昔、製作しました映画『デモーニッシュな街から遠く離れて』という
タイトルのワンシーン。
最近いつもお世話になっております新高円寺・ハナ動物病院長、
大田快作先生が学生­時代に出演していたラジオCMを偶然、
劇中に使用しております。
太田さんに話したら是非聞きたいとのことだったのでアップしました(笑)

大切な人を喪い何もできなくなり人生の路頭にはまりこんだ人間を
描いた自伝映画です。人を愛するという偽善者の感動を謳った映画
ばかりだったので、自分で東北を半年間旅して作った映画です。

東京のアパートも引き払い、全ての友達と縁を切り、有り金全てを
叩いて、映画の主人公同様、僕自身がホームレス状態の孤立無援
に自ら追いやり切羽詰った精神で作った台詞無しロードムービーです。

でもこれ実は、R-18指定の成人映画なんですよね(笑)

あと、ついでにエンディングシーンもアップしました。
最愛の彼女を失った男の喪の仕事を描いていますが
R-­18の成人映画です。もう少しで本編を
http://www.adg-theater.comにて無料鑑賞できるようにしております

ハナ動物病院、福島原発被災動物や地域のみなしご動物達を
積極的に診られてまして、太田先生にはまったくもって頭が上がらないです。
ここの看護婦さんも超ベッピンさんで僕のタイプ!
暴风截图201292641367861

今度僕の映画で女優デビューしてもらおうかな?