昔運用屋・今饅頭屋

元運用屋が実家熊本の饅頭屋の経営者となってみたお話。

九州新幹線と百貨店

前回のblogが大変に好評で、次のエントリをアップするハードルが非常に上がってしまったわけですが(笑)、それはまた追々続きを書くとして、このblog本来の趣旨である「熊本の経済」について少しづつ触れていきたいと思います。

さて、九州の縦のライン(福岡・熊本・鹿児島)にお住まいの方なら多くの方が関心を持って見ているであろう「九州新幹線全線開業」。3/12開業といよいよあと1ヶ月半まで押し迫ってまいりました。

熊本でも新幹線駅や熊本城下の観光施設など徐々にハード面の整備が進んでいます(まぁ、博多に比べると全く進んでいませんが…)

博多のオフィス需要(pdfが開きます)の推移を見る限り、まだ熊本のオフィス空洞化は始まっておらず、これからの展開に注目といったところでしょうか。 個人的にはオフィスを統廃合するなら半年以上前から展開しておくはずなので、これ以上空洞化が劇的に進展することはなく、経済規模の縮小にあわせ緩やかにオフィス規模が低下していくか、もしくはインフラ整備(新幹線開業)に伴う地域経済の活性化に伴って現状維持していくのではないかと思っています。

まぁ、なにより熊本は支店経済ならぬ「役所経済」ですから、行政の出先機関が多いという側面もあるので一般的なストロー現象とは言い切れない部分もありそうです(余談ですが、今月号のくまもと経済に掲載されている熊本商工会議所の新年交流会の写真に自衛隊の幹部が写っていたのをみて腰を抜かしました)。 

ただ、今回の表題でもある「百貨店」は厳しい戦いが繰り広げられるのではないかと思います。

今回の新幹線開業に伴う博多駅ビル整備によってJR博多シティには九州初の出店となる「阪急百貨店」がお目見えします。しかもこれがまたスゴイ内容で、中に入るショップも九州初の物が非常に多いとか。

百貨店での顧客の購買行動を鑑みるに、顕示的消費やブランドでの購入という割合が高く、価格や利便性での勝負になることは少ないと思われます。また、百貨店の場合は商圏が広く、新幹線で30分でいけるなら(しかも駅ビルという新幹線降りたら至近という状況)、こちらで買い物するわという事になる可能性も高いと私は見ています。

勝負は熊本地元の百貨店にどれだけのロイヤリティ(忠誠度)を持った顧客を獲得できているかということですが、これはなんとも言えません。いままでは博多の百貨店に行くにしても片道2時間程度(特急+地下鉄で天神)は掛かっていたため、地元でお買い物という場合が多かったはずです。そのため、地元百貨店の愛好家と錯覚されている顧客も多かったのではないでしょうか。

しかし、今後はどうなっていくか。間違いなく一度は阪急に人が流れるはずです。大都市圏で展開している阪急の品揃えやホスピタリティを知った顧客をどうやって再び地元へ引き戻すか。地元百貨店は大きな節目を迎えていると言わざるを得ません。

地元百貨店の戦略としては「既存顧客とのエンゲージメントを強化する」、「地元密着をアピールし、地元ラブな方へのプレミアムとする」ということでこれまでの百貨店経営から一線を超えた行動が必要でしょう。もっとも顧客へのコミットという面では日本初の百貨店「三越」が越後屋呉服店だった頃の話でもあるので、原点回帰とも言えるかもしれません。

こういった顧客との関係性構築に関して最近話題のTwitterやFacebookを利用するというのは 全く理にかなった行動だと思います。これを機動的に利用するには組織の柔軟性が必要ですが…果たして10億円単位で減収が続く地元百貨店にその余裕があるか否か。中心商店街はこの地元百貨店の存在が前提なので、この前提が壊れたとき…

次回は中心商店街の活性化について考えてみたいと思います。

百貨店戦国時代 塗り替えられる業界地図百貨店戦国時代 塗り替えられる業界地図
著者:川嶋 幸太郎
産経新聞出版(2008-05-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

百貨店サバイバル―再編ドミノの先に (日経ビジネス人文庫)百貨店サバイバル―再編ドミノの先に (日経ビジネス人文庫)
著者:田中 陽
日本経済新聞出版社(2007-12-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
 

元運用屋の饅頭屋な一日。

ちょっと前まで都内某所でFMをやっていた(パッシブだけどね)のにいま饅頭屋をやっている人なんていないでしょうから(しかし、前職の会社にはランボルギーニで会社に通勤していた門前仲町の菓子屋の倅がFMとしていたから意外にいるかも)、夢と希望に満ち溢れて運用業界に入ったはいいが、あまりに地味な現実に幻滅してしまった若い人達の希望の斜め上をゆく一日をお送りします。

6:30頃 寝床にてiPhoneでメール、Twitter、mixiをチェック。
そしてmixiボイスで「おはようございます。」を毎日呟くのが日課。メールにクレームが入っていようが仕事が山のように降ってきてようが「おはようございます」。

7:15頃 起床。
なぜならモーニングサテライトディレイ版がBSJapanで始まる時間がこの時間。最近は夜遅いのでこれくらいがちょうどいい。滝井礼乃アナを眺めながらTwitterやRSSでニュースを追う。日経は読まない派です。

8:00~9:00 とくダネの小倉さんにツッコミを入れつつ、出かける支度。 
9:30頃 近所のコンビニで肉まんを買って出社。

9:30~10:30 肉まんをほおばりながら昨日の出荷状況の確認とメールの整理を行う。この時間帯になるとなぜか電話も鳴り始める。この時間には経理の帳簿もつけたりする。

10:30~11:30 前日に出来て冷凍していた商品を冷凍車に乗せて流通団地付近の倉庫まで持っていく。最近は注文が急増して自前の倉庫じゃ足りないのです。

12:00 昼食。地元ラジオ局のUst配信があるので、企業アカウントにて参戦し、みなさんと交流。ただ、どうしてもラーメンが食べたい場合は街中までラーメンを食べに行きます。お気に入りは「桂花本店」と「天和」。

13:00 この辺でネットと電話で受けた注文を捌く。12月とかは毎日10件くらい来てたのでちょっとした作業。伝票出して、発送ラベル起こして、赤ペンでダブルチェック。これは前職のミス防止精神が息づいています。前職では息苦しくてめんどくさかった確認作業がここで生きてくるとは…


14:00 この時間帯から1時間~2時間は業者との打ち合わせや営業などが入ってきます。今はHP改変作業に入っているので、動画制作会社さんや、HP作成業者さんが主な話し相手。あとは出入りの印刷業者さん。

16:00 だいたい一日のルーティンワークはこのへんになると終わるので、統計を調べたり、地元経済誌読んだり、ネットで調べ物したり(昨日はTDBの信用調査データを使って同業他社の事を…おっと誰か来たようだ)。

17:00 経営者なので終業時間は特に定めていないんですが、この時間が一応自分のなかで仕事を区切る時間。此処から先は調べ物や今後の経営について考えたりメモしたりする作業を7時過ぎまでしたり、ジムに行ったり、ラーメン食べに行ったり。

そんなこんなで1日が終ります。家に帰ったら積ん読を読んだり、ゲームしたり。なお通勤には自家用車を使っておりますので、バスが来ないという悩みはありません。


まぁ、今はこんな平凡な毎日を過ごしているのですが、私も運用会社に入るまでは「絵に書いたようなエキサイティングな毎日が待っている」と思っていたものです。実際蓋を開けてみると「ひたすら確認作業な毎日」でしたが(笑)
私がなぜ前職を辞めたかというと、直接的には異動があったからです。株式トレーダーとして仕事をだいぶ憶え、これで喰っていく覚悟を決めた直後に運用部に異動…これは堪えました。トレーダーという仕事が好きになっていたので。
転職も考えましたが、「別の会社に行っても同じことを繰り返すだろうなぁ」と思いながら鬱々と過ごしていたときに「リーマンショック」。外資がどんどん東京オフィスを閉鎖していくのを見て、実家に帰る事に決めました。

今は強がり抜きでほんとにやりがいのある仕事をしています。やればやるほど実績が上がり、街の人の口にも上るようになる過程ははなかなか他の仕事では代えがたいものです。
でも、一番今の仕事でいいのは「言い訳をするために仕事をしなくていいコト」です。前職ではとにかく「言い訳するための資料作り」が多すぎました。なんども上司に掛け合ったことがあります。もちろんそのたびに「お上には逆らえねぇだろ!」と一喝されましたが。

今はとても楽しく自由に仕事をしております。私の場合は非常なレアケースだとは思いますが、このご時世、後継者不足で悩んでいる中小オーナー企業も多いです。
運用業に限らず都会で培ったビジネスのノウハウ(M&Aとか大仰なものではなく稟議の上げ方や根回しの方法みたいなプリミティブなもの)を持ってそういった会社の門をたたくのも人生としては有りなのかなと思います。

つまらない駄文でしたが、ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。




 

facebook始めました

これまで私のソーシャルネットワーク活動といえばmixiとtwitterだったのだが、mixiの事故を始め、mixiのサービスが劣化してきているような気がしている。本社も移したみたいだし(本社を移転すると会社が傾くというジンクスがあるので…)。

というわけで、なんか代替サービスがないかなぁと探していたところfacebookにいきあたったわけで。 

まだまだ使い道がわからないけれども(でもなんとなく面白そう)、一足早く始めたTumblrやTwitterとも連携できそうで、現在使っているTwitterクライアントのhootsuiteもFacebook対応可なのでしばらく使ってみようと思う。

問題は大学時代の友人の多くがmixiユーザーであり、facebookにはまだユーザーが少ないことなわけで…mixiはmixiで使っていくしかないかなぁ。facebookの実名主義に不安な人も多いだろうし。


できるポケット Facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150できるポケット Facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150
著者:田口和裕
インプレスジャパン(2010-10-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
著者:デビッド・カークパトリック
日経BP社(2011-01-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

プロフィール

adatic

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ