最近息子がパジャマを脱ぎたがらなくてこだわりって凄いなと思う あだちです、こんばんは。

11月30日、33節アウェイで川崎戦でした。
IMG_9088

前節首位に出て、この試合マリノスが勝利&FC東京が負けるとマリノスの優勝が決まる試合。

この日は1人観戦の予定でしたが、最近マリノスに敏感な我が家の1歳児。
天気予報も良さそうな晴れですし、連れて行く事に。

とは言え、列整理から一緒だと1日体力持たないといけないので、あだちだけ先に行き、後から妻りにが息子をスタジアムに連れてきてくれます。

ですが父が出るタイミングで置いて行かれるとおもったのか、パジャマ姿の上からあわててユニを着ようとする息子(笑)

朝、サクっと武蔵小杉へ。
まずは武蔵小杉駅前のマリノスのスポンサーな松屋で朝食もぐもぐ。

スタジアムに到着すると、正直思っていたよりマリサポ多いですね!
チケットは瞬殺でしたが、凄いなぁ。

開門してから再入場で出て、妻りにと息子と合流。
外でご飯を頂きます。

マリノスケもこの日は着ていてグリーティングしていましたが、息子、マリノスケにガン泣き(笑)
まだまだ離れているのにw

実はこの川崎戦の翌日、マリノスケの誕生日会がトリワンであるので連れて行こうと思っていましたが、間違いなくギャン泣きする(笑)却下(笑)

選手アップ前に息子もスタジアムへ。

息子を抱えて1階の一番後ろで応援です、息子も応援に合わせてノリノリに体を揺らします。
基本的に音楽が好きなようで(運動会で競技中にBGMで曲が代わったら競技中断して手拍子始めたり(笑))

アップ中、大津選手の奥様が大津選手の応援歌の時にゴール裏を撮っていましたね。

アップ終盤、急に重くなったと思ったら息子くん寝始めた!
普段保育園でお昼寝の時間寝ていないのでピークを迎えたようです。

そこからすやすや選手入場くらいまで。

選手入場し、円陣。
何がきっかけか、息子起きました、応援する気満々なご様子。

マリノスは円陣。
この試合も川崎の方が後でしたね。

さて首位に躍り出て優勝の可能性のある試合。
ですが、開始から慌てずいつも通りな畳みかける攻撃。
物凄い推進力。
そしてエリキ選手は前線からの守備やチャンスでのシュートシーン、出足好調。

川崎もリーグ2連覇をし、今年はルヴァン杯を獲っている強敵。
ですが、1人1人が凄い、強い。
デュエルにしっかり勝つ。ティーラトン選手とか物凄いですね、圧巻。

そして川崎が来ても冷静に剥がして繋ぐ。
朴選手からDFに組み立てた後、ティーラトン選手が一気にマテウス選手へ。
マテウス選手は突破し中にボールを入れ、試合開始10分にも満たない時間帯に先制!!

このプレッシャーを感じないのびのび感!強い、マリノス強い!

それからもずっとやりますね、素晴らしい。

前半川崎の攻撃でも一瞬も集中を切らさず守り切ります。
扇原選手がカードを貰い最終節出場停止になったのだけが残念ですが、最終節出られなくても今年のあの大活躍が色あせる事はありません。

試合の状況によってはチアゴ選手が奪ってからそのままゴールに迫る惜しいシーンも!
こういった意表を突くプレーが相手を混乱させたりしましたね。

ハーフタイムはピッチは水撒きですが、川崎が攻めるエンドだけ水撒きですね、早いパスワークで攻撃をしようという感じでしょうか。

さてハーフタイム明け。
主審の西村審判が怪我をされたそうで、急遽審判交代。4審の清水さんが主審に。
IMG_9163

初めて見ました、大丈夫でしょうか、西村主審。

さて、後半も開始早々に、松原選手が絶妙なパスをDFの間に通し、そのパスを信じて走っていたエリキ選手が冷静にGKの動きを見てゴール!
2-0!!

マリノスゴール裏方向へ!
そして優勝が懸かった試合なので物凄い数の報道陣!
あっという間に選手がどこか分からなくなります(笑)
みんなでワイワイ。
良い時間での追加点!

手前側のゴールで息子もノリノリ!
前半の反対側でもノリノリでしたが。

そしてここで珍事!
得点が49分だったからか、得点者の表示が一瞬、背番号49の泉澤選手のゴールに!
IMG_0024

決定的瞬間は収めましたw
得点時間の入力と同時に選手の方も49を選択したっぽいですね。

その後も攻め、マルコス選手の惜しいシーンもありつつ、そのマルコス選手が負傷で大津選手へ。
ここ最近実質選手会長のような頼もしい役回りの大津選手、ガンガンいきます。

が、ほんと1人1人がガツガツしっかり追いかけて気迫で奪い取ったりするので、夏場頃に比べて良い意味で大津選手の持ち味が目立たないチームに。

川崎が攻める時間もしっかり耐え、再びマリノスの攻撃。
前線からのプレッシャーから相手のパスミスを誘い、奪ってからが早い!
大津選手から仲川選手に抜けて、中でエリキ選手がこの日2点目!
3-0!
素晴らしい!

が、直後。
大津選手が負傷?よく分かりませんがプレー続行不可に。
うーん、どうしたんだろう?大丈夫かな??

大津選手から渡辺選手にチェンジ。

急な出場になりましたが怪我明け前節途中から試合に出ていた分、すんなり試合にはいれましたね、素晴らしい。

も、この後レアンドロダミアン選手のヘディングで1点返されます。
ホームでも得点決められましたが、ぐぬぬ。

川崎は前線の選手を交代させたり反撃に出てきますが、しっかり耐えます。

マリノスもマテウス選手から遠藤選手に交代。
この日は相鉄線がJRに直通乗り入れ開始で、相鉄ユーザーだった遠藤選手の号外記事が出た程の日なので、ぜひとも決めて欲しいところ。

そして、終盤まで労を惜しまないエリキ選手が川崎の選手からボールを奪取し、そのままゴールに迫ります。
GKの位置もしっかり見て、冷静に本人でも決められたでしょうが並走する遠藤選手に相手GK手前でパス!
遠藤選手は無人のゴールに決めるのみ!しっかり決めて4-1!!

そして試合はそのまま終了!!!

さて、これで東京vs浦和の結果次第なのですが、どうも空気感が優勝でなかったので、優勝決定は次節の東京との直接対決に。

4点差で負けない限りはマリノス優勝という有利な状況ですが、ここまで自らのスタイルを磨き上げて来たチーム。
変に改まったりせず、3か月振りのホーム日産スタジアムに帰還して満員の中での勝利での優勝を目指す事でしょう。

扇原選手が累積警告で出場停止、大津選手も負傷交代なので来週分かりませんが、公開練習を見ていても誰が出てもおかしくないチームで、それが良い緊張感を生んでいるので、有利ですが気を抜かず勝利に貪欲に行く事でしょう!

いやぁ、良かった。
息子も勝ち試合に上機嫌。

妻りにも試合後合流し、3人で武蔵小杉に向かいましたが、息子はユニ姿が嬉しいのか、寒くて上に着せたジャンパーを脱いでユニ姿で結局帰宅となりました。

来週はホームなので息子のベビーユニ(ホーム仕様のみの販売)と同じ青いユニフォームで選手達は戦うので、息子も更にノリノリになる事でしょう。

さぁ行け横浜(04年優勝した時どこかの雑誌がページタイトルに使用、のパクリ)。
ホームで勝って決めましょう!

みなさん風邪などをひかれませんように!!
元気に週末日産スタジアムにて!!!