屋根下あだちメモ

青白赤のトリコロールを基調とする横浜F・マリノスのサポーターグループ「横浜屋根下」に所属する、あだちのマリノスに関する事を中心とするblog。 気が向いた時に、自分の思っている事や考えている事を一方通行で配信していきます。 コメント欄はありますが、書きたいことを一方的に書くだけなので、返事は書きません。

ミロシュ応援記

ミロシュ選手らに会えました@シドニー。

試合前後にミロシュ選手と会えた あだちです、こんばんは。

さて、11月15日はワールドカップ予選大陸間プレーオフでした。

いつものようにANAマイルでバビューンと。

1ヶ月前にアジアPOのシリア戦に来ている上、ホテルも同じ場所なのでサクサクと11時にはホテルに到着予定でした。

が、それが機内等で色々あり(後述。)12時前に約1時間遅れで会場&ホテル最寄りのオリンピックパーク駅に到着。

ホテルに行こうとすると、声を掛けられました。
着ているジャージにオーストラリアサッカー連盟のエンブレムあるから、オーストラリア代表好きの人かな?

君?先月も来ていたよね?

どうやらアジアPOでミロシュ選手に幕を出していたのがメディアに上がっていたので分かった模様で。

バブンスキー選手のマケドニアでの試合も、君前にポーランドでの試合に来ていたよね?と声を掛けられました。

その人曰く、近くで先程まで代表の練習があったとの事。

ほぅほぅと思っていると、夕方ヒマかい?と。
試合以外ないので、ヒマと伝えると、夕方またここへ、と。

ホテルで仮眠後、支度をして出発。

ジャージのおじさんに教えてもらったホテルへ向かうと、ホテル前は道路封鎖されています。

ホテル前も警備が何人も。
しかも、目の前にバスが停まっています。

!!!

ここ、オーストラリア代表宿泊のホテル!

先程のジャージのおじさん発見!
手招きされ、ホテル入り口前へ。

おじさんはバスとホテルの間を行ったり来たり。

って、関係者?

そんなわけで、ホテルの出待ちに!

周りにもチラホラ、選手の友達?みたいな方々が。

しばらくすると選手がバスに乗るため出てきました。
花道みたいな感じに周りはバスまで拍手で選手を送り。
全然オーストラリア代表の選手知りませんが。

あ、ケーヒル選手は分かりました、マリノスと同じシティ繋がりのメルボルン・シティ所属。
オーストラリアの英雄は両手広げて花道の人とハイタッチしながらバスへ。

皆、選手に近い方々という事もあるのか、飛び出したりせず節度あり。
逆に選手本人が、知り合いの所へ行き、握手したり。

そしてミロシュ選手が出て来ました!
すぐ気付いてくれ、がっちり握手。
私はあなたの成功を信じている、と伝え、お見送り完了!

ジャージのおじさん相変わらず忙しそう。
でも、また試合後に、と。

さて、それでは試合会場に。
F9056306-8923-4FA3-95A2-D216422E9391

ミロシュ選手は今回は控え。

試合前のアップでは笑顔でアップしていました。
気付いて笑顔でサムズアップ!

アップでは輪オニなどでにこやかに。

試合はオーストラリアが後半にFKがホンジュラスの選手にあたり、コースが変わって先制!

ミロシュ選手はアップ中で反対側のゴール裏前がアップゾーンですが、そこでアップの選手と輪になって喜んでいました。

1-0ですが、アウェイゴールとなり同点にされると敗退なオーストラリアは更に攻めに。
するとPK獲得!これをキャプテンが決め2-0。

これでほぼ決まりな感じに。
ミロシュ選手はアップゾーンのゴール裏の看板前で拍手していました。

この日は出ない事が確定し、ベンチに戻るミロシュ選手。
そしてオーストラリアはまたもPKで追加。

最後は1点返されますが、時計の針は進みます。

気付いたら、アップの時はジャージにビブスだったミロシュ選手、ユニ姿に。
歓喜の瞬間の写真写りを考えた感じでしょうか。

そしてホイッスル!
ミロシュ選手はベンチの皆とピッチへダッシュ!

選手皆で喜びを爆発させていました。
79FEB908-816A-4329-BDF4-4B0B01E73D52

試合後セレモニーがあり、セレモニー後に場内一周。
2度ほど、あだちに笑顔でサムズアップしてくれました。

ミロシュ選手はご家族や知り合いを招待していたらしく、そのエリアでワイワイと←あだちは安い席なので行けません(笑)

しばらくのち、他の選手は引き上げ、最後まで。
が、スタッフに時間とせかされ、スタッフとロッカールームへ。
その途中、こちらに手を振ってくれ、時計をさすジェスチャー。
時間無くて寄れなくてゴメンとジェスチャーしていました、気遣いできる方。

ロッカールーム入る直前は、スマホで動画撮っていました(笑)

さて、のんびりスタジアムを出て、先程のホテルへ。
おじさんはいませんでしたが、ホテル警備のドンみたいな人が、選手の見送りの際もいたから気付いてくれ、こちらへ的な対応してくれました。

少し選手が戻ってくるまで時間があったのでツィッターを見ると、多くのマリサポさんが、ミロシュ選手を祝うツィートを。

そして選手バス到着!
ミロシュ選手が降りてきました!

がっちり握手をして、おめでとうと。
そして、多くのマリサポが喜んでいるよ、と伝えました。
本人嬉しそう←ツィッターで、と言い忘れた事に今気付きました(笑)

前回のシリア戦用に作った幕に、Congrats と勝ち上がり前提で書き加えた幕を見せると、喜んでくれました。

スタジアムでも試合後出しましたが人多過ぎて、幕の下の方のCongrats は見えていなかったはずなので。

あ、余談ですが、スタジアムで幕を出してる時に、警備からこの幕は何だ?と言われました。

何かお咎めかな?と思い、デゲネクおめでとう!という意味だよ、と伝えましたが、デゲネクってどういう意味?と。

おっと!まさかの選手名にツッコミ!
ぜひとも更に活躍して、誰でも知っている名プレイヤーになって下さい。

話を戻し、幕を見せ、一緒に写真良い?と言うと笑顔でokと。

試合後で髪もおろして柔和な表情で、23歳の好青年でした。

場所が暗くて、近くの人に頼んだら真っ暗で更にピンぼけ。

すると、先程の警備のドンみたいな方がカメラ役を買ってでて、撮ってくれました!
BEAA59F0-F820-4C55-A4F5-7E4EF92E12B9

ミロシュ選手におめでとうと、また横浜でと伝え、ミッション完了。

残念ながらジャージのおじさんには会えず直接お礼は言えなかったのが心残りです。

ミロシュ選手にはマリノスで活躍して、今後も代表に呼ばれ、本戦にも出場してほしいですね!

マリノスはJリーグで唯一、94年アメリカ大会のアルゼンチン代表のメディナベージョから14年の齋藤選手まで、6大会連続でワールドカップメンバーを輩出しているので、ぜひミロシュ選手も選ばれますように。

そんな、偶然なタイミングのお陰で、ミロシュ選手に直接激励&おめでとうが言え、満足な あだちでした。

---

■行きの飛行機にて

ミロシュ選手に会えたのはタイミングが良かったからですが、このタイミングになったのには理由があり。

行きのANAでの事。

たまたま三人掛けで、真ん中を空けて隣の席だったのが1人で来ていた高校生。

色々キョドキョドし、イヤホンの場所とか聞かれ(非常口座席だったのでモニターやシートポケットが違う場所に)。

何か分からない事あれば聞いて良いよ、と伝えると、入国書類の書き方がわからないと。

書き方を教えてあげる頃には打ち解けました。

話を聞くと、高校生で、学校イベントの短期ホームステイだそうで。
ただ、風邪で1人だけ1日遅れの出発に。

初海外なのに、1人となり、かなり不安&緊張しているみたいで。

苦労する事も経験のうちとは思いますが、彼の場合初海外でこれではハードルが高い。
入国カードの職業欄に、生徒って書くんだよ、と伝えても、student と出てこない程極度に緊張していました。

ま、これも何かの縁。
入国後の到着ロビーに旅行会社の人が待っているそうなので、そこまで送り届ける事に。

機内の分からない事教えてあげたり(ANA様にはいつもお世話になり詳しいです(笑))、雑談したり。

彼が欠席の1日目はシドニー観光だったらしく、無事に現地入りした友達からの写真を見せてくれたり。
彼は2日目の学校から合流だそうです。

ま、観光は大人になっても出来るし、これからの事を楽しみな、と。
なんせ あだち、ここ一年強で4回目のシドニー。
もはや行く場所が思いつきません(笑)

飛行機は無事到着し、入国審査のやり方を教えてあげ(機械化されています。)、一緒に通過。

あだちは預け荷物待ちが嫌で基本的に機内持ち込みなのですが、一緒に彼の荷物を待ちました。

そして最終関門があるのですが、ここは大人の威厳(?)を見せるべく、機内でもらったエクスプレスパスという魔法のカードで一瞬にして出口へ。

もうそろそろお別れの時に彼から、本当にありがとうございます!と何度もお礼を言われました。

出口で旅行会社の人がいたので無事送り届け完了!
大人として、彼に何か一言をと思い、

海外に行くと今回みたいに色々苦労があるよ。
だからもし、(海外から来て)日本で困っている人がいれば、助けてあげてね。

と伝えました。

真剣に頷く高校生。

ホームステイ楽しんで!とお別れしました。

それもこれも、9月にマケドニアで色々と あだちの面倒を見てくれたバブママとの事があればこそ。

少しはバブママから受けた恩を還元できたでしょうか。

そんなこんなで予定より約1時間遅れてホテルへ向かったところ、ジャージのおじさんとの出会いがあり、ミロシュ選手と試合前後に会えました。

偶然といえば偶然ですが、素敵な偶然と出会えたANAマイルでのシドニー遠征。


■帰りの飛行機にて!

さて、帰りの飛行機もマイルでANA様です。

残念ながらプレエコは空きがなく無料アップグレード出来ず、行きと同じ位置の非常口座席へ。

前回のシリア戦もそうですが、現地一泊だと、往復CAさん達が同じです。なんだか気恥ずかしいです(笑)

一泊でお帰りなのですね!と話かけられたので、Jリーグで応援している選手がいて〜、みたいな話を。

行きは3人席の真ん中空きだったのですが帰りはほぼ満席で、チェックインの段階で隣に乗客がいる事を把握していました。

早めに乗り、本を読んでいると、気配から、目の前に隣客が来た事がわかります。

本の上部から視界に入り込む大柄な体格に、着ているジャージが水色&黒のサッカーっぽいやつ。

ん?

水色と黒といえばあのチームしか思い浮かばないぞ!
左胸を見ると間違いないエンブレム!

1860ミュンヘン!
ビンゴ!
そして、たった数時間前にインスタで見た顔!

座られてから、あなたはミロシュ・デゲネクのお父さん?と聞いてみました。

怪訝そうな顔で、Yes!と。

まさかの、隣の席がミロパパ!(笑)

私、あなたの息子を応援しにシドニーに来たんですよ、と伝え、スマホで昨日ホテルで試合後一緒に撮った写真を見せました。

次の瞬間、ミロパパからガッチリ握手されました(笑)

こんな偶然あるのか!

ちなみに1860ミュンヘンはミロシュ選手の前所属チーム。

テンション上がっていると、更に隣で通路側のビジネスマンが、どうしたの?と。

今までの事を説明したら、凄いね!と。
ですよね!と言うと、いえ、あなた(あだち)が、と(笑)

ミロパパに、先月のシリア戦も行ったよ!と、試合後、幕広げて一緒にミロシュ選手と撮った写真見せると、あ、その写真持ってる!と、ミロパパのスマホからも同じ写真が!恐縮です!

そこからミロパパがミロシュ選手の色々な写真見せてくれました!親バ…息子想いのミロパパ。
DAZNのベストイレブンなども記録していました、みんな投票しましょう!

更に写真を欲しいらしく、パパから、このアプリ知ってる?と。
見せられたアプリ、日本ではマイナーですが、知ってるし、使ってますよ!

なんたって、バブママに頼まれ、しょっちゅうバブンスキー選手の写真送っていますから(笑)

なのでそちらのIDを伝えました。
これからバブママに加えミロパパにも写真送るのが日課になりそうです(笑)

コンフェデや、ブラジルとの親善試合の試合を見せてもらったり。
そしてここでミロパパ、マリノスのジャージ着ている写真をアピール(笑)

逆にふれあい広場や、宮崎キャンプで一緒に撮った写真見せると大喜び!

さらに、土曜の試合見に行くよ、ACLに向けて大事な一戦だよね、と、やたらマリノスに詳しかったです。
相当ミロシュ選手が色々伝えているのでしょう!ミロシュ選手のマリノス愛も伝わってきました。

そしてシティグループの事も!この話ご家族から聞けるのはビックリでした。
さすがに詳細は書けないですが、シティのネットワークにいる事が物凄いマリノスの強みになっているのだなぁと再認識!

すっかりミロパパと打ち解け盛り上がりました。
ミロパパ、機内食も海鮮釜飯風かな?セレクトして、美味しいと。
魚が大好きで、寿司が大好き!と、握り寿司食べるジェスチャーまで。

そして気を良くしたのか、機内食に付いていたおやつや、深夜便なので配られるナイトパックをあだちにプレゼントしてくれました(笑)

そんな感じでワイワイした後、しばし仮眠。

そうそう、行きの話に関連し。
帰りの機内でCAさんに、行きご一緒だった学生さんは?と尋ねられました。仲良くしていたから家族と思われていた見たいです。

経緯を説明すると、その後、私達のお客様をサポートして頂き有難うございました、と、ANAのタグを頂きました!
887DD6E1-080B-45C5-AD3D-6DC391D27031

有難うANA、有難うバブママ、有難うANAマイル!

羽田が近づき到着間際にミロパパ希望で再びツーショットを。

到着後、ミロシュ選手を待つから一緒に待ってと。
ミロシュ選手は別便なのですが、そちらが少し遅れた模様。

しばしミロパパと待つと試合後以来のミロシュ選手。
おはようと握手の後、入国手続へ。
手荷物受け取りの段階で、また明日日産スタジアムで〜、とお別れしました。

ミロシュ選手は羽田6時頃到着ながら、今回もすぐに練習参加、素晴らしいです!

そんな、まさかのミロパパが隣席だった奇跡のお話。

ミロパパ写真は本人からインスタokもらったので、インスタにて。
あだちインスタリンク。フォローミー。


---
毎度ながらマイル様様!
マイルを効率よく貯めるならハピタスのご登録おススメです!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こちらのバナーからご登録頂くと、紹介先、紹介元双方にボーナスポイントが!

ミロシュ選手を観に@シドニーW杯予選PO。

無事ミロシュ選手が選出されたオーストラリアの試合を見届けた あだちです、hello!
C1122229-B5C3-45DD-A01B-FD0EC91AC30D

いつも通りバビューンとANAマイルでシドニーへ。

オーストラリアvsホンジュラス。
試合はアウェイの1st legで0-0でした。ミロシュ選手はラストのみの出場。

今回あだちはオーストラリアホームの2戦目へ。
アジアPOと同じシドニー開催です。

2戦目はミロシュ選手出場しませんでしたが、無事にオーストラリアが勝ち、ワールドカップ行きを決めました!

決定と同時にピッチに駆け出し大喜びなミロシュ選手を見る事ができました。
(あだちインスタ写真)
終了間際、集合写真の為?ユニ姿になっていました。

集合後には、場内一周の際、あだちにサムズアップまでしてくれ、ありがたや。

まだ本戦は8ヶ月先なので、本戦に選ばれるかどうかはマリノスでの活躍も関係してくるでしょう!

とにかく、おめでとうございます!

ひょんな事から、試合前と試合後に会うことが出来ました。

試合後は会う前に時間あったのでツィッターみていたら、マリサポの多くからミロシュ選手おめでとうコメントあったので、マリサポ喜んでいると伝えました、本人喜んでいました!

幕を一緒に広げて持ってくれ、写真撮りミッション終了!
BEAA59F0-F820-4C55-A4F5-7E4EF92E12B9

細かい観戦記は明日にでも!
(ぜひ、fmbh からアクセス下さい、あだちのやる気がupします!)


---
毎度ながらマイル様様!
マイルを効率よく貯めるならハピタスのご登録おススメです!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こちらのバナーからご登録頂くと、紹介先、紹介元双方にボーナスポイントが!

ミロシュ選手のアジアPO完結編@シドニー。

無事書き終えた あだちです、こんにちは。

さてミロシュ選手のアジアPO、前回の続き。

■いきなり動き出す試合。

いよいよアジア4次予選(プレーオフ)2戦目のオーストラリアvsシリア、キックオフです!
S0827154

ミロシュ選手は3バックの右にてスタメン出場です。

立ち上がりからオーストラリアが攻撃を仕掛けようとしますが、前のめりな展開。

ここまでアジア3次予選最終戦でタイ相手に45本のシュートを打ちながら2得点、プレーオフの1戦目も圧倒的に攻めながら1-1ドローのオーストラリア。

得点を奪おうと気持ちが焦るのか、中盤より前とDFラインの間にぽっかりスペースが。

そしてパス回しのミスをその真ん中を突かれシリアのカウンター!
前目の位置取りしていたミロシュ選手も詰め切れず、早々にシリアが先制!

シリアサポーターが大挙押しかけているスタジアムは、勝利が決まったかのような物凄い熱気に。
早々にやられ沈黙するオーストラリアサポーター。

慌てるオーストラリアは、追いつくべくスピードを上げますが、試合前の散水の影響か、前半は何度も滑る選手が続出。

1点取り落ち着いているシリアの方が優位に進められる展開に。

しかし、ここから流石の展開に。

右からの攻撃で素早く、注目選手と教えてもらっていたオーストラリア7番のレッキー選手が駆け上がり、クロス!
それを中で走りこんでいた背番号4、オーストラリアのエース、ケーヒル選手がGKの届かない所にヘッドで叩きつけあっという間に同点!

完全にシリアの空気だった展開が、同点、しかも、大エースのゴールとあり、スタジアムのオーストラリアサポも大盛り上がり。

エースが決める、これで流れも雰囲気もオーストラリアにとって良くなってきました。

散水の影響か、中央部分がよく滑ると判断したのか、オーストラリアはミロシュ選手のいる右など、サイドを使った攻撃に。
何度もミロシュ選手がスルーパスを前線に通そうとするシーンが見られたり。

ただし、どちらのチームもミスが目立ち、不完全燃焼感のある前半の両チーム。


■疲労蓄積のシリア。

さて後半に向けて選手がピッチに出てきました。
この時点で時刻は21時。
この日の最高気温が20度らしいので、たぶん10度台前半で寒いです。
IMG_8801
なので、あだちはハーフタイムにコカ・コーラを購入し、温まります。

後半開始から勝負を決めたいオーストラリアは、ピッチも乾いて来たのか滑る事なく、攻勢に。
ミロシュ選手も落ち着いてボールを捌き、前線に供給していくシーンが増えます。

シリアはここにきてペースダウンです。

さすがに1戦目をホーム扱いといえ、地理的に圧倒的にオーストラリア有利なマレーシア開催で、そして2戦目のオーストラリア。
コンディションはオーストラリア有利になってきて、攻めるオーストラリア、耐えるシリアの構図に。

何度もオーストラリアはサイドを駆け上がり、ケーヒル選手を中心にゴールに迫ります。
が、最後の最後にシリアGKのアルム選手が立ちはだかります。スーパーセーブ連発!
その流れで得たCKなども防がれ時計の針が進むスタジアム。
S0748117
80分過ぎ。入場者数は42,136人。

そして終盤にはシリアの選手が足を攣って倒れてしまいました。
攻勢な中、早く試合を再開したいオーストラリア。

時間を使いたいシリアはスタッフがなかなか来ないので、近くにいたミロシュ選手が足を攣ったシリア選手の足を伸ばしてあげます。
この行為に盛り上がるスタジアム。
時間を稼げないとなり慌てて走って選手に寄るシリアスタッフ。

その後再開も、90分で決着がつかず!

1戦目、2戦目ともにスコア1-1であったので、ここで30分の延長戦に突入する事になりました!


■やはり大エースが試合を決める。

よもやの延長戦突入です。
平日ですでに22時。しかもシドニー中心部からは遠いので、帰り出す人も。
ほんと、wifiなかったりあまり綺麗でなかったり廊下の声が丸聞こえでしたが、ホテルをスタジアム前で良かったと。

そんなわけで延長戦に入っても万全です。

そして延長突入すぐに、シリアの選手が退場に。結構際どいシーンでしたが遅れてオーストラリアの選手にファールをしてしまいました。

数的有利にもなるオーストラリア。
コンディションや人数含めフリなシリアは守勢に回り、カウンター、もしくはドローでPKに持ち込みたい展開に。

怒涛のように攻めるオーストラリアは、ミロシュ選手が上がってくるシーンも増えます。
それでも必死で15分耐え、残りは延長後半に。

そして延長後半。
立ち上がりに、人数をかけた分厚い攻撃から10番クルーズ選手がクロス。
これをやはり大エース、ケーヒル選手が頭で押し込みついにオーストラリア勝ち越し!!!
S0389069
入りそうな空気感だったのでカメラ向けたらゴールの瞬間撮れました。

スタジアム中が物凄い熱気に!
大一番でさすがの大エース。
ちなみにこの日2点目がA代表通算50得点目だそうです。

この勝ち越しゴールで、初めてスタジアム全体を巻き込んでのオーストラリアコールが起きました。

完全に足が止まりだすシリアの選手たち。
時間的にもショックが大きいですね。

そして攻め入るオーストラリア。しかし追加点は奪えず。

そうしていると、延長後半のアディショナルタイム。
シリアがゴール正面でファールをもらい、FKです。
ここを逃げ切れるか決めるか、大事な瞬間。

シリア選手の蹴ったボールは無情にもポスト直撃。

そしてその後、オーストラリア勝利でホイッスルが鳴りました。


■ミロシュ選手とコンタクト成功。ミロシュ選手からの素敵な言葉。

試合終了と同時に喜びを爆発させるオーストラリア代表とピッチに崩れ落ちるシリア代表。
S0759135
まさに死闘なプレーオフ。天国と地獄。

喜びを爆発させたオーストラリアは整列の後、メインスタンドの方から、スタンドの方に場内一周をします。

この時点ですでに22時30分を過ぎている事もあり、多くの人が帰路につきます。

ほんと、wifiなかったりあまり綺麗でなかったり廊下の声が丸聞こえで朝食もショボかったですが、ホテルをスタジアム前で良かったと。

なのでバックスタンドの前へ。
スタンドからピッチの間は仮設の柵が設けられていました。
選手はゴール裏方向を通りますが、完全にスタンドの近くまで行くのではなく、ピッチのそばから一周する位のようです。

オーストラリアの選手たちが近づいて来たので、用意していた幕を出します。
するとミロシュ選手。
なんと柵をこえてスタンド前へ!!
わざわざあだちの元へ来てくれました!

おめでとう!プレーオフ突破!みたいな会話の後、ミロシュ選手から、ありがとう!また横浜でともに戦おう!と。
この言葉は本当に感激でした。

たった今、オーストラリア代表として代表戦を戦った選手が、横浜について口にしてくれたのです!
しかも、甲府戦では途中交代、ガンバ戦は控えというモチベーション落ちていてもおかしくない中、横浜の為に!

ありがとう!また横浜で会おう!と話をしました。
そしてカメラマンさんが2人並んでー、というのでミロシュ選手と2ショット。
ただ、報道の映像は手元に回ってこない事があるので、ちゃっかりあだちデジカメをカメラマンさんに渡して写真を撮っていただきました、ありがとう、カメラマンさん&ミロシュ選手。

ガッチリ握手の後、延長で疲れていると思うので、それ以上は引き止めず、スタジアムを後にしました。

負ければ終わりのプレーオフ。
なかなか厳しい戦いでしたが無事ミロシュ選手の活躍を見届ける事ができました。

これでオーストラリアは大陸間プレーオフで北中米カリブ海枠のホンジュラスと対戦になります。
11月にやはりホーム&アウェイでの激闘となりますが、ぜひともミロシュ選手には活躍してもらい、オーストラリア代表もワールドカップに駒を進めてほしいものです。

そして、ワールドカップ日本代表にマリノスから選出されるのはもちろんですが、ミロシュ選手もマリノス所属でワールドカップオーストラリア代表に。

マリノスはJリーグで唯一、94年アメリカ大会のメディナベージョ選手(アルンゼンチン)から2014年の齋藤学選手まで6大会連続でワールドカップメンバーを輩出しているので、ぜひともミロシュ選手も続いて欲しいものです。

そんな感じのアジアプレーオフ、オーストラリアvsシリア。

翌日は夜便だったので、のんびり起床し、フィッシュマーケットに行ったり、雨予報だったので観劇したりと。

そして夜便のANAで今回も快適にお世話になり(往復ともに同じCAさん達でした(笑))、木曜の朝5時過ぎに羽田に帰ってきました。

到着して到着案内を見るとミロシュ選手はあだちより10分遅い便だったようで。

そしてその後、オーストラリアでの試合後の言葉が本気なんだなと再認識するような、なんと10時からの練習にミロシュ選手が参加しているとのマリノス公式のツィッターが!

代表から帰ってきてもポジションは約束されず、競争の激しいマリノス。
代表で得た多くの経験がマリノス全体の競争を加速させ、チームが更に次のステップへ進んでいく事でしょう。

そんな感じの、アジアプレーオフ観戦記。

他の写真はあだちインスタにて。

あだちインスタ。フォローミー。

---

こんな旅もすべてANAマイルがあればこそ。
マイルを貯めるならハピタス利用がおススメです!
お互いボーナスポイント付くのでご登録は下記のバナーから。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちなみに、木曜までアンケートモニターのマクロミルの登録がポイント増量中です。
マクロミル、ある程度真面目にアンケートに答えると、あるモニターに選ばれる事があります(登録属性にもよりますが)。
そうすると、大体1週間で10分くらいの簡単なモニター作業で大体毎週400ポイント(ANA360マイル相当)得られる場合がありますので、登録オススメです(元手タダですしね)。

濃かったミロシュ選手出場のアジアPO観戦記。

ミロシュ選手出場のプレーオフを観てきた あだちです、こんにちは。

10月10日のワールドカップ予選アジアプレーオフ、オーストラリアvsシリアを観てきました。
その観戦記。
S0337061

■突然のシドニー行き。

大概、あだちが海外へ飛ぶ時は、入念に計画された場合か、直前に突拍子もなく。
今回は後者。

2週間前の段階では、10月10日から会社の社長とドイツのニュルンベルクに展示会視察→ベルリンで他社と打ち合わせの予定でした。
それに合わせて10月6日のイタリアのトリノと9日マケドニアのストルミツァにバブンスキー選手の代表戦を観に行く計画でいました。

9月にお世話になった方へお礼もしたいし、6月ポーランド&9月マケドニアであったKipreさんの連絡先をマケドニアの記者さんが調べて連絡くれ、本人と連絡が取れ、10月来るならマケドニア案内するよ!とKipreさんから素敵なお誘いを受けていました。
kipre

会社の社長からも、10日にイスタンブールで合流できればOKと。

が、マケドニア代表にバブンスキー選手選出されず。
そしてドイツ出張も他社都合で打ち合わせ日が変更になりました。

すると当初予定の出張日のスケジュールが空白に。ここで残っていた夏休み申請すればシドニー行けるんじゃない?
という事で今回はミロシュ選手を観にシドニーに行く事に。

いつもながらのANAマイル様。
今回は往復45,000マイル。
anasduney

今回は羽田からの直行便で乗継もなし。
シドニーは去年2度訪れ勝手知っている都市なので今年の遠征の中ではかなり楽な予定となりました。

残念だったのは、直近すぎてエコノミーしか空いていなかった事と、ANAの上級会員なので普段は出発24時間前に空席があればプレエコに無料でアップグレードできるのですが、このシドニー路線は、そのANA上級会員になる為にプレエコを利用するのが一番効率が良い路線で、満席でした。

そんな感じでいざシドニーへ。

■現地到着、注目選手情報を得る。

バビューンとANA様でシドニー入り。
入国審査の機械化やファストパス的なものを貰い、飛行機降りて15分後にはシドニー市街地行きの電車に乗っていました。
そこから乗り継いで、2000年のオリンピックで使われたシドニーオリンピックパークに到着。

駅を出て試合会場のスタジアムオーストラリア(ANZスタジアム)は目の前に見えます。
会場に到着。
IMG_8689

も、試合開始は20時で、まだ11時過ぎ。
誰もいませんね(笑)

なのでまずはホテルへ。
ホテルは今回、スタジアムの目の前にしました。

このオリンピックパークが中心地から離れているのと試合開始は20時と遅い上に、結果によっては延長&PKまであるので、帰り楽したいと思った為です。

そんなわけでスタジアム敷地と交差点挟んで反対側のホテルへ。
IMG_8710
ホテルから見るとこんな感じ。

ホテルはこの試合観戦に集まったシリアサポーターで一杯でした。
チェックインの時、サッカー観に来たの?と尋ねられ、日本で活躍しているミロシュ選手を応援しに来た、と伝えるとホテルスタッフさんの対応が俄然良くなりました。

残念ながら、スタッフさんの対応が良くなっても、wi-fiはホテルのロビーしか入らなかったのですが。

さて、シドニーまで来たものの、8月末の日本vsオーストラリア@埼玉は観に行きましたが如何せんオーストラリアの選手情報を知りません。
そこで詳しい方へ連絡を。

すぐに返事を頂戴し、7番のレッキー選手が日本代表の原口選手とドイツでレギュラー争い中、5番のミリガン選手が元千葉と教えて頂きました。そしてやはり日本も過去に散々決められたケーヒル選手の人気は凄まじいです、と。

そして、アジア杯決勝でこのスタジアムを訪れた事があるそうですが、試合後帰りの電車が超満員の地獄絵図だったとお話を頂き、wifiなかったりあまり綺麗ではなかったですが、ホテルをスタジアム前で良かったなぁと。

そんな感じで情報提供頂き、本当に有難うございました!

さて、飛行機は深夜便であまり眠れなかったので、仮眠です。

16時過ぎに起床し、ホテルと同じビルのハンバーガー屋さんへ。
チリソースのハンバーガーを選びましたがこれがかなり美味しかったです、オーストラリアで肉系で外れた事あまりないなぁ。
IMG_8709

同じビルにコンビニも入っているので部屋用に飲み物等を購入し、準備し、18時過ぎにいざスタジアムへ!

■熱狂的な初出場を目指すシリアサポーター。

さてホテルを出るとブブゼラの音が!
シリアサポーターの集団がスタジアムへ。
IMG_8714

シリアにとっては初出場を目指すワールドカップ。

2014年の予選ではスウェーデンでA代表歴のある選手を起用してしまい失格処分になっています。
なので今回はしっかり試合をして勝ち上がりたい所でしょう。

この直前、シリアのホームゲーム扱いは1-1のドロー。
シリアにも十分チャンスがある試合と言えます。

さて、ゲートの前に到着すると、どんどん増えていくシリアサポーター!
IMG_8745

完全にお祭り騒ぎですね。

オーストラリアのホームでもあるのでオーストラリアサポもいますがほとんどシリアサポ。

といっても、オーストラリアと険悪でもありませんでした。
シリアのサポーターの中には一緒にオーストラリアの国旗を持っている人もいます。

オーストラリアは内戦続くシリアからの難民受け入れを行ったので、そこらへんの事情もあるのでしょう。
2015年BBCニュース。

話が少しずれますが、今回の目的であるミロシュ選手。
彼もまた難民です。
フットボールチャンネル、ミロシュ選手記事。

バルカン半島のクロアチアで生まれ、ユーゴ紛争で現セルビアのベオグラードへ移住。
も、99年にコソボ紛争で難民となりオーストラリアへ。

オーストラリアのアンダー世代で代表に出ていますが、2012年はセルビア代表としてU19のカテゴリーにも出ています。2012年10月11日のトルコU19との試合でセルビアU19代表デビュー。

その後はオーストラリアA代表を選択。

コソボ紛争に関連した事ですが、ちょうどスポーツ報知の岡島さんが以前セルビアでセルビアvsアルバニアを観戦された時の事を書かれていますね。
岡島さんの記事。

このコソボ紛争のコソボ。
あだちが先月行ったマケドニアの首都スコピエから20キロの所にあります。
コソボ紛争に関連する、アルバニア、コソボ、セルビアはマケドニアのお隣です。

そのコソボ紛争が再び難民を産み、その結果、2001年にはマケドニアでマケドニア紛争が起きました。

あまり学生の頃はバルカン半島の歴史を勉強してこなかったのですが、マリノス関係の選手やそのご家族などがバルカン半島と関連する事もあり、最近ここらへんを勉強中です。

(ちなみに先月マケドニアで観たのがマケドニアvsアルバニアでした。)

さて話を戻し、シリア。

シリアサポは上から赤白黒に緑の星2つのシリア国旗を振っているサポが多いですが、中には、反体制派の旗である、緑白黒に赤い星3つの旗を振っているサポもいます。
内戦は続いて未だにホームゲームの自国開催が認められず、予選はすべてマレーシアで行いました。

そんな中でのA組3位での勝ち上がりです。

ちなみに妻りには内戦より前に大学生の頃シリアに留学しています(オーストラリアにも留学しているので留学先対決です。)。
とても親切な方が多い街だったそうです。残念ながら留学先のアレッポも内戦の激戦地となり、当時お世話になった方とは連絡が取れない状態だそうです。

スタジアムの方ですが、どんどんシリアサポで溢れかえりました。
集まったオーストラリアのサポもその様子を撮影したり、テレビ局もシリアサポにインタビューしたりとお祭り状態。

なので、近くのテントにオーストラリアが優勝したアジアカップが置いてあるのですが、誰も気付かず(笑)
IMG_8753

せっかくなので写真を撮ってきました。

そして開門の18:30となると、更に増えるシリアサポ!
IMG_8746

そんな中開門です!

■アップ開始、ミロシュ選手が気付いてくれました。

開門して中に入ると、とにかく大きなスタジアム。
2000年のオリンピック時は10万人以上収容で(マラソンの高橋尚子さんが金メダルを獲ったスタジアムと情報を頂きました。)、現在は改修して8万人くらいだそうです。

今回は1階のバックスタンドでの観戦となります。
IMG_8783

メインスタンドにしようと思ったらメインの大半の席はサポートクラブ入っていないと買えない席でした。
開門直後でスタンドガラガラ。

まだお客さん少ないのでスタジアムのwi-fiに繋いでスタメン情報を確認したりと。
ミロシュ選手は今回もスタメンでした!

そうこうしていると、開門が1時間半前なので、マリノス的感覚(ネンチケ2時間半前開門)ではあっという間に選手たちがアップに出てきました!
ミロシュ選手も発見!

この時点でスタンドに入っている大半がシリアサポなので大盛り上がりしています。
オーストラリアサポは仕事後到着か、これから増える感じでしょうね。

ピッチ半分で軽くアップをした後、オーストラリアはバックスタンドの前でアップを行うようで選手がわらわらと近くに!

とその時、ミロシュ選手があだちに気付いてサムズアップしてくれました。
試合前の大事なアップの時なので笑顔ではなく真剣な表情だっただけに、とてもカッコよかったです!

そんな感じで目の前のアップがしばし続きます、贅沢贅沢。
S0456079
ズーム機能使わずこんな距離。

この日のオーストラリアですが日中で最高気温が20度との事だったので、この時点で相当冷えていますね。
なので入念にアップします。怪我等ありませんように。

選手がアップを終わらせると、ピッチには放水。
こんなに水撒くんだ?と思うくらいに放水。最近のオーストラリアはボールを繋ぐサッカーなので、ホームの利を生かす感じでしょうね。

そんな感じで試合が迫ります。
選手がピッチに入場してきます。

大声援のシリアサポーター。
S0527094

ゴール裏だけでなくバックスタンドもシリアサポは多いですね。

シリア国歌が流れ、そしてオーストラリア国歌が流れました。

その後は集合写真の撮影、そして円陣を組みました。
S0437081

さぁいよいよアジア4次予選(プレーオフ)、オーストラリア代表vsシリア代表の試合開始です!

・・・ここまで書いて長くなったので、続きはまた別の機会に。

---
今回の遠征もANAマイル利用。
普段の生活からマイルを貯めるならハピタスおススメです。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こちらのバナーから登録して頂くと双方にボーナスポイントが。

代表戦に行きました@シドニー。

エースの活躍を見てきた あだちです、こんばんは。

さて時差2時間あるので昨日ですが、ミロシュ選手を観に、シドニーに来ました。
ワールドカップアジア4次予選、オーストラリアvsシリアです。

たまたまなのですが、妻りにの大学時代の留学先対決になりました。
いつものようにANAマイルにてバビューンと。

詳細は帰国後に書くとしますが、ざっくり試合。

会場はシドニーのオリンピックスタジアム。
中心地からは離れています。なのでホテルはスタジアムの目の前を取りました。

さて、数日前の第1戦はマレーシアにて1ー1のドロー。

試合は立ち上がりオーストラリアが攻勢を仕掛けようとしますが、カウンターをくらって失点。

それでもこの日はスタメンだったエースのケイヒル選手がクロスにキーパーの取れない位置に叩きつけるようなヘッドで同点!

ホームで追いついた事もですが、エースが決めてスタジアムの空気が凄かったです。

その後もオーストラリアは中盤の守備があまくシリアにチャンスはありつつ、オーストラリアペース。
も、決定機を何度も防ぐシリアのキーパー!

ついに2試合で決着つかず延長戦へ。

シリアは1試合目ホームで出来なかった影響もあるのか選手が足を攣ったり。また、退場者も。

そして最後はやはりエースがヘッドで押し込んでオーストラリアが勝ち越し、そして大陸間プレーオフ出場決定しました。
IMG_8803

ミロシュ選手は120分間フル出場。

試合後はバックスタンドで観ていたあだちの所まで来てくれました。
そしてミロシュ選手から、また横浜で共に戦おうと言ってくれました。

マリノスで甲府戦で途中交代や、スタメン外れたりして、本人インスタ見てもモチベーション下がっているのかな?と心配しましたが、この代表戦の激戦を通じて、また強い気持ちで戦ってくれる事でしょう!

もちろんパクジョンス選手も簡単にスタメンを渡さないでしょうし、栗原選手も復帰すれば、更に皆ハイレベルな争いでマリノスも強くなる事でしょう。

あ、wifi環境の関係であまり写真をup出来ないので、あだちインスタをご覧くださいませ。


そんな感じのざっくりシドニーでの事。
木曜にもっと詳しいのをアップします!シリアサポの事とか、ミロシュ選手がバクスタへ来る時のカッコいい対応等掲載予定。

ちなみに今回の遠征もANAマイルを利用です。
マイルを効率よく貯めるならハピタスご登録おススメです。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こちらのバナーから登録して頂くと双方にボーナスポイントが。
記事検索
メッセージ
プロフィール

ada_chit

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ