昨晩TVerで代表戦を見ていて。

さすがにオナイウ選手は札幌から中0日だから他の選手のアクシデントの場合以外出ないよなぁと思いながら中継を見ていて。

ふと後半開始したくらいにtwitterを見たらマリノスOBの柳想鉄さん死去の話題が。

とはいえ、以前に誤報が流れた事あったので、胸のざわつきを抑えながらTVerで代表戦を見続けますが全然頭に入ってこない。

そして関連する情報がいくつか出てきて、ついには韓国サッカー協会公式からも。

・・・

代表戦、いつ終わったかも分かっていませんでした。

またいつか横浜に帰ってきてくれると思っていただけに。
FFD0C54B-E0E7-4344-B606-A40A714661B6
マリノス時代の思い出は多すぎて整理できないし書ききれなくなりそうなので今日は書きません。

代表戦でのお話。

人生初海外は2003年の日韓戦@ソウルでした。
10代のうちに海外でサッカーを見たかったので。

韓国代表のキャプテンは柳想鉄さんでした。
IMG_4885
選手紹介。

会場入りの少し前。

会場の外でばったり、マリノスOBの水沼貴史さんが。

今も一緒に応援しているマリサポ仲間と行ったので、貴史さんと少しお話を。

私たちマリノス応援しているんです!と伝えると貴史さん、「おっくんもいるし、韓国にはサンチョルがいるから楽しみだね!」と。
この時、同じくマリノスOBの奥大介さんが日本代表に選出されていました。

話は選手紹介時に戻りますが。

柳想鉄さんは選手紹介でも韓国のサポーターに盛大に拍手を受けていました。
韓国にとっても英雄なんだなぁと。

そんな代表時のお話。

昨年2月の開幕ガンバ戦試合後には日産スタジアムで挨拶も。

ギリギリコロナで中断前。

この試合、2歳になったばかりの息子と行きました。
試合後のセレモニー、息子は良く分からずも、セレモニーを凝視していました。
まだコールが出来た頃なので、ユサンチョルコールも聞きながら。

有難い事に息子はどんどんマリノスを好きになってハマっていっています。

いつか、マリノスにもっと興味をもって、自ら歴史を調べた時、柳想鉄という偉大な選手がいた事を知るでしょう。

横浜に戻ってくる事がなく、残念というか悔しいというか。

それでも、最後まで戦う姿勢を示し、日産スタジアムでスピーチをした事、それを実際に生で見届けた事。
この事がいつか彼にとって何か響く事がありますように。

サンチョル兄さん本当に闘病生活お疲れ様でした。
またいつか。