ADC-SilverFox曹長の日記

他愛も無い独り言などなど

適当な独り言やネトゲ話

仲間達

昔の仲間に会って来ました。

俺も年をとり、見てもわからんだろうと思っていたが、「全然、変わらねーな」との話にて容姿については以前のままなようです。集まったのは私を含め5人で、私からすると先輩2人に後輩2人っす。

懐かしさと当時の奮闘話などなど、まあ久々に面白かった。やっぱり、いろいろと戦ってここまで来たようで、振り返るのは早すぎるけどたまにはこういうのもいいなと。

いい刺激をもらい、当時の俺の話を聞き、まだまだ俺も頑張らんといかんと思うこと然りでした。まあ、俺もいろいろ突き抜けたことやってたんだなと当時の俺を褒めてあげたいw

さあ、今年もあとわずか。来年はもっと前に出て行く年にしたいもんだね。



あっというまに

ffxiv_20151214_215606
あっというまに時が過ぎていく。

気がつくとブログの更新も一月していない。

先日、サラリーマン時代の後輩からの電話。年末に当時のみんなを集めて忘年会しませんかという内容。やつらとはこのブログでも以前書いたハワイなんかに行ったりしていた会社の仲間だ。

途中、会社を抜けた事情があり、おもちゃの世界に飛び込んだのもあり、以前のような関係は今まで保ってなかったのだが、この後輩だけは慕ってくれていたのもあって連絡はとっていたのだ。

その会社はとうに無く、当時の仲間もバラバラな道を進んでいたと思っていたのだが、驚いたことにやつらは今もその業種の仕事をしているという。当時は社会的にも批判されていた業種で、不景気のあおりをまともに受け、リーマンショックで撃沈した同業会社は相当な数だったと思う。そんな中でやつらはこれまで生き抜いてきていたのだ。

参加すべきか悩んだが、忘れていた大事なものを思い出す為にも出席することにした。やつらがどのように生きてきたのか聞いてみようと思う。

お昼寝中

昼寝うしろ

オタ会

先週の土曜日、以前より何回も誘われていたオタ会に初参加。

趣旨的には、普段言えないオタク的な好きなものを目いっぱいお話しませんかというもの。集合場所はやっぱり秋葉原の居酒屋で、大体15人ぐらいのメンバーが集まっていました。

ジャンル問わずのオタ会なので、自衛隊オタからアニオタ、ドールにフィギュアなど俺は話していけるのかと思ったけど、全然ついていけてる(笑)。ここまでの知識を身につけてしまったのかと複雑な心境にはなったけど、普段できないライダーや牙狼のコアな話がおもいっきり出来たので、何気に楽しい会となりました。

アニメについても見ている視点がやっぱり違うというか、よく見てるなあと。今期夜中にやっているルパンのオープニングは片目で一度見てほしい、立体的に見えるのでとか。何とかの効果音は何のエンジン音から持ってきてるとか人によって見所が違うのは面白いっすね。

また年末のイベントにもお呼ばれしているので、これはどうしたものかと悩む。まあ気が向いたらですね。




極蛮神

ffxiv_20151104_001903麒麟マウント取得の為に散々通った極蛮神。

最近また再び暇さえあると通っている。

しかし、簡単なガルーダと面倒くさいイフリート、爽快感が無いラムウは除外w。

極タイタンと極リヴァ、極シヴァの3つをコンテンツファインダーに申請し、シャキったらそれに行くという感じ。

まあ、行ってみて思うのが俺らがやってた頃とは明らかに内容が違いますね。当時はシヴァが妥当な火力均衡で、極ってのは予習必須で1ミスが全滅や命取りになることも多く、各々がやってくる敵のギミックをかわし、且つ最大火力で攻撃しないとクリアできないってもんだったんだけど、今では火力インフレで攻撃面では問題ではないのです。しかし、ギミックについては避けれないとやられちゃうんだよね。

まあ、予習してきているのかもしれないけど、そんな簡単なモンではなくギミックに引っかかっていくわけですよ。タイタン・リヴァでは落ちたり、シヴァでは滑ったりと見ていて笑っちゃうこともしばしば。

昨日もタイタン初見の竜がPTにいて、装備を見る限り3.0から竜をやりだしたプレイヤー。開始早々のギミックで飛び跳ねるように避けるw。「これはw やらかしそうだw」と俺的にはそいつに釘付け。すると案の定、次のギミックで飛び跳ねるように崖下へ落ちていったw もうPCの前で大爆笑w あわててジャンプボタン押しちゃうんだろうけどさすがに初見という落ち方でしたわ。

ffxiv_20151104_0020448人でスタートし、気がつくと4人しか生き残ってねえになってるという今の極蛮神だが、やっぱり楽しい。素直にクリアしてしまうPTよりも、俺がやられちゃったら終わりじゃんという方が面白いっすね。

次パッチで新たな極が来ますが、これはやばそうな内容です。強い武器が貰えるそうなので、他のプレイヤーも多くプレイするはずです。また、あの極が戻ってくるのかと楽しみではあるけど、程々楽しめる内容であればいいなあと思いますね。

10種類のギミックがあるらしいので、それを見極めることからスタートとなりそうですな。

主婦的な感覚w

最近、主婦的な感覚と言うか行動と言うかおかしなことになってるっす。

当たり前な事なのかもしれないけど、日々の食事の買い物は母親がしていたんだが、いつの頃からか私もやるようになっている。休日は私が買いに行くようになり、いつの間にか物の値段の相場がわかるようになってしまった。

うちの近くにはスーパーが3つ。野菜や肉、魚などなど店によって鮮度の違いや良い悪いがあり、魚はこっちが旨いけど、肉はこっちの店の方が旨いとかもわかるようになり、完全に主婦的感覚になっている。休日の朝は折込チラシを見て、物の値段をチェックするようになり、いやはや戦場を駆けていたお銀が、スーパーを目掛けて駆けているw。

そんなお店でもお気に入りのお店がありまして、その名前は「スーパーベルクス」。ロゴ表記はBelx。どっかで馴染みのあるお名前にw、しかもスーパーが付いとりますw。このお店では入り口付近にある安売りエリアを見るのが楽しみなんですよね。

本日1束3本のねぎが98円、ワゴンの前でねぎを手に取り吟味していると隣のおばちゃんと同じねぎを手にとってしまい、「あら すいません。」とトキメキも何も無い出会いもありましたw。全般的に足立庶民の味方価格にて末永く通いたいお店ですね。

まあ、ねぎのおばちゃんと目が合ってから、ふと「おれも変わったなあ」と思ったわけです。あとは料理の腕が上がれば、それに伴なっていろいろ幅が広がるので料理の腕もあげていきたいもんだ。



最近、井上陽水を改めて聞くようになった。昔に聞いた時の感じと違い、彼の鬼才ぶりに圧倒される。当時聞かれた同業者シンガー達は、さぞ衝撃を受けただろうと思う。

まあ そうなるよね

最近BF2でお世話になったヴォルさんが気になっていたんですよね。

ブログを立ち上げてたのは知っていたので、ちょっと覗きに行くと「やっぱり、そうなるよね」とニヤニヤしてしまったっす。というのは先日ここで書いた「スターウォーズのバトルフロント」というゲーム。実はこのゲームはあのBFシリーズを作ったDICEが制作しているゲームだからです。

彼のブログの中でもやっぱり紹介されていて、これは参戦してくると感じました。彼はPC版でやってくるでしょうから、私が仮に参戦してもPS4なので操作慣れや反応等で相手にならんでしょう。しかし、やっぱり見るところは一緒なのねと思いましたわ。

やっぱりFPSはPCでやりたいけれども、新PCを買ってまでという熱意はないw。今後も含めてやっぱり凡庸性が高いPS4安定です。しかし、彼のダースベイダーやルークを見てみたいもんだわ。BF2時代を彷彿とさせる突撃ぶりがみれるだろうね。

うーん 買うかPS4.

ラスカル

好きなキャラクターってのは誰しもあるとは思う。

あっしも好きなキャラクターが数多くあるんだが、ケロロ軍曹やらライダーやら牙狼やらウルトラマン、ドラえもん。そんな中で昔から好きなもんとしてあらいぐまラスカルがある。ぬいぐるみやら貯金箱やら皿やらいろいろグッズが家の中に転がっているぐらい何気に見つけたら集めているお気に入りキャラなのだ。

ffxiv_20151025_105935
そんなラスカルに似たキャラがFF14のペット(ミニオン)として6月23日の今回の拡張版に実装されたのだ。これは絶対獲得せんと鼻息を荒くしたんだす。このミニオンは55レベルダンジョンのレアドロップ品にて、取得するためにはダンジョンクリア後にレア出現→4人でのロット勝負に勝利という流れで獲得することができるっす。

挑戦し始めたのがメインストーリー終了後なので、7月上旬頃と思われるw。ほぼ毎日ダンジョンに挑戦し、多い日には複数回挑戦と挑戦回数が多分、200回は余裕で超えてると思われる。その間に出現した回数は5回で4回はロット負け、5回目でやっとロット勝ちすることができやっと勝ち取ることができました。途中、マーケットで購入しようかとも何度も思ったが価格が60万ギル以上の高額な為、軍票集めを兼ねてやってたんですな。

ffxiv_20151025_105945実際、取得してみると肩に乗ったりして、尻尾がゆらゆらして想像以上にイイ。やっぱり、ビジュアルがいいね。あとほしいミニオンンとしてむささびみたいなナッツイーターと小猿のようなベイビーオポオポ。ナッツイーターデイリーで一日一回できる宝探しのレアドロップ地図からさらにそこからレアドロップという難関。マケ価格が300万ギルというのでレア度がわかる。

まあ気長にやりたいと思います。



空飛ぶほうき

ffxiv_20151023_213731ついに空飛ぶほうきが実装。

ほうき出ないかなと以前より思っていたので、実装されてうれすぃ。

それも課金ではなく季節イベント報酬で貰えたので、早速頂いてきました。


先端に猫が乗っているのがまた粋なデザインだなあと。


ffxiv_20151023_213924
ちょっとした魔法使い気分で、空の旅を満喫。

こんな調子でクラウドのバイクもほしいとこです。

ただ、クラウドバイクは作ったそうだけど、速度が遅くて実装不可だったようだす。ならば、ハウジングのオブジェでも実装してほしいもんだすな。

ffxiv_20151023_223152
気がつくと夜w

夜もまた景色が良くてなかなか疾走感が増していいもんだす。

いろいろな乗り物が実装されると、また違った雰囲気になるのでもっとこんなのやってほしいですな。

ハウジング

ffxiv_20151024_175301実は先日、FF14ではハウジングに関して重大な発表がありました。

土地の有効利用のため、長期間利用されていないフリーカンパニー/個人で所有している土地やハウスが自動撤去されるようになり、他のプレイヤーが撤去された土地に新たなハウスを購入することが可能になるという。

前々から、休止者や引退プレイヤーの空き家について議論がされていましたが、ここにきて正式にこのプランが実装されるようです。そもそも何で自動撤去なんだと思うのはユーザーならば思うだろうが、14においては以前私が買った時以来土地の追加がされておらず、僅かにある高額なLの土地しか現状無い状況にあり、なかなかハウジングコンテンツを遊ぶことができないユーザーが多いということだと思います。追加が思うようにできないので、空き家を潰してしまおう=その方がハウジングエリアも活性するしね。という感じだろうか。

ffxiv_20151024_175417
問題となっているのは45日(地球時間)以上、FCハウスはフリーカンパニーのメンバー、個人ハウスはオーナーの入室がないハウスおよびその土地という45日という期間でがんす。

課金ベースで隔月課金で維持はできるが、何らかの都合で離脱することになった場合は家維持の為にログインし家に入らんといかん。課金だけでは駄目なのですわ。

個人的にこの45日はちょっと待てよと。3か月の90日ならば納得できる数字。私はFCハウスも個人宅も持っているので、もし家を無くしたらちょっと復帰とかできない気がする。FF14プレイヤーは社会人の方が多いと思うし、プレイしたくても出来ないということが多々あると思います。拡張版である3.0をプレイしていない時点で復帰とかは確かに考えにくい状況なれど、それでも仲間を待っているプレイヤーは多いはずです。

ただ、私も家を持っていない期間が長かったこともあり、ハウジングコンテンツで遊びたいというプレイヤーの気持ちも凄くわかる。飛行船というコンテンツが実装され、次パッチではその飛行船に乗って空島探索にいくというものが実装される。なので、家を早く持ちたいだろうなあと思うわけです。

でも、そのプレイヤーが家を持ったら持ったで私のような考えに変わるかもしれない。FC仲間の意識も日々変わっていくし、他ゲームへ移っていくかもしれない。そんな中でも自分、もしくはフレンドが苦心して手に入れた家を手放したくはないだろうと思う。その時、この45日を長いと感じるか短いと感じるかだわね。

一番いいのは土地を追加してもらい、自動撤去なんてもんはなくなればいいのですがね。しかし、ドラクエのほうはガンガン土地を追加してるのに何でFFでは出来ねえのか不思議でならないっす。
記事検索
Profile
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ