日本政府や地方行政・東京電力に見捨てられた飯舘村の
動物たちに寄り添う形で造られた保護施設【福光の家】。
ここは単なる動物保護施設ではありません。
日本という国自体を牛耳る大手のマスコミを筆頭に
道徳・法律などの観点からも見捨てられた現実があるのです。
unnamed[2] (2)
その象徴が【福光の家】。

僕は個人的にここを或る意味、独立国だと感じています。
その独立国を立ち上げた代表の平山ガンマン氏を2年間密着した
記録映画『みえない汚染・飯舘村の動物たち』(92分)は先日、
完成前のサンプルDVDを動物愛護活動に日々尽力しております女優の
杉本彩さんにお渡しする事ができました。
完成後には順次、海外の映画祭に向けて是非を問いたいと思います。
unnamed[1] (13)
また【福光の家】では随時、ワンコたちのお散歩やご飯、お掃除などの
ボランティアさんを大募集しています。
特に平日は一人作業が続いています。
福島の地元のボランティアさんが集まればベストなのですが、
なかなか福島地元の方はSNSを活用していない人が多いのか
原発事故関連にはウンザリしているのか、どうも情報が行き届かず
じまいなのが現実です。
関東圏よりもはるかに交通費・移動時間もかからないから
もっとボランティアさんが集まっても良いのですが・・・。
もし、ボランティア参加に興味がある方は是非、福光の家FBページ【https://www.facebook.com/hukkounoie】にメッセージ頂くか、
代表の平山ガンマン氏に直接電話【090-8800-7259】頂けると助かります。

現地【福光の家】では、概ね山形から官藤 拓さんという、とても
信頼できる大らかな方が常駐しておりますので、彼が適切な指示を
出してくださるので、とても楽しくボランティアにご参加頂けると
思います。
暴风截图201542015594312暴风截图201542015532348暴风截图201542015496577
関東圏から来られる場合は、今年3/1から常磐道が全面開通しましたので
南相馬i.cから下車20キロ未満(40分程で)福光の家にたどり着けますので、
とても楽になりました。
色々と勉強になることがたくさんあります。
実際に数年間も短い鎖で繋がれたままだった番犬たちの息遣いや
鼓動・魂を現地にて体感してください。
画像や記事だけでは得られない真実がそこにありますから!


現在、飯舘村では大規模な除染作業があらゆる箇所で行なわれています。
暴风截图201542015738394暴风截图201542015783463