日は関東地方の方が暖かかったようですが(笑)

例年、晴れたとしても海沿いにあるシーガイアは冷たい風が抜けて寒いのですが、今年は風がほとんどなくダウン羽織っていれば耐えられるレベル(例年はダウンを2枚重ね!)。

練習試合のメンバーやスコアは公式さんに掲載済み。

2月4日練習試合結果。

アップが終わり、11時に練習試合開始になります。

まず最初はアビスパ福岡と45分×2本。

会場にはどちらのチームのOBでもある坂田大輔さんも視察に!

マリノスは今週金曜と土曜にセレッソ大阪と練習試合が組まれています。
こちらがキャンプの集大成だと思うので、今までの練習をどこまで落とし込めているかチェック的な位置付けでしょうか?

対するアビスパは、キャンプ期間中に6日に町田と、9日に横浜FCと練習試合予定。

残りの練習試合の対戦相手含め、お互いそれぞれこの試合に向けての状況が違う感じでしょうか。

トレーニングウェアから10番の練習試合着に着替える天野選手にカメラがマンマーク!
やはり背番号10を背負うのは注目ですね!

試合時間が迫り、アビスパと審判団が整列。
マリノスはベンチ前で全員で円陣を組んでから、一人ひとりハイタッチでスタメン選手を見送り。

そしてキックオフです。

マリノスはいつも通りな4141。
福岡は442でスタート。

1本目は開始早々にシュートまで持っていきました、練習試合に勢いが付きますね。

右インサイドハーフで出ている新加入の三好選手が最初から絶好調。

ボールを半身で受け前へのボール出しとランへの瞬発力が速いので相手よりテンポ早く相手を剥がして仕掛ける事が出来ます。
また視野も広く、味方の位置をしっかり把握できているからか、自身で突破だけでなく、味方に上手くパスを供給したりと。
仲川選手の走りこむの先の位置に絶妙にパス出し等、新加入とは思えないような受け手の特徴を生かしたパスを出していました。

序盤、マリノスが攻め立てますが、アビスパは守備時、DFとMFが綺麗に44で並んで下がって守備をするのでエリア内決定機はなかなかできません。
CBに札幌から新加入の菊地直哉選手が常に声を出して上手く統率しています。

が、キャンプで板置いたりしてこれらの守備に対する練習をしていたので、実戦でも経験でき、貴重な練習試合です。

アビスパは監督が新監督。
非常に情熱的な方で常にギリギリ前まで出て大きな声で指示を飛ばしていました。

試合の方は松原選手が石津選手を倒してしまいPK献上。
石津選手がきっちりPKを決めて0-1に。

点を取られましたが、マリノスも攻撃機会は多め。

去年のブレイクもあってか、仲川選手がドリブルし始めると相手DFが2枚も!
それでもそこを突破したりと。

また、何度か李選手がシュートへ行くシーンや、マルコス選手が攻撃で絡むシーンも。

フィニッシュまで行けなくてもCKを得る機会も多いです。

ここで前日行っていたセットプレー練習の成果が発揮できますね!
セットプレーに関する事なのでそこは割愛も、今年はセットプレーからの得点も増える事でしょう。

そんな感じで攻めを見せつつも、1本目45分はゴールならず。

フィールドから選手がベンチに戻る際、喜田選手はピッチでアップの前に出ていた選手に駆け寄って1人1人にがっちり労いの握手や抱擁。
1本目組に出られず悔しさもあるハズなのに出ていた仲間をしっかりで迎える光景はさすがでした!

さて2本目。

福岡側は何選手か交代。
マリノス側は交代無しでスタート。

全体的に前目の選手は調子良さそうですね。
石垣島の紅白戦で観たマルコス選手は来日してコンディションと疲れがあって状態それほど良くなかったですが、大分馴染んで調子を上げてきている感じです。
ボール捌きも巧みで前への推進力がありますね。

宮崎キャンプのちょうど真ん中くらいで疲労度等も考えると、これからどんどん用なるとすると楽しみな存在。

新加入のマルコス選手、三好選手がボールの扱いが上手くて相手より1テンポ分くらい早く処理してそのまま攻撃へ行けるのも良いですね。

李選手もゴールこそなかったですが、チームの為に献身的な動きで、チャンスに繋がるような連動した動作もあり、時折連動したプレーに関与した選手に笑顔でサムズアップ。
良い感じです。

また、ニアでオトリでスルーすればファーの選手がフリーになる場面、練習試合だからというのもあるかもしれませんが、自身でシュートまでいく場面も。
仲間を活かしながらも、自分が決めてやる!という意思も強い選手なので、これまた新加入選手ら楽しみです。

復帰の高野選手も、さすがに甲府ではやっていなかったであろう中に絞っての攻撃参加など、マリノスっぽい攻撃も必至に対応しようとしていますね。
左SBは復帰の高野選手、ティーラトン選手が中心になると思うので、縦関係がマルコス選手や遠藤選手と、去年はなかった縦関係を作る事となるので、こちらの今後の発展も楽しみ。

そして右の縦関係の松原選手から仲川選手へは、去年何度も見た阿吽の呼吸なパス&動き出しが練習試合でも見る事ができました。

ドゥレ選手やチアゴ選手はコンビとしては問題なく流石。
少々ドゥレ選手はお疲れ?イージーミスが珍しくありましたがまだキャンプの途中。
チアゴ選手は相変わらずのスピードと強さで簡単に見えるように相手に追いついたりしていました。

扇原選手は相変わらずの安定感。
綺麗なターンから大きく展開する流れに流石の一言です。

そうそう、練習試合着がユニ青、パンツとソックスがネイビーに近い濃さなので代表っぽい感じ。
加えて今年アディダスにして10番、天野選手は代表の10番を背負っているように見えました。

そして、その天野選手が相手をひきつける動きでマルコス選手への味方のパスコースを作り、左で受けたマルコス選手が中に横移動でDFを剥がしつつ右足でカーブをかけながらゴール!
素晴らしい!

みんな祝福にきてわいわいと。
ここで1本目からの選手は総入れ替えとなりました。

途中交代組は23分から約25分間のプレーに。

アビスパ側も選手交代。トップ登録は30番台までですが前線と中心に40番台が出て来たので練習生や2種登録でしょうか?

前日の練習&シュート練でもあまり決める事が出来ていなかった遠藤選手ですが、立ち上がりから積極的にシュートに。
上手く決まらない期間でも、それで消極的になったりしないのは良いですね。

右WGのイッペイ選手も果敢に攻め込みます。

相手も2本目組になった事もあり、少々攻め込みやすいので少し前がかりっぽくなるシーンもありましたが、GKの朴選手が非常に冷静に試合展開と選手の特徴を見ながらプレーしていて、何度も的確なコーチング!

相手から高い位置ですぐボールを奪い返そうとする流れでイッペイ選手にストップ!と指示。
先を読んだ相手のパスコースにイッペイ選手を配置させるとまさにその場所に相手がボールを通そうとパスをし、見事にインターセプト成功!

朴選手は本人のプレーもですが、朴選手の出す指示でチームを動かしていくのも見ものですね、今後も楽しみ。

大津選手は去年に引き続き迫力あるプレー。
前線からの鬼プレスは驚異的に相手を追い込みます!

その大津選手が必死に追い込んで相手に脅威となる中、遠藤選手に展開し、先ほどのシュートもあり相手が警戒して遠藤選手に詰める中、それを見越して冷静に山谷選手にラストパス!
それを山谷選手が気負う事なく冷静にゴール!
お見事!

山谷選手は1年目で、絶好のチャンスに力んでしまいそうな展開でも見事な力の抜き具合で冷静にゴール、これは素晴らしい才能!
不慣れであろうCFの位置に入りながらもお見事でした!

攻撃は山田選手の展開などもあり上々。
ティーラトン選手もはやくマリノスにフィットするために中に絞る動きを必死でやりつつ、他の選手とコミュニケーション取りながら微調整している印象。

ラスト2分くらいで福岡の練習生に決められ二本目は2-1.
アビスパとはトータル2-2で試合終了となりました。

宮崎キャンプ真ん中くらいの練習試合で例年一番底な期間の練習試合で良い所と課題両方が出ていたので、有意義な練習試合になったのではないでしょうか。

全体的に、攻撃陣は調子良さそうで、DFは少々ミスも含め安定しない感じでした。
まぁ練習全体が攻撃にどうつなげるかとトライしているからでしょうし、まだ期間はあるので焦らず。

また、福岡が守備時にFW以外の選手が4枚4枚と綺麗に守備をしてくるので、そこをどう崩すか、という良い実戦になった良い練習試合の組み合わせだったのではないでしょうか。

キャンプ終盤のこの時期に価値のあった練習試合と思います!
---

そんなわけで今回も主にハピタスで貯めたポイントをANAマイルにして宮崎キャンプへ!

ですのでハピタス登録おすすめです!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

こちらのバナーから登録頂いた場合のみ、紹介のボーナスポイントが!ぜひ!