なんだか全て間違っているように思える。
何が?
そう、僕が全て間違っているのは百も承知。
じゃなくて、あなた。
そして、あなたも。
そして、あなたも。
そう、そう、あなたも。
自分も事は棚に上げてー(笑)

勿論、自分の否も認めていますよ。
あなたは自分の否を認めていますか?
え? 自分の否?
わたしは何も・・・。
ただ、家族と人々の平和を願っている一介の人間でして。

そうですよね。
あなたは間違っていません。
じゃ、なぜこんな糞の様な世界になってしまったのでしょうね?

糞のような世界ですか?
この世界は結局は素晴らしいですよ。

そうですよね。だから、ぼくが間違っているのです。
全て。

なにが間違っているのですか?

それは、本当は僕が聞きたい。
何が間違っていて、正しいのか?

考え過ぎなのでは?
疲れが溜まっているのですよ。

いやいや、溜まっているのは精液だけで疲れは大丈夫です。

はっはっは!
結局は下ネタですか! さすが!

いやいや、恐縮です・・・。

でも、納得はいかない。
なぜなら、この世界は糞だから。

なぜあなたはそんなに暴力的なのですか?
この世は、こんなにも幸せに満ち溢れていますよ!

あなたのような疑問を持つような人々がこの世を
不安に導くのです。

その証拠に昆虫は感情を排除したからこそ
この地球上で天下を取ったのですよ。

そうですよね。昆虫は素晴らしいですよ。
自分の身を護る為に、感情までもその進化の過程で
排除した。 ある意味、羨ましい・・・。

僕も、感情なんて、要らないっス!
死の恐怖も感じないロボットが良いです。

ロボットが死の恐怖も感じないのは
『ブレードランナー』描かれていますよね?
結局はロボットも死を恐怖だと認識して生きていることを

そうですね。もっと言うならば,
人間自身が実に死に対して謙虚でないかを
表現した映画でした。

まぁ、そんな話はどうでもよくて、元に戻セや!
何をダラダラ書いとんねん・・・。