合同会社adg-ethics

映画製作者 北田直俊の活動を報告するブログです。

修正DVDを交換させていただきます!

現時点では映画『zone存在しなかった命』はまだ
未公開です。ただ、一部次回作のご支援頂いた方のみ
DVDをお渡ししている状態なのですが、そのDVDの
画質・音質があまり芳しくありません。

諸々、劣化原因が分かり、修正致しました。
音源に関してはほぼ全てマスターから入れ替え
次いでに再構成も施し、上映時間117分(1時間57分)で
最終完成に至りました。時間が短くなった割には
鮭の遡上シーンなど風景カットが加わり
だいぶ見やすくなったんじゃないかな。

関係者や僕とfacebook友達以外の方で
修正前DVDをお持ちの方は
〒168-0062
東京都杉並区方南2-29-3
日本アナログ・デジタル・ギャルドadg 
代表 北田直俊 宛
までご郵送頂ければ11月6日以降から
おって順次、修正DVDを御交換させて頂きます。
もしくはsmall.one.cinema@gmail.com
までご一報頂ければ幸いです。

今回は技術面に関してもほぼ一人作業でしたので
結局、編集から仕上げまで10ヶ月も費やしてしまった・・・。
初めての編集ソフトマスターから諸々の動画ファイル変換
まで解からなさ過ぎた・・・。

5月に一度183分版が完成し
8月に126分版で決めたのですが
10月、今回が三度目の正直です。
まぁ、世の中そんなもんです・・・。(o´Д`)=з

zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

飯舘村の憂鬱

暴风截图20139211676870
平山ガンマンさんと飯舘村に数年間も繋がれた儘の
番犬たちに同行取材し、感じたことだが、
我々人間も一年に一日で良いから、短い鎖に
繋がれ水も食事も運動も娯楽何一つない、
そんな日を強制的にも作ったほうがいいと思った。
暴风截图20139211371279
みんな自由過ぎて、幸福過ぎて
この番犬たちの置かれている境遇を
想像出来ずにいる。
暴风截图20139211888080
この番犬たちは最悪的に不幸だ!
だが、その現実を知ろうとしない、また
知る術もない、想像も出来ない我々
人間はもっと絶望的に不幸だ・・・。

もう、芸術などで感動する奴らを信じない!
もう、愛など口にする奴らはぶっ殺す!
もう、己の信念を持つ奴らの顔も見たくない!
もう、本当の事などどうでもいい!
暴风截图20139211808597
この写真の子は鎖の長さが3m程ある。
つまり3mの世界だがまだ長いほうである。
何も無い毎日。繰り返される無駄な日々。
もうこの子の青春も犬生も帰っては来ない。
ただ、そこに誰もいないそこに
繋がれた儘の一生・・・。
幸せを求める人間達の犠牲になった番犬。

すべて終わっているし、
人間は終わっている。
果たしてそんな終わってしまった世界と
これからどうやって対峙しようか?


zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

飯舘村の番犬たち

人体に悪影響を及ぼす程の高い放射線量故え
今だ無人の町と化した飯舘村。
村というには余りにも広く
現在150匹以上の番犬が鎖に繋がれたまま
点在し、飼い殺しにされている。
係留されていない番犬は保健所で保護し
4日後に処分するとの御通達書が壁に
貼られていた。
暴风截图201391741606277
だが、それを読む住民も居ない・・・。
今、飯舘村の番犬たちに必要なのは
一緒に遊んだり散歩をしてくれる
ボランティアさんだ。
暴风截图201391336902941
膨大な人と時間が必要なのに、たった数人が
馬車馬のように駆け巡っている・・・。

zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

平山ガンマン氏の活動

暴风截图2013918568155
福島警戒区域20km圏外でありながら
未だに放射線量が高い故え、無人の村。
その飯舘村の誰もいない広大な荒れた畑に
佇む番犬という名の鼓動・・・。
暴风截图201391741372416
昨年の冬、20cmも積もった雪に埋もれ
この古びた犬小屋と共にこの番犬は
畑のど真ん中で繋がれていたという・・・。
もちろん餌もなく凍る水さえ無かった。
毛布一枚無く、有るのは膨大な飢えと乾きと
孤独と恐怖と寒さと苦痛と悲しみ・・・。

 現にこの一年で、野生動物に襲われ
死んだ仲間は数匹存在する。
鎖で繋がれている為、逃げることもできず。

平山ガンマンさんが彼に行なえた事とは
脳天気な飼い主さんを何度も会って説得し
新しい犬舎を無償で設置し、せめて
吹きっ晒しの畑の真ん中から
敷地の端に移動出来たこと・・・。
暴风截图2013918605143
それでも、もう直ぐこの地に雪深い
静かで真っ白な地獄が訪れようとしている・・・。
そのころ東京では『ロマンティックね!』とか
言いながらスケベ心全開で人間共は
蠢いていることだろう・・・。

福島警戒区域、20k圏内というインパクトの
陰で、この飯舘村はなまじっか誰でも自由に
行き来できる分、本当の意味で見捨てられた
場所でもある。
暴风截图201391741606277
 繋がれて、ただひたすら立ち尽くしている飯舘村の
番犬150~200匹。猫、推定450匹。豚1頭、馬30頭。
今年、確実に越冬できない老犬、多数あり。


zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

飯舘村、唯一の豚

飯舘村の唯一生き延びてしまった豚。
おそらく何かの病気に冒されているのだろう・・・。
異常に垂れ下がったお腹が地面に着いている。
終始、苦しそうだった。
この子の周りには蚊が100匹以上飛んでおり
全身、痒がっていた。
暴风截图201391336446248
元の飼い主も、この豚の命には
困惑し、どうしていいのか判らない状態で
1週間に1回約5~10分のボランティアさん同士
によるリレーで命を繋いできた・・・。

何とかこの劣悪な環境から救出すべく
ガンマンさんは或る牧場に
『助けてやってくれ』と必死に懸命に
哀願していた。
暴风截图201391336285676
一体、この国はどうなってしまったのだろう?
いや、原発事故によりこの国本来の姿が
露呈しただけなのか・・・?
暴风截图201391336539131
豚一頭助けられない国家とは?
犬一匹助けられない社会とは?
猫一匹助けられない我々とは?
暴风截图201391336902941
ガンマンさんは一人で走り続けている。
この日もガソリン代だけでも9000円だ。
高速往復1万円以上それに大量のフード代・・・。
何故にこれほどまでに重い十字架を
一人の男に背負わせるのか?
暴风截图201391336658877


zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

飯舘村の老犬

触れた瞬間に
『あ!この子はこの世に産まれてから一度も
洗われたことが無い』と判りました。
長年の放置による毛玉と尋常ではない汚れ、
おそらく線量も高いことだろう・・・
僕は言葉を失った・・・。
暴风截图201391337089003
平山ガンマンさんも一言も語らなかった・・・。
溢れ出して来そうな悔し涙を
必死で堪えていたからだ・・・。
暴风截图201391337171278
目が見えない老犬。
生きる気力さえ失ったのに
その鎖は余りにも重い・・・。
暴风截图201391337308824
どうやら耳も聞こえないみたいだ・・・。
どうやら食欲も無いようだ・・・。
どうやら自分の運命も悟っているようだ・・・。
どうやら・・・

触れると怖がるに違いない・・・。
だが、その確信は直ぐに間違いだと判った。
愛情を欲してたのだ・・・。
その微かに残された体力でこの子は
僕に擦り寄ってきたのだ。

この子の飼い主は所有権を主張し
これ以上のボランティア活動は難しい・・・。
今年の冬は確実に越せないだろう・・・。
暴风截图201391337157722
君は仮設住宅からいつ帰るか分らない
或る50代女性の所有物なのだ・・・。
これ以上の行動は泥棒扱いになるし
何しろ他の子の面倒が見れなくなる・・・。

ある朝、誰もいないこの広大な
放射能汚染地帯でたった一人で
君は死に、固くなってゆくのだろう・・・。
そして、数日後、誰からも
君の存在は忘れ去られる・・・。
暴风截图201391337274894
そう、存在しなかった命の如く・・・。


zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

『zone2』撮影開始

震災から2年半・現在、飯舘村に放置されたままの番犬、150匹~200匹。
どんなに慣れたボランティアさんでも全てを回りきるには
最低でも3日いや4日、5日を要するだろう・・・。
勿論、散歩から身の回りのケアまで徹すると一頭につき
一時間以上は費やすので、最低限の給餌・水、健康状態の
確認のみでも1日に周るのは20~30箇所が限界だろう・・・。
暴风截图201391336022721
この写真の子は本来は訪れる予定ではなかった。
同行させて頂いた平山ガンマンさんの直感で
不意に立ち寄ったのだ。
鎖が草木に絡まり、一体何日も身動きできない
状態だったのだろう?
暴风截图201391331645754
ガンマンさんが絡まった状態から開放してあげると
見る見るワンコの表情が変わった。そしてガンマンさんから
離れようとしない・・・。
『もう、ここから連れてって!』間違いなく
そう訴えているのだろう。
犬でも人間でいう小学生低学年程の知能はある。
こんな広大な暗闇と孤独に2年半は尋常ではない。
暴风截图201391331685144
1メートルほどの人生に雷や大雨や灼熱、極寒、
野生動物の恐怖、蚊やマダニ・蜂、飢え、乾き、
何の変化もない日常、怒られることも
褒められる事も無い一生・・・。
これが福島飯舘村の現実である。

一頭づつに記事を書くと終わらないので
今回はこの子だけにするが、現実は想像以上だった。

警戒区域の餓死・殺処分は勿論この世の最悪だと思っているが
それに輪を掛けてここは極悪地帯だった・・・。
それでも生きている・・・。

落胆する僕にガンマンさんは
『めげていても仕方ない未来の日本のために
頑張ろう・・・』と笑顔でそのくせ背中で泣きながら
僕を奮い立たせてくれた。

この子たちの為に毎週末、飯舘村に訪れるという
ことは、毎週末この子たちを見捨てるようなもの・・・。
そんなジレンマを全身で抱え込むことが
ここでの闘いだった・・・。


zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

チヤプター画面

チャプター画面

こんな感じかな。。。

zone 存在しなかった命

福島第一原発に伴う警戒区域に置き去りにされた
天文学的数字の動物達の存在は一般的には
認められていない。

日本政府もメディアも黙殺し、一般人も
声無き命よりも、必死で努力やら生の喜びを
訴えるAKBを支持し、この日本糞列島から
真実は揉み消されました。

北田プロフィル写真

ところで、ある著名なカメラマンからメールで
昨年の撮影風景写真が送られてきました。
すっかりその存在を忘れていました。

線量の高い地区で倦怠感と撮影の疲労で
ボーと警戒区域で途方に暮れていた時だったと思います。
何を撮っていいのか全く判らなかった・・・。

今回は150時間以上の素材を撮影した。
可能なら10時間の映画にしたいくらい・・・。
しかし早く、次作に取り掛からなければ・・・。

本当はシュールな映画が好きなのだが
誰もやらないから記録映画の製作を
続けている・・・。

正直、疲れた・・・。


zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

にんげん

facebookで知った記事です。
こういうことを小学生の頃から
教科書などで教えるべきだと個人的には
思っております。

1+1=2も大切だが人間の本質を
教えることも大切です。だと思う。

悪魔を愛し、悪魔を増産してきた方程式を
何故誰も数式にしなかったのか?
http://blog.goo.ne.jp/cusick/e/9031d1ccc36c9d5d34e794f1f960b446
にんげんの絶望をしることしか
希望も生まれまい・・・。

なぜ人間を知ろうとしないのか?

キセキ君

昨年8月に福島警戒区域で保護され、約2ヶ月後の
11月に僕のところに来て早7ヶ月のキセキ君。

facebookでは写真をアップし続けていましたが
改めて、これまでの7ヶ月をダイジェストで
並べてみました。
1345344087496[1]
2012年8月、発見時。
1345353631966[1]
基本的には警戒区域の動物は圏外には出せません。
ブルーシートで隠して無事脱出成功。
病院へ移送。
1346206823081[1]
2日ほどの入院後、またしても警戒区域に
逆戻りして治療療養。
暴风截图20121199352852
里親募集したけれど貰い手が現れず、仕方なく
僕が引き取ることに・・・。
DSC_0049
取り敢えずお風呂・・・。
537246_317144151718419_1260783432_n[1]
先住ナナとも喧嘩せず・・・。
mail[3]
決してロリコンではありません。
でも、傍から見ると不審者だよなぁ・・・。
ひっひっひ!
お嬢ちゃん、もっと・・・してみ・・・。
mail[1] (18)
おちゃらけ。無理やりだけど・・・。
mail[2] (4)
たまには好物の骨。
mail[1] (19)
自宅近くでのお散歩・・・。
mail[2] (2)
仲良し・・・。
本当はそんなに仲良くはありません。
mail[3] (2)
ドライブ・・・。
mail[1] (17)
僕も疲れた(o´Д`)=з
お金も時間もなし・・・。
mail[4]
福島の名残か、外で寝る機会も多い・・・。
mail[2] (5)
あんた、それは自由過ぎるやろ!
もうちょっと緊張感持とうや・・・。

実はそんなに老犬ではなかった・・・。

zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編







命の現場

動物問題や命の洞察について日々、想いを
募っている人々よりも、問題なのはいかに
一般の方にこの現状を知らせるべきかが
肝心なわけで、僕もいつも、そのことを念頭に
『zone』を完成させた。

以前書いたシナリオ『怪人』にも、この映像内に
出てくるジジィに似た登場人物が居た。
しかも孫娘と共に犬を捨てる。

すべて狂っている・・・。

Banken

今年の1月31日は自殺した彼女の10周忌だったのだが
何もできない儘、もう6月を迎えようとしている。
彼女のお墓は神奈川の津久井湖の脇にある。

ずっと映画の編集に取り掛かり身動きできなかった。
そんな死んでしまった彼女を題材に2006年に
『デモーニッシュな街から遠く離れて』という映画を作った。
その主役の広末奈緒ちゃんから2月に赤坂で
ファッションショーに出演するから見に来てと
お誘いの電話があり、是非とも行きたかったけど
結局、それも行けなかった・・・。

少しの時間も作れないのが映画編集だ・・・。
t02200392_0337060012527280659[1]
いまだに自由になれる時間がない。

5月29日から1週間限定で募集される文化庁の日本映画製作支援制度に、
原発事故から2年以上も放置されたままの飯舘村・番犬を描いた
『zone2』の製作資金800万円の内、4分の1を出してくれ!と今日1日
かけて報告書を作成した。
mail[1] (15)
飯舘村のボランティア活動から都会のペット事情、市民ボランティア、
保健所へと移行し動物を通じて人間の生き方・哲学を問うものである。
国辱映画とも言える題材に役人の反応がみたくて半分以上冗談で
提出するのだが、同じ国家公務員が巻き起こした事態をどうみるだろう?
正式タイトルは『Banken』かな・・・。

そうそう、例の柴犬の続報です。
先週の土曜日の写真と・・・
DSC_0355[1]
4日後の今週、水曜日の写真・・・。
mail[1] (16)


zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

ある柴犬

ようやく長編記録映画『zone』が完成したが
有り金と借金尽くしで全くの一文無しになってしまった。
暴风截图20121199187725
既視感に襲われる・・・。
映画を完成させる度に経験してきたことだ・・・。
ただ、僕は人とは違って、助けてくれる友達も親も
兄弟も親戚も愛人も誰もいないことだ・・・。
暴风截图20129182990367
よく今まで乗り越えて来たものだ・・・。
ポケットに数百円、銀行に3千円ほどが全財産だ・・・。
日払いバイトでもするか。
僕の映画製作はいつもここで力尽く運命にある。
20131318620794
『ZONE』日本での公開はハナっから期待していないし
日本人に見てもらいたいとも思わないし、そもそも
日本人には原発問題も放射能も動物問題も
それこそあらゆる危機感に関知無しみたいだし・・・。
201311724074074
99.9%の日本人はsexとカネと飽食にしか興味ないし、
それはそれでいいのだが、それすら認めない
偽善者が己と家族の幸せに安住しているだけで・・・。
もういい、言っても仕方がないこと・・・。
暴风截图2012122924886558
取り敢えず今月の『zone』の国際映画祭コンペ
応募は下記の通りです。
受賞は要らないから海外配給が決まって欲しい・・・。

・ニューヨーク・ドキュメンタリー映画祭
・ハリウッド映画祭
・トロント国際映画祭
・エドモントン国際映画祭
・ハワイ国際映画祭
・フィラデルフィア・アジアン・アメリカン映画祭
・レインダンス映画祭
・ハンプトン国際映画祭
・ロカルノ映画祭
・サンディエゴ・アジアン映画祭
・サンディエゴ映画祭
・山形国際ドキュメンタリー映画祭
・東京国際映画祭『ある視点』部門
・東京フィルメックス

ところで、世田谷区で最近よく通る道で悲惨な柴犬を見る。
炎天下でも雨でもそのままで勿論散歩もなしで、
恐らく何年もの間放置された状態である。
DSC_0355[1]
写真では分かりにくいが家とフェンスの20センチ程の隙間に
犬小屋があり、雨などの日にはそこに入っているが勿論、
体を横などには向けられない。暴力などの明らかな虐待でない
この様な場合、一体どうすればよいのでしょう?
様々な時間帯に通るようにしているのだが、いつもそのまま。
日中の炎天下はまさしく地獄である。
これから本格的な灼熱を前に僕はいったいどうすればいいのか
悩んでいます。
これなら殺処分の方が1000倍いい!
僕なら間違いなく『殺してくれ!』と哀願するだろう!

罵詈雑言

福島警戒区域周辺においても圏内に残された動物を
想う避難民が行政側から『どこそこのグループや団体に
協力すると一時帰宅公益申請を受理しない』と脅され、
言われた側もその怒りの矛先をあろうことか
そのグループに向けたり、あるいは僕も
圏内エサまきボラしたときに『動物たちに水道水を
分けてください』と立ち寄ったコンビニ店員にあなた方に
ただでやる水は無いと言われ、
『みんなで何千円分の買い物しました』と哀願してもダメ
だった。よく聞いてみるとその店員も圏内に飼い猫を
置き去りしたままで
『ペットを失ったのはその人達だけじゃない!』と
訳のわからない理由で恫喝されたりと散々だった。
除染作業員が長靴をジャージャー流しているその
水道水ですら・・・。僕ら全員顎が外れそうだった。
暴风截图20121217125941510
日本がアジアに侵略した世界戦争時にも何故、誰一人
『戦争反対』を唱えなかったのか子供の頃から疑問だったが
実は国民全体が変なのだった。そういう空気にさせられる
ことを実感した。当時の詩人・金子光晴がそんな日本人の
風潮を『一人vs一億人だ』と嘆かれた言葉を残して
いましたが愕然とします。戦後、戦争は無かったかのように
報じられ、今も東北から離れれば東日本大震災は
終わったかのようだ。東京ですら原発事故は終わった。
暴风截图2012122924886558
関西など西に行けば原発事故そのものが無かったかの
ようだ。誰も口にしないし、そういった話を振っても
胡散がられる!そんなことでいいのだろうか?
報道や記録はだからとても大切なこと。

僕の今回の動物に関わる記録映画は3度目のトライ作品だ! 
2002年、1作目は宇都宮で少年が近所の飼い犬を
ゴルフクラブで撲殺する事件が起きた。タイトル『ムッシュ』
といってその殺された犬の名前を題名にした。
僕と同棲中だった彼女と二人で事件の真相を追った。
同時に動物やペットに携わる様々な闇に向き合うことになり
彼女は次第に精神を病み、とうとう睡眠薬で自殺してしまった。
この世に一人取り残された僕はそれでも一人で取材を
続けたがやがて撮影テープを封印することになった。

数年後、2005年に撮影チーフと悪役出演で関わった35ミリ
長編映画・渡辺文樹監督作品『御巣鷹山』で数ヶ月に渡って
福島県田村郡でのロケ合宿で知り合った井上貴弘氏と
意気投合し1年後には共同監督で『EXIT』という動物虐待に
関する長編記録映画を制作したが、動物実験にまで視野を
広げるべきだという僕の見解と、今回はペット業界の真実に
だけに主題を絞るべきだと双方で食い違い、やがて彼は
一人で『犬は想い出に遠吠えする』というタイトルで活動を
始めたが直ぐに千葉県の悪質ブリーダー取材で相手に
高級カメラを叩き壊され、勿論相手は即、逮捕されたが。
その後、僕がプレゼントしたボロボロのハンディビデオで
取材開始したがペット市場は想像異常に闇だらけで結局
頓挫してしまった。僕ももう二度と動物に関わるドキュメンタリー
は製作しないと心に誓ったが、今回の原発事故による
圏内動物閉じ込め事案とそれに携わる人々との出会いが
なければ動くことはなかっただろう。
実際、僕がやらなくても誰か他に誰かやっているだろうと
高を括っていたからだ。

そういえば原発事故から実に17年も前に渡辺文樹監督は
福島第一原発とその誘致に関する巨大な闇を描いていた。
原発はカネを産む生き物。
永久に安全だから異を唱えてはいけない!
それがこの街の常識だったし、暗黙の暮らしだった。
だから同郷の渡辺文樹監督でさえ異端者扱いだったし
乱暴者の厄介者視されてきたのだ。
渡辺文樹監督作品『罵詈雑言』
18秒目あたりからご覧ください。

続き

続き

もうちょい

ラスト

福島原発の歴史です。

池田牧場 福島警戒区域大熊町

放射能を撒き散らした福島第一原発から
西へ直線で4キロ程の場所にある大熊町で
唯一、行政による意味のない殺処分に
反対して牧場の牛たちに餌を与え続ける
池田牧場の池田ご夫妻。
暴风截图201212314091391
だが被爆した牛たちはペットでも産業動物でも
なくなった。人間社会において全く意味の無い
命とはどういうことなんだろう。
暴风截图201212313980771
では、何のために牛たちを生かすのか? 
奥さんは僕の質問に淡々と答えた。
『私にとって牛は家族のような存在! 1番に牛、
2番に夫、そして3番目に子供たちだっぺ!』と言った。
暴风截图201212313525950
やがて肉として出荷するものとしても、私は常に
牛たちに心底、愛情を込めて育て上げてきたのだと。
暴风截图201212313665134
ここにも福島のベコ屋の意地を見た。
なぜ、これほどまでにシンプルな事が日本人には理解
できないのだろう?
何故、動物を想う心が、助けたい心がここでは犯罪に
なるのだろう? 
僕のカメラファインダーは涙で濡れていた・・・。
暴风截图201212314469319

zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

にゃんだーガード

もう随分前に映画取材させて頂いた福島原発周辺の
動物レスキュー&保護施設にゃんだーガード代表の
本多明さん。直ぐにブログアップ予定が中々時間なくて
とうとう2013年に知らぬ間に突入してしまった!
映画編集も遅れまくっていますが、ちょっと時間みて
ご紹介いたします。
暴风截图20131630267329
『例えば定員8頭のこの部屋に保護レスキューした猫たちを
直ぐこの部屋に持ってくる訳ではない。
12日間、隔離して伝染病・駆虫・ワクチン
+2日、最終検査の後に、この部屋に
やって来る。だがしばらくはゲージ内で
様子をみて、みんなと仲良く慣れてから初めて
この部屋に開放される。よって、何匹保護したか
数だけで語ることは非常に難しい。』
暴风截图20131629563156
311以降、愛知県から単身福島に乗り込み
社団法人にゃんだーガードを立ち上げた
代表のドリアンぶたまるさんこと本多明さん。
暴风截图20131629690874
高校の同級生だった奥さんは名古屋で保護した
数十匹の面倒をみながら旦那さんを影ながら
支援している。誰かが犠牲にならなければならない
この現実はやはりおかしい!
    ・      ・      ・       ・
以前、僕のこのブログにもある団体の誹謗中傷する
書き込みがあったが、そんな暇があったら犬の散歩
一つでいいからボランティア活動しろと言いたい。
僕に対してもいい加減な取材してとあったが
じゃ、てめえが取材しやがれと言いたい!
みんなボロボロになっているんだ。
と言いたいことは山ほどあるのだが時間がない
のでそういうのは無視します。ipアドレスは
公開してやろうとは思ってますが。
暴风截图2012113037258997
いつまでこの福島に居る感じなのでしょう?
そんな僕の失礼な質問に
『僕はいつまでも居る決断をしたのです』
終焉の兆しを見せない警戒区域の現実を
嘆きながらも、被災した動物達のために
その自らの運命を捧げた一人の男がいた。

命ある動物たちです。
継続的なご支援をお願い致します。
にゃんだーガード公式HP


zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

カラカラ

僕の生涯ベスト1の映画は中学生の頃、深夜テレビで
やっていた『keiko』。
今まで見たことのない映画だった。衝撃的だった。
出演者は全員ほぼ素人。超低予算の少人数スタッフ。
オールゲリラ撮影。監督はカナダ出身で日本に来日して
近畿地方の旅芸人の記録映画などを16ミリfilmで
自主製作していたクロード・ガニオン。
あれから30年、僕は今だに『keiko』を追いかけている。
そのガニオン監督の新作が公開される。

制作費10億円の映画より、この800万円程の
長編劇映画の方が僕には数倍意義のある作品なのだ。

1979年atg配給作品『keiko』
見たい方は新宿TSUTAYAに行けばVHSあったはず。
この主役の若芝順子さん、何処で何をしてるんだろ?
僕の映画に出演してもらいたいなぁ・・・。

『デモーニッシュな街から遠く離れて』でもこんな調子で
広末奈緒さんに出演してもらったんだっけ・・・。
主演も自分でやって、おまけに奈緒ちゃんと絡みシーンまで
やっちゃった。時間あったらあの子の事を書かないと・・・。
DVC00122

飯舘村

暴风截图20131245542604暴风截图20131245058111
昨年の秋に福島警戒区域に取り残されたペットたちの
救出・保護活動を続けるアニマルフレンズ新潟の
代表イザベラさんと共に飯舘村同行取材した時の
ある家の玄関に貼られていた文言です。
暴风截图20131242551331
今日も暮れゆく
 仮設の村で
  友も辛かろ
  切なかろ
いつか帰る日を想い
     一時帰宅
暴风截图20131242913160
拝啓、東京電力殿
    仮設でパチンコできるのも
    東電さんのおかげです

    仮設で涙流すのも
    東電さんのおかげです

    東電さんよ
    ありがとう  

暴风截图20131242744897
    二人の絆が深いのは 
    東電さんのおかげです
    東電さんよありがとう
     
暴风截图20131242977791暴风截图20131242955187
     放射能体験ツアー 大募集
     楽しいホットスポット巡り
            東電セシウム観光

zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編

あけましておめでとうございます

2013年、平成25年早いもので震災から2年が経とうと
しています。
福島強制避難区域及びその周辺の計画的避難区域では
取り残されたペットなどがまだ数千匹も飢えと寒さに
耐え抜いています。
しかも大手メディアは一切それらを報道せずに、日本の
ほとんどの人々はその事実を知らされずにいる。
お正月からこんな話をするのも心苦しいのだが
もう日本は終わっています。
おそらく再生なんて無理だろう。
高層ビルの屋上から落下しているようなもの。
その事実に気が付こうが、付かまいが
もう手遅れだと思う。
暴风截图2012113036513952暴风截图2012121629754866暴风截图201282031462078暴风截图201282023677067暴风截图20128265660683暴风截图20128214562420mail[1] (12)暴风截图2012113034043864暴风截图201282032139965暴风截图201282412228200暴风截图2012113037811912暴风截图2012113037611700暴风截图201212189090256暴风截图201292641497607暴风截图201292641101801暴风截图2012121115370622暴风截图201212314782678暴风截图201212313941240暴风截图20121230124723750暴风截图20121217125941510暴风截图2012122511863579暴风截图201212114019677暴风截图2013118308036暴风截图201212312773744暴风截图201212146507316暴风截图2012121614229163暴风截图20121230111578404暴风截图2012113030038538暴风截图2012113026776542暴风截图201212146128748DSC_0029暴风截图20121230127789326暴风截图201282412161900
そういった意味でも
『あけましておめでとうございます』は死語になるのだろう。
プロフィール

film

  • ライブドアブログ