2011年01月07日

男の料理、何が食べたい??

ん?って思わせる記事ですね。


以前、豚の丸焼きを作る過程をテレビで見たんですが、
木に縛り付けられた豚がすごい鳴き声で嫌がってて、
火で炙られながら苦しみ抜いて息絶えてたのを見てしまいまして、
食べる時、その姿を思い出してしまいそう。

ほんと、気になっている話題のネタがあるよね。

「ウチの丸焼きは約15kgの豚を使っていますので、
30人ぐらいでワイワイ食べられます。蒸気釜でじっくり
4時間以上火を通した肉は、外はパリッ、中はとってもジューシー。
初めて食べた方は、みなさん『これが本当に豚肉!?』
と口を揃えますよ」ですって。

ほー、一度食べてみたい。
でも、丸焼きってことは、あのままですよね?
顔からしっぽまで全部ですよね?
あー、やっぱり無理ですね。

料理はともかくアイドルタレントのチェックはどうかな。

自分で作りたい方は、子豚なら都内でも入手可能で、
塩釜焼きがオススメとのこと。
美味しそうですが、あの可愛らしい子豚ちゃんを
釜で焼くとか残酷!
せめても麻酔銃で眠らせてからにしてほしい!!
こんなこと、日頃お肉バクバク食べているわたしが書くのは
甚だ矛盾しているんですけどね・・・。

今年もかおりの良いお茶を強く愛する男の日記が読みたいですね。

誰もが憧れるオトコの料理 豚の丸焼きが食べたいッ!
http://news.ameba.jp/r25/2011/01/99133.html

大阪で豚の丸焼き専門店『信希』を経営する黒島氏いわく、
沖縄などでは、特別なお祝い事に豚の丸焼きを食べる
習慣があるのだそうです。
豚の丸焼きを日本で食べられるとは知りませんでした。

adb01h at 10:46│ 日記