2006年07月18日

6月の出来事を振り返って

僕の職場にはある種独特の女の園がある。
我々が簡単には踏み込めないような独特のおばさんコミュニティー
うちに採用された女性のバイトさんは、突然このコミュニティーの中に放り込まれる。
当然人間関係にうまくいかない事がしばしばある。
このままでは仕事を続けられないという精神状態に追い込まれていることもしばしばある。

僕は業務の都合上、バイトさんの愚痴を聞き苦痛を和らげたり、
場合によってはおばさん連中に掛け合う必要がある。
やってみるとなかなか難しい仕事だ。

最近は職場でのモラルハラスメントやパワーハラスメントが問題になり、
注目を浴びたりしている事も、僕は知っている。
自分の職場でバイトさんが辛い目に遭っているのなら、まず現場の実態を把握し、
改善すべき点は改善しようと意気込んでいた。


でも、結局事態は良くなることはなく、逆に僕自身が裏切られる事になってしまった。
まさか彼女自身が「敵」と呼んでいた人を利用して、僕を貶めるとは思わなかった。
僕は、「彼女のために精一杯努力したのに、裏切られた!
という自分の感情が非常に辛かった。

自分がなんとかしなければ!」なんていつも考えていた。
僕の最大の失敗は、自分の力でなんとかしようと思い、力が入り過ぎていた事かもしれない。


自分が敢えて関わらないほうが、最終的に場が落ち着く事もある」ということを忘れていた。
全知全能の神様じゃないんだから、自分の他人に対する行動がすべていい結果に結びつくわけない。
少しやってみてダメなら、あっさりその問題から手を引く勇気も必要かな、と思っている。


なかなか難しいんだよね。
きっと自分の存在価値の喪失感を味わいたくないからなんだろう。

ここ何年かのうちで、似たような感情は何度も味わってきた。
でも最近は、以前より切り替えが早くなったような気もする。
結果を残すために行動してるんだから、結果がよければいいじゃない?

トラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/adhd_gvhd/50567244
コメント
終わり良ければ、全て良〜〜〜し☆!!!
Posted by キビタ at 2006年07月19日 14:26
長いモノに巻かれてた方が楽だから
若い女性が大女を敵にするより
大女が敵視する適当な殿を適当に敵役にした方が楽だから・・・
そんな理由で適当に寝返ることはままある

若い子はそんな感じで適当に流されているだけで
自分の真意なんて気にしないなんてことはままある。

それが玉さんの職場に当てはまるかはわからないけど・・

殿って大変だねー




Posted by ri- at 2006年07月19日 14:50
今の時代、男の場合は「人に惑わされない姿がカッコイイ」っていう価値観もあるんだけど。。。

女の人なら、長いモノに巻かれて生きるのも仕方ないかもね。

大女(笑!)に気を遣いながら生きてて、何が楽しいのか、
僕にはわからないけどね。
Posted by 白玉 at 2006年07月22日 13:40
 
フコダイン