現在、製作中の長編記録映画『zone存在しなかった命』のロケでのことです。
(注:映画は2014年1月に完成致しました)

zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編


福島第一原発から直線距離12キロの居住困難地域の富岡町に住み続けて、
強制避難区域に置きざりにされた動物たちの面倒をみている
松村直登さん(53)に同行取材。

原発事故以降、蓄主さんに放置され数百頭の牛達が餓死した
惨たらしく忌々しいある牛舎を訪れました。
暴风截图20128214082608
写真でも分かるとおり蓄農家の入口には2tトラックが人の出入りを拒むように
横付けになっており、かなりの大回りして草むらを掻きわけ強引に進入した。
暴风截图20128214102093
しばらく5分ほど、ひたすら突き進む・・・。
暴风截图20128214230981
暴风截图20128214204507
暴风截图20128214161794
暴风截图20128214134790
水も食料もなく約一ヶ月の地獄の苦しみに果てて
餓死していった無数の命。一年半経った今も強烈な臭いを放ってました。
正直、これが現実で、人間でいることが心底、嫌になりました。
瞬発的な哀しみや憐れ、怒りや絶望ではなく、ずっと持続的なその想い。
地球上の全ての人間が今後、未来永劫にゆっくりとその責任と罰を受けなくてはならないだろう。
もう愛だとかそれでも希望だとか、家族の平和や先祖に手を合わせ花を手向け、
人類の幸せを口にする奴は偽善者かこの破滅社会を煽動した
極悪人のいずれかだろう・・・。
暴风截图20128214610266
暴风截图20128214562420
暴风截图20128214551048
暴风截图20128214422004
暴风截图20128214364159
全てを信用してはならないし、特に神を信じる人間は転じて悪魔的である。
そんな、地獄の地獄の更に糞のような場所で松村さんと二人で
ただ茫然と立ち尽くしていると更に奥の朽ち果てた通路に一匹の老犬を
発見した。明らかに疥癬ダニ皮膚病、フィラリア感染も確実だろう。
栄養失調、水分不足、マダニも多数寄生、そして放射能被曝。
暴风截图20128214804643
暴风截图20128214762289
恐らくこの地に朽ち果てた数百頭の牛の死骸を食べ続けて
生き延びたのだ。牛皮にかろうじて付着した干し肉だけで
この1年半もの長い時間を飼い主の帰りだけをひたすら
待ち続けていたのだろう。他に食べれるものは何もない・・・。
1345344087496[1]
1345344057461[1]
『こいつは奇跡の犬だな・・・』松村さんがポツリと呟いた。

戦争しか生まないGODなんて、もう二度と信用しない!
1345344571304[1]
動物病院に連れて行くため、老犬を軽トラの荷台に乗せて、
警戒区域の外に出る。
1345350347907[1]
1345345980306[1]
だが東京と違って日曜営業の動物病院が殆ど皆無だった。
あちこち電話し、ようやく2時間半かけて小名浜の病院を探しあてた。
1345355507834[1]
1345353448151[1]
1345353660118[1]

1345353631966[1]
とにかく、君は『奇跡の犬』だ・・・。
また、来週会いに行くよ・・・。