昨日はファミリーゾーンで観戦だった あだちです、こんばんは。

さて昨日はホームで川崎戦でした。2年連続優勝チーム。
IMG_2057

去年は引退した中澤選手のゴールでドローだったホームゲーム。

バタバタしていて試合開始1時間前位にスタジアム到着。
この日はバックスタンドのアウェイ側にあるファミリーゾーンで家族観戦になります。

初めてファミリーゾーンで観戦ですが、位置的にアウェイ側ゴール裏寄りなエリア。
も、この日は川崎の来場者が多い事もあり、アウェイ側も2階席解放。
その分、緩衝地帯が大きく取られ、アウェイ寄り感はそれほどないですね。

また、スタンドの中も基本的にマリサポファミリーだらけ。
ユニとかタオマフとか。
あと先週のメインスタンドもそうですがSサイズの旗持っている家族が何人も。
座ってみるエリアですがS旗なら視界遮らないですし、マリノス応援しています感あって良いですね。

このファミリーゾーンはE12ゲートが入口なのですが、すぐ近くに赤ちゃん休憩室があり、また、ゲート前に子どもが遊べるスペースが充実。
ブロックのおもちゃとかあって、クラブも家族連れ取り込むために色々考えていますね。
その先はアウェイエリアで通れないので、ファミリーエリアへ行く人しか来ない分、コンコースに遊べるスペースとは素晴らしい。

また、東ゲートから近いのも子連れの導線としては楽で有難い。
そして、知り合いマリサポさんも親子連れでいました、意外と知れているのね、ファミリーゾーン。

そうそう、普段と違う位置なので初めて知りましたが、アウェイゴール裏方向に向けて、こんな看板があるのですね。
IMG_2252

WELCOME to NISSAN STADIUM.

色々見ていると、あらちょうど近くにマリノス君。
そのタイミングでフェアプレーの映像。
マリノス君、ピッチの方を見て直立不動。
IMG_2062

そしてフェアプレーに関する案内アナウンスのラストにしっかりお辞儀していました。

さてマリノスは川崎からレンタルの三好選手が出場できない契約の為欠場。
また先日練習で高野選手が負傷だそうで、欠場。
スタメンに大津選手とティーラトン選手が入りました。
ティーラトン選手は怪我明け初戦の水曜ルヴァン杯から2連戦に。

川崎はACLがありメンバー入れ替えつつ。
中村選手と小林選手は控え。
また、スタメン発表時は大島選手がスタメンでしたが、アクシデント?実際試合が始める時は田中選手がスタメンとなっていました。

選手入場があり、喜田選手のリーグ戦100試合出場セレモニー。
そしてキックオフ。

試合開始早々に飯倉選手から作ろうとする流れで受け手との連携ミスを奪われ、ダミアン選手に決められます。いきなり0-1.
奪ってスルーパスを出したのが、ちょうど、あれ?スタメン発表時の大島選手じゃないなと思ったタイミングで田中選手でした。

この失点にマルコス選手が非常に悔しがっていました、バックスタンド側なので表情が良く分かります。
ゴールでは誰よりも喜び、失点すると本当に悔しそうで感情豊かな選手ですね。

さて序盤は川崎ペース。
メンバー代わっても華麗なパスワークを見せてきます、質が高い。
それでも畠中選手やチアゴ選手らがギリギリの所で防いだり、仲川選手が守備にも走ったりと。

数は少ないながらも、パスから天野選手が左からクロスを入れるシーンも。
中にはエジガル選手、マルコス選手、大外に仲川選手といて、良いボールが入れば誰かしら決められそうでしたがクロスが流れてしまい決定機にならず。

それでもタイミングを見計らって攻撃継続。
大津選手が仲川選手を走らせるパス。かなりゴールラインギリギリに。
それに見事に追いついた上でマイナス方向に折り返し!
エジガル選手がニアで相手2選手ひきつけつつスルーしてマルコス選手がゴール!
同点!!

盛り上がるファミリーエリア!
やはりマリサポだらけです、良いところ。

マルコス選手、エジガル選手、仲川選手がわちゃわちゃ喜びを表現した後、カメラを確認して、そちらについに、かめはめ波!!
3人でマルコス選手のゴールパフォーマンス!
ちょうど あだちの位置から一直線上だったので写真パチリ(インスタの方をご覧ください)。

よしよし。
この少し前、息子くんは少しグズって妻りにと赤ちゃん休憩室にちょこっと行っていましたが戻ってきたタイミングでゴールが観られました。

仲川選手は複数人で封じ込めにこられる事もありますが、見事な3試合連続アシスト。
そして、仲川選手しか間に合わないであろう位置にパスを出す大津選手と、必ず追いつくと信じて中で用意する選手たち。

同点となり再開後、すぐにドリブルを川崎の選手が仕掛けてきますが畠中選手が冷静に対応。強い。

前半の最初は完全に川崎ペースでしたが徐々に攻めるチャンスも。
結果、CK獲得も増えました。

最近の試合でのCKでは、キッカーとは利き足逆の選手をショートコーナーに配置して、キーパーに迫るボールと離れていくボールの両方で揺さぶりをかける感じでした。
(天野選手が左足でCKを蹴る時に、ショートコーナーでマルコス選手が右足で上げれる)
しかし、この試合のCKは大体キッカーのみでショートコーナーは行わない感じでした。

前半はそのまま1-1.
ロッカールームに引き上げる選手同士、色々話し合いながら戻っていきます。
リーグここ2試合より間違いなく強い相手。

ハーフタイムは今年最初のMINMIさん登場がありましたが、このタイミングでコンコースでお会いする方がいたのでコンコースへ。
この件はまた後程。

後半に入りメンバー交代はなし。
川崎の攻撃を受けるものの飯倉選手がしっかりセーブ。

マリノスも広瀬選手が長い距離走りこんで中央で攻撃に加わるものの、ダイレクトに受けたボールを落としたアイデアがマルコス選手とは合わずゴールまでは結び付かず、惜しい!

途中、小競り合いになりティーラトン選手と家長選手にカードが出たり。
結構バチバチと。

後半もチアゴ選手と畠中選手がピンチを防ぎつつ、畠中選手は攻撃の起点にもなったりと、出場試合増える程にどんどん良くなってきますね。

交代は先に川崎が小林選手と長谷川選手を投入。

マリノスは大津選手から扇原選手へ。リーグ戦は今年初出場ですね。

さて繰り返しますがこの日の あだち家はバックスタンドアウェイ寄りなファミリーゾーンで観戦。
スコアは動きませんがバチバチとした試合に家族連れらも熱中していますね、試合中歩き回ったり走り回ったりという子もいない感じです。

残り15分を切り、コーナーキックの場面ではゴール裏から発信される応援に合わせてファミリーゾーンも拍手が広がりました。おぉ凄い。
仲川選手が位置取り?でカードをもらってしまい、セットから蹴り終わりまで少し長めのセットプレーになったシーンでしたが、その間拍手はずっと。

川崎は中村選手を投入し、前目3枚で勝ちにくる形で交代使い切り。

マリノスもエジガル選手から遠藤選手に交代。扇原選手が入り、ルヴァン杯でも遠藤選手を活かせていたシーンもあったので期待ですね。

が、88分。
川崎の交代で入った3枚の選手が絡んで折り返した所をダミアン選手がヘッドで押し込み勝ち越されました。
ラスト2分+アディショナルタイムで1-2という状況に。

ここで、スタンドどうなるかな?とちょっと興味を持ちました。

普段はゴール裏で応援している事の多い あだちですが、アウェイの試合などで時々、残り時間が少ない中でマリノスが勝ち越すと、バックスタンドやメインスタンドで帰る方を何人も見かけます。
どんどん空席増えて行ってアウェイ感が薄まっていくので、内心「ほぼ勝負あったな」と思うシーン。

この日あだち家が観戦しているのはアウェイ寄りに近い位置でのファミリーゾーンです、繰り返しますが。

目の前で川崎のこの時点での勝ち越しゴール。
そして近い位置にある川崎ゴール裏の大盛り上がり。

さらにこの日は3万6千人超えの入場者数で、家族連れなら、電車等混みあう前に早めにスタジアムを出るという選択肢もあるでしょう。

ところが、残り時間少ない状況で失点しましたがほとんど帰る人はいません。

アディショナルタイムに入りラストにコーナーキックに。
熱量が増すゴール裏からの応援に、ファミリーゾーンも盛大に手拍子が!!

後で知ったのですが、天野選手がゴール裏を煽ったりもしたそうですね。

コーナーキックで駆け上がる飯倉選手に更に手拍子が増えていきます。

そして天野選手の蹴ったボールを扇原選手がヘッドでゴールに!!
揺れるネットと、多くの方が思わず立ち上がって喜びとガッツポーズ!そして拍手!

盛り上がるホームスタジアム。

ベンチの方へ走って喜びを爆発させる選手達。
そしてリスタートさせないためにしっかりセンターサークルに立つ喜田選手。

試合はそのまま終了の笛がなり2-2引き分け。

引き分け終わりなので色々な見方がある事でしょう。
勝てず勝ち点2を失った。ラストで勝ち点1を拾った。
川崎はACL中での編成等色々な見方は出来る事かと。

最後のプレーで引き分けに持ち込みましたが、勝ち点の話とは別に、相手への崩し方や、狙われる守備からのビルド等、色々な部分はコーチ陣らがしっかり対策を練って、選手達がどんどん練習でステップアップしていく事でしょう。

そこらへんの話はひとまず置いておいて、実際ファミリーゾーンで感じたのは、終盤にゴールを決められ突き放されても、今のマリノスはまだまだいける!と思っているマリサポが多い事。

ラストのプレーで見事ゴールを決め、同点。

チームは少数編成、しかも松原選手や椿選手、そして全治8か月のリリースが出た高野選手と怪我で苦しくなったり、長いシーズン、苦しい展開があるかもしれません。

それでも日曜日の川崎戦。
マリノスが最後まで戦う事を信じて同点ゴールを見届けたマリサポは、今後も苦しい展開があったとしても最後まで応援し続ける事でしょう。
それがスタジアム全体に良い雰囲気を作り出していくハズです。

余談ですが、1993年開幕から2004年までの試合で1番という試合を投票で集め、上位12試合をダイジェストで収め2004年にマリノスから発売されたTHE GREATEST 12GAMESというDVDがあります。

大体が優勝関係(9試合)ですが残り3試合が01年残留争いでのホームラスト試合での勝利したガンバ大阪戦、98年0-2からアディショナルタイムで3-2にひっくり返した浦和戦、03年の退場者出し負けていて後半終了間際に追いついたC大阪戦でした。

特に03年のセレッソ戦は勝ち試合ではなく引き分け試合。
それでもこの引き分けが大きな分岐点になった04シーズン。


さて、選手の場内一周はまずファミリーゾーン前から。
拍手で選手らが迎えられ、インタビュー後走って場内回る扇原選手にも盛大な拍手が。

そして扇原選手が目の前を過ぎると、まだ他のエリアは選手の場内一周さ中なので、一斉に帰り始めます、皆さん子連れで混み合う前に抜け出すため撤収早い!!
あだち家の周りはあっという間に空席だらけになった試合後でした。

そんな勝ち点1の川崎戦。


さてハーフタイム。
このブログに時々コメントを下さる ださんにお会いしていました。

昨シーズン、息子くんにお祝いのおもちゃをとコメント頂いていたのですが、なかなか連絡ツールがブログコメント欄だけですと上手くお会いする事が出来ず。

偶然、先日練習見学は行った帰りにトリコロールワンに寄った際、お会いしました!
なので直接の連絡先交換し、川崎戦のハーフタイムに会う事に。

この日はあだち家はファミリーシート(バックスタンド)だったのですが、わざわざメインスタンドから来て下さったそうで(有難うございます!)

素敵なプレゼントを頂戴し、息子も会ってもらう事が出来たハーフタイムでした。
ださん、有難うございました!!


当ブログ、一気に全部書こうとすると時間なくて書けず、アップせず終わるので、相変わらずの小出しアップです。
←都度FMBHの最新表示になってしまうので、一発目UPした状態でFMBHでの表示は固定に変更との事。
なので、更新状況分かりにくいですが、ちょくちょくFMBHからアクセスしてみてください(笑)

ちなみに、ブックマークが多いのか、最近あまりFMBHからのアクセス多くないので、本人のモチベーションに関係するので、ぜひFMBHから屋根下あだちメモの当該記事へ!

https://fmbh.jp/


ぜひこちらからアクセスくださいませ。

ヘッドライン上の、記事にある、いいね!ボタン(マリノスケ)を押してくださると更に書く気がアップします。

あ、日曜試合のアウェイ大分はいつものように主にハピタスで貯めたポイントをANAマイルにして飛びます!
ですので、普段の生活にハピタスおススメです!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ぜひこちらからハピタスのご登録を。
こちらのバナーからご登録いただいた場合のみ、登録者とあだち双方にボーナスポイントが!