合同会社adg-ethics

映画製作者 北田直俊の活動を報告するブログです。

アジア犬肉紀行 参議院議員会館にて上映

犬肉は他国の食文化ではありません。
長編記録映画『アジア犬肉紀行』、今月28日(月)と30日(水)の両日、参議院議員会館B106会議室での上映が決定しました。
一日3回、無料上映。一般の方の参加も大歓迎ですので、ドシドシご来場くださり、国会議員さんに犬肉の存在をアピールしてください。
一昨年の台湾、昨年末のアメリカ全州に次いで、今年こそ日本に犬食禁止法制定を!
参議院議員会館表

参議院議員会館裏

みえない汚染・飯舘村の動物たち YouTube無料配信

IMG_6117

vimeoに次いでYouTubeにもアップロード致しました。
福島原発20キロ強制避難区域から更に20キロ離れた居住
困難区域・飯舘村に放置されたままの動物たちの惨状。
これが動物後進国であり、放置国家と揶揄される美しい国
日本の現状です。

・・・タイトルのみえない汚染とは ≪放射能≫を指しているのではありません。・・・
2011年3月に発生した福島原子力発電所事故の影響で放出された放射能汚染により、その周辺20キロ圏が≪強制避難区域≫に指定された。
しかし、その外側に位置する飯館村は、避難指示が発令されるまで一ヶ月以上におよび、村民6600人と村外から避難してきた千数百人は容赦なく被曝を受ける結果になった。
その後、飯館村は《居住制限区域》に指定され、人の出入りは自由だが居住は禁止という無人の村へと化した。
つまり、もっとも深刻な≪20キロ警戒区域の外側≫に指定され、 誰も居なくなった村には多くのペット・家畜が、数年間も放置されるという現実を強いられる事になったのだった。
その数、犬で150~200頭、猫で400~800匹、鶏50羽、豚1頭と言われているが 正確な数を把握する者は誰もいない。
そして現在、原発事故は事実上、風化し 一人の男がその無人の村で置き去りにされた動物たちのために奮闘していた。
【2015年度劇場公開/97min/117/白黒・カラー/日本映画】
監督・撮影・制作 北田直俊
音楽 坂本弘道
出演 平山ガンマン
製作 合同会社adg-ethics
公式サイト http://adg-theater.com/zone.iitate/
作品解説 https://blog.goo.ne.jp/tara3k1227/e/08953eb80d2185339d2374eab9e3a085
IMG_1120gdsfddddd

Zone存在しなかった命 YouTube無料配信

safe_image

vimeoに次いでYouTubeにも無料配信をアップロードしました。

どしどし拡散やブログ等でご紹介いただければ幸いです。
近日中に英語版も配信致します。
これが動物後進国・日本の実情です。
今年の動物愛護法改正を声高に訴えていきましょう!

IMG_1121789034rtyu



2011年、福島第一原子力発電所事故によって、その半径20キロ圏内の一般立ち入りが禁止された警戒区域に取り残されたペットや家畜などは、日本政府や大手マスコミによって存在しないものとして闇に葬られました。
この記録映画は、その禁断ゾーンに非合法な形で潜入し克明に活写した、ある意味存在してはいけなかった作品に仕上がっています。残酷描写はございませんので、気構えなくご鑑賞いただけます。
これが日本政府、そして我々一人一人が犯してしまった重罪を後世に残したいと切に願います。
【2014年度劇場公開作品/日本映画/カラー/117min】
撮影・監督 北田直俊  
音楽 坂本弘道
挿入歌 谷山浩子
ナレーター アーサー・ビナード
製作・配給 合同会社adg-ethics 
公式ホームページ http://www.adg-theater.com/zone.html
作品解説 https://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11835040555.html

みえない汚染・飯舘村の動物たち【無料配信開始しました。】

【無料配信開始しました。】
誰も成し遂げる事が出来なかった福島原発避難区域内に動物シェルターを立ち上げた一介の会社員の執念の軌跡を追った記録映画。
この記録映画は原発事故被災地・飯舘村に於ける惨状のごく一部です。
被災者側を批判する意図はなく、あくまでも動物たちを数年間も放置という犯罪行為に対し、政府・行政及び東京電力・大手マスコミに対して、動物たちの置かれた現状と権利・福祉及び法整備の遅れを告発する目的で制作されました事をご理解ください。
IMG_6117
https://vimeo.com/227587819

満を持して僕の過去の二本のドキュメンタリー映画を無料配信することにしました。
『アジア犬肉紀行』の上映にまでこぎ着けた安堵感もありますが
原発事故が完全に風化した現在に、もう一度人々に呼び掛けたいという想いにも
駆られました。
【22】の替わり
原発事故から八年。ずっと無人の村で、今もひとりぼっちで寒さに凍え、
空腹とのどの渇きに耐え、生活音さえない空間に取り残された命がある。

『Zone存在しなかった命』を製作した強制避難区域内には、まだ取り残された動物たちを救出・保護するという大義があった。僕も撮影をしながら、それなりの達成感もあった。
だが『みえない汚染・飯舘村の動物たち』の舞台となった居住困難区域・飯舘村は違った。
詳細は、映画で描いているので、ここでは語らないが、餓死・殺処分の方が
マシだと思えるほど、僕の心は粉々に折れてしまった。
今もその後遺症は残っているし、今後も心の底から笑えないと思う。
それほどまでに人間への絶望感に打ちのめされた。
分かりやすい善や悪ではない人間の営みという絶望感である。
10-B
あれから僕は言葉を失いかけている…。
もうどうでも良いという刹那感に覆いつくされようとしている。
おそらく僕の中で、全てが終わってしまったのだろう。

Zone存在しなかった命【無料配信開始しました。】

safe_image
http://livedoor.blogimg.jp/adg_movie/imgs/6/d/6d1274c5.png" title="safe_image" target="_blank">
ようやく『アジア犬肉紀行』に関するバタバタも一段落したので、
もともと僕が動物福祉に関する映画を連作するきっかけにもなった
福島原発事故に取り残された動物たちを描いた『Zone存在しなかった命』を
もう原発事故から7~8年経ち、完全に風化した今だからこそ無料配信を
することにしました。
https://vimeo.com/241180873
【21】の替わり

日本政府や大手マスコミによって存在しないものとして闇に葬られた
無数の命たちの鎮魂歌になればという思いで製作した本作。
禁断ゾーンに非合法な形で潜入し克明に活写した、ある意味存在しては
いけなかった作品に仕上がっています。
残酷描写はございませんので、気構えなくご鑑賞いただけます。
これが日本政府、そして我々一人一人が犯してしまった重罪を
後世に残したいと切に願います。
https://vimeo.com/241180873
IMG_1121789034rtyu

水面下

水面下で進めていた和歌山県太地町での『アジア犬肉紀行』の
上映会は諸々の諸事情から来年に延期致しました。
詳細はこちらで詳しく書かれていますのでどうぞ。
http://animalliberation.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

しかし読み応えのある、面白いブログだなぁ…。

https://vimeo.com/292565805

どうぶつ千夜一夜

10月14日に大塚のシネマハウスで公開される『アジア犬肉紀行』の街宣を
活動家でもあり本作の出演者でもある神野重雄さんと一緒に、大塚駅前で
声を張り上げて、通行人の方にチラシを配ったり、アジア圏に於ける犬肉の
現状を訴えたりしました。

神野さんは、日本への犬肉輸入禁止の法案制定に向けて、数年前から尽力して
いる唯一の活動家です。

そんな中、突然動物ジャーナリストの佐藤榮記さんがカメラ片手に登場しまして、
よく考えたら佐藤さんの地元だったんですね( ;´Д`)
というわけで、本日の『アジア犬肉紀行』街宣の模様は、元テレビ敏腕デェ
レクターでもあった佐藤榮記さんのyoutube番組「どうぶつ千夜一夜」にて公開中です。

佐藤さんはTBS「どうぶつ奇想天外!」などでお馴染みのデェレクターさんですね。
現在は、訳あって第一線から退いて、私と同じように自主制作というスタイルで
動物たちの真の姿を記録映画として残しています。

佐藤さん曰く、過去のテレビデェレクター時代と、現在の自主制作記録映画監督とでは、
生き物に対する考え方、捉え方(描き方)そして何より視聴回数等々が180度変わったと
言います。
彼の生き方を通じて見えてくる動物への想いや、現実の動物たちが受けている劣悪な環境、
とても興味深いですよね!

电影『亚洲狗肉紀行』(中文字幕版)


这是一部关于近些年来在国际上被视作问题的东亚地区(中国・韩国・日本等)食用猫肉狗肉的纪实片。
收看 https://vimeo.com/289024629
2018・123min・COLOR / Produced by adg-ethics LLC.
制片人 小尾栄子 / 导演 北田直俊 / 音乐 坂本弘道
出演 杨晓云 / NAMI KIMU / 王 岩 / 张婷婷 / 周予松 / 神野重雄
AJ GARCIA / B.K / Yoon Green / Rebecca Wang / 김혜란
小尾俊治 / Lia Lee / 李诗 / Jeff Beri / Davide Acito
对每年超过3000万只的亚洲圈的违法狗肉产业,
现在,有良心的人们对它说不,并开始行动了.
因为食用而被宰杀的猫狗数量,全世界每年估算有超过3000万只. 随着英特网和社交网络平台的普及,近年来,真实情况变得渐渐清楚起来。
比如在中国很多地方,作为宠物被饲养的猫和狗被偷盗后,在肉市场被转手倒卖的活动横行(中国政府严禁狗的养殖场和屠宰场). 还有一部分的屠宰从业人员相信给狗施已惊吓或痛苦,狗肉会变得好吃的迷信, 给狗施加不必要的折磨后屠宰。
我们摄制组人员有以拍摄亚洲食用猫狗记实片的方式来让更多的人知道的使命感.所以在2017年夏天,我们首先奔赴中国广西壮族自治区,在当地公安部门的摄制限制和严密监视下,使用了隐蔽摄像的方式进行了拍摄。
ura17

然后又到中国的广东省,河南省,吉林省,天津市等地进行了有关食用狗肉的拍摄.在中国,我们偶然拍摄到了,把装载着几百只猫狗,前往屠宰场的货车迫停下后,送往动物保护所的年青人和佛教信徒。
这种非正式的企画,也必然导致了独立制作的体制。 这次总行程为15000公里的中国外景拍摄,尽管极大程度的压缩了机票,伙食费,住宿费,随行翻译费,取材费,中国国内交通费,设备费等,但是还是让我们在制作费用的准备上非常的头疼。
在中国之后,我们前往韩国, 在韩国, ,为了消暑和滋养强壮的目的, 毎年7~8月举行叫做Bokunaru的狗肉汤节,一个多月内也以同样残忍的方式屠宰了100万头以上的狗。
一般来说,这样的事例往往被说成是由民族习惯和国民性的不同而造成的这一句话来笼统的解释原因. 这次,我们特地举出30年前,在日本也有过吃狗文化的历史事实。
也就是说,吃狗肉的习惯并不是单纯的国民性或民族间的问题,而是由该国的经济发展和伴随而来的教育,道德伦理观的因素更大,我们是这样分析的。
作为证据,在韩国, 2017年5月新当选的大总统文在寅也公开宣布,阶段性废除狗肉产业.还有,同样是在韩国,受到国内外对食用狗肉严厉谴责的影响下, 在2017年2月,全国最大的狗肉市场牟兰市场,狗肉买卖基本上已经停止了。
象这样一些不太为人所知的新事实,我们想把它拿出来,告诉全世界。
电影『亚洲狗肉紀行』(中文字幕版)
adg-theater.com/asiandogs/chinese
大塚完成・表

宣伝

大塚完成・表

来月10月14日、大塚での『アジア犬肉紀行』上映会を開催します。
それに伴い、関東圏にお住まいで映画チラシを
お知り合いの店舗や施設(動物病院、カフェ、動物愛護団体、企業等々)に
置かせて頂ける方を募集します。
大塚完成2png

より多くの方に犬肉産業の実態を広めるため、
ご協力いただける方は『アジア犬肉紀行・記録映画製作過程』Facebookの
メッセンジャーか、E-mail【small.one.cinema@gmail.com】まで
店舗数及び枚数と、ご住所、お名前等をお知らせください。
   
また今月9月23日、24日に都内におきまして主要駅前での
フライヤー配布活動を行いますので、そちらも
ご協力いただける方はお知らせください。
そして、都内の劇場などへのフライヤーの設置に
ご協力いただける方もお声をかけてください。
  
宜しくお願いします。

シネマハウス大塚にて上映会

IMG_5602

 アジア圏に於ける犬食の実態を、日本では殆ど初めて記録した長編ドキュメ
ンタリー映画『アジア犬肉紀行』(123分・カラー・日本映画)の上映会。
34Asiand2017-08-08g16

それは、食文化と言う名の犯罪であった。
開場 14:30 上映 15:00~17:03
終映後は、口下手な僕のトーク・質疑応答の時間を設けています。
どもらないように頑張りまっちゅ!
Asian2017-08-08g18

入場料 1500円
公式ホームページ http://www.adg-theater.com/asiandogs/
お問い合わせはメールにてお願いします。
E-mail small.one.cinema@gmail.com(担当 小尾)
フェイスブック https://www.facebook.com/asiandogs/

個別にもっと『アジア犬肉紀行』の撮影秘話を聞きたい方は
大塚駅前でちょっと一杯引っ掛けながらお話しできればと思います。
というわけで予告編もご覧になってくださいな。



あと各地での上映会の企画も随時募集しています!
http://www.adg-theater.com/asiandogs/screening

名古屋シアターカフェさんにて上映決定

2017-08-12m46

11月23日、24日名古屋のシアターカフェさんにて上映が決まりました。
http://theatercafe.blog.fc2.com/blog-entry-872.html


2017-08-12王岩2

10月20日、21日(予定)には名古屋駅前にて僕が犬の着ぐるみ等を着て
チラシ配布などの街宣活動を行いたいと考えています。
中部地方でご参加いただける方を募集します。
(詳細時期が正式に決まり次第、再度アップ致します。)
世のインディペンデント監督は着ぐるみも着て宣伝しなくちゃなららいのよ…。
みんな知らないだろうけど…。映画製作はそんなもの。
2017-08-12l3

そして11月1日は地元の山梨県立図書館にて上映会。
こちらも数週間前から駅前にてチラシ配布と、近所のカフェとか
知り合いの会社さんなどのチラシ・ポスターを張らせてもらう。
2017-08-12i4

10月14日はシネマハウス大塚という劇場にて上映&トーク。
いずれも一般の方に犬肉産業の存在と実態を広く伝えるべく
新宿や渋谷で、地道に街宣活動も行っていきたいと思います。
2017-08-12m49

12月にはイルカ漁で国際的な問題になっている和歌山県・太地町での
上映も検討しているし、韓国でも上映できないか動いている。
日本人が私費で犬肉の映画を製作して、完成後は独自に韓国に乗り込み
上映会を企画するってのは、韓国のマスコミにとっても、いいネタじゃないかな?
2017-08-12天津3
2017-08-08g23

アジア犬肉紀行・DVD

ura6

おかげさまで『アジア犬肉紀行』の日本語字幕版のDVDが
販売開始になりました。
https://asiandogs.buyshop.jp/
近年インターネットの普及とiPhoneやスマホの登場により、
世界中の誰もが気楽にSNSを利用して様々な真実を知るところとなりました。

しかし、犬肉の題材は今日に至るまで、日本の大手マスコミはほとんど
取り扱いませんでした。何故でしょう?
それは、日本が自国に和歌山のイルカ漁問題を抱えているため、
それが足枷となり日本のマスコミが他国の動物問題に言及しない
大きな要因ではないかと考えています。
それはまるで、原発事故や沖縄問題などに匹敵するほどのタブーであるかのごとく。
12

 今回も、相当な借金を抱えながらインディペンデントの独自体制で
この映画を作ってきましたが、それは、そのような商業主義の日本の
マスコミには見向きもされない題材に、光をあてなければ、暗闇の声なき
者たちは永遠に浮かばれないまま搾取され続けていく…
恐らく日本では永久に犬肉の事が話題に上ることすらないでしょう。

そのような意味合いを込めて、DVDを購入するという形でご支援を
賜ることができましたら幸いです。
https://asiandogs.buyshop.jp/
2017-09-07u1

DVDをご鑑賞の後、自分たちも是非、アジア圏犬肉産業の実態を
世に訴えるために本編の自主上映会を企画したいとお考えの方は、
『アジア犬肉紀行』公式サイト【上映会について】をご覧ください。
http://www.adg-theater.com/asiandogs/screening

そして、そして、映画『アジア犬肉紀行』では、都内などの
空きスペースなどを利用した数週間から一ヶ月ほどの常設上映
スタイルが実現できないか模索しています。

個人的にはギャラリー的な上映スタイルがしたいんだよなぁー。
特殊な映画上映というご理解のもと、空き店舗などを格安で
ご紹介くださる方はいませんでしょうか? 

今回の映画上映の目的は通常の観客動員ではございません! 
都内のあらゆる場所に『アジア犬肉紀行』のチラシを置くことや、
駅前などでの街頭運動などで、世間にアジア圏の犬肉の存在を
訴えかけることが第一の目的とします。 
そのような大義的な上映スペースを探しています。
2017-09-03q37

★【English圏・韓国語版に関しましては来月よりネット配信致します。】

『アジア犬肉紀行』公式サイト

ura17

『アジア犬肉紀行』公式サイトが立ち上がりました。
近日中に韓国語・中国語・英語版もアップされます。
海外向けに関しましては、ネット上にて有料配信できるように
ただいま準備中です。
国内外のマスコミ向けへのプロモーション活動も開始されます。
皆さまのシェアなどのご協力もお願いします。
http://www.adg-theater.com/asiandogs/

『アジア犬肉紀行』製作サポーター

いよいよ来週に『アジア犬肉紀行』日本語公式サイトが立ち上がります。
韓国語ページとEnglishページは来月の上旬アップです。
韓国語版に関しましてはネット上で本編が視聴いただけるように現在調整中です。
下記は日本語・予告編動画です。
https://youtu.be/PcFw8pmWzDY
このドキュメンタリー映画は完全インディペンデントの
体制により制作されました。いずれ時は移り変わり、
犬肉をめぐる今の状況は、未来の人々からみれば ❝こん
な現実があったのか!❞ という驚きの目を持ってとらえ
られる、時の証人となるでしょう。
この映画の完成にご支援、ご協力をくださった皆さまに、
制作者より心から深く感謝申し上げます。
   ありがとうございました。
『アジア犬肉紀行』製作サポーター
NAOMI HAYASHI / TOMIKO ASHIKAWA / 工藤修司 / 柴田靖子
坂本圭 / Hiyama Takeshi / Ookakura Hiroko / 堀澤眞理子
谷山葉子 / 渡邊理恵 / 渡邊昭人 / Matsunaga Kyoko / ぺこみこかお
姜 正俊 / 小林ミチル / 小林幸市 / 若林知子 / 浅井園子 / みつえまりこ
高木悠華 / HIROKI INOBE / 山本恵子 / Anri Yoshino
すずき かずなり / Kouno Shigeo / 笠原真己 / 金澤洋一 / 中澤由紀
もりたゆかり / 加藤順彦 / 滝沢紗智子 / 長澤栄 / yukisumire / 中村真弓
楠岡真実 / 大谷 操 / CHIAKI NAKAMURA / Miwa Shoko / 古川真理
佐藤純子 / 小山育子 / 永山昌子 / 中脇啓二 / ももにゃん / 桐田敬久
植田達也 / Inoue Naomi / 佐々木万吉 / 平塚宏美 / 眞下五月 / Sako
永井勝弘 / 真辺将之 / 森元 拓 / sora / Suzuki Agasa / 房子
阿部妙子 / 志保 / 亀岡ゆう子 / 木名瀬あずみ / 松坂進一 / soraママ
カメ吉 / さっち~ 苦しみ続ける動物達のために / 山口佐也加
舟木久実子 / Emi / 小川昴流 / 旦部美砂恵 / 荒井信義 / 細谷さおり
藤谷真由美 / 日本基督教団 八ヶ岳伝道所 /トクメイキボウ
Kanamoto Saco / カトウタカアキ / 市川ヒロシ / 日比野とも子
柴田美香 / ペロタンお母さん / 林 大介 / 山中里美 / 橘 まさお
キセキ&ナナ&クロちゃん&ハルくん / 森田由香利
OBI TOSHIHARU / Naoki Tada / 秋山ここ

Challenged~ある不登校の物語

いつもお世話になっている知人が、クラウドファンディングを立ち上げました。
あまり期日がないので、シュア・拡散のご協力をお願いします。
content_f1ff7d656fcc15b1416b01d6dfadff303d8070eb

日本に推定13万人が悩んでいるとされる不登校の問題について、子どもたちがスタッフ・役者となり、子どもたちの力で伝える映画を製作したい!
小学生から高校生までを対象に、健全育成の一端として、2008年より映画の自主製作活動を開始。ワークショップ形式で「映像表現」を通して「学び」を推進する活動をしてまいりました。
制作する作品は「いじめ」や「自殺」子どもたちを取り巻く問題をテーマに取り上げ、友情や人とのつながりの大切さを「子どもたちの力で、子どもたちに分かりやすく伝える」事を活動の約束としています。
2018年現在、日本では学校に行けなくて苦しんでいるかもしれない子どもたちが推定13万人いるということをご存知でしょうか?文科省のデータによると、不登校数は平成14年をピークに一旦は減少したものの、近年は再び増加傾向にあります。
そこで「不登校」について理解と周知する機会として、私が感銘を受けた新里恒彦氏の書籍「ある不登校児の旅立ち」を映画化をして、映画を観てくれた方々にとっても、勇気と希望になってくれたらと子どもたちと映画製作を企画しています。
「不登校」がテーマの自主制作映画のクラウドファンディングが開始しました。
【Challenged~ある不登校の物語~Webサイト】
https://readyfor.jp/projects/engi2018

『アジア犬肉紀行』クランクインから丸一年

IMG_2010llll98

毎年夏至の時期に開催される中国・広西チワン族自治区のライチと犬肉祭を
撮影取材するために、名古屋中部国際空港から上海経由で南寧市に
着いたのが、今日でちょうど1年目である。
IMG_2033kkkkmmmmnnn
IMG_2036bbbbvvvvzzzz

言語が通じない国で、出演者に振り回され、犬肉業者には3時間以上も
付きまとわれ、21日の本祭前日には中国公安警察に宿泊部屋に押入られ
危うく逮捕寸前の危機に陥り、別の動物保護施設では寄生虫に身体中を
IMG_2056lgbeqlza

やられ、毎回長距離移動による宿泊探しに四苦八苦し、我々は、お肉を
食べない主義なので毎回中華料理店の食事に苦労し、挙げ句の果てには
日本に帰る便に間に合わず上海国際空港で野宿したりしながらの
強行軍取材だったわけだが、それに続く、7月に同じく韓国の暑気払いを
名目に開催されるボクナル犬肉スープの取材と、
IMG_2084h675hj

9月には日本に於ける犬肉の実態を探るための旅に東奔西走し、
10月にはモーションギャラリーにてようやく映画の存在を公にすることが
出来ました。 
IMG_2219g54
IMG_2199jkhg
IMG_2098h76519

その後動画の処理作業、韓国語と中国語と一部英語の翻訳作業を経て
本格的な編集作業に4ヶ月を費やして、
音楽制作、英語・中国語・韓国語・日本語の字幕翻訳作業及び、
字幕の打ち込み作業と、どうにか1年で本来の8割程の予定は消化できました。
IMG_2238hhhhh
IMG_2239klkl

映画は、SNSに比べると圧倒的にスピード面では劣るが、この犬肉の題材は
特にセンセーショナルな動画ばかりが先行して、一向に実体が
見えてこないのもSNSの弱点なので、そこは敢えてじっくりと取材・編集に
拘りたいと考えています。
IMG_2240fghj
IMG_2243fghkl
IMG_2248fgdsa

あれから365日、1日に少なくとも1万頭以上がが残虐に屠殺されていると
想定すると、どれ位の犬の数が人の胃袋で消化したのだろうと脳裏をよぎります。
IMG_2261ghlmnz
IMG_2035666tttgggg
IMG_21805643dfg

今後は何とかしてでも、この映画資料を海外へ届けていこうと考えています。
IMG_201255555rf


2012年にSNSを通じてアジアの犬肉の実態に衝撃を受け足掛け6年。
IMG_224166667

その間紆余曲折ありましたが、この映画製作に様々な形で尽力くださった方々には
心からお礼を申し上げます。制作費工面から取材交渉から、何から何まで
少人数の手探りだったわりには、手前味噌で申し訳ありませんが、
よく一年でここまで乗り切れたと正直感じています。
IMG_226211112
IMG_2014888888875

現在はホームページ作成に邁進中です。
ご支援・ご協力くださった方々のお名前は、『アジア犬肉紀行』公式サイトの
トップページにて、しっかりと刻ませて頂きます。

そのホームページ内に於いて、DVDの通販と、各地に於いての上映会の
呼び掛けや、劇場公開への準備作業等をしてゆきたい所存でございます。
IMG_208043234

というわけで今夜はこれから外国人記者クラブへ、この映画の存在を
取り上げて頂けないか、一筆書いてみようと思う。

『アジア犬肉紀行』完成披露試写会のひとコマ

一本の映画に最低でも3年以上を要していたのに、今回の『アジア犬肉紀行』は昨年の3月に発起してから約14ヶ月で、準備・取材・編集・仕上げ・字幕(現時点で日本語と英語のみ)そして昨日5月20日に横浜にて完成披露試写会まで成し遂げました。
総制作費500万円の超超低予算完全インディペンデント・ロードドキュメンタリー映画。
借金だらけで首が回らない中、次回作の怒涛の取材準備に脳回路がショートした儘なのだが、昨日は僕の『Zone存在しなかった命』(2013・117min)と『みえない汚染・飯舘村の動物たち』(2015・92min)からずっと応援してくださっている林さんが上映会に駆け付けてくれましたので、ツーショットを撮ってもらいました!
33041398_1355448017888022_8889283577624133632_n761sdnb

林さん! 惚れてしまうやろー!
IMG_4947t6t65431qa

厳密に言えば、僕のというよりキセキのファンなんだけど( ;´Д`)
本当は林さんの肩に手をやってニッコリしたかったんだけど、お友だちの相方さんに後ろからどつき回されるかもしれないと恐れて、それだけはやめました(;´д`)
しかし、林さんの応援にはいつも、ヘコんだ心からヤル気を与えてくれて感謝感謝の気持ちでいっぱいなのです! そんな敬意を込めて、今回のエンディング・クレジットには制作サポーターのトップにお名前を刻ませて頂きました!
実は、映画のラストも林さんに恥じられないように心して編集したのは言うまでもありません! じゃないと、また変化球のラストにしでかしそうだったのを、グッと我慢の子で一般受けできるように仕上げました!
というわけでダラダラ書いてしまいましたが、林さんとお友だちの方さん、今後とも宜しくお願いします。ぺこり
33199772_458851641217604_5748135245417283584_ny7y6t5123
2018-05-214refgfgfgdcvb

『アジア犬肉紀行』2018年5月20日、横浜完成披露試写会


IMG_4916posuta-
IMG_4926thkalo

 前日まで暑さと強風で天候が危ぶまれる中、その日は爽やかな五月の気候でお客様にとってもよい日和でだったと思います。
33038896_1721017244653136_7646415678198513664_nki8u878

 会場の横浜開港記念館は、県庁近くにあるレンガ造りのシックな佇まいでとても趣の深い建物でした。
33040777_1721017281319799_8779913596936126464_nkl

 この映画上映会開催にあたり中心的役割を果たした谷山葉子さんがオープニングで仰っていたように、横浜は日本が世界に向けて開いた玄関であり、この映画が犬たちの置かれた憂うべき現状をこれから世界中に発信するセレモニーにはぴったりの場所と言えます。
2018-05-214refgfgfgdcvb

 会場には90人を越える方々が足を運んでくださいました。オープニングにはご自身も動物好きな広瀬善樹さんが、お忙しい中お仕事を押して駆けつけ、司会を担当してくださいました。
 123分の上映中は、時には犬たちのために涙を流しながらご覧になる波面もありました。上映後は、映画の重要な登場人物である活動家の神野重雄と私たち製作者が、会場の皆さんに感想や質問などうかがいながら有意義な意見交換ができ、今後の活動にとっての参考になりました。
2018-05-21j8j87h6h6h6

 当日は映画のDVDやBlu-ray、Tシャツ等のグッズを販売しました。これらのグッズは只今準備中のホームページにおいて、近日中ネット販売いたします。楽しみにお待ちください。
 また、この映画は今後、自主上映会の開催をお考えの方に向けて情報発信していきます。関心をお持ちの方はぜひご連絡ください。
33079991_1721016681319859_4808343482760429568_n

 最後になりましたが、朝早くから会場設営等のために額に汗して準備してくださった工藤さん、芦川さん、萩原さん、武野さん、Ookakuraさんや、飛び入りでトークに登場してくださった佐藤榮記さん、他にもお名前を上げきれない多くの方に、この場で改めて深く感謝申し上げます。(昨夜遅く帰宅したため報告が遅れましたことお詫びいたします。)
2018-05-21rtyijklhjk

アジア犬肉紀行 プロデューサー 小尾栄子
             監督 北田直俊
33146724_458851774550924_5787738498903572480_n1234560oi

『アジア犬肉紀行』ポスター

IMG_4916posuta-

『アジア犬肉紀行』にご支援のご協力をくださった方々のお名前を、新しく作成しましたB2ポスターに心を込めて刻ませていただきましたので、ご報告致します。
明後日20日はいよいよ『アジア犬肉紀行』完成披露上映会が横浜で開催されます。遠方などで、ご出席頂けない方は後日、当日の模様を写した動画をお送りしたいと考えています。
取り急ぎ、ご報告まででした。m(_ _)m

北田直俊監督作品『Zone存在しなかった命』


北田直俊監督作品『Zone存在しなかった命』(117min/2013)一部抜粋
IMG_1121789034rtyu

福島原発事故による封印された強制避難区域を描き切った唯一の衝撃作が全国の2,800ヵ所以上のTSUTAYA/GEOでのレンタルに次ぎ、いよいよ世界に向けてネット配信が始まりました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07CXBHMLM/
映画評論家・山根貞男さんがキネ旬にて称賛くださった評論。【『Zone存在しなかった命』は福島原発事故後、警戒区域に置き去りにされた動物たちとその命を救おうとする人々の記録映画で、それに立ち向かう人々は、しかし悠然と作業をする。見つかれば捕まる立ち入り禁止区域への潜入でも、小走りの作業を淡々とこなす。だからといって、のんびりした映画であるわけはない。物凄い切迫感が全編をつらぬき、そこに孕まれる力が単純な告発映画を越える感銘をもたらす。いま、本気で題材と正対していると思えない映画が多過ぎる。『Zone存在しなかった命』は面と向かって日本映画の現状に対する問いかけが感じられる。】

そして、作品の詳細をお知りたい方は女優・杉本彩さんが書いてくださった下記のサイトが判りやすいと思います。
http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11835040555.html
プロフィール

film

  • ライブドアブログ