今回のEUROにちょこっと期待をしていた あだちです、おはようございます。
euro2020

新型コロナウィルスの影響で今年6月ヨーロッパ12都市で開催予定であったEURO 2020が延期となりました。

UEFA公式。

新しい開催予定は2021年6月11日から7月11日まで。
延期発表と同時に新しいスケジュールが出る素早さ。

ちなみに来年からリニューアル(4年に1度)なクラブワールドカップ@上海と期間が被ります(21年6月17日~7月4日予定。)

今回のEURO、超贔屓目線で、マリノスOBなダビド・バブンスキー選手に出場のチャンスがあるのではないかと予選から注目している大会でした。

北マケドニア出身のバブンスキー選手ですが、マリノス在籍時の途中から北マケドニア代表には呼ばれなくなりましたが、この春、ルーマニアのFCボトシャニに半年契約で加入しました。

FCボトシャニはマリノスOBなマルティノス選手(現・浦和)がマリノスの前に所属していたクラブです。

随分代表からは離れていますが、日本からの移動がネックになっていた部分も大きく(以前マケドニアサッカーのtwitterが移動によるコンディションを指摘)、今回のルーマニアの移籍はその問題をクリアします。
クラブでの活躍次第で代表復帰はある事でしょう。

Macedonian Footballも言っています。
すぐにルーマニアへの移籍がマケドニアに伝わるあたり、活躍しての代表復帰を望まれています。
(2017年にあだちが観に行った23歳以下のヨーロッパ選手権では背番号10でした。)

そして北マケドニア。
EURO2020の予選でグループ3位に入り、プレーオフへ。

当初の予定では3月28日から始まるプレーオフでコソボと。
勝ち上がるとジョージアvsベラルーシの勝者との対戦で、勝てばEURO2020出場という状況でした。

北マケドニアは、イタリアのラツィオやインテル、ナポリ等で活躍し現在ジェノアにいるベテラン(栗原CCと同い年)のゴラン・パンデフ選手が代表で長らく活躍しつつ、前述のU23出場あたりの若手も台頭してきてEURO予選グループリーグ3位に入る力のあるチームに。

十分に北マケドニアのプレーオフ突破でのEURO初出場はあると思っています。

なので、ボトシャニで活躍してEURO2020にマリノスOBのバブンスキー選手が出場してくれればな、と思っています。

が、今回新型コロナウィルスの影響で12か月の延期。
プレーオフに関しても3月中の開催はありません。また情報集めてどうなるか見守る段階です。

ぜひともバブンスキー選手にはEUROでも活躍して欲しい、そんなお話。