大塚愛

2007年03月20日

大塚愛の歌詞は、なぜベストなのか。。 デビュー前から2003年を振り返ってみる。

大塚愛ちゃんの画像も良いけど、なぜか聴かせる愛ちゃんの歌詞、その魅力を大塚愛ちゃんのデビュー前から2003年にかけて探っていこうと思います。

歌詞の魅力の根源は何なんだ?

やっぱり、4歳からならっているピアノが大きく愛ちゃんの人生を左右しているみたい(*´Д`*)

そして、その歌詞は、高校生時代に楽曲が作られていて、その時代をしっかりと生きてきた結果だとおもいました。

以下、調べた結果です。


●大塚愛のデビュー前から2003年を振り返る

デビュー前
もともとは学生時代の友人である西田真美とデュオ「HimawaRi」というグループで活動していた。ヒット曲「さくらんぼ」はその時代に既に完成しており、かつてはデュオによる歌唱がインターネット上で無償で公開されていたこともあった。4才からピアノレッスンを始めており、また、「さくらんぼ」だけではなく、リリースされた楽曲の多くをデビュー前(高校時代あたり)には作っている。
2002年、avexに送った自作のデモテープ(「大好きだよ。」「甘えんぼ」収録)が審査員の目にとまったことがデビューのきっかけとなり、翌2003年9月10日にシングル「桃ノ花ビラ」でデビュー。

2003年
5月16日 - 大阪から上京。
9月10日 - 『桃ノ花ビラ』でデビュー。
12月17日 - 同日発売の2ndシングル『さくらんぼ』がバラエティ番組「めちゃ²イケてるッ!」「COUNT DOWN TV」のタイアップに使われるとともに、オリコン週間チャート初登場20位だったが、その後最高位5位まで上昇。『さくらんぼ』は2004年7月19日、「着うた」史上初の100万ダウンロードを達成した楽曲となった。東芝製のau向けCDMA 1X WIN対応携帯電話「W31T」(生産終了)にはこの楽曲が「着うたフル」としてプリインストールされている。

「出典:フリー百科事典 ウィキペディア」


adb01h at 19:23|Permalink

2007年03月19日

大塚愛の新曲の歌詞は、なぜいつもベストフレーズなのか。2004年から2005年を振り返ってみる。5

さくらんぼの勢いに乗って一気にブレイクしたのが2004年ですね。
大塚愛ちゃんの歌詞は、このころから既に熟成されていましたよね(*´Д`*)

個人的には、シングルの『Happy Days』が大好きでした。
何でかって?

pvが大好きだったんですよ。「さくらんぼ」のpvは、ピンク一色であまり好きではなかったんですが、『Happy Days』のpvはイケイケのお姉さん風な格好!?が大好きでいした。

「こんなかわゆい子が歌ってるんや〜」っていう、びっくりというかなんとも変な感覚でした。気付いたら彼女の歌詞にのめりこんでいたのです。




●大塚愛の2004年から2005年を振り返る

2004年
3月3日 - シングル『甘えんぼ』を発売。「さくらんぼ」と同時TOP10入りを果たし、話題となった。
3月12日 - 「MUSIC STATION」(テレビ朝日)にてテレビ初出演。「甘えんぼ」を披露。
3月31日 - 1stアルバム『LOVE PUNCH』を発売。オリコン週間チャート初登場3位を記録。
7月 - 森永「Ice Box」でCM初出演。
7月7日 - シングル『Happy Days』を発売。
8月18日 - シングル『金魚花火』を発売。
10月20日 - シングル『大好きだよ。』を発売。
11月17日 - 前作からわずか8ヶ月で2ndアルバム『LOVE JAM』を発売。11月29日付のオリコン週間チャートで初登場1位を獲得。
11月〜12月 - 『さくらんぼ』でベストヒット歌謡祭最優秀新人賞と日本有線大賞最優秀新人賞と日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、新人賞レースを独占。
12月31日 - NHK紅白歌合戦に初出場。『さくらんぼ』を歌う。紅白など年末歌番組の出演効果により、2005年初頭にはシングル『さくらんぼ』や1stアルバム『LOVE PUNCH』がチャートの上位に再浮上。


2005年
2月9日 - 『LOVE JAM』からのリカットシングル『黒毛和牛上塩タン焼680円』を発売。
3月1日 - 初のフォト・ラブストーリーエッセイ『キミイロオモイ』を発売。
3月16日発売 - NANAのトリビュートアルバム『LOVE for NANA~Only 1 Tribute~』に『Cherish』で参加。
4月 - 「ライオン」の看板商品「植物物語」と「Ban」のコマーシャルに出演。
4月 - オフィシャルモバイルファンクラブ「LOVE9CUBE」(ラブ・キューブ)が発足。
4月28日〜6月1日 - 初の全国ホールツアー「JAM PUNCH Tour 2005〜コンドルのパンツが食いコンドル〜」を敢行。
5月11日 - 初の両A面シングル『SMILY/ビー玉』を発売。5月23日付のオリコン週間チャートで初登場1位を獲得。
6月22日 - DVDドラマ『東京フレンズ』へ出演(翌2006年8月には映画化)するなど、女優業といった新たな分野にも挑戦。
7月13日 - シングル『ネコに風船』を発売。
7月27日 - 初のライブDVD『JAM PUNCH TOUR 2005〜コンドルのパンツがくいコンドル〜at Tokyo International Forum Hall A on 1st of June 2005』を発売。オリコン音楽DVD週間チャート初登場1位。
9月21日 - シングル『プラネタリウム』を発売。オリコン週間チャート初登場1位を獲得。
12月14日 - アルバム『LOVE COOK』を発売。オリコン週間チャート初登場1位を獲得。
12月31日 - 『プラネタリウム』で、日本レコード大賞金賞受賞。
12月31日 - 紅白歌合戦に『プラネタリウム』で2年連続2回目の出場。

「出典:フリー百科事典 ウィキペディア」

adb01h at 21:25|Permalink

2007年03月18日

チューリップで完成した大塚愛の歌詞の世界。。2006年から2007年を振り返ってみる。

大塚愛ちゃんは、画像掲示板などで依然人気者ですが、私は大塚愛ちゃんの歌詞力は、つい最近リリースされたシングルの「チューリップ」で完成したと私は、考えています。

自身の歌詞の世界の完成。その確信があったからこそ、ベストアルバムの「愛 am BEST」を大塚愛ちゃんは、発表したではないでしょうか。


●大塚愛の2006年から2007年を振り返る

2006年
4月1日〜5月9日 - アリーナ・ホール全国ツアー「LOVE COOK Tour 2006〜マスカラ毎日つけてマスカラ〜」を敢行。
4月12日 - シングル『フレンジャー』を発売。
7月26日 - 同日発売の鈴木亜美のシングル『Like a Love?』を作曲し(作詞は亜美)、初めて自分以外の歌手の楽曲を手がける。
同日 - ライブDVD『LOVE COOK Tour 2006 〜マスカラ毎日つけてマスカラ〜at Osaka-Jo Hall on 9th of May 2006』を発売。

8月2日 - シングル『ユメクイ』を発売。
8月12日 - 全国松竹系で初主演映画「東京フレンズ The Movie」が公開(主題歌『ユメクイ』も本人が担当)。
9月9日 - 24歳の誕生日・デビュー3周年を記念して、日比谷野外音楽堂にて1夜限りのライブ「【LOVE IS BORN】〜3rd Anniversary〜」を行う。
9月10日 - デビュー3周年を記念して、オフィシャルモバイルファンクラブ「LOVE9CUBE」で、「BABASHIのテーマ」(初のベストアルバム『愛 am BEST』の隠しトラックとして収録)を着うたで配信したり、動画CM配信する。
10月25日 - シングル『恋愛写真』を発売。
10月28日 - 公開の映画『ただ、君を愛してる』(玉木宏・宮崎あおい主演)の主題歌に『恋愛写真』が使われる(映画の主題歌は『ユメクイ』より2作連続)。
12月25日 - 本人がデザインを手掛けたウサギのキャラクター「LOVE」の公式ホームページが開設。
12月30日 - 恋愛写真で日本レコード大賞の金賞を受賞。
12月31日 - 紅白歌合戦に『恋愛写真』で3年連続3回目の出場。

2007年
1月1日 - ライブDVD『【LOVE IS BORN】〜3rd Anniversary〜 at Hibiya-Yagai Ongaku-Do on 9th of September 2006』を発売。
2月21日 - シングル『CHU-LIP』を発売。
3月28日 - 自身初のベストアルバム『愛 am BEST』を発売。2ndアルバム『LOVE JAM』から3作連続でオリコン週間チャート初登場1位を獲得。
4月22日 - 東京・日本武道館で開催される「コスモ アースコンシャス アクト アースデー・コンサート」に出演。
5月18日〜7月12日 - 全国ツアー『愛 am BEST Tour 2007 〜ベストなコメントにめっちゃ愛を込めんと!!!〜』が開催予定。
6月20日 - シングル『PEACH/HEART』を発売予定

「出典:フリー百科事典 ウィキペディア」

adb01h at 21:24|Permalink

2007年02月17日

大塚愛ちゃんのプロフィール3

大塚愛ちゃんの愛称は、「愛ちん」。。。個人的にいまいち好きではない呼び方ですが、しょうがないでしょう(TДT)

基本は、シンガーソングライターの彼女ですが、女優やイラストレータまでもこなすなんてほんとに多才ですよ(*´Д`*)

そんな、努力家の愛ちゃんは問答無用で大好きです。


●大塚愛ちゃんのプロフィール

大塚 愛(おおつか あい、本名同じ、1982年9月9日 - )は、日本のシンガーソングライター、女優、イラストレーター、絵本作家。所属レコード会社はエイベックス及び所属プロダクションはエイベックス・エンタテインメント。

愛称は「愛ちん」。作詞・作曲のクレジットは「愛」。なお、正確には「大塚 愛」と、姓と名の間に半角スペースを入れる。各種クレジットや雑誌ではそのようになっている。

本名 大塚愛
別名 愛ちん
生年月日 1982年9月9日(24歳)
血液型 O型
学歴 大阪芸術大学短期大学部保育学科卒
出身地 大阪市住之江区
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
女優
イラストレーター
絵本作家
活動期間 2003年9月〜
レーベル avex trax
事務所 エイベックス・エンタテインメント
共同作業者 Ikoman
公式サイト http://www.avexnet.or.jp/ai

「出典:フリー百科事典 ウィキペディア」


adb01h at 18:14|Permalink