By All Means

このブログからの移行先をご案内します。

ブログでは無くWiki(ウィッキ)を移行先とします。
By All Means
http://w.livedoor.jp/by_all_means/

ブログの問題点の一つは時系列であるため消耗品となり易い事。
ただ書くだけならTwitterの方が良いだろう。(facebookもか?)
Wikiの場合は書く手間は少し増えるかもしれないが
その後の変更、修正、検索が非常に楽で、音楽の記事ではより有効だと思うから。
(画像の取り扱いも前々楽勝)
その分時系列には弱いのでタグで補うつもり(あまり必要性は感じないと思うけど)

従来と違い書きかけの記事も多くなるとは思いますがその辺りはよしなに。
「続きを読む」に簡単な使い方を書いておきましたのでご覧ください。
続きを読む

更新停止のお知らせ他

著作権絡みを中心に意欲の低下が甚だしい昨今ではありますが
直接の影響と云う訳ではありませんがこのブログの更新を停止します。

一つには前ブログ(good guys don't always win)からの移行のため
記事数が多くなりすぎている事。
他にはブログ自体が消耗品で有る事、Twitterの方が楽な事など。

今後としましては
YouTube動画と雑記は「Southern Soul Style」で取り扱う事とします。(今のところ)
ソウルは曲中心の記事とし、別のスタイルで行います。
現在いろいろテスト運用中です>詳細は後日となります。
(切りの良いところで8月からかな)

Let's Go Back/Stubb Girls

Here We Are
Here We Are
2012年の作品。
フォー・トップスのリードシンガーであった故Levi Stubbsの妹と姪で構成されています。
どう見ても「年増」って言葉がぴったりなところが残念。
曲自体はなかなかポップで聞き易い。まぁ、アップテンポやミディアムが宜しいかと。
続きを読む

The Way You Make Me Feel/Brotha

My Praise, My Love, My Life (feat. The Relationship Counselor)
My Praise, My Love, My Life (feat. The Relationship Counselor)
2012年の作品。
(16)(24)を聞いててなかなかの実力派かと。
今回cdbabyをチェックしてみるとThe New Gospel Sound we call "Inspirational Soul"だそうで(これってcdbabyが云ってるのかな?)
分かり易く云えば今時のゴスペルかと。
子供の頃の遊び仲間の三人組でメンバーはCedric Lester aka "Wizz",Tellas Thompson aka "T.R",and Jeremy Horne aka "Voice"
基本的にK-Ci and JoJoの様な歌いっぷり、残念ながら評価には至らず「**」とした。
最低ラインはクリヤしてるってとこか。(8)
しかし27曲ってのは多過ぎ。
続きを読む

I Can't Help It/Jabari Grover

When I'm With You
When I'm With You
2004年の作品、kondoさんのお勧めだったか?>ちょっと時間が経ち過ぎ。
今時の言葉で「Smooth Jazz」か?そこまででは無いような、昔で云えばフュージョン、クロスオーバー、AOR辺りかな?
「Smooth Jazz」と云う様に楽器の使い方はジャズ、クロスオーバー系のそれ。
音としては良いのだが、さらに歌も悪くないけどやっぱりポップさが足りないか?
最後の(10)がドカンと一発行きそうな感じで…結局終了。
結果的にゆったり、まったりとかリラックスする際にお勧めなアルバムな感じ。
個人的にはチョイ消化不良か。
続きを読む

I Won't Hurt You/JMAY


JMAYのディスコグラフィ
遂に見つけた。
しかしこのグループ、名前の表記が難しい。
JMAY、JmAY、J-MAY、J.MAY>どれが本当なんでしょうか?

God Got Your Back/Jesse James


Jesse Jamesのディスコグラフィ great !!!

She’s My Lady/Bunny Sigler


Bunny Siglerのディスコグラフィ

Nobody Can Tell Me/Lady Soul

Lady Soul
Lady Soul
1992年の作品、頂き物です、ありがとうございます。U.S.BlackDiskGuide#909
しっかりした大人のグループと云った印象。
繰り返し聞くと評価が上がりそう、でここは最初の評価のままとしよう。
Margo Thunder、Rise' Engermann、Phaedra Butler の女性3人のコーラスグループだがこれ一枚で解散?
曲としては評価しないが、(9)のアカペラコーラスが完璧だ。
Margo ThunderはSouthern Soul界隈で名前が出ており2012年にはソロアルバムを発表している。
続きを読む

Hypnotized/Linda Jones


1967年の作品。U.S.BlackDiskGuide#132
ほぼ解説の通りの評価で面白みが無い。(笑)
(7)より(8)と云うところが自分らしいか?
後半のアップテンポ(10)がモータウンサウンドに聞こえてしまうのはこの時期だからしょうがない。
続きを読む
記事検索
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ