DSC_0155[1]

東北ロケから帰って、すぐさま福島原発水爆事故に抗議するため
新橋の東電本社前ACTIONデモに微力ながら参加する。
DSC_0156[1]

やはり黙ってはいられない。
勿論、東電と政府だけの問題じゃないのは重々承知の上で
参加者は皆、抗議の声を上げている。
過ぎたことよりも、今後に対して怒りを口にしているのだ。
DSC_0154[1]

その後、2時から日比谷公園~銀座~経産省~国会議事堂への
東京大行進デモに参加する。
DSC_0341[1]

睡眠不足と休憩無しと体重8kgのナナを抱っこし続け
おまけに数日風呂も入るのを忘れていたから
チンチンは臭いやら、さっぱりワヤだった。
DSC_0161[1]

最後はお決まりの右翼の妨害に合い、例の街宣マイク攻撃に
心底、溜息を吐きガッカリして死にたくなった・・・。
右翼と言えば、『十九歳の地図』の本間優二が夢想するシーンと
『狂い咲きサンダーロード』の暴走族を右翼団体に勧誘するシーンを
思い出すが、主人公の2人共、右でも左でも、もっと言えば
上でも下でも後ろでも前でもない存在だった。

僕は身体の奥深くから込み上げてくる悪い妖気なものを
吐き出すように、独り静かに『U・YO・KU』と呟いた。
DSC_0343[1]
DSC_0342[1]

ナナも疲れたみたいで夜はスヤスヤだった。
目を開けながら寝る癖はどうにかしてほしい。
無茶苦茶うるさいイビキは我慢するから・・・。

『原発いらない』『放射能いらない』!!!!
本当は一番要らないのは人間なんだろうね。
実も蓋もないから誰も言わないんだろうけど。