HOSHI FAMILYが8月3日に警戒区域内の楢葉町で捕獲した
仔犬。
暴风截图201292640026393暴风截图201292639945865
いわき市のリスタさん宅の収容施設にて保護されてましたが
8月11日に僕が仮里親になり東京まで連れて帰りました。
疥癬(かいせん)皮膚病で体毛が殆ど無く、このまま保護しなければ
痒くて全身血だらけで苦しみながらゆっくりと生きたまま死ぬという
とっても恐ろしい病気。人にもうつるというから厄介で早速お風呂。
暴风截图201292640625624暴风截图201292640435225
翌朝はお世話になっております新高円寺のハナ動物病院へ
おっかなびっくりの初診断。
暴风截图201292640999730暴风截图201292641101801
食欲はあるので栄養をいっぱい摂らせました。
先住のダックスも癲癇(てんたん)持ちの自閉症で脳にも多少の
障害を持っているので福島からの新しい住民には全く興味を
示さず、終始無視を決め込んでいるらしい。
DSC_0467mail[1] (5)

2、3週間程で皮膚病も治まり少しづつ毛が生えてきました。
隔離していた部屋も開放し、家中を自由に行き来出来るようにする。
DSC_0484DSC_0482

次の記事は9月21日付にfecebookに書いたものである。
偶然に官邸前を通過して、ふと車を停めた。反原発デモの怒号が
遠くで聞こえる。そっか、今日は金曜だった。福島県楢葉町で保護
されたももちゃんの息子が耳を立てて拡声器から原発いらないの
切なる叫びを聞いている。
僕のすぐ隣にも原発事故による被災犬がいたんだ・・・。あの事故が
起きなければ、この子とも出会わなかった。これも運命だ。
警戒区域において9割以上の動物が悲劇的な最期をむかえたが、
HOSHI FAMILYのような民間ゲリラ・レスキューによって救われた命も
あることを改めて実感する・・・。
DSC_0868DSC_0869
少しづつ人間社会に慣れた頃にHOSHI FAMILY代表・星さんから
去勢手術と岐阜県高山市での正式里親が決まりそうだと通知が来る。
DSC_0893DSC_0851
9月8日、ハナ動物病院にて去勢。2週間後に抜糸。
暴风截图201292641497607暴风截图201292641396752
本当は僕の人生のパートナーになって貰おうかとも考えた。
しかし、里親に貰ってくれる人がいるなら速やかに出そうと
心に決めた。
DSC_0885DSC_0886
9月28日の深夜に星親子が運転する車に乗せられ岐阜県の
新しい里親さんの元へ旅立った。僕の分まで幸せになってくれ!
糞のような町で生まれた君は幸せに生きる運命なのだ!

zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編