いよいよ撮影も終盤に突入している。
警戒区域周辺のほぼ全てのバリケード風景が欲しい。
広野町から楢葉町に入り太平洋側のルートから勿論6号
山道通って、川内村、399号で毛戸地区、葛尾村、
飯舘村、長泥地区、浪江町、南相馬へと移動する。
DSC_0018

DSC_0019
途中、警察官の職質にあいかなりの時間のロス!
DSC_0001
手前のお巡りさんは理解もあり穏やかな人なのだが
問題は後ろ向いてるガタイのデカイこいつが喧嘩を
吹っかけるものだから、大人しい僕もついついヒートアップ
してしまった。まぁいい、来年製作の劇映画であんた達の仮面を
引っ剥がしてやるからなー。人を泥棒扱いしやがって・・・。
DSC_0003

ところで飯舘村などの計画的避難区域では放置された飼い猫の
姿があちこちで見られた。強制避難区域、警戒区域とちがって
バリケードも無く誰でも自由に入れる地区。だが、誰もいない。
そんな村が他にも葛尾村や南相馬の小高地区にある。
ある意味、警戒区域よりもペット達にとっては過酷かもしれない。
一部の動物ボランティアさん以外には全くといって言いほど
放置された場所・・・。
483057_293102820789219_987501076_n[1]
知り合いのボラさんに尋ねたところ、飯舘村だけで600匹以上が
飼い主の帰りを当ても無く待っているという。

撮影そっちのけで小高地区などでエサまきに没頭してしまった。
あるボラさんから言われたのだが僕のようにエサまきしながら
動物も保護するカメラマンは居ないと言われた。
大半のカメラマンは撮るだけ撮って、さっさと消えるとのこと。
『当たり前じゃないですか、カメラマンなんて皆な偽善者なんですから』
笑いながら、そう答えた。勿論、僕もだ!
DSC_0013
DSC_0012
DSC_0010
晩御飯は贅沢にカップラーメンにおにぎり。
映画製作者の宿命だ!
DSC_0006

zone存在しなかった命・HP
zone存在しなかった命・DVD
そして次回作の飯舘村の動物たち・予告編