今年もアウェイ札幌完敗に悔しさを画面越しに感じる あだちです、こんばんは。

今日は13:05からアウェイの札幌戦でした。
札幌ドームの試合なので早め。

13時前にお昼ご飯も済ませて準備OK。
LINE LIVEでメンバー発表を見たり、民衆の歌の映像を見たり。

メンバーは怪我が増えているようです。

そして13時過ぎからDAZNでの放送が開始。

我が家の2歳児はDAZNの選手紹介が大好き。
スターティングポジションに腕組している映像。
マリノスの時によく真似をしてニコニコ腕組します。

ですが、今日はホームの札幌側の部分で妻が違和感を。

妻が「札幌の選手達長袖ユニ」と。

おー!確かに。
最近中継見ていても、マリノスは半袖ユニで、対戦相手も半袖ユニ。
札幌は収録時期?場所?の関係か長袖ユニでした。

ちなみにタイトル、「試合前妻が違和感を」と書いたらパッと見る「前妻」にみえたので「、」を加えました。

さてこの日は昨日にウニオン・ベルリンへの期限付き移籍が発表された遠藤渓太選手の渡独前ラスト試合。

開始早々からその遠藤選手が仕掛けます。
前節に続き活躍して旅立ちたいところ。

そんなマリノス育成出身の遠藤選手と同じ育成出身の水沼宏太選手から天野選手へのパスを天野選手がエリア外から素早くシュートして1-0先制!

天野選手のシュート意識の高さ凄いですね!水沼選手はこれでまたアシスト数プラス1かな。

が、すぐに札幌の反撃にあって1-1に。

その直後、遠藤選手が交代に。
左腰を押さえながらピッチを離れる様子が中継に。

そして再開後逆転され1-2に。

遠藤選手と交代で入った大津選手が札幌GK菅野選手と交錯する場面も。
ピッチに復帰の時は会場から温かい拍手。

飲水タイムを挟みつつ前半そのまま。
途中松原選手が左側に回ったりするシーンもありましたが攻撃の活性化まで行かず。

後半開始からティーラトン選手から小池選手に交代。
仙頭選手にオナイウ選手も早い時間に登場。

それにしてもDAZN解説の吉原さん、実況が選手を間違えて言った事をツッコミをするどころか、〇〇選手ですね!と実況の間違いに乗っかるシーンが何度か。
マリノス、札幌ともに。

交代などもしながら時間が進み。

70分頃、ボールが2つピッチに入ったシーンでは早く試合を再開させるべく水沼宏太選手が走って出しに行ったりするシーンもありつつ。

終了間際に更に失点をして最終的に1-3で敗戦。
うーん、悔しい。

試合終了のホイッスルと共に札幌の選手が何人かピッチにしゃがみこむ様子が。
どのチームも疲労がたまってきていますね。

今年もアウェイ札幌で勝てませんでした。

ふぅ。

来年はぜひとも現地に行ける環境になっていて、勝利を札幌で見届けたいものです。

選手も大分疲労感が多く、ミスも増えています。
来週はアウェイ仙台ですがミッドウィークに試合はないですし、今日中に横浜に帰るでしょうから、少しでも疲労感が抜けますように。

そうそう、公式記録を見たらこの日の札幌ドームは気温24.2度、湿度58%でした。
梅雨の他会場より過ごしやすいと思うのですが、飲水タイムが前後半共にあったのは連戦等も考慮しての事なのかな?
そんな事を思ったDAZNで視聴したアウェイ札幌戦。