先行き不透明ながらACLが一歩前進のようで注目している あだちです、おはようございます。
無題
昨日AFCからACL関連のニュースが。

ACLのグループGとHはマレーシアでやる方向、という記事。

グループHはマリノスが所属ですね。
というわけでマリノスのACLに関して一歩前進。

既に西アジア(グループA~D)はカタール集中開催が決まっていましたが、先日ブログに書いた通り、東アジアは開催国が現れず7月24日まで開催国の募集をしていました。

先日その事を書いたブログ。

ですが、どうやら立候補は無く、以前から噂で出ていたAFCの本部があるマレーシアが現実味を帯びて来た模様。

AFCからリリースがあったという事は良い方向に進むと願います。
まだ入国や帰国の制限、10月時点での状況諸々あるとは思いますが。

さて、マレーシア。
現在、神戸が所属するグループGにマレーシアから出場のジョホール・ダルル・タクジムが。
(1996年のアジアクラブ選手権でマリノスは対戦経験が)

このジョホール・ダルル・タクジムのホームはジョホールバルにあります。
シンガポールからすぐでアクセスの良い街。

有名な「ジョホールバルの歓喜」のラルキンスタジアムはホームスタジアムの1つです。
1つ、と書いたのは今年、新スタジアムがオープンしました。

マレーシア開催の場合、実際、マリノスがジョホールバルで試合を行う可能性があるかもしれません。

この新スタジアム、とてもトリコロール感があるスタジアムなのです。
AFCのニュースに新スタジアムの写真記事が上がっています。

AFC公式。

これはトリコロール!!

クラブカラーは紺×赤なのですが、ライトアップに白も含めているので、トリコロール!
この会場になれば、マリノスは非常にホーム感のある中で戦えるかもしれませんね!

まだ10月の話なのでその時の状況などにもよりますが、ひとまず1歩前進のようなACLのお話でした。

【おまけ】

ジョホールバルの歓喜で有名なジョホールバルのラルキンスタジアム。
2014年にACLがGLで敗退して時間があったのでお邪魔しました。
聖地巡礼?

あ、Number WEBの2017年記事でジョホールバルのラルキンスタジアムを訪れたという記事があったのでリンクを貼っておきます。

NumberWeb記事。

シンガポール入りからのジョホールバル。

岡野選手がゴールをし、岡田監督が全力ダッシュした場所をメインスタンドから。
F010548
訪れた時は快晴でした。
11月でしたが暑かった!

シンガポールに飛んで、バスでマレーシアに入国。
このラルキンスタジアムはバスセンターから近く、入国審査で1度バスは乗り換えるものの、非常にアクセスが良いです。

ついた当日は何もない日でしたが、スタジアム見学できますか?と尋ねると、いいよー、と。

中に入れてくれ、写真も撮ってくれました。

その時岡田武史監督のゲーフラを持って行っていたので一緒に写真を撮ってもらうと、誰?とスタジアムの人に尋ねられ。
F010559
選手じゃないから通じないかな?と思って、日本代表の監督だった人、というと、

「Oh~!!TAKESHI OKADA!!」みたいなリアクションをされ。

そしてそこから、その時のスタジアムの熱狂や、当時のスコアなどを色々と熱く語ってくださいました。
既に6年前の話で、ジョホールバルの歓喜からは23年。
結構年配な職員さんだったけどまだ現役でお仕事されているかな?なかなか貴重なお話が聞けた思い出。

と、6年前にブログで「マレーシアの件はまた別の機会に書く」と記載しながら書いていなかった続編を追記。

6年前に書いた記事。

シンガポールでサッカーとか見た話(2014)